TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

考古学・原始・古墳時代 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    岩宿博物館と曙杉(メタセコイア)

     岩宿博物館の企画展が今日まで、ということで、慌てて出かける。 「岩宿時代の円形のムラ」 環状ブロックに関する展示のPart2。 岩宿フォーラムのテーマに合わせた展示。 パネルの文章からの気づきは少なからずあったものの、私には難解過ぎる展示。 無知だねえ

    orbit

    岩宿博物館と曙杉(メタセコイア)

    読者になる
  • 2位

    ジョージ・ソロス逮捕~「詐欺とコンピュータシステムの破壊」で選挙に干渉と報道(カナダメディア)

    ハンガリーと米国籍をもつ大富豪投資家ジョージ・ソロス氏逮捕拘留されFBIが取り調べ中と報道された■ドミニオン社は逃亡中米国大統領選挙ではペンシルベニア州のデタラメな投票集計の混乱で、州務長官が辞任していますが、ドミニオン社は米国本部とカナダオフィスを突然閉鎖してペンシルベニア州の公聴会はドタキャン。ドミニオン社の技術担当者の副社長エリック・クーマー氏は現在逃亡中で、この人物は一説によればバイデン氏の政権移行チームに名を連ねていたとも。このエリック・クーマーという人物は、ソーシャルメディアアカウントの投稿で、過激組織であるアンティファ(Antifa)の支持者あることが判っており、で、フェイスブックには「警察死ね」「大統領死ね」などを投稿し、トランプ大統領への憎しみの発言をしていたことを発見されており(この情報が公...ジョージ・ソロス逮捕~「詐欺とコンピュータシステムの破壊」で選挙に干渉と報道(カナダメディア)

    eternalturquoiseblue

    ジョージ・ソロス逮捕~「詐欺とコンピュータシステムの破壊」で選挙に干渉と報道(カナダメディア)

    読者になる
  • 3位

    【砂沢溜池 弥生式水田遺跡】いつ、だれが、なぜ、何のために(前半)★★【津軽 縄文から弥生への過渡期】

    はじめに 北九州で生まれた弥生式の水田稲作ノウハウが弥生期の #津軽 #砂沢遺跡 に。北九州 #遠賀川式土器 によく似た土器も発見されています。いつ、だれが、なぜ、何のために持ち込んだのでしょうか。#岩木山 #岩木川 の変化、気候変化、#海進と海退 による海抜変化も考慮して古代妄想。前半 目次 前回記事(2020年11月22日)より 弥生の水田跡という「点」をつなぐ北九州と津軽の「線」 いつ、だれが、なぜ、何のために(前半)★★ 本文 前回記事(2020年11月22日)より 津軽・お岩木山の北東部一帯の湧水群の近くからは、たくさんの縄文遺跡が残されている中、砂沢溜池の砂沢遺跡では、約4千年~5…

    開物発事_かいもつはつじ

    【砂沢溜池 弥生式水田遺跡】いつ、だれが、なぜ、何のために(前半)★★【津軽 縄文から弥生への過渡期】

    読者になる
  • 4位

    鞍橋神社 鞍橋君の御霊を祀る宮

    さて、今日は予定通り、鞍手町の「くらじの郷」に集合して鞍橋神社に掃除参拝をしてきました。 久留米、筑紫野、小郡、と遠方から参加していただき、本当に助かりま...

