TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

考古学・原始・古墳時代 トップ TOP

help
  • 1位
    サル社会を解明しよう

    サル社会を解明しよう

    サル社会を解明し、共認社会を形成していく糸口を探求しています。

    読者になる
  • 2位
    共同体社会と人類婚姻史

    共同体社会と人類婚姻史

    未開部族の婚姻様式などから、人類500万年に亙る共同体社会の原基構造に迫っていきます

    読者になる
  • 3位
    民族学伝承ひろいあげ辞典

    民族学伝承ひろいあげ辞典

    文献・科学・考古学・遺伝子学・環境学・言語学・人類学・民俗学・民族学 あらゆるヒントを総合し、最新用語を解説、独自に解釈してわかりやすく説明します。 誰も書かない、目から鱗、鼻から牛乳、目から火花、頭の先からぴかっと電球

    読者になる
  • 4位
    週末は古墳巡り

    週末は古墳巡り

    趣味で週末に東京近郊の古墳を巡っています。

    読者になる
  • 5位
    Ancient Botanical Garden

    Ancient Botanical Garden

    群馬の埋文・考古系ブログです。植物と食物を通じて、考古学、民俗学の裏通りを散策してます。

    読者になる
  • 6位
    カメさんと遺跡

    カメさんと遺跡

    カメさんの日常と遺跡(主に古墳)巡り

    読者になる
  • 7位
    銀の月 金の星

    銀の月 金の星

    垣間見た前世から古代史の探究へ。 神功皇后と饒速日神、宇宙神霊ARIONとの邂逅。神社巡り、福岡の山行もそれに繋がります。

    読者になる
  • 8位
    花見川流域を歩く

    花見川流域を歩く

    千葉県北西部の小河川花見川の流域を散歩して、感じたことを記録しています。散歩のICT化に興味あり。

    読者になる
  • 9位
    花見川流域を歩く 番外編

    花見川流域を歩く 番外編

    ブログ本編掲載をはばかる、散歩風景、歴史考古、地形、地名などのマニアック記事を掲載します。

    読者になる
  • 10位
    古代史の散歩道 など

    古代史の散歩道 など

    素人考えの古代史談です。丹念に資料を読んで、一生懸命考えます。対象は、ほぼ、三世紀、倭人伝です。密かに、卑弥呼伝を模索しています。 それ以外に、メディアの失言をただす「今日の躓き石」が混じります。

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    魚津しんきろうマラソン中止

    この状況では仕方が無いですが、エントリーしていた初戦のハーフが中止となりました。残念ですがここに来て都が週末自粛要請している状況で開催判断はできないですね。 これで今のところエントリーしている大会は無くなりました。出場しても今の状態だとPB更新はかなり厳しかったのですがそれでも、大会の雰囲気を味わっておきたかった! おそらくこれで秋まで大会は出ないことになるので、じっくり走り込んで年はとってもPB更新しっかりできるように計画立てていきたいと思います。

    wildblue

    SlowLifeSlowFish

    読者になる
  • 2位

    組合式箱形石棺が見つかった横穴式石室 縁生坊古墳群 (静岡県静岡市清水区(旧清水市)折戸字矢々口・縁生坊)

    静岡県静岡市清水区(旧清水市)折戸(おりど)の縁生坊古墳群(えんじょうぼうこふんぐん)は、「三保の松原」(みほのまつばら)で有名な三保半島に分布していた唯一の古墳群です。古墳時代後期後半(6世紀後半)~古墳時代終末期(7世紀)に築かれた、横穴式石室を有する円墳3基以上で

    しずおかk

    静岡県の遺跡・古墳・城跡ガイド

    読者になる
  • 3位

    オリンピック開催、危うし

    オリンピックを祝うかのように東京で、日本一早く桜が開花したしかし、あだ花になってしまった...

    noboseri

    足軽日誌

    読者になる
  • 4位

    天竜川支流 二俣川の渓流瀑 二光滝 (静岡県浜松市天竜区(旧天竜市)二俣町二俣)

