TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

世界の伝統・文化 トップ

TOP help
  • 1位
    民族学伝承ひろいあげ辞典

    民族学伝承ひろいあげ辞典

    文献・科学・考古学・遺伝子学・環境学・言語学・人類学・民俗学・民族学 あらゆるヒントを総合し、最新用語を解説、独自に解釈してわかりやすく説明します。 誰も書かない、目から鱗、鼻から牛乳、目から火花、頭の先からぴかっと電球

    読者になる
  • 2位
    いこくのじかん

    いこくのじかん

    「カオスで面白い世界」をテーマに、旅行、異文化など、気になる話題について漫画を交えながら紹介します。

    読者になる
  • 3位
    真珠に関するブログ

    真珠に関するブログ

    真珠の歴史・文化・世界のニュース

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    2021年3月3日 葉山 浦賀 東京湾 夢の島

    本日乗るボート浦賀から東京湾を北上して夢の島マリーナまで北からの向かい風と波の中『海の四駆』を謳う北欧製のこのボートの性能と乗り心地を半日かけて試させていただく2021年3月3日葉山浦賀東京湾夢の島

    KAZU

    風の旅人 Sailing Diary

    読者になる
  • 2位

    タケミナカタが諏訪へ行くには・・・事代主・少彦名って誰?カツラギ族って?

    国譲りで負けたタケミナカタが諏訪まで行ったルートは、たぶん、信濃川から入ったのではと思える。だから越前に弥彦神社とか、行き過ぎて秋田に唐松神があるのかと。なぜ物部氏の残党と海人族タケミナカタが関係するか?わかりません。なぜ富山の姫川からじゃないか知らない

    Kodaisi-Kawakatu

    民族学伝承ひろいあげ辞典

    読者になる
  • 3位

    全国古墳一覧

    考えるのはあなただ。科学するとは、資料とデータなのだ。推理推測ではない。共有してもらい、それぞれにデータを与えてさしあげることである。自由にすべての興味を持つ人たちに共有させねば、意味はない。それがわからぬのなら、あなたには研究する資格がない。それを理解

    Kodaisi-Kawakatu

    民族学伝承ひろいあげ辞典

    読者になる
  • 4位

    高麗郡高麗神社・朝倉市高木神社・・・「こま」「たかぎ」と朝鮮・日田市から久留米の夜須川

    これはまだ明確な知識ではない。かつて九州の旅で歴史作家の菊池秀夫(『邪馬台国と狗奴国と鉄』などの著者)さんという方を案内したとき、彼が非常に高木の神に興味をお持ちだったので、装飾古墳専門の蕨手(わらびて)氏(「装飾古墳今昔紀行」の管理者)が案内したとは聞いてい

    Kodaisi-Kawakatu

    民族学伝承ひろいあげ辞典

    読者になる

続きを見る

  • 化け猫

    化け猫

    化け猫(ばけねこ)とは、猫が変化した妖怪のことである。猫又と混同されることが多く、その区別はあいまいである。日本各地に化け猫の伝説があり、佐賀藩(鍋島藩)の化け猫騒動が特に有名である。鍋島家の家臣、小森半太夫が異国種の猫を虐待したのでその猫はうらみをいだき、殿の愛妾、お政の方を食い殺して化身し御家に仇をなすが伊藤惣太らに退治されるという筋。 化け猫のイメージとして「行灯の油を舐める」というものがある。怪談の文芸作品化が進められた江戸時代には、行灯の燃料としていわしから採った安価な魚油が広く使われていた(煤の少ない菜種油は高価だった)。いうまでもなく魚は猫の好物であるので、行灯の明かりにその姿を浮かびあがらせ油を舐めるというイメージが作られた。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 2人

  • チベット動乱

    チベット動乱

    チベット動乱(チベットどうらん)は、中華人民共和国政府のチベット統治、支配に対し、アムド地方、カム地方における「民主改革」「社会主義改造」の強要をきっかけとして1956年に勃発し、1959年に頂点に達したチベット人の抗中独立運動のことである。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • チベット侵攻 (1950–1951)

    チベット侵攻 (1950–1951)

    チベット侵攻(チベットしんこう)とは、1950年から1951年にかけて中国人民解放軍がラサの東方100kmにまで侵攻した事件。これを契機として十七か条協定なるものが登場し、チベットは中華人民共和国に併合されてゆくこととなった。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 1959年のチベット蜂起

    1959年のチベット蜂起

    1959年のチベット蜂起(せんきゅうひゃくごじゅうくねんのチベットほうき)が始まったのは、1951年以来中国共産党の支配下にあったチベットの首都ラサで、1959年3月10日に反中国・反共産主義の民衆暴動が勃発したときのことであった。 この蜂起の日は、チベットの独立運動団体の多くによって、チベット蜂起記念日(チベット民族蜂起記念日)として祝われている。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 2008年のチベット動乱

    2008年のチベット動乱

    2008年のチベット動乱(-どうらん)は、2008年3月に起こった中国チベット自治区の暴動である。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 5人

  • 埼玉古墳群

    埼玉古墳群

    埼玉古墳群(さきたまこふんぐん)は、埼玉県行田市にある、9基の大型古墳からなる古墳群である。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 5人

