TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

戦史(古今東西) トップ TOP

help

続きを見る

続きを見る

  • 奥の細道紀行

    奥の細道紀行

    松尾芭蕉の歩いた下野路を写真で紹介。 栃木県内に残る芭蕉の句碑も紹介しています。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 11人

  • 勝海舟

    勝海舟

    勝海舟は、江戸時代末の幕臣、政治家である。枢密顧問官、正二位勲一等伯爵。幼名は麟太郎(りんたろう)。本名義邦 (よしくに)、維新後改名して安芳(やすよし)。これは幕末期、安房守に任ぜられたことから勝 安房(かつ あわ)と呼ばれたため、安房(あほう)と同じ音の安芳と変えたもの。海舟は号。佐久間象山よりもらった「海舟書屋」よりとったという。父は旗本小普請組の勝小吉。母は信。 山岡鉄舟・高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。 幕末の剣客男谷信友は従兄弟にあたる。海舟も、十代の青春をほぼ剣術修行に費やした。 財務省主計局次長の勝栄二郎は子孫。

    テーマ投稿数 80件

    参加メンバー 18人

  • 徳川吉宗

    徳川吉宗

    徳川吉宗は、江戸幕府の第八代将軍。 徳川御三家の紀州藩二代藩主徳川光貞の四男として生まれる。二人の兄の死後、紀州藩主を継ぎ藩財政の再建に努め、七代将軍家継の死により徳川将軍家の血筋が途絶えると、江戸幕府八代将軍へと就任し、自ら質素倹約、新田の開発、公事方御定書の制定、目安箱の設置などの享保の改革を行う。 破綻しかけていた幕府財政を再建し、江戸幕府中興の祖と呼ばれるが、米相場の安定に苦心したことから米将軍ともいわれる。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • 和歌山城

    和歌山城

    和歌山城は和歌山市の中心部に位置する、梯郭式平山城である。虎伏山(とらふすやま)に建造され、北部を流れる紀の川を天然の堀とする。本丸の北側に二の丸が配され、その外に大きく三の丸が配された。 天守は大天守と小天守が連なった連立式である。姫路城、松山城と並んで日本三大連立式平山城の一つに数えられている。 所在地は和歌山県和歌山市一番丁。徳川御三家の一つ紀州藩紀州徳川家の居城であり、8代将軍徳川吉宗・14代将軍徳川家茂を輩出した。国指定史跡。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 12人

  • イエス・キリスト

    イエス・キリスト

    イエス・キリストは、人類の精神の歴史において、最も大きな影響を与えた人物の一人である。 仏教の開祖釈迦牟尼や、古代ギリシアの哲人ソクラテス、儒教の始祖孔子などとならび、伝統的な民族宗教における人間把握のありかたに反省を加え、後に世界宗教となるキリスト教の基礎を築いた宗教指導者である。 イエスが興したのは、イスラエルの民族宗教であるユダヤ教の改革運動であったが、この運動は後にパウロによってキリスト教として世界宗教に発展することとなった。

    テーマ投稿数 207件

    参加メンバー 39人

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ

    レオナルド・ダ・ヴィンチ

    レオナルド・ダ・ヴィンチは今日、イタリアのルネサンス期を代表する万能の天才として知られている。 絵画、彫刻、建築、土木および種々の技術に通じ、極めて広い分野に足跡を残している。『最後の晩餐』や『モナ・リザ』などの精巧な絵画は盛期ルネサンスを代表する作品になっている。膨大な手稿(ノート)を残しており、その中には飛行機についてのアイデアも含まれていた。

    テーマ投稿数 53件

    参加メンバー 27人

  • 片倉小十郎景綱

    片倉小十郎景綱

    伊達氏の家臣。片倉家が代々世襲する通称・小十郎により、片倉小十郎として有名。 米沢の神職・片倉景長の子。はじめ伊達政宗の父・伊達輝宗に仕え、その後、遠藤基信の推挙によって政宗の近侍となり、重用される。伊達家中では、武の伊達成実と並んで、智の片倉景綱と呼ばれた。1589年の摺上原の戦い、1590年の小田原参陣、1600年の関ケ原の戦いなど、いずれも伊達氏の危難を救っている。 主君・政宗が仙台藩に封じられてからは、一国一城令が敷かれる中、特例として残された白石城の城主となり、以後、片倉家は明治まで11代にわたって白石の地を治め続ける。 1615年、病のために死去した。景綱の人徳を慕った家臣六名が殉死したと言われている。

    テーマ投稿数 58件

    参加メンバー 15人

  • 松江城

    松江城

    松江市街の北部に位置し、南に流れる大橋川を外堀とする輪郭連郭複合式平山城である。本丸を中心に据え、東に中郭、北に北出丸、西に後郭、東から南にかけ外郭、西から南にかけ二の丸が囲んでいる。二の丸の南には一段低く三の丸が配されている。 高さ30m、5層6階の天守は桃山様式の天守として築城当時のまま現存しており、国の重要文化財に指定されている。 1960年に本丸一ノ門と南多聞の一部が復元され、1994年に三の丸と二の丸を結ぶ廊下門と二の丸下段の北惣門橋が復元された。二の丸の建造物として、2000年2月に南櫓と塀の一部(40m)が、更に2001年2月には中櫓・太鼓櫓と塀の一部(87m)が、それぞれ復元された。 江戸時代には松江藩の藩庁として、出雲地方の政治経済の中心となった。現在は松江城山公園として観光名所となっている。また、桜の名所として日本さくら名所100選に選ばれている。

    テーマ投稿数 256件

    参加メンバー 16人

  • 梶原景時

    梶原景時

    梶原景時は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。鎌倉幕府初期の有力御家人。 梶原氏4代目当主。家系は桓武平氏の流れを組む鎌倉氏の一族あり、大庭氏の族弟にあたる。正式な名乗りは平景時(たいら・の・かげとき)。通称は平三(へいざ、へいぞう)。官位は刑部丞。侍所所司、厩別当となる。 石橋山の戦いで平氏に属し、大庭景親のもとで源頼朝と戦うが、敗軍の頼朝を見逃してその危機を救い、後に重用される。源義仲追討軍に従軍。平家追討に参加、その功で播磨、美作守護職を与えられる。源義経が後白河法皇に頼朝追討の院宣を出させると、これを頼朝に知らせる。 頼朝の命を受け、伊豆の修善寺に流された源範頼を攻め、謀殺。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

  • 戦後61年

    戦後61年

    まもなく61回目のヒロシマ・ナガサキ・そして終戦…。 風化させないためにも…。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 12人

続きを見る

続きを見る

続きを見る