TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

考古学・原始・古墳時代 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    【まるで推理小説(4)】間人皇女(はしひとのひめみこ)の人生と悔恨【中宮天皇の謎】★★★

    難波宮(太極殿)大阪城が見える 間人皇女(はしひとのひめみこ)の置かれた状況 本シリーズの主役、間人皇女(はしひとのひめみこ)の立場(系図参照)で、彼女が何を考え、行動したのか、考えてみます。 ● お母さんの法提郎女(ほほてのいらつめ)は蘇我系。そして兄も自分も蘇我系 ● 兄の古人は出家して吉野に隠棲したのに、嫌疑をかけられ、中大兄皇子(と鎌足)に殺されている ● それを止めなかった(場合によっては加担した)旦那の孝徳大王を心の底から信じられない ● 私の守るべきはただ一人。可愛い息子(有馬皇子)だけよ(孝徳大王就任時、息子はわずか5才) ● だって、兄と同じように(次の大王を狙っている人)に…

    開物発事_かいもつはつじ

    ものづくりとことだまの国

    読者になる
  • 2位

    日本人のゲノム分析2 列島にはデ二ソワ×ネアンデルタール×フローレンス人×新人サピエンスのハイパーハイブリッド先祖がやって来た?

    人類拡散ルートネアンデルタール人とデ二ソワ人の遺伝子的隔りアジア人と直結するデ二ソワ人ゲノム遺伝子デ二ソワ人はロシア北中部のデ二ソワ洞窟で発見された旧人。この洞窟にはネアンデルタール人の骨も同居しており、遺伝子的にも両者は混血があったと考えられる。さらに

    Kodaisi-Kawakatu

    民族学伝承ひろいあげ辞典

    読者になる
  • 3位

    全国こども考古学教室ホームページ

     全国こども考古学教室のホームページが公開されました。 少しだけですが、お手伝いさせていただいたものです。 まだ骨格段階でしょうか。今後の展開が楽しみです。

    orbit

    Ancient Botanical Garden

    読者になる
  • 4位

    【まるで推理小説(3)】ライン1本、どんでん返し!?【中宮天皇の謎】★★★

    中宮寺(奈良県生駒郡斑鳩町)のご本尊と野中寺の蔵から発見された弥勒菩薩半跏像。 実在した女性をモデルにした弥勒菩薩半跏像 聖徳太子の母上で、第31代用明大王の皇后だった穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)と第36代孝徳大王の間人皇女(はしひとのひめみこ)。 二つの仏像には「実在したモデル」がいて、どちらも「間人、はしひと」だったという点が共通しています。 www.zero-position.com 野中寺の弥勒菩薩半跏像の台座に銘文が残されており、この仏像のモデル(お祈りする対象)が『中宮天皇』であったことがわかります。 先日の記事で紹介した通り、中宮天皇というのは、特定の個人名では…

    開物発事_かいもつはつじ

    ものづくりとことだまの国

    読者になる
  • 5位

    備忘 玉村町の食ーあの日食べたものー

    群馬の埋文・考古系ブログです。植物と食物を中心に、考古学、民俗学の裏通りを散策してます

    orbit

    Ancient Botanical Garden

    読者になる
  • 6位

    江戸時代 駿府で病死した琉球王国の摂政 具志頭王子朝盛の墓 臨済宗妙心寺派 巨鼇山 清見寺 (静岡県静岡市清水区興津清見寺町418-1)

    静岡県静岡市清水区興津清見寺町の臨済宗妙心寺派 巨鼇山 清見寺(こごうさん せいけんじ)の墓地には、江戸時代前期の慶長15年(1610年)8月21日に駿府で病死した、具志頭王子朝盛(ぐしちゃんおうじちょうせい)の墓があります。具志頭王子朝盛は、尚寧王(第二尚氏王統7代目)の

    しずおかk

    静岡県の遺跡・古墳・城跡ガイド

    読者になる
  • 7位

    健康遊具を設置 秋葉公園 憩いの広場 (静岡県牧之原市(旧榛原郡榛原町)勝俣2357-1)

