TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

日本史 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    三菱零式水上観測機11型

    スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

    静磨

    三菱零式水上観測機11型

    読者になる
  • 2位

    税金を何だと思っているのだ

    中曽根康弘の葬儀に自民党と菅内閣が合同葬儀として九千六百万円の予算を計上したことを知った。ヤフーニュースでタレントのうじきつよし氏がそれを怒ったことが報じられ…

    HETAROUMUSASI

    税金を何だと思っているのだ

    読者になる
  • 3位

    神戸事件責任者処刑の六日後に起きた、土佐藩兵によるフランス兵殺傷事件~~堺事件

    神戸事件が解決後、今度は堺で土佐藩兵とフランス人とのトラブルが発生し、11名の若いフランス人が殺害される事件(堺事件)が起きている。堺の治安回復を任された土佐藩は内地旅行の免状がなければ外国人を堺に入れない方針をとり、堺港から上陸しようとしたフランス人を土佐藩兵が撃ちまくった。フランス公使は激怒し、新政府と交戦することを辞さない姿勢であった。

    しばやん

    神戸事件責任者処刑の六日後に起きた、土佐藩兵によるフランス兵殺傷事件~~堺事件

    読者になる
  • 4位

    麒麟がくる 第24話「将軍の器」 その2 ~足利義昭の脱出~

    「その1」のつづきです。 永禄8年5月19日(1565年6月17日)、室町幕府第13代将軍・足利義輝が殺害されると、このとき奈良興福寺の一乗院門跡となって...

    坂の上のヒゲおやじ

    麒麟がくる 第24話「将軍の器」 その2 ~足利義昭の脱出~

    読者になる
  • 5位

    堀川御池に十月桜開花 9月26日

    FXの超マル秘テクニック&京都お得情報を公開しています。

    超お金持ち

    堀川御池に十月桜開花 9月26日

    読者になる
  • 6位

    後鳥羽天皇に仕える【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

    右京大夫、後鳥羽天皇施政下の宮中に再出仕します!

    えこぶんこ

    後鳥羽天皇に仕える【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

    読者になる
  • 7位

    丹波宇津城跡の攻城失敗記。

    天正7年(1579年)6月、丹波を支配していた波多野秀治の居城・八上城を攻め落とした明智光秀は、同年7月、宇津頼重の居城、宇津城を攻めます。宇津頼重は禁裏...

    坂の上のヒゲおやじ

    丹波宇津城跡の攻城失敗記。

    読者になる
  • 8位

    シンカリオンな日々出張版その2。

    ※しばらくブログの更新をゆっくりにします。次回は10月3日に更新予定です。前回記事の末尾にぬいぐるみちゃんたちをチラっと(どころじゃなく)出しましたがそれはこういう理由からでした。↓えへへ…。ドクターイエローT4編成のぞみ検測下り!T4お久しぶりです。東海所属なのでリュウジさんの機体です。東海道新幹線は基本的に白い新幹線ばかりですが、イエローが来るとホームが一気に真っ黄色になるのすごい。N700Aと。リュウジさ...

    ゆさ

    シンカリオンな日々出張版その2。

    読者になる
  • 9位

    竹中重房夫人

    織田信重の娘 竹中重房夫人のピンクビキニ姿。私は途中、雨音が響き、なかなか睡眠うまくいかない状態でした。

    sisi

    竹中重房夫人

    読者になる
  • 10位

    日本史の「落胆」08 巨魁か凡庸かその実像

    筆者のお気に入りお散歩コースの一つにもなっているのですが、名古屋市内に ある熱田神宮の西側国道の向かいにある誓願寺という浄土宗寺院は、実は 源頼朝(1147-1199年)誕生の地とされています。 えぇ、武家政権を確立し鎌倉幕府という組織を創立したあの有名な頼朝の ことで、それが証拠にちゃんと「頼朝生誕の地」

    住兵衛

    日本史の「落胆」08 巨魁か凡庸かその実像

    読者になる

続きを見る

  • 三浦按針

    三浦按針

    英国人。徳川幕府の外交顧問として活躍。後に、日本人女性のお雪と結婚し、一男一女を儲ける。神奈川県横須賀市西逸見町に按針の墓がある。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • 豊臣秀頼

    豊臣秀頼

    豊臣秀吉の子。母は淀殿。豊臣政権の後継者となるも、後見人前田利家の死、石田三成の失脚後、家康の台頭で一大名に没落。大阪の役で敗れ、豊臣家滅亡を迎える。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 9人

  • 徳川秀忠

    徳川秀忠

    徳川家康の第三子。江戸幕府第二代将軍。関ヶ原では、真田昌幸の前に失態を演じるが、多くの外様大名を改易するなどして、徳川幕府の基盤を固めた。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 8人

