TOPICS
  • 1位

    鮭とばを作る

    秋鮭の季節ですねえ・・・。秋鮭といえば「とば」を作らねばならないでしょう。鮭とばって地味に美味しくて食べすぎてしまうんですよね。筆者は長時間の運転には耐えられません。普通の人ならガムを噛んだり飴を舐めて眠気をしのぐのでしょうが、私は鮭とばを

    @函館生活

    Hakodate Life

    読者になる
  • 2位

    21世紀のサムライは日本史の異端児から学べ

    1.冒険を忘れた日本人 私達は、長く平和と繁栄を享受し、変化を避け安定を求める思考が染みついています。ところが、これは未来の発展の可能性を閉ざすものです。例えば、留学を例に挙げれば、外国で学ぶということは、危険と負担を覚悟し、人一倍努力をして何かを獲得することですが、日本人...

    読者になる
  • 3位

    東福寺紅葉5分11月21日

    FXの超マル秘テクニック&京都お得情報を公開しています。

    超お金持ち

    FXで儲けて京都旅行を

    読者になる
  • 4位

    糖尿病定期検査 ヘモグロビンA1C 6、9 少し悪化

                         11月22日糖尿病定期検査 ヘモグロビンA1C 6、9今日は糖尿病の定期検査日 前回より0.1悪化してしまった。イン…

    HETAROUMUSASI

    元気な爺様

    読者になる
  • 5位

    「生野の変」ゆかりの地を訪ねて。 その2 <延應寺>

    「その1」で紹介した生野代官所が占拠される前日の文久3年10月11日(1863年11月21日)午後2時ごろ、澤宣嘉を中心とした尊王攘夷派浪士たちは、生野街...

    坂の上のヒゲおやじ

    坂の上のサインボード

    読者になる
  • 6位

    「生野の変」ゆかりの地を訪ねて。 その1 <生野代官所跡>

    先週まで、幕末に起きた「天誅組の変」ゆかりの地めぐりのシリーズを起稿してきましたが、同じ頃、但馬国でも同じような事件が起きました。「生野の変」です。「天誅...

    坂の上のヒゲおやじ

    坂の上のサインボード

    読者になる
  • 7位

    いだてん~東京オリムピック噺~ 第43話「ヘルプ!」 ~第4回アジア競技大会~

    第18回東京オリンピックの2年前、昭和37年(1962年)にインドネシアのジャカルタで第4回アジア競技大会が行われました。この大会は2年後に控えた東京オリ...

    坂の上のヒゲおやじ

    坂の上のサインボード

    読者になる
  • 8位

    にしん漬けを作る

    爆弾低気圧がきて、ついにここ道南函館にも雪が降りました。もうすぐ冬とはいえ突然の寒さに戸惑ってしまいますが、寒さも悪いことだけではありません。寒くなるとにしん漬けの季節です。人によっては魚漬けといいます。家々の庭先に大根が吊るされるようにな

    @函館生活

    Hakodate Life

    読者になる
  • 9位

    羊羹礼賛。

    とらや赤坂本店に行ってきました。去年のリニューアルから早くも1年経ったそうで、そういえば全然行ってないなあと思ったのと。虎屋文庫の展示が4年ぶりに再開したということなので!「再開御礼!虎屋文庫の羊羹・YOKAN展」。タイトルの通り羊羹をテーマにその歴史と文化をひもとく内容です。最近、新潮社から出版された『ようかん』の本。展示室にも閲覧用が置いてあって読むことができます。文章と多数のカラー口絵で羊羹の歴...

    ゆさ

    ゆさな日々

    読者になる
  • 10位

    2019年仙洞御所紅葉11月22日

    FXの超マル秘テクニック&京都お得情報を公開しています。

    超お金持ち

    FXで儲けて京都旅行を

    読者になる

続きを見る

  • 彦根城

    彦根城

    姫路城などとともに天下の名城の一つに数えられる彦根城は、井伊直継・直孝によって約20年の歳月をかけて建設され、元和8年に完成しました。佐和山城・安土城・長浜城・大津城の石垣や用材が使われました。月明かりに浮かぶ彦根城は美しく、琵琶湖八景の1つに数えられています。明治時代の廃城令や戦火を免れた彦根城の勇壮な姿を、城内散策で眺められます。また、彦根城の別名金亀城の名は、彦根城築城以前、彦根山上にあった寺院に金の亀に乗った観音像が安置されていたため、と言われています。国指定の特別史跡です

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 10人

  • 名所や民俗文化

    名所や民俗文化

    全国各地の名所や民俗文化などを記事にしたブログを集めています〜ぜひ参加してください。。。

    テーマ投稿数 356件

    参加メンバー 35人

  • 姫路城

    姫路城

    白漆喰の城壁の美しさから白鷺城とも呼ばれる。今や全国に12箇所しか現存していない、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つである。国宝四城(姫路城・松本城・彦根城・犬山城)の一つでもあり、築城以来の姿をよく残している事もあって、時に天下の名城あるいは「日本一の名城」と言われる。築城以来廃城や戦火の危機を免れてきた事から天守をはじめ多くの建造物が現存し、うち大天守、小天守、渡櫓等8棟が国宝、74棟の各種建造物が重要文化財に指定されている。また1993年、ユネスコの世界遺産に登録されている。白壁の美しい城であり、時代劇を始めとして映画などのロケが行われる事も多い。しばしば江戸城など他の城の代わりとして撮影されている。

