TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

日本史 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    近江坂本城跡を歩く。 その3 <二ノ丸、三ノ丸>

    「その2」で紹介した坂本城本丸跡から県道を挟んで西側が、かつて二ノ丸だったとされています。二ノ丸跡を歩いてみましょう。 二ノ丸跡の真ん中あたりに、「坂本城...

    坂の上のヒゲおやじ

    坂の上のサインボード

    読者になる
  • 2位

    近江坂本城跡を歩く。 その2 <本丸跡>

    「その1」で紹介した坂本城址公園から150mほど北上したところに、かつて坂本城の本丸があったとされます。現在、その場所には、「坂本城本丸跡」と刻まれた石碑...

    坂の上のヒゲおやじ

    坂の上のサインボード

    読者になる
  • 3位

    近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>

    近畿の水がめ琵琶湖の南湖西岸に、かつて明智光秀が築いた坂本城がありました。現在、その遺構は都市化によってほとんど残っていませんが、城跡周辺を歩いてみました...

    坂の上のヒゲおやじ

    坂の上のサインボード

    読者になる
  • 4位

    失われゆく三田用水遺構を歩く~港区白金台・三田用水跡(1)

    今回は、開発により数年後には喪失してしまう恐れのある、港区白金台の三田用水跡を散策してみます。なお、東京都内の流路を辿った記事としては、「洗足池の源流を探る(暗渠散歩):清水窪湧水/清水窪流れ」がありますので、ご関心のある方はこちらもお読みください。★★★ ★★★(歴史の痕跡が失われてきている)「鎌倉・妙本寺で比企一族の悲話を思う(散策):日蓮上人辻説法跡/琴弾橋」などで書きましたが、歴史のほうから押...

    カツQ

    「東京散歩」と「踏ん張り投資」

    読者になる
  • 5位

    維盛の入水!【建礼門院右京大夫集あらすじマンガ】

    恋人資盛の兄でもあり、かつて宮中で中宮権亮として右京大夫の側にいた美貌の公達・平維盛。彼は、屋島の平家陣を抜け出し、那智の沖で入水しました。

    えこぶんこ

    えこぶんこ 古文を漫画でツッコミ妄想

    読者になる
  • 6位

    大河ドラマ 「麒麟がくる」にはがっかりしました

                       2月24日麒麟が来るにがっかりした大河ドラマ「麒麟が来る」実は期待していました。主人公が明智光秀です。へそ曲がりの爺は明…

    HETAROUMUSASI

    元気な爺様

    読者になる
  • 7位

    2020年2月23日(日)の麒麟がくるは『三好長慶襲撃計画』

    皆様おはようございます。2020年2月23日(日)のNHK大河ドラマの麒麟がくるは、第6回『三好長慶襲撃計画』です。管領の細川晴元が家臣の三好長慶と松永久秀を…

    青木孝文

    青木孝文 Aoki Takafumi のブログ『おもしろき こともなき世を おもしろく』

    読者になる
  • 8位

    百万遍の冨士桜2月24日

    FXの超マル秘テクニック&京都お得情報を公開しています。

    超お金持ち

    FXで儲けて京都旅行を

    読者になる
  • 9位

    ペリーには日本が抵抗すれば武力行使を行う権限が与えられていた

    蒸気船が発明され、アメリカはハワイ・日本を給炭地として経由する太平洋航路の開拓に向かおうとした。ペリーの日本遠征目的は決して武力的侵略ではなかったが、もし日本が拒絶する場合には武力行使を行って、琉球及び小笠原諸島などを占領して海軍の根拠地を作り、シナに至る戦略上の要衝の地をアメリカの手で押さえる方針があり、ベリーには武力行使の権限が与えられていた。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

    読者になる
  • 10位

    いろはにほへと乗車記録。

    #五十音順に頭に浮かんだ駅名をあげていく なるハッシュタグを見かけておもしろそうだなと思ってやってみました。すでにツイートしていますが、「る」がどうしても浮かばなかったのと呟いた駅以外にも色んな駅が浮かんできたので記事にしようと思います。まずは、よく使う駅とか行ったことのある駅でやってみます。あ:朝霞台、青山一丁目、赤坂見附、秋葉原、浅草、昭島、有明、足利、天橋立、阿蘇い:池袋、石山、伊勢市、出雲市...