    静岡県浜松市天竜区(旧天竜市)二俣町(ふたまたちょう)二俣の二光滝(にこうたき)は、天竜川支流の二俣川に所在。岩場を流れる渓流瀑(けいりゅうばく)で、落差約2mの小さな滝です。二光滝

    しずおかK

    00shizuoka静岡観光おでかけガイド

    読者になる
  • 5位

    なぜ大分市で新型コロナが増えるか?の歴史的考察

     大分県の県庁所在地大分市は、1970年代に武漢市と、「鉄つながり」で姉妹都市を結んだ。大分市に新日鉄ができたとき、大分市は武漢市から製鉄技術者を招いて指導をあおいでいる。そのとき以来、人口わずか46万人の「新産業都市大分市」は、人口960万人の武漢市と

    Kodaisi-Kawakatu

    民族学伝承ひろいあげ辞典

    読者になる
  • 6位

    戒厳令下の東京で

    あえて今回初挑戦シルクロード検定...

    noboseri

    足軽日誌

    読者になる
  • 7位

    赤城自然園0328

    群馬の埋文・考古系ブログです。植物と食物を中心に、考古学、民俗学の裏通りを散策してます

    orbit

    Ancient Botanical Garden

    読者になる
  • 8位

    神功皇后の伝承地 10 ~織姫と市杵島姫と神功皇后~

    姫古曽神社の高良大神は、筑後国一之宮の高良大社の神。饒速日命。かの社にはもう一柱...

    弥沙(みさ)

    銀の月 金の星

    読者になる
  • 9位

    感染イヴまで行くのか?感染系統図は作れる

    遺伝子系統図では人類最初のイヴまでたどれる。だから感染症もおそらく、その気になればたったひとりの感染イヴまでたどれるはずである。では、それをやって、彼、あるいは彼女が、どうなるかもまた考える必要がある。追い詰めることの先には、たいがい悲劇が待っているから

    Kodaisi-Kawakatu

    民族学伝承ひろいあげ辞典

    読者になる
  • 10位

    誰も出てはならぬ Nessuno dovrebbe uscire

    Nessuno dovrebbe uscireはイタリア語で「誰も外に出てはならぬ」誰も寝てはならぬhttps://www.google.com/search?q=%E8%AA%B0%E3%82%82%E5%AF%9D%E3%81%A6%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%AC&ie=&oe=日本の若者たちへ、誰も外へ出てはならぬとぼくも言いたい。と、言わな

    Kodaisi-Kawakatu

    民族学伝承ひろいあげ辞典

    読者になる

続きを見る

  • 江戸と浮世絵

    江戸と浮世絵

    江戸時代の浮世絵(錦絵)を通して、江戸文化を見直しませんか? 江戸の粋! 今と風景の比較。 美意識! 色々。 浮世絵はもちろん、江戸文化に関して、何でもトラックバックして下さい。

    テーマ投稿数 75件

    参加メンバー 20人

  • 歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議

    歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議

    歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議(れきしをきょうくんにへいわへのけついをあらたにするけつぎ)は、1995年(平成7年)6月9日に、衆議院本会議で可決された国会決議。終戦五十年決議、不戦決議とも呼ばれる。当時の村山内閣(自・社・さ連立政権)の与党である自由民主党・自由連合、日本社会党・護憲民主連合及び新党さきがけの院内会派3派により共同提出されたが、日本社会党と土井たか子衆議院議長の主導で行われた。衆議院議員502人のうち251人が出席し、230人の賛成(起立採決)により可決された。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 5人

  • 河野談話

    河野談話

    慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話(いあんふかんけいちょうさけっかはっぴょうにかんするこうのないかくかんぼうちょうかんだんわ)は、1993年(平成5年)8月4日に、宮沢改造内閣の河野洋平内閣官房長官が発表した、談話。俗に河野談話とも言われている。慰安所の設置は日本軍が要請し、直接・間接に関与したこと、慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったこと、慰安所の生活は強制的な状況の下で痛ましいものであったとし、慰安婦の存在は認めた。また、日本軍が強制連行を行なったことを認める内容であるか否かは意見が分かれている。 この談話は、同日に内閣官房内閣外政審議室から発表された文書「いわゆる従軍慰安婦問題について」を受けて発表された。

