TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

三国志(歴史) トップ TOP

help
  • 1位

    再度、光正解釈説について

      光正解釈説で解釈すると又渡一海 千餘里 至末盧國 東南陸行 五百里 到伊都國 東南至奴国 百里 東行至不彌國 百里  南至投馬國 水行二十日。南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日陸行一月 この箇所を[光正解釈説]で説明して順次式、及び放射線式と、比較し

    sinfu

    邪馬台国の研究

    読者になる
  • 2位

    伊都国からの放射式解釈を検証します

    放射式解釈について前回説明しました連続式(順次式)の他に、もう一つ定説になっている解釈で放射式解釈があります。今回はこの放射式解釈の検証を致します。まず、一般に言われてる放射式解釈とは伊都国までは移動してるが伊都国からの説明は放射式に場所説明のみになって

    sinfu

    邪馬台国の研究

    読者になる

続きを見る

  • 台湾の歴史。

    台湾の歴史。

    台湾の歴史に関することなら、何でもどうぞ。

    テーマ投稿数 114件

    参加メンバー 15人

  • 結城秀康

    結城秀康

    徳川家康の次男。越前国福井藩初代藩主。一時、秀吉の養子となり羽柴秀康と名乗る。秀頼生誕後、結城氏を継ぐ。徳川家の後継資格を持つが庶子として扱われた。 秀康没後は松平姓に復し(秀康の晩年に松平姓に復したとも言われる)、諸大名の中でも御三家に次ぐ制外の家とされ厚遇された。養父、豊臣秀吉が秀康を可愛がったので、豊臣家への思慕も厚く、武将としての器量があったため、徳川家に謀殺されたとも言われる。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 8人

  • 後藤基次

    後藤基次

    後藤基国の次男。通称、後藤又兵衛。緒戦で武勇を轟かせた勇将。主君、黒田長政との確執から出奔、浪人となる。大阪の役が勃発すると軍師として入城。大坂夏の陣では、道明寺の戦いで奮戦するも片倉重長に討たれる。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 4人

  • 木村重成

    木村重成

    木村重茲の子(諸説有り)。豊臣秀頼の小姓、幼馴染み。秀頼の信任厚く、大阪の役では主力部隊を率い奮戦し名を広める。若江の戦いで、藤堂高虎、井伊直孝の両軍と対峙。一時、藤堂軍右翼を脅かすも激闘の末、安藤重勝に討たれる。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 3人

  • 毛利輝元

    毛利輝元

    利隆元の嫡子。長州藩初代藩主。豊臣政権五大老の一人。中国の覇者、毛利元就の後継者。叔父の吉川元春、小早川隆景の補佐を受け領土を守るが、関ヶ原で敗れ、120万石から周防・長門37万石に減封される。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 6人

  • 織田信忠

    織田信忠

    織田信長の嫡男。岐阜城主。初陣以降、松永討伐軍、武田攻めなど緒戦に転戦。織田家の後継者たるも父、信長と供に本能寺の変で斃れる。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 7人

  • 真田信繁

    真田信繁

    真田昌幸の次男。通称、真田幸村。真田十勇士や大阪脱出説など数々の逸話がある。大阪夏の陣では真田軍の壮絶な突撃に、徳川本陣の馬印が踏み倒されたと言われる。真田軍の奮戦は島津忠恒に「真田日本一の兵(つわもの)」と言わしめる。

    テーマ投稿数 129件

    参加メンバー 31人

  • 真田幸隆

    真田幸隆

    武田家家臣。真田昌幸の父で、真田信繁(幸村)の祖父。信濃先方衆として上州方面、対上杉戦線で活躍。 その武略の才は晴信(信玄)に評価され、外様衆でありながら譜代家臣と同等の待遇を受け、甲府に屋敷を構えた。武田家中でも一目置かれていたと言われ「攻め弾正」の異名で呼ばれた。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 楠木正成

    楠木正成

    楠木正成は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。幼名は多聞丸。橘正成(たちばな・の・まさしげ)と自称する。兵衛尉→従五位下・検非違使尉・左衛門尉・河内守・摂津守。恩賞方・武者所・記録所寄人・雑訴決断所奉行。贈正一位(1880年)。父は楠木正遠と伝えられる。

    テーマ投稿数 52件

    参加メンバー 9人

  • 氏家卜全

    氏家卜全

    氏家行隆の子。出家後に名乗った卜全(ぼくぜん)の名で知られる。西美濃三人衆の一人。伊勢長島攻めで織田軍撤退時、殿軍を務める中、一揆衆に襲われ戦死。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 五胡十六国時代 前燕の落日㉕ 四代目慕容暐 ~前燕滅亡への道~ 前燕の臣たちの状況分析2:皇甫真

    こんにちは。慕容垂が出奔する前後、前秦では前燕への攻撃準備と思われる怪しい動きがポツポツ出始めています。表面上は、友好国として南の東晋に一緒に当たりましょう~的な関係で、東晋の桓温が第三次北伐の軍を発し前燕に攻め込んだときも(枋頭の戦い)、

    読者になる
  • 【1コマ】ドージン参加に備えて。

    連続投稿失礼m(__)m前回記事を踏まえて、昨年購入したペンタブと格闘してますが全く使いこなせません。無事原稿が完成したら褒めてください(;^ω^)画像は新しいペンタブで描いた今の実力です(爆)※ブログランキング参加中※↓距離感がつかめない(笑)↓↓不安の二文字しか

    もう竹 雑・日記
    読者になる
  • 【ドージン】名古屋コミティア。

    1か月半超の更新です。久し振りにドージンイベント参加します。【名古屋コミティア56】開催:4月12日(日)場所:名古屋国際会議場 イベントホール歴史メインで申し込みました。(創作三国志)スペースが確保できたら、サークルカットは画像の如くです。新刊は陳羣さんメイ

    もう竹 雑・日記
    読者になる

続きを見る

続きを見る