    綾杉 るな

    鞍橋神社 鞍橋君の御霊を祀る宮

    読者になる
  • 5位

    弥生時代の奈良盆地

    弥生時代の奈良盆地は豊かだった、中西遺跡や秋津遺跡の水田跡を見るにそう思います。奈良県御所市の中西遺跡と隣接する秋津遺跡では、弥生時代前期に少なくとも4万3000万平方メートルもの水田が広がっていたことが判明しています。弥生時代前期における国内最大規模の水田跡であり、九州地方のものよりも規模が大きいのです。ちゃんと灌漑施設も備わった水田だそうです。この地では縄文時代にはクリを管理し利用していたのですが、地下水位が上がって荒れ地となったため水田として利用するようになったのではないかとの見解を橿原考古学研究所が示しています。また奈良県磯城郡田原本町の弥生の環濠集落、唐古・鍵遺跡を見てもやはり豊かであったと感じます。全国からの土器が出土していますし、半島との交流もあったようです。青銅器の鋳造炉が出ており、銅鐸の主要な...弥生時代の奈良盆地

    咲くやこの花

    弥生時代の奈良盆地

    読者になる
  • 6位

    平安時代の役所跡または倉庫跡 大津御厨の関連遺跡 ネット初公開 居倉遺跡  (静岡県島田市野田 大津谷川の供方橋上流)

    静岡県島田市野田(のだ)の居倉遺跡(いくらいせき、いぐらいせき)は、平安時代(10世紀)から江戸時代にかけての遺跡です。「大津」と墨書された木簡が見つかった事から、大津御厨(おおつみくりや)の関連遺跡と考えられます。大津御厨は、平安時代後期(11世紀後半)の大津郷に伊

    しずおかk

    平安時代の役所跡または倉庫跡 大津御厨の関連遺跡 ネット初公開 居倉遺跡  (静岡県島田市野田 大津谷川の供方橋上流)

    読者になる
  • 7位

    夏目漱石の門下生 中勘助の資料を展示「中勘助文学記念館・杓子庵(しゃくしあん)」 (静岡県静岡市葵区新間1089-120)

    静岡県静岡市葵区新間(しんま)の「中勘助文学記念館・杓子庵(しゃくしあん)」は、大正・昭和時代に作家・詩人・随筆家として活躍した、夏目漱石の門下生 中勘助(なか かんすけ)の資料館です。戦時中に滞在した旧前田邸を整備し、作品のタイトルとなった遺品の「銀の匙」や作

    しずおかK

    夏目漱石の門下生 中勘助の資料を展示「中勘助文学記念館・杓子庵(しゃくしあん)」 (静岡県静岡市葵区新間1089-120)

    読者になる
  • 8位

    【内真部 大山祇神社 奥宮】青森ヒバの森に鎮座する山神様【ヒノキアスナロ】

    はじめに ふと出逢った鳥居をくぐり、後で調べて色々知ることも旅の楽しみ。青森市から県道2号線を走って #内真部(うちまんべ)の赤白の鳥居。そばに #大山祇神社奥宮 の案内板。社を囲む青々とした針葉樹は #青森ヒバ #ヒノキアスナロ。古くから木造建築や漆器に利用されてきたそうです 目次 青森ヒバ(ヒノキアスナロ)のこと 青森ヒバの森 内真部・大山祇神社 奥宮 大山祇神社奥宮の沿革(文字起こし) 本文 青森ヒバ(ヒノキアスナロ)のこと ヒバの葉(AC) 何年も前のことですが、大阪市内にあった青森県事務所の産品コーナーで「青森ヒバ」の精油を衝動買いしたことがあります。 ウッディといった穏やかなもので…

    開物発事_かいもつはつじ

    【内真部 大山祇神社 奥宮】青森ヒバの森に鎮座する山神様【ヒノキアスナロ】

    読者になる
  • 9位

    番外58.ショッキングヒストリー「龍族を探して」で伝えたかったこと

    『般若心経の真言』般若心経は、最後が真言で締めくくられています。有名な真言です。羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提娑婆訶 この部分は翻訳されていないので原…

    隊長

    番外58.ショッキングヒストリー「龍族を探して」で伝えたかったこと

    読者になる
  • 10位

    装飾大刀,銅鏡,金銅装馬具などが出土した古墳11基 高根森古墳群  (静岡県島田市阪本字色尾)