    テーマ投稿数 29件

    参加メンバー 9人

  • 歴史修正主義

    歴史修正主義

    歴史修正主義(historical revisionism)とは、 ・新しく発見された史料や、既存情報の再解釈により、歴史を叙述し直すことを主眼とした試みのこと(歴史学における用法) ・従来の歴史観と違う歴史観を主張する者に対して「客観的な歴史学の成果を無視し、自らに都合の良い過去は誇張や捏造したり、都合の悪い過去は過小評価や抹消したりして、自らのイデオロギーに従うように過去に関する記述を修正するもの」として批判する場合に用いられる言葉(通俗的な用法)

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 2人

  • ケルト

    ケルト

    ケルトの音楽やジュエリー、アクセサリーや歴史、神話などお気軽にどうぞ。

    テーマ投稿数 64件

    参加メンバー 6人

  • ロシアという国

    ロシアという国

    日露戦争(にちろせんそう、ロシア語:Русско-японская война ルースカ・イポーンスカヤ・ヴァイナー、1904年(明治37年)2月6日 - 1905年(明治38年)9月5日)は、大日本帝国とロシア帝国(ロシアと同盟していたモンテネグロ公国も宣戦布告するも、実際の戦闘には参加せず)との間で朝鮮半島と満州(中国東北部)南部を主戦場として発生した戦争である。

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 18人

  • ゆとり世代

    ゆとり世代

    ゆとり世代(ゆとりせだい)は、マスコミによる造語であり、義務教育においてゆとり教育を受けた世代。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 5人

  • バブル世代

    バブル世代

    バブル世代(ばぶるせだい) 1.日本のバブル景気(1986年12月〜1991年2月の約4年間)の影響を受け、1988年〜1992年頃に大量就職した世代のことを言う。本項で詳述。 2.バブル景気の時期(バブル期)に20代頃の青春期を謳歌した世代(近年は特に女性)を言う事もある。彼らはバブル期の消費文化の担い手となった。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 7人

  • 日中国交正常化

    日中国交正常化

    日中国交正常化(にっちゅうこっこうせいじょうか)とは1972年9月29日、「日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明」(日中共同声明)の調印式が中華人民共和国の北京で行われ、田中角栄・周恩来両首相が署名し、ここによって日本と中国共産党率いる中華人民共和国とが国交を結ぶこととなった出来事である。なお、日中共同声明に基づきそれまで国交のあった中華民国には断交を通告した。 日中国交回復とも言われる。1972年以前に中華人民共和国という国家と日本の間に外交関係はなかったので、「国交回復」という表現は不正確であるとする見解もある。清や中華民国と日本の間に国交が存在した時期もあるが、中華人民共和国はこれらの国家の継承国家では無い(中華民国は台湾で存続)ため、個々の政体ではなく中国に存する主たる政体という枠組みで捉えるなら「国交回復」という意見もある。中国に対する支配権を失った中華民国を中国を代表する国家として国交を結び、中国を支配する中華人民共和国との間に国交がないという状況は正常とは言えないとし、より実態に即した外交関係に構築しなおすということで「正常化」という言い方は日本において広く受け入れられた。 しかし「正常化」と表現することに対して、これはあくまで中華人民共和国側から見た主観的表現なので国交を新たに樹立した日本までがそれに拘束される必要は無いとする意見もある(代替案として「日中国交樹立」などが提示されている。対中華民国は「日華」)。また中華人民共和国から見た場合として、現在の日華の非公式的関係の存在が果たして「正常」といえるのかどうかという問題もある。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明

    日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明

    日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明(にほんこくせいふと ちゅうかじんみんきょうわこくせいふの きょうどうせいめい)とは、日本と中華人民共和国が国交を回復するために1972年9月29日、中華人民共和国の北京で調印された共同声明。 一般に日中共同声明として知られる。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 2人

続きを見る

  • 神話の国~出雲~2

    加賀の潜戸。車窓見学のため、写真がぼやけています(笑) 潜戸とは、海にできた神秘的な洞穴のことだそうです。「新潜戸」と「旧潜戸」の2つあり、東・西・北の3方向…

    ちーしょこ ママと愛犬の快適な生活をサポート
    読者になる
  • 今日の躓き石 NHKBS1スペシャル パン職人に「血の復讐」は似合わない

                              2020/03/28 今回...