  • 小泉八雲

    小泉八雲

    日本に帰化したイギリス時代のアイルランド人の紀行文作家・随筆家・小説家・日本研究家。国籍を取得する前の彼の旧名はパトリック・ラフカディオ・ハーンで一般的に名前として知られているラフカディオは彼のミドルネームである。なお名前の「八雲」は、一時期当人が島根県の松江市に在住していたことから、そこの旧国名(令制国)である出雲国にかかる枕詞の「八雲立つ」にちなむとされる。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 13人

  • 堀尾吉晴

    堀尾吉晴

    尾張の国、丹羽郡御供所(ごくしょ)村(現大口町)に生まれ、 豊臣秀吉に仕え、三中老の一人となる。 松江城を築き、初代城主となる。松江にて没。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • 松平治郷

    松平治郷

    江戸時代後期の大名。出雲国松江藩の第7代藩主。江戸時代の代表的茶人の一人で、号は不昧(ふまい)。父は第6代藩主・松平宗衍(治郷は次男)。母は側室の歌木(大森氏)。幼名は鶴太郎。号は不味。官位は従四位下、佐渡守のち出雲守、左近衛権少将、侍従。治郷の収集した茶器の銘品・銘菓は「不昧公お好み」として現在にも伝えられ、松江市が今を以って文化の街として評される礎となったことは、治郷の現代に至る功績である。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 武田四名臣

    武田四名臣

    今尚「武田四名臣」と称ばれ その功績誉れ高い武田家臣:馬場信房(信春)・内藤昌豊(昌秀)・高坂昌信(春日虎綱)・山県昌景の四将に関する話題を 気軽にトラックバックしてください。記事は各将個別の内容でも構いません。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 4人

  • 竜造寺隆信

    竜造寺隆信

    龍造寺周家の子。九州で大友氏、島津氏と並ぶ勢力を一代で築く。肥前の熊と呼ばれる。島津・有馬連合軍と戦い戦死。(沖田畷の戦い)

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 本願寺蓮如

    本願寺蓮如

    本願寺第七世存如の子。本願寺第八世門主。熱心な布教活動を生涯行い、浄土真宗本願寺の現在の礎を築く。浄土真宗本願寺、中興の祖。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 7人

  • 豊臣秀長

    豊臣秀長

    秀吉の異父弟。秀吉の補佐役として、文武両面での活躍を見せて天下統一に貢献。兄秀吉の片腕として辣腕を奮う一方、温厚な人柄で、兄を助ける補佐役に徹し、諸大名からも頼りにされる人格者であった。大和大納言。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

続きを見る

  • スペイン王家の現在③

    エジプトでは1953年7月26日、ファールーク1世が退位し、幼いフアード2世を残してイタリアに亡命。フアード2世が新たな国王に即位するものの同年6月19日に革命政権は王政の廃止と共和制移行を宣言し、エジプト革命は終結している。王位を追われたファルーク国王は「嬉々としてフランスのコートダジュールに亡命した」そして王座を失って悲しいかと問われると、彼はこう答えたそうだ。「いや。何年か後には、王という存在は世界に5人しか残っていないだろう。トランプの4人とイギリスの女王だ」と。「トランプ4人」というのは、現在ヨーロッパの立憲君主国であるデンマーク(当時の国王マルグレーテ2世♡)、オランダ(ベアトリクス元国王♦)、ノルウェー(ハーラル5世♠)、スウェーデン(カール16世グスタフ♧)あたりを指しているのであろうか。エジプ...スペイン王家の現在③

    eternalturquoiseblue kamakuraboyのブログ
    読者になる
  • 明治期の演劇・音楽と文化事業の推進 その4

    近代化を推進するためには、文化事業を興(おこ)して国民を啓蒙(けいもう、人々に新しい知識を与えて教え導くこと)することが不可欠だと考えた政府は、図書館や博物館の建設を始め、旧幕府の紅葉山文庫(もみじやまぶんこ)や昌平黌(しょうへいこう)などの図書を集めたうえ、明治5(1872)年に湯島(ゆしま)の昌平黌講堂跡に書籍館(しょじゃくかん)を開きました。我が国初の官立公共図書館となった書籍館は、明治30(1897...