    静岡県牧之原市(旧榛原郡榛原町)勝俣(かつまた)の秋葉公園(あきはこうえん)は、アジサイの名所として有名です。秋葉神社が鎮座する秋葉山(標高約60m)中腹に、憩いの広場が整備されています。健康遊具、アジサイ園、展望台、休憩所、水飲み場、トイレ、無料駐車場あり。秋葉公

    しずおかK

    00shizuoka静岡観光おでかけガイド

    読者になる
  • 8位

    大阪 2020 初夏から梅雨の景色

    先月は外出自粛も明け、近場から少しずつ、活動を再開。 あい間に撮影した夏の写真です。 夏祭りが軒並み中止で、今年は予定も入れず、去年と違い静かなものです。 万代池公園(大阪市住吉区万代、まんだい) 万代池公園 万代池公園 古池龍王社あたり 万代池公園 中央のウキシマ 万代池公園 ドバトの飛翔。笑 誉田八幡宮(大阪府羽曳野市誉田、こんだ) 誉田八幡宮 宝物殿 鳳凰 仲哀天皇陵、辛国神社(大阪府藤井寺市藤井寺) 応神天皇陵あたり 辛国神社 手水舎 辛国神社 天性寺(大阪市天王寺区上本町) 天性寺 天性寺 七夕飾り 天性寺 七夕飾り 天性寺 七夕飾り 天性寺 七夕飾り 天性寺 七夕飾り

    開物発事_かいもつはつじ

    ものづくりとことだまの国

    読者になる
  • 9位

    新羅の脱解王が奴国大王?(^_-)-☆

    いつも応援ありがとうございます。!よろしければ二つともポチっと応援、よろしくお願いします(^)o(^)にほんブログ村原始・古墳時代ランキング【検証9】奴国時代の話(その1)の(注2)にWiki「新羅」によれば、『三国史記』の新羅本紀は「辰韓の斯蘆国」の時代から含めて一貫した新羅の歴史としているが、史実性があるのは4世紀の第17代奈勿王以後であり、それ以前の個々の記事は伝説的なものであって史実性は低いとされる。と書いたが、新羅の第4代脱解(タレ)尼師今(在位:57年-80年)が倭人だと書かれている。その後、第9代から12代まで脱解王昔氏の子孫が王となったとある。脱解王は倭国の東北一千里の多婆那(タバナ)国から来たとあり、『三国遺事』では龍城国とある。丹波の奴国から来た龍王だと分かる。(注)つまり当時は丹波国の一部...新羅の脱解王が奴国大王?(^_-)-☆

    刮目天 一(はじめ)

    刮目天のブログだ!

    読者になる
  • 10位

    下高橋御高札場跡・泉福寺跡

    下高橋御高札場跡・泉福寺跡2020/7/4(土)曇/ときどき晴4日未明、熊本・鹿児島県境、球磨人吉地方に大雨による水害が発生した。お亡くなりになられた方水害に会われた方に、お悔やみとお見舞い申し上げます。110mm/時間雨量だったと云う。息もできないような降雨だったと想像するが、地球温暖化はほっておけない地球規模の課題と思う。天候は曇り/ときどき晴れ、最高気温29°湿度75~80%と蒸し暑い。午後13時半から山鹿市鹿本町の米嶋八幡宮・泉福寺跡探訪ポタリングに出る。往路は美風だが追い風、帰路は強風の向かい風でペダルが重かった。往路は前回とほぼ同じく、熊鹿ロードを走り植木温泉辺りから合志川堤防道路を走り、中川橋で菊池川を渡る。国道325を横断し、米嶋八幡宮を目指して鹿本町下高橋地区を通る。藩政時代の山鹿市指定文化財...下高橋御高札場跡・泉福寺跡

    自転車くま

    熊本から気ままに山と自転車のブログ

    読者になる

続きを見る

  • 上杉鷹山

    上杉鷹山

    上杉謙信の養子、景勝を藩祖とする米沢藩藩主。斬新な藩政改革を断行し、財政危機に瀕していた米沢藩を蘇らせた稀代の名藩主。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 7人