    ToYourDay 古代史の散歩道 など
    読者になる
  • 十条富士塚 (再訪) 北区中十条

    3年前に古墳巡りを始めた頃に訪れた十条富士塚。古墳を利用した富士塚とされる。日光御成道(旧岩槻街道、都市計画道路補助第83号線)の拡幅工事が塚の手前まで迫っていると聞いて再訪した。 今年7月の十条富士塚神社の大祭の後に石碑移設・除去工事。12月頃から文化財調査。その後に道路拡幅の分だけ敷地を削って富士塚を再整備(現状変更)するとのこと。今後も定期的にウォッチしたい。 南東側の石段に鍰煉瓦が使われている。前回の訪問時には気がつかなかった。 塚の頂の祠とスダジイ 最寄駅の東十条駅のホームは大谷石だった。 東十条に来たのは、草月の黒松(どら焼き)を買うのが目的だった。 にほんブログ村

    挂甲の武人 週末は古墳巡り
    読者になる
  • 赤城自然園0328

    群馬の埋文・考古系ブログです。植物と食物を中心に、考古学、民俗学の裏通りを散策してます

    orbit Ancient Botanical Garden
    読者になる
  • 【世阿弥の暗号】おもへば伊勢と三輪の神 一体分神の御事 今さら何と云わくらや【謡曲・三輪】

    春の野 奥に三輪山 御神体・三輪山への登拝口のある狭井神社(さいじんじゃ)から、山の辺の道を北に1キロほど歩いて檜原神社(ひばらじんじゃ)に向かう。 途中、趣きのある土塀の玄賓庵(げんぴあん)を通り過ぎる。 三輪明神とともに、有名な謡曲「三輪」(世阿弥)に登場する玄賓僧都(げんぴそうず)が隠棲した庵。 毎年4月10日(今年は金曜日)大神神社・後宴祭の後に演じられる「三輪」が最も盛り上がる結末の一節。 おもへば伊勢と三輪の神 おもへば伊勢と三輪の神 一体分神の御事(おんこと) 今さら何と云わくら(磐座)や 私の古代妄想を掻き立てる。 世阿弥は何を知り、あるいは考え、後世に何を伝えようとしたのだろ…

    開物発事_かいもつはつじ ものづくりとことだまの国
    読者になる

続きを見る

  • 天香山命あれやこれや

    弥彦神社御祭神 天香山命についてネット検索で得られる情報を綴っていく備忘録。 と、それに関する私見。

    読者になる
  • 太安万侶のミステリー

     「太安万侶は日本初のミステリーライター」であり、「レベルの低い歴史家」、「天皇家のための歴史創作者」などではなく、「表の歴史書」に「裏の歴史」「真実の歴史」を伝え残した歴史家です。太安万侶の暗号を解いていきます。

    読者になる
  • ヒナフキンの縄文ノート

     スサノオ・大国主建国論から縄文時代に関心を持っており、全国各地のまちづくり計画の仕事をしてきたこともあり、主に宗教論・母系制社会論・産業論・建築論・言語論・航海論・日本民族起源論などから縄文社会を解明したいと考えています。 

    読者になる
  • 古墳サイト

    古墳の地図や関連情報をさらっと客観的視点と個人的見解から書いています。

    読者になる
  • 自燈明・法燈明

    日蓮をきっかけとして仏教への考察。またこの世界への考察についての「備忘録」として、このブログで自分の思考内容をまとめてみたいと思います。

    読者になる

続きを見る