TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

歴女・女性歴史ファン 新着記事

NEW POST help
  • 福知山の旅(3)福知山城の天守と石垣

    福知山城は、1871年(明治4年)に廃城、1873年(明治6年)の廃城令によって解体、建物は払下げとなり、二の丸の台地は埋め立てられました。二の丸の建物は1887年(明治20年)取り払われ、建物一部の瓦は寺院や民家に使用され、二の丸の台地は削り取られ、城門は観瀧寺、正眼寺、法鷲寺、明覚寺の山門になったと伝わっています。昭和61年、市民の瓦1枚運動などの熱意によって三層四階の天守閣が復元されました。天守は初期の望楼型...

    しずか

    大河ドラマに恋して

    読者になる
  • 京を巡る(12)妙顕寺 光琳曲水の庭 その弐

    「光琳曲水の庭」は、正面から眺める庭園はもちろんのこと、円窓を通して眺める景色も楽しめます。ブログランキングの応援よろしくお願いします😄 にほんブログ村 神社・仏閣ランキング  京を巡る(12)妙顕寺光琳曲水の庭その弐

    しずか

    日々史跡めぐり

    読者になる
  • 読者になる
  • 「時間存在」390

    時間の陥穽390  物質の基礎としての素粒子が17種類あるとする現代素粒子論に対して、超弦理論は、全ての素粒子を一種類の弦で説明するこを可能にしたとしています。つまり、現代の素粒子論では、物質の基礎と

    cap-hiro

    Tough Boy-World of cap_hiro

    読者になる
  • 福知山の旅(2)福知山城「昇龍橋~本丸広場」

    福知山観光案内所から最初に向かったのが、福知山城です。福知山城は、もとは小笠原長清の末裔とされる塩見頼勝が、室町時代後期に築いた横山城でした。1579年(天正7)に丹波国を平定した明智光秀は、横山城を福智山城と改名して、近世城郭として大規模な修築を行い、藤木権兵衛・明智秀満を城代として入城させました。天正10年(1582年)6月、本能寺の変となり、明智秀満は武功を立てましたが、本能寺の変後は、秀満の父が福智山...

    しずか

    大河ドラマに恋して

    読者になる
  • 読者になる
  • 「時間存在」389

    時間の陥穽389  超弦理論は素粒子論が抱える矛盾を解決する鍵になる物理論を展開していきます。1つに、物質としての基礎を粒子、所謂、物理学上の点だとする素粒子論では、ブラックホールの特異点のようなエネ

    cap-hiro

    Tough Boy-World of cap_hiro

    読者になる
  • 荒木村重の居城・有岡城

    2014年の秋、「軍師官兵衛」の放映に先駆けて、有岡城跡を訪れました。JR伊丹駅の西口を出て、「古城橋」という名の橋を歩いて行くと近代的なデザインの時計塔があります。これは「フランドルの鐘」と呼ばれ、妹都市のベルギー王国ハッセルト市から寄贈されたそうです。そして、この時計塔の向こう側に有岡城跡があります。あまりに駅から近くてびっくり(@_@;)では、最初に有岡城の説明を簡単に南北朝時代、伊丹氏により築城され...

    しずか

    大河ドラマに恋して

    読者になる
  • 銀河鉄道の夜 ジョバンニの切符

    いよいよクライマックスに入って行く。その前章ともとれる、ジョバンニの切符の不思議で謎の部分が出てくる。車掌がジョバンニの切符をみて言った言葉。「これは三次空間の方からお持ちになったのですか」この言葉ではじめてジョバンニが不思議な旅をしていることが読み手に解る。文学と物理学が何処かしこに織り混ぜられているまさに宮澤賢治の世界観である。...

    大雅

    星月夜

    読者になる
  • 伊東マリナ 公式グッズショップOPEN!

    らぶりー日本

    Vチューバ― 伊東マリナのらぶりー日本

    読者になる
  • 鞍馬寺(32)鞍馬駅

    貴船から鞍馬へと山越えをし、ようやく鞍馬駅に到着です。  鞍馬駅待合室内には...

    しずか

    源平・義経ゆかりの史跡めぐり しずかblog

    読者になる
  • 「時間存在」388

    時間の陥穽388  現代の宇宙物理科学の最先端を走る量子論を基底にした素粒子理論の最先端でもある超弦理論若しくは超ひも理論。 我々がユークリッド幾何学が想い描くのとは異相とも云える世界が超弦理論の世界

    cap-hiro

    Tough Boy-World of cap_hiro

    読者になる