    テーマ投稿数 72件

    参加メンバー 24人

  • 大日本帝国

    大日本帝国

    大日本帝国(だいにっぽんていこく、だいにほんていこく 大日本帝國)は、1889年(明治22年)大日本帝国憲法発布時から1947年(昭和22年)日本国憲法施行時までの約58年間、天皇が統治する日本が使用していた国号のひとつ。1868年の明治維新から1945年の太平洋戦争の敗戦時までの日本そのものを指す事も多い。最盛時には現在の日本国の領土に加え、南樺太、千島列島、朝鮮半島(現在の大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国)、台湾等を領土としていた他、北東アジアや太平洋にいくつかの委任統治領や租借地を持っていた。

    テーマ投稿数 98件

    参加メンバー 21人

  • 東アジア共同体構想(大東亜共栄圏)

    東アジア共同体構想(大東亜共栄圏)

    大東亜共栄圏(だいとうあきょうえいけん)とは、東アジア・東南アジアに日本を盟主とする欧米諸国に対抗するための共存共栄の新秩序(国際秩序)を建設し、欧米諸国(特にイギリス・アメリカ)の植民地支配から東アジア・東南アジアを解放し、共存共栄圏(ブロック経済圏)を築こうという大東亜戦争(太平洋戦争・十五年戦争)において日本が掲げたスローガンである。 最近になって民主党などが自由貿易協定を柱とする〜FTAという構想を説明しているが、東アジア共同体構想があるがこれはASEAN諸国+中国や韓国や日本を自由貿易協定を結び、EUのような共同体にしようとする構想であるが実現は困難である。

    テーマ投稿数 41件

    参加メンバー 13人

  • ナショナリズム

    ナショナリズム

    準備中です。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 4人

  • 書写山

    書写山

    圓教寺は、兵庫県姫路市にある寺院で、天台宗の別格本山である。山号は書寫山。 西国三十三箇所第27番および播磨西国三十三箇所第1番札所。西の比叡山とよばれるほど寺格は高く、西国三十三箇所中最大規模の寺院で、比叡山、大山とともに天台の三大道場と並び称された巨刹である。京都から遠い土地柄でありながら、皇族や貴族の信仰も篤く、訪れる天皇・法皇も多かった。2003年公開のハリウッド映画ラストサムライの主なロケ地になり、2003年のNHK大河ドラマ武蔵の重要なロケ地にもなった。

    テーマ投稿数 48件

    参加メンバー 10人

  • 谷 干城

    谷 干城

    龍馬暗殺の現場に駆けつけ、西南戦争では熊本鎮台司令長官、戊辰戦争では土佐藩分軍の大軍監。新政府のもと学習院長、華族女学校長をつとめ、幕末・明治史の貴重な生き証人。谷干城に関係する事柄ならなんでもよろしいかと。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 天龍寺

    天龍寺

    天龍寺は、京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山。寺号は詳しくは天龍資聖禅寺と称する。本尊は釈迦如来、開基は足利尊氏、開山は夢窓疎石である。足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの禅寺として壮大な規模と高い格式を誇り、京都五山の第一位とされてきた。古都京都の文化財の一部として世界遺産に登録されている。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 4人

  • 常寂光寺

    常寂光寺

    百人一首で詠まれる小倉山の中腹の斜面にあって境内からは嵯峨野を一望でき、秋は全山紅葉に包まれる。その常寂光土のような風情から寺号がつけられたとされる。平安時代に藤原定家の山荘時雨亭があったと伝わる地で、安土桃山時代末の慶長元年に日蓮宗大本山本圀寺十六世日禎が隠棲の地として当山を開いた。歌人でもある日禎に小倉山の麓の土地を寄進したのは角倉了以と角倉栄可で、小早川秀秋ら大名の寄進により堂塔伽藍が整備された。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 4人

続きを見る

  • 瓢箪山稲荷神社の参道⑭往生院参道(東大阪市・六万寺町)

    瓢箪山稲荷神社の参道⑭往生院参道(東大阪市・六万寺町)に関する記事です。東高野街道から東へ一直線に続く往生院参道を歩きました。大和朝廷の桜井頓宮の頃から中世の四条縄手の戦いと連綿と歴史の記録が残る道です。往生院マイマップ東高野街道沿い、六万寺交番前四辻に

    なまさや エナガ先生の講義メモ
    読者になる
  • 読者になる
  • 「生野の変」ゆかりの地を訪ねて。 その3 <山口護国神社(生野義挙志士殉難之地)>

    「その2」のつづきです。「その1」で紹介した生野代官所跡から6kmほど北上したところに鎮座する山口護国神社は、「生野の変」を起こした尊王攘夷派志士たちが自...

    坂の上のヒゲおやじ 坂の上のサインボード
    読者になる
  • 山口教吉(やまぐちのりよし)

    山口教吉(やまぐちのりよし)<現代仮名遣い>やまぐちのりよし九郎二郎。もと織田信秀の将。左馬助教継の子。1552年3月織田信秀がなくなると父と共に今川方に寝返り、父のいた鳴海城に入る。1556年大高・沓掛の城も乗っ取り、今川方に与えたが、甲斐なく駿河に呼ばれ親の左馬助教継と共に切腹させられる。※苦労して昇進の目をつかんだと思ったら地獄への曲がり角だったという・・諸行無常でございます。↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!にほんブログ村山口教吉(やまぐちのりよし)

    純野一益(戦国) いいかよく聞け五郎左よ!−もうひとつの信長公記−
    読者になる
  • 知里真志保『和人は舟を食う』

    北海道出版企画センターから2000年に発売された本ですが、その表題を見ると「えっ、なんで日本人は舟を食べるの?」とちょっとドキッとしてしまします。この本は「知里真志保著作集」未収録の論稿を集め一冊としたものの表題ですが、その中の論稿の一つが

    @函館生活 Hakodate Life
    読者になる

続きを見る

続きを見る