  • 三浦按針

    三浦按針

    英国人。徳川幕府の外交顧問として活躍。後に、日本人女性のお雪と結婚し、一男一女を儲ける。神奈川県横須賀市西逸見町に按針の墓がある。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • 豊臣秀頼

    豊臣秀頼

    豊臣秀吉の子。母は淀殿。豊臣政権の後継者となるも、後見人前田利家の死、石田三成の失脚後、家康の台頭で一大名に没落。大阪の役で敗れ、豊臣家滅亡を迎える。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 9人

  • 徳川秀忠

    徳川秀忠

    徳川家康の第三子。江戸幕府第二代将軍。関ヶ原では、真田昌幸の前に失態を演じるが、多くの外様大名を改易するなどして、徳川幕府の基盤を固めた。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 8人

  • 小泉八雲

    小泉八雲

    日本に帰化したイギリス時代のアイルランド人の紀行文作家・随筆家・小説家・日本研究家。国籍を取得する前の彼の旧名はパトリック・ラフカディオ・ハーンで一般的に名前として知られているラフカディオは彼のミドルネームである。なお名前の「八雲」は、一時期当人が島根県の松江市に在住していたことから、そこの旧国名(令制国)である出雲国にかかる枕詞の「八雲立つ」にちなむとされる。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 13人

  • 堀尾吉晴

    堀尾吉晴

    尾張の国、丹羽郡御供所(ごくしょ)村(現大口町)に生まれ、 豊臣秀吉に仕え、三中老の一人となる。 松江城を築き、初代城主となる。松江にて没。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • 松平治郷

    松平治郷

    江戸時代後期の大名。出雲国松江藩の第7代藩主。江戸時代の代表的茶人の一人で、号は不昧(ふまい)。父は第6代藩主・松平宗衍(治郷は次男)。母は側室の歌木(大森氏)。幼名は鶴太郎。号は不味。官位は従四位下、佐渡守のち出雲守、左近衛権少将、侍従。治郷の収集した茶器の銘品・銘菓は「不昧公お好み」として現在にも伝えられ、松江市が今を以って文化の街として評される礎となったことは、治郷の現代に至る功績である。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 武田四名臣

    武田四名臣

    今尚「武田四名臣」と称ばれ その功績誉れ高い武田家臣:馬場信房(信春)・内藤昌豊(昌秀)・高坂昌信(春日虎綱)・山県昌景の四将に関する話題を 気軽にトラックバックしてください。記事は各将個別の内容でも構いません。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 4人

  • 竜造寺隆信

    竜造寺隆信

    龍造寺周家の子。九州で大友氏、島津氏と並ぶ勢力を一代で築く。肥前の熊と呼ばれる。島津・有馬連合軍と戦い戦死。(沖田畷の戦い)

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 本願寺蓮如

    本願寺蓮如

    本願寺第七世存如の子。本願寺第八世門主。熱心な布教活動を生涯行い、浄土真宗本願寺の現在の礎を築く。浄土真宗本願寺、中興の祖。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 7人

続きを見る

続きを見る

  • 読者になる
  • 天香山命あれやこれや

    弥彦神社御祭神 天香山命についてネット検索で得られる情報を綴っていく備忘録。 と、それに関する私見。

    読者になる
  • 太安万侶のミステリー

     「太安万侶は日本初のミステリーライター」であり、「レベルの低い歴史家」、「天皇家のための歴史創作者」などではなく、「表の歴史書」に「裏の歴史」「真実の歴史」を伝え残した歴史家です。太安万侶の暗号を解いていきます。

    読者になる
  • ヒナフキンの縄文ノート

     スサノオ・大国主建国論から縄文時代に関心を持っており、全国各地のまちづくり計画の仕事をしてきたこともあり、主に宗教論・母系制社会論・産業論・建築論・言語論・航海論・日本民族起源論などから縄文社会を解明したいと考えています。 

    読者になる
  • 古墳サイト

    古墳の地図や関連情報をさらっと客観的視点と個人的見解から書いています。

    読者になる

続きを見る