    ゆさ

    ゆさな日々

    読者になる

続きを見る

  • バンザイ突撃〜特攻隊

    バンザイ突撃〜特攻隊

    バンザイ突撃(ばんざいとつげき)は、太平洋戦争中の日本軍兵士による米軍に対して敢行された突入攻撃。自滅的攻撃と解釈されるのが一般的である。 主に戦闘の最終段階(日本軍敗色濃厚時)に行われ、米軍からは『バンザイ・アタック』(banzai attack)、もしくは『バンザイ・チャージ』(Banzai charge)と呼ばれ、狂信的な兵士達の理解不能な自殺行為として恐れられた。銃剣や軍刀を振りかざし、鬨の声を上げて突進してくる日本兵の姿に恐怖し、精神に深いダメージを負う米兵もいた。 実際の突撃時に全ての日本兵が『バンザイ!』と叫びながら突進したとは限らず、日本兵の言葉にならない雄叫びを耳にした米兵が、日本人が叫ぶ詞で一番米国で知られていた『万歳!』を当て嵌め、名付けたものと推測される。他に、突撃決行の前に全員で「天皇陛下万歳」を唱和した事からこう呼ばれるようになったとする説もある。 バンザイ突撃に加わった日本軍兵士の生存者は非常に少ないため、米軍側の視点が主になりやすい。

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 7人

  • 白兵戦

    白兵戦

    白兵戦(はくへいせん、close combat)とは、刀剣などの近接戦闘用の各種武器を用い、突撃を主要な戦闘行動として行う形態の戦闘をいう。現代においては、近距離での銃撃戦と白兵戦と格闘戦を一体のものとして捉えており、距離によってCQB・CQCと分類するので、白兵戦という分類はあまり用いられない。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 8人

  • サイパンの戦い

    サイパンの戦い

    サイパンの戦い(—のたたかい、Battle of Saipan)とは太平洋戦争中、1944年6月15日から7月9日に行われたアメリカ軍と日本軍のマリアナ諸島サイパン島における戦い。ホランド・スミス中将指揮のアメリカ軍第2海兵師団、第4海兵師団、第27歩兵師団が斎藤義次中将が指揮する日本軍第43師団を破り、サイパン島を占領した。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 硫黄島の戦い

    硫黄島の戦い

    硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい/いおうじまのたたかい, Battle of Iwo Jima, 1945年2月16日 - 1945年3月26日)は、太平洋戦争末期に小笠原諸島の硫黄島において日本軍とアメリカ軍との間に生じた戦闘である。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • 第二次チェチェン紛争

    第二次チェチェン紛争

    第二次チェチェン紛争(だいにじちぇちぇんふんそう)とは、チェチェン独立派と、ロシア連邦及びロシアへの残留を希望するチェチェン人勢力との間で発生している紛争であり、一般的にソ連崩壊直後から1996年まで続いたものを第一次チェチェン紛争、1999年に勃発したものが第二次チェチェン紛争と分類されている。 2006年現在、過激派指導者シャミル・バサエフが殺害されるなど、独立派勢力の弱体化が指摘されるものの、未だ小規模なテロ事件などが発生しており、紛争は継続中であるといえる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 神風

    神風

    神風(かむかぜ、しんぷう、かみかぜ)は神道用語。神が吹かせる風などを意味する。 古くは日本書紀の垂仁紀において、「神風(かむかぜ)の伊勢の国は常世の波の敷浪の帰する国なり。この国に居らむと思ふ」という倭姫命(ヤマトヒメノミコト)が天照大神から受けた神託などに登場する。ここでの「神風の」は伊勢にかかる枕詞である。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 5人

  • 神国

    神国

    神国(しんこく・神州(しんしゅう))とは、「神の国」。即ち天照大神の末裔である天皇が現人神として君臨し、万世一系と天照大神の神勅のもとに永久に統治を行い、これを支え続けてきた皇室、更にこれに臣属した諸神の末裔である国民との緊密な結合と全ての政治は神事をもって第一とする理念によって神々の加護が永遠に約束された国家の事。

    テーマ投稿数 39件

    参加メンバー 12人

  • 戦略論・兵法

    戦略論・兵法

    戦略論と兵法{中国兵法}です。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 1人

  • 銃剣

    銃剣

    銃剣(じゅうけん)とは、銃に装着する武器(刀剣)の一つである。小銃のように比較的長い銃身を持つ銃の先に取り付け、槍や薙刀のようにして用いる。 また、銃剣を装着できる小銃のことを「銃剣銃」と称することがある。また、歴史的には、江戸末期から昭和初期頃までは着剣状態の小銃を「剣付き鉄砲(けんつきでっぽう)」とも言った。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 銃剣術

    銃剣術

    銃剣術(じゅうけんじゅつ)とは、白兵戦・近接戦闘において、先端に銃剣を装着(着剣)した小銃を武器にして敵を制圧する技術である。戦技であるのでルールは無いが、訓練時には安全性の確保のため一定のルールが設けられる。旧日本軍の銃剣術を競技化した武道に銃剣道がある。 かつて小銃の装弾数が少なかった時代は、銃剣術は重要な白兵戦技術だったが、第一次世界大戦においては銃剣による死傷者は1パーセントに満たなかったといわれる。第二次世界大戦以降は、ハイテク技術や銃器、兵器の進歩によって、儀仗以外での使用頻度がより少なくなり、現在では野戦において塹壕内に残った敵や藪に隠れる敵を掃討する場合、倒れた敵兵の死亡確認のため突く場合、占領地の警備や捕虜の護送等で相手にプレッシャーを与えるために銃剣を装着して警備に当たる場合など、限定された局面のみでしか用いられなくなった。このため多くの軍事組織で銃剣術の訓練は減少、もしくは廃止された。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

続きを見る

続きを見る