    静岡県島田市阪本(さかもと)の高根森古墳群(たかねもりこふんぐん)は、古墳11基以上で構成されています。高根森2号墳は、古墳時代後期(6世紀末)に築かれた疑似両袖式の横穴式石室を有する円墳。大正4年(1915年)3月、装飾大刀・金銅装馬具・銅鏡2面(方格T字鏡、方格八乳鏡)な

    しずおかk

    装飾大刀,銅鏡,金銅装馬具などが出土した古墳11基 高根森古墳群  (静岡県島田市阪本字色尾)

    読者になる

続きを見る

  • 寺・神社

    寺・神社

    寺社仏閣に関すること何でも

    テーマ投稿数 15,695件

    参加メンバー 772人

  • 平安時代

    平安時代

    平安時代の出来事、人物、文化などなど平安時代の記事ならなんでも結構です!

    テーマ投稿数 666件

    参加メンバー 35人

  • 梶原景季

    梶原景季

    平安時代末期から鎌倉幕府初期の武将。梶原景時の嫡男。通称を源太といった。 木曽義仲追討に際し、宇治川の戦いにおいて佐々木高綱と先陣を争い渡河。続く一ノ谷の戦いでは箙に梅の花の枝を挿して奮戦し、板東武者にも雅を解する者がいると敵味方問わず賞賛を浴びた。 その後も鎌倉幕府内で順調に地歩を固めるが、源頼朝の死後父とともに失脚し、駿河国で討ち取られた。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • 磨墨

    磨墨

    磨墨は梶原景季の愛馬であり名馬として知られた。磨墨に乗った景季は、1184年(寿永3)の宇治川の戦いで、やはり名馬の誉れ高い池月(いけづき)に乗る佐々木高綱と先陣を争った(宇治川の先陣争い)。磨墨を葬った場所と称する所は日本各地にあり。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 三国志マガジンを読む

    三国志マガジンを読む

    2005年から発刊されている世界初の三国志専門コミック誌「三国志マガジン」を読んで感想をTBしてください。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 聖徳太子

    聖徳太子

    聖徳太子の業績や人物像、時代背景についてなら何でもOKです!

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 10人

  • 歴史グッズ

    歴史グッズ

    歴史に関係するグッズについて何でも。フィギュア、小物類、Tシャツなどなどいろいろ。

    テーマ投稿数 50件

    参加メンバー 17人

  • 忍者

    忍者

    忍者、忍術、忍法について何でも。小説、漫画などの忍者でも、史実の忍者でも何でも構いません。

    テーマ投稿数 100件

    参加メンバー 46人

  • 島津忠恒

    島津忠恒

    島津義弘の三男。初代薩摩藩主。後に家久と改名。慶長の役では父等とともに、寡兵で明軍20万を破るなど武勇に優れた大名として知られる。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 2人

  • 織田信秀

    織田信秀

    織田信定の嫡男。尾張の戦国武将。子に信長、信行、長益、お市の方など。美濃の斉藤道三、駿河の今川義元等と争うなど戦国武将として活躍。主家、清洲織田家を圧倒する勢力を築くも、急死。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 6人

続きを見る

  • 「考古学から見た邪馬台国大和説」を読んで

    本書は「畿内ではありえぬ邪馬台国」という刺激的な、そして畿内説論者にとっては何とも攻撃的かつ挑戦的なサブタイトルがついています。私は考古学や古代史の専門家ではないので「説」として主張しているわけではないですが、邪馬台国は畿内にあったと考えています。その私が本書を読むにあたって心がけたことは、できるだけ中立的なスタンスで受け止めよう、その上で本書の内容に何ら反論できずに納得することばかりであれば、素直に自分の考えを見直してみよう、ということでした。結果は、そういうことにならなかったのですが、ここでは本書の感想というよりも、本書が指摘することに対する私の考えを書いてみたいと思います。考古学から見た邪馬台国大和説畿内ではありえぬ邪馬台国関川尚功梓書院著者は、多くの邪馬台国畿内説論者が卑弥呼の居所であったと考える纒向遺...「考古学から見た邪馬台国大和説」を読んで