    黒田裕樹 黒田裕樹の歴史講座
    読者になる
  • スペイン王室の現在②

    日本の皇室は世界最古である。一方、ヨーロッパの王室は例えば「全ドイツ人の君主」でヨーロッパ随一の名門王家と言われたハプスブルク家ですら、1918年に第一次世界大戦の敗戦と革命により1867年より続いたオーストリア=ハンガリー帝国が解体し、共和制(第一共和国)となって君主制が廃止。イタリアでは1946年王政廃止に関するイタリアの国民投票(referendumistituzionaledel2giugno1946)が行われ、1946年6月2日に施行。スペインは17世紀、国王カルロス2世の死去に伴い断絶したアブスブルゴ(ハプスブルク)家に代わってボルボン(ブルボン)家のアンジュー公フィリップが祖父のルイ14世の後押しによって国王として即位しフェリペ5世と名乗り、これはスペイン継承戦争を引き起こした王位が承認されてから...スペイン王室の現在②

    eternalturquoiseblue kamakuraboyのブログ
    読者になる
  • 南朝の英雄は楠木正成だけじゃない!流れ星の如きその儚い一生を駆け抜けた俊英 北畠顕家の凄さに思わず読んでいる手が震えてしまう「破軍の星」

    こんにちは。久しぶりの投稿になりました。仕事が猛烈に忙しいのと、テレワークが多くなったことで、なかなか読書時間が確保できずにおります。管理人には通勤時の読書タイムが必要なのですねぇ。じゃあ、出社すればいいかというと、読書のために出社というのは、これまた本末転倒というか、そんなバカな話はないわけで、普通に通勤にかかる時間分、読書時間を確保すればいいんですね。そうします。 さて、コロナへの警戒がだいぶ緩んできている感じで、先日のシルバーウィークでは、行楽地が結構な人出だったとか。私はでかけませんでしたが、世の中的には徐々に外出や人が多いことへの抵抗が薄れていくんだろうなと思います。大丈夫なのかなぁ…。 そんな中、今回は、前々回の楠木正成(くすのきまさしげ)に続き、再び南北朝時代を攻めました。南朝(後醍醐天皇)方で楠木正成に匹敵する、というか管理人的には、楠木正成を超える天才なんじゃないかと思える北畠顕家(きたばたけあきいえ)の活躍を描いた北方謙三先生の作品「破軍の星」です。 めっちゃ面白かった…。まだ読後の余韻があります…。クライマックスが激しすぎ…。 北畠顕家については同じ北方謙三先生の「楠木正成」を読んだ時に、正成が非常に評価をしていた人物として描かれていたんですが、そちらの作品の中では多くが語られなかったので気になっていました。 まあ、それが本作を読もうと思ったきっかけの一つでもあるんですが、読んでみたら思っていたよりも遥かに凄い人物で、楠木正成よりも取り上げられてもいいんじゃないかと思っているくらいです。実際、そこどうなんでしょうね?管理人が知らなかっただけで、めっちゃ有名なんでしょうか?楠木正成ほどの知名度でないのは、公家だからですかねぇ。庶民の立場に近い楠木正成のほうがヒーローにしやすかったとかあるのかもしれません。 そうなんです、公家の人なんです。北畠顕家は。歴史上、こんなに有能な公家って他にいるんですかね?管理人、勉強が足りないのでそのあたりわかっていませんが、相当有能です。 北畠顕家とはどういう人かと言うと、公家さんなので、要は朝廷(天皇)に近いところにいる家柄がよい人なのですね。武士とは異なります。

    よみもの散歩 よみもの散歩
    読者になる
  • 2020年9月27日(日)の麒麟がくるは『羽運ぶ蟻』

    皆様おはようございます😊2020年9月27日(日)のNHK大河ドラマの麒麟がくるは、第25回『羽運ぶ蟻(あり)』です。前回、朝倉義景は覚慶(足利義昭)を越前…

    青木孝文 青木孝文 Aoki Takafumi のブログ『おもしろき こともなき世を おもしろく』
    読者になる

続きを見る

  • Mブログ

    キャッチコピーは「"ひとり"の学びを"みんな"の学びへ」。 ブロガーの見聞きした情報をわかりやすくまとめ、情報を発信するサイト。 主なジャンルは、マインクラフト、歴代天皇

    読者になる
  • えんでのブログ

    本・歴史・テクノロジー好きで将来は起業を志しているえんで(大学生)が運営するブログです。 「どこよりも丁寧にわかりやすく面白く」というポリシーで運営しています。

    読者になる
  • 日本インサイド探検隊

    日本の歴史に関係がある観光スポットを探検しながら、自由奔放に考えたことを記録していきたいと思います。

    読者になる
  • 日本史クイズ

    「老若男女楽しめる日本史問題を」をキャッチフレーズとし、誰もが楽しめる日本史の問題を追加していきます。 日本史問題の記事は、3択のクイズがあり、手軽に楽しめます!

    読者になる
  • よみもの散歩

    時代小説、歴史小説を中心に、素人管理人が読了した書籍について、ネタバレしないように綴っていきます。

    読者になる

続きを見る