  • 山県昌景

    山県昌景

    飯富虎昌の実弟で飯富源四郎といった。信玄の近習小姓から侍大将に抜擢された。板垣・甘利亡き後に職に任ぜられ信玄の片腕となった。 信玄の西上作戦の先発隊長として指揮を執る。 信玄が死に際し山県を呼び瀬田に旗を立てよと遺言したが、主君の意志を果たせないまま、長篠の合戦にて戦死した。

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 2人

  • 真田昌幸

    真田昌幸

    真田幸隆の三男。武藤家を継いだ後に武藤喜兵衛を名乗るが、兄真田信綱・昌輝が長篠で戦死し急遽真田家を継いだ。勝頼の側近であったが真田郷に戻り上州計略・経営を担当。武田家滅亡後は、主家を失い北条家に臣属を打診した。その後、長男・信之を徳川方に、次男幸村を豊臣方に配属させ家名を存続させるしたたかさ。関ヶ原の合戦では徳川主力の秀忠軍を上田に釘付けにし、遅参させたのは有名な話。

    テーマ投稿数 76件

    参加メンバー 16人

  • 縁起物(神社仏閣グッズ・郷土玩具)

    縁起物(神社仏閣グッズ・郷土玩具)

    神社仏閣好きの中でも特に授与品のお守り・絵馬・御朱印・おみくじなど又はだるまや招き猫などの郷土玩具が好きな人大歓迎です。

    テーマ投稿数 1,316件

    参加メンバー 136人

  • 刀狩

    刀狩

    刀狩(かたながり、刀狩り)とは、百姓身分の者の帯刀権を剥奪する兵農分離政策で、特に安土桃山時代の1588年8月29日(天正16年7月8日)に豊臣秀吉が刀狩令(同時に海上賊船禁止令)を出して大規模に推進した政策を指す(ただし、刀狩を最初に行なったのは柴田勝家である。また、これに先立った1585年(天正13年)6月に秀吉が高野山の僧侶に対して武装放棄を確約させており、これを刀狩の最初とする見方もある)。一般的には百姓身分の者の武器所有を禁止し、それらを没収して農村の武装解除を図った政策として知られている。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 秋葉は火伏せ。カグツチ

    全国にアキバ神社がある。たいがいが風の吹き抜ける場所だ。で火事が多かったから火伏せの神を置いたのだ。それはカグツチ。記紀の火の神。母親イザナミのほと=陰部を焼いて生まれて、母が死ぬ。だから父・イザナギはこれを切り殺す。その血が散らばって、日本中の、北西方角

    Kodaisi-Kawakatu 民族学伝承ひろいあげ辞典
    読者になる
  • まけるな愛ちゃん!

    なんの苦労もない。そう思えていた卓球の福原愛ちゃん。なんと台湾の家でいろいろ苦労があるそうだ。で、ついに日本人男性へ、大人の恋の逃避行・・・。よくわかるねえ、その気持ち。昔は日本だってまだまだ台湾みたいに「家」世界だった。ワタシより1世代前の、個よりも家

    Kodaisi-Kawakatu 民族学伝承ひろいあげ辞典
    読者になる
  • タケミナカタが諏訪へ行くには・・・事代主・少彦名って誰?カツラギ族って?

    国譲りで負けたタケミナカタが諏訪まで行ったルートは、たぶん、信濃川から入ったのではと思える。だから越前に弥彦神社とか、行き過ぎて秋田に唐松神があるのかと。なぜ物部氏の残党と海人族タケミナカタが関係するか?わかりません。なぜ富山の姫川からじゃないか知らない

    Kodaisi-Kawakatu 民族学伝承ひろいあげ辞典
    読者になる
  • 漢字「竹」の起源と由来

    このブログでは、漢字の起源や由来と成り立ちの解明に歴史的背景から迫ろうとするものです。

    李 白扇 漢字の起源と成り立ち 「甲骨文字の秘密」
    読者になる
  • 2021年3月3日 葉山 浦賀 東京湾 夢の島

    本日乗るボート浦賀から東京湾を北上して夢の島マリーナまで北からの向かい風と波の中『海の四駆』を謳う北欧製のこのボートの性能と乗り心地を半日かけて試させていただく2021年3月3日葉山浦賀東京湾夢の島

    KAZU 風の旅人 Sailing Diary
    読者になる

続きを見る

  • はやおきセンサス

    ほぼ週一更新のブログでは人口統計、地名の由来や歴史を紹介。 管理人は小学校3年生ではじめて地図帳を手にしその美しさに虜になりました。 地図帳を手にワクワクしたあの日の管理人のように世界の成り立ちの一部を味わっていただけたら幸いです。

    読者になる
  • 若爺の放言

    若爺の放言です。事実確認は各自正規の情報を当たってください。誹謗中傷、失礼なコメントは削除します。

    読者になる
  • いこくのじかん

    「カオスで面白い世界」をテーマに、旅行、異文化など、気になる話題について漫画を交えながら紹介します。

    読者になる
  • クセになる世界雑学

    世界の様々な雑学について紹介しています。

    読者になる
  • 漢字の起源と成り立ち 「甲骨文字の秘密」

    今から約4千年前に生まれた「甲骨文字」は、人々のあらゆる営みを内包しつつ、発展し続けています。甲骨文字は人間の文化の発祥を示す何よりの証拠であり、文化の発展を残す足跡でもあります。  

    読者になる

続きを見る