    古代日本国成立の物語 古代日本国成立の物語
    読者になる
  • 美濃国府と南宮御旅神社

     岐阜県不破郡垂井町、かつての美濃国府からほぼ真東に約500m(直線距離にして)、ひっそりと佇む森がある。「喪山」と呼ばれる小山。 喪山、と聞けばピンと来る方もいらっしゃるでしょう。 古事記神話にある、「アメノワカヒコ」の葬儀の時に死人と間違われた「アズスキ

    紫竜 蘇竜聖園
    読者になる
  • 平安時代の役所跡または倉庫跡 大津御厨の関連遺跡 ネット初公開 居倉遺跡  (静岡県島田市野田 大津谷川の供方橋上流)

    静岡県島田市野田(のだ)の居倉遺跡(いくらいせき、いぐらいせき)は、平安時代(10世紀)から江戸時代にかけての遺跡です。「大津」と墨書された木簡が見つかった事から、大津御厨(おおつみくりや)の関連遺跡と考えられます。大津御厨は、平安時代後期(11世紀後半)の大津郷に伊

    しずおかk 静岡県の遺跡・古墳・城跡ガイド
    読者になる
  • 夏目漱石の門下生 中勘助の資料を展示「中勘助文学記念館・杓子庵(しゃくしあん)」 (静岡県静岡市葵区新間1089-120)

    静岡県静岡市葵区新間(しんま)の「中勘助文学記念館・杓子庵(しゃくしあん)」は、大正・昭和時代に作家・詩人・随筆家として活躍した、夏目漱石の門下生 中勘助(なか かんすけ)の資料館です。戦時中に滞在した旧前田邸を整備し、作品のタイトルとなった遺品の「銀の匙」や作

    しずおかK 00shizuoka静岡観光おでかけガイド
    読者になる
  • 【内真部 大山祇神社 奥宮】青森ヒバの森に鎮座する山神様【ヒノキアスナロ】

    はじめに ふと出逢った鳥居をくぐり、後で調べて色々知ることも旅の楽しみ。青森市から県道2号線を走って #内真部(うちまんべ)の赤白の鳥居。そばに #大山祇神社奥宮 の案内板。社を囲む青々とした針葉樹は #青森ヒバ #ヒノキアスナロ。古くから木造建築や漆器に利用されてきたそうです 目次 青森ヒバ(ヒノキアスナロ)のこと 青森ヒバの森 内真部・大山祇神社 奥宮 大山祇神社奥宮の沿革(文字起こし) 本文 青森ヒバ(ヒノキアスナロ)のこと ヒバの葉(AC) 何年も前のことですが、大阪市内にあった青森県事務所の産品コーナーで「青森ヒバ」の精油を衝動買いしたことがあります。 ウッディといった穏やかなもので…

    開物発事_かいもつはつじ ものづくりとことだまの国
    読者になる

続きを見る

  • 古代四方山話

    古代史が好きです。考古学も史学も好きです。でも読めば読むほどわからないことだらけです。日々疑問に思っていること、思いついたことを徒然なるままに書いています。

    読者になる
  • 蘇竜聖園

    諏訪という土地から古代を眺めています。そして、古層(縄文以来の)・新層(弥生以降の)の神々がこの土地で融合する様を、再現してみたいと思っております。さらに、建御名方とはどのような人物であったのか?出来る限り明確にしたいと願っております。

    読者になる
  • 読者になる
  • 天香山命と久比岐のあれやこれや

    素人がネットを検索しまくり天香山命と久比岐について探ってみる。

    読者になる
  • 太安万侶のミステリー

     「太安万侶は日本初のミステリーライター」であり、「レベルの低い歴史家」、「天皇家のための歴史創作者」などではなく、「表の歴史書」に「裏の歴史」「真実の歴史」を伝え残した歴史家です。太安万侶の暗号を解いていきます。

    読者になる

続きを見る