TOPICS
  • 1位
    縄文と古代文明を探求しよう!

    縄文と古代文明を探求しよう!

    いったい、人類はどこで道を誤ったのか?人類は今、自らが築いてきた全文明の見直しを迫られている。

    読者になる
  • 2位
    坂の上のサインボード

    坂の上のサインボード

    温故知新の視点から歴史と向き合います。

    読者になる
  • 3位
    しばやんの日々(FC2)

    しばやんの日々(FC2)

    京都のお寺で育ったしばやんの歴史考察等。いつの時代もどこの国でも、勝者は自らに都合の良いように歴史を編纂する傾向にあり、通説はどのように歪められ真実が何処にあるかを、過去の文献などをもとに考察します。名所旧跡を巡ってレポートもあります。

    読者になる
  • 4位
    ヤジ馬の日本史

    ヤジ馬の日本史

    日本の常識は世界の非常識?この国が体験してきたユニークな歴史《日本史》の不思議をヤジ馬しよう!

    読者になる
  • 5位
    歴史上の偉人、有名人と子孫の大百科

    歴史上の偉人、有名人と子孫の大百科

    石田三成、明智光秀、織田信長、齋藤道三、豊臣秀吉、細川幽斎、柴田勝家など 歴史上の偉人、有名人とその子孫についてまとめたサイトです。 歴史上の偉人の生涯や子孫について、ゆかりの地などをご紹介していきます。

    読者になる
  • 6位
    人類の起源を探る

    人類の起源を探る

    人類の起源を探り、日本人の本来の性質を追求しています。

    読者になる
  • 7位
    「踏ん張り投資」と「東京散歩」

    「踏ん張り投資」と「東京散歩」

    リタイヤ投資家。損切りしない投資を模索中。健康維持も兼ね、地形・古道・歴史・暗渠による東京散歩実践中

    読者になる
  • 8位
    行きたい!素敵なジャパネスク

    行きたい!素敵なジャパネスク

    くまくまが戦国武将ゆかりの地…お城に神社・お寺そして温泉などに想いを馳せるブログです。

    読者になる
  • 9位
    邪馬台国と日本書紀の界隈

    邪馬台国と日本書紀の界隈

    邪馬台国熊本説にもとづく邪馬台国・魏志倭人伝の周辺と、一から始める日本書紀研究について綴っています。

    読者になる
  • 10位
    歴史逍遥『しばやんの日々』

    歴史逍遥『しばやんの日々』

    「しばやんの日々」というブログ名で活動を始めて10年になりました。1月に勤務先を定年退職したこともあり、気分一新してドメインを取得し、新しいブログを立ち上げました。もう少し使い込んでから、活動の中心にする予定です。

    読者になる

続きを見る

  • 日本本土空襲

    日本本土空襲

    日本本土空襲(にっぽんほんどくうしゅう)は、第二次世界大戦において日本本土に対して行われた連合国軍による空襲。特に1944年末ごろから熾烈となった。その結果、日本全国の主要都市の殆どが灰燼に帰し、空襲は1945年(昭和20)8月15日の終戦当日まで続いた。また、末期には機動部隊艦載機や硫黄島から飛来する単発機による爆撃や機銃掃射も行われた。なお、いくつかの都市では、空襲とあわせて艦砲射撃も行われており、本稿でも記載する。 この結果については、戦後、米国戦略爆撃調査団による報告書が出されている。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 5人

  • ポツダム宣言

    ポツダム宣言

    ポツダム宣言(ポツダムせんげん、The Potsdam Declaration)は、昭和20年(1945年)7月26日のポツダム会談での合意に基づいてアメリカ合衆国、中華民国および英国の首脳が、大日本帝国に対して発した第二次世界大戦(太平洋戦争)に関する13条から成る勧告の宣言。 宣言を発した各国の名をとって「米英支ソ四国共同宣言」ともいう。1945年8月10日、大日本帝国はこの宣言の受け入れを駐スイス大使館経由で連合国側へ申し出、またラジオトウキョウを通じてアナウンス。9月2日、東京湾内に停泊する米戦艦ミズーリの甲板で昭和天皇(元首であり大元帥また正式には大日本帝国陸海軍大将)の裁可を受けた政府全権の重光葵と大本営(日本軍)全権の梅津美治郎とが連合国への降伏文書に調印した。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 4人

  • 先史文明

    先史文明

    超古代文明を研究する。

    テーマ投稿数 38件

    参加メンバー 9人

  • 戦争童話

    戦争童話

    戦争童話(せんそうどうわ)は、2002年から毎年8月に、テレビ朝日系列にて放送されているシリーズの名称を指す。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 1人

  • バンザイ突撃〜特攻隊

    バンザイ突撃〜特攻隊

    バンザイ突撃(ばんざいとつげき)は、太平洋戦争中の日本軍兵士による米軍に対して敢行された突入攻撃。自滅的攻撃と解釈されるのが一般的である。 主に戦闘の最終段階(日本軍敗色濃厚時)に行われ、米軍からは『バンザイ・アタック』(banzai attack)、もしくは『バンザイ・チャージ』(Banzai charge)と呼ばれ、狂信的な兵士達の理解不能な自殺行為として恐れられた。銃剣や軍刀を振りかざし、鬨の声を上げて突進してくる日本兵の姿に恐怖し、精神に深いダメージを負う米兵もいた。 実際の突撃時に全ての日本兵が『バンザイ!』と叫びながら突進したとは限らず、日本兵の言葉にならない雄叫びを耳にした米兵が、日本人が叫ぶ詞で一番米国で知られていた『万歳!』を当て嵌め、名付けたものと推測される。他に、突撃決行の前に全員で「天皇陛下万歳」を唱和した事からこう呼ばれるようになったとする説もある。 バンザイ突撃に加わった日本軍兵士の生存者は非常に少ないため、米軍側の視点が主になりやすい。

    テーマ投稿数 46件

    参加メンバー 7人

  • 白兵戦

    白兵戦

    白兵戦(はくへいせん、close combat)とは、刀剣などの近接戦闘用の各種武器を用い、突撃を主要な戦闘行動として行う形態の戦闘をいう。現代においては、近距離での銃撃戦と白兵戦と格闘戦を一体のものとして捉えており、距離によってCQB・CQCと分類するので、白兵戦という分類はあまり用いられない。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 8人

  • サイパンの戦い

    サイパンの戦い

    サイパンの戦い(—のたたかい、Battle of Saipan)とは太平洋戦争中、1944年6月15日から7月9日に行われたアメリカ軍と日本軍のマリアナ諸島サイパン島における戦い。ホランド・スミス中将指揮のアメリカ軍第2海兵師団、第4海兵師団、第27歩兵師団が斎藤義次中将が指揮する日本軍第43師団を破り、サイパン島を占領した。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 硫黄島の戦い

    硫黄島の戦い

    硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい/いおうじまのたたかい, Battle of Iwo Jima, 1945年2月16日 - 1945年3月26日)は、太平洋戦争末期に小笠原諸島の硫黄島において日本軍とアメリカ軍との間に生じた戦闘である。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 4人

  • 第二次チェチェン紛争

    第二次チェチェン紛争

    第二次チェチェン紛争(だいにじちぇちぇんふんそう)とは、チェチェン独立派と、ロシア連邦及びロシアへの残留を希望するチェチェン人勢力との間で発生している紛争であり、一般的にソ連崩壊直後から1996年まで続いたものを第一次チェチェン紛争、1999年に勃発したものが第二次チェチェン紛争と分類されている。 2006年現在、過激派指導者シャミル・バサエフが殺害されるなど、独立派勢力の弱体化が指摘されるものの、未だ小規模なテロ事件などが発生しており、紛争は継続中であるといえる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 神風

    神風

    神風(かむかぜ、しんぷう、かみかぜ)は神道用語。神が吹かせる風などを意味する。 古くは日本書紀の垂仁紀において、「神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰する国なり。この国に居らむと思ふ」という倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が天照大神から受けた神託などに登場する。ここでの「神風の」は伊勢にかかる枕詞である。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 5人

続きを見る

  • 上杉謙信

    上杉 謙信(うえすぎ けんしん) 戦国武将 誕生:室町時代 享禄3年年1月21日(西暦1530年2月18日)、新潟県上越市 死没:安土桃山時代 天正6年3月13日(西暦1578年4月19日)、享年49歳(数え年)、墓所・上杉家廟所、林泉寺、明静院 ほか 使用した別名:虎千代、長尾景虎、上杉政虎、上杉輝虎、宗心 関連名称:関東管領、越後国の守護、軍神、聖将、越後の龍、毘沙門天の使い *毘沙門天(四天王の中の多聞天)…甲冑に武器の姿で、邪鬼を踏みつけている。武神、勝負の神様。 父:長尾為景(越後国の守護 上杉氏の家臣) 養父:上杉憲政(関東管領、山内上杉家) 母:虎御前(青岩院 / 実名不詳) 養…

  • 森小介(もりこすけ)

    森小介(もりこすけ)<現代仮名遣い>もりこすけ名は不明。信長の臣。1560年5月おけはざまで信長方として活躍。↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!にほんブログ村森小介(もりこすけ)

    純野一益(戦国) いいかよく聞け五郎左よ!−もうひとつの信長公記−
  • 日本史の「大雑把」03 昔年齢をイメージする

    「関ヶ原の戦い」(1600年)に勝利し、戦国乱世の最終勝者となったのは 豊臣政権五大老の一人である徳川家康(1543-1616年)でした。 その数年後には自らが征夷大将軍に就き「江戸幕府」を創立していますから、 家康はこの時点で事実上天下を掌握したことになります。 そうした家康に対して、数多の大名は抵抗姿勢を改め、そのことによって 「戦国の世」にも落ち着きが感じられるよ…

    住兵衛 ヤジ馬の日本史
  • 富裕税の経済的効果

    アメリカ大統領選挙で、左派の主張の特徴として、富裕税が挙げられており、一部有力資産家からも、この提案に同調する意見も出されており、超富裕層への一定の広がりを感じるものがあります。まず、富裕税については、一定の金額以上の純資産(資産ー負債)に対して、毎年数%の課税を行うというものです。例えば、5000万ドル以上の資産に対して3%というようなことと考えます。私は、富裕税を、こうした資産課税、つまり、固定資産税の拡大版としてとらえるのは問題があると考えます。なぜなら、こうした税制で狙われるのは、保守的な資産家であり、投資に貢献しない資産家のタンス貯金に課税するものにすぎないと考えられるからです。現に、著名な投資家は、賛成しています。ファンドマネーにとっては追い風になる可能性が大きいでしょう。本末転倒の話になります。だ...富裕税の経済的効果

    fukuganjiro コーヒーブレイクⅧ
  • #10月14日 は明治の俳句の中興の祖 正岡子規の誕生日。

    1867年10月14日(慶応3年9月17日)に俳人の正岡子規が生まれました。愛媛県松山市に生まれ、日露戦争の海軍の東郷平八郎の参謀として活躍した秋山真之らとも…

    青木孝文 青木孝文 Aoki Takafumi のブログ『おもしろき こともなき世を おもしろく』

続きを見る

続きを見る