TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

奈良・平安時代 トップ TOP

help

続きを見る

続きを見る

  • 安芸吉川家

    安芸吉川家

    吉川元春・吉川広家、吉川興経など…安芸吉川家に関連するページをどんどんトラバってくださいませ!

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • ビリー・ザ・キッド

    ビリー・ザ・キッド

    ビリー・ザ・キッド(Billy the Kid, 1859年11月23日 - 1881年7月14日)は、アメリカ西部開拓時代のカウボーイ、ガンマンで、無法者(アウトロー)でもある。 本名はヘンリー・マッカーティー (Henry McCarty) とも、ウィリアム・ヘンリー・ボニー (William H Bonney) とも言われる。後者はサインに使われ、知事に恩赦を求めて本人が書いた手紙等が残っている。 ニューヨークに生まれ南部で育ったと言われる。 南北戦争期でも特に知られた殺人者で、伝説では12歳の時に母親を侮辱した男を殺してアウトローとなったとされるが、実際には家を出たのが母が死んだ15歳の時、最初の殺人を犯したのが17歳の時であった。10代はじめに殺人を犯してから死ぬまでに21人を殺害した(メキシカンやインディアンは含まない)という。しかし、その実数はおそらく9人(自分1人で4人、他の助けを得て5人)ではないかとも言われている。アリゾナやテキサス、さらにメキシコ国境で牛泥棒、強盗や殺人を重ねた。目は青く、その時代のアメリカ西部の無法者としては口が達者で、異様に親しみやすい態度の持ち主であったという。 1880年12月に友人でもあった保安官パット・ギャレットによって仲間と共に逮捕されたが、1881年4月18日に刑務所を脱走。同年7月14日、ギャレットに射殺された。 彼の墓石は有名人にありがちなことに度々記念品として削られて持ち帰られてしまうため、現在は写真のようにケイジ(檻)の中にしまわれてしまっている。 墓石には、このような墓碑銘 (epitaph) が刻まれている。 Truth and History. 21 Men. The Boy Bandit King He Died As He Lived William H. Bonney "Billy the Kid"

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 西部開拓時代

    西部開拓時代

    西部開拓時代(せいぶかいたくじだい、American Old West)は、19世紀(特に1860年代に始まり1890年代のフロンティアの消滅まで)における、北アメリカの時代区分の一つ。オールド・ウェスト(Old West)、ワイルド・ウェスト(Wild West)とも呼ばれる。時代区分とともに、この時代のフロンティア・ストリップ(ノースダコタからテキサスまでの南北にわたる6つの州)の歴史、伝説、信仰など、文化的な意味合いを包括する用語でもある。 植民地時代から発展していた大西洋岸から太平洋岸まで漸進的に未開拓地域(フロンティア)が開拓されていった。1848年にカリフォルニア州で金鉱が発見されるとゴールド・ラッシュの到来が開拓を後押しした。また、1869年にはアメリカ合衆国で最初の大陸横断鉄道が開通した。いっぽう先住民(ネイティヴアメリカン)にとっては、突然やって来たよそ者の白人に自分達の土地を蹂躙されたうえに殺戮された時代でもある。 ガンマンやカウボーイ、アウトローなどがこの時代の特徴として小説や映画(西部劇)などで描かれる。

    テーマ投稿数 30件

    参加メンバー 11人

  • アウトロー

    アウトロー

    アウトローは語源的には犯罪等により法の保護を受けられなくなった人物をさす。しかし、現代ではもっぱら西部劇での無法者及びそのような生活スタイルを示す語として用いられることが多い。 西部劇でのアウトローは荒野に住み入植地に襲撃をかける犯罪者として描かれることが多い。このような描写はイギリスの民話ロビン・フッドやハイウェイメンに負うところが大きい。しかし本来は法律用語で対象となる人物に付される厳しい宣告の一つである。 コモン・ローではアウトローは、法廷への喚問を無視したり、犯罪に関わったとされた時に抗弁せずに逃げるなどの行為により国法を無視したと看做されている人物であった。イングランドのアングロサクソンの古い法律ではアウトローは殺人に関わって犠牲者の親族に「血の代金」を払わなかった者に宣告された。アウトローリーは古代ノルマン人やアイスランド人などの法概念にもその時代のまた別の法概念として存在した。 アウトローの宣告を受けると「市民としての死」(civil death, 市民権剥奪)が科せられた。アウトローはあらゆる市民社会から排除され、如何なる者も彼に食事や隠れ処その他の援助を与えることが禁じられた。もし援助すれば couthutlaugh (=A person who harbored an outlaw)の罪に問われ援助者自身が宣告を受ける虞れがあった。アウトローを支援した者が許されるには彼らを殺さなければならなかった。実際にアウトロー殺しは推奨され、「アウトローは市民社会を無視したので、社会もアウトローにいかなる義務を負わない」という論理で、アウトローを殺しても殺人罪に問われることはなかった。アウトローに市民権はなかったので訴えたり保護を求めることはできず、彼ら自身が法的責任を負った。 刑法の文脈ではアウトローリーは人口密度の高い国ではあまり薄れなかった。それと国際的な犯罪者引渡し協定により手配された逃亡者が逮捕を免れるのは困難になった。民法の文脈ではアウトローリーは民事訴訟法の整備により廃れ、もはや被告がアウトローの宣告を受けることはない。市民的義務の怠慢によりアウトローの宣告を受ける可能性はイギリス法では1879年迄スコットランド法では1940年代後半まであった。

    テーマ投稿数 32件

    参加メンバー 15人

  • 定年後の趣味

    定年後の趣味

    定年後の良い事は、自由になる時間がたくさん有る事です。以前から楽しんでいた趣味を拡大するのも良いし、新しい趣味を始めるのも良い。特にブログを始めると内容の評価やアクセス数が分かるシステムが有るので、ブログへ掲載する写真や文章の改善が出来る。テーマは何でも良いが、住んでいる地方の歴史をもう一度自分で調べ、検討するのも良い。このトラコミュでは定年後にブルグを趣味としている方々の共有スペースとして、各人のブログの内容の質の向上のために情報交換をしたいと思います。どうぞよろしく御願い申し上げます。

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 11人

  • 教会

    教会

    我々の国籍は天国にあり〜聖書の言葉である。日本人でもなく〜クリスチャンであることは異邦人ではあるが〜国籍は〜イエスキリストと共にあり〜神の子〜親子関係にあるという意味である! 教会とは非常に意味が広く〜「クリスチャンの集まり」そのものを意味し〜建物ではない〜王国会館などという団体もある。 大聖堂(だいせいどう)とは宗教建築の種別のひとつで、通常はカテドラルの訳語として用いられている。 ノートルダムの鐘のワンシーン〜教会の中では「サンクチュアリ」を宣言し政治力の介入を許さない

    テーマ投稿数 96件

    参加メンバー 28人

  • クリスマス関連なら何でもOK!

    クリスマス関連なら何でもOK!

    クリスマス関連なら何でもOK! イルミネーションで個人的に好きなのはサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(サンタ・マリア・デル・フィオーレだいせいどう、伊:Cattedrale di Santa Maria del Fiore)は、イタリアのフィレンツェにあるキリスト教・カトリックの教会。フィレンツェの大司教座聖堂であり、ドゥオーモ(大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼の三つの建築物で構成される。教会の名は「花の(聖母)マリア」の意。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 6人

  • 大逆罪

    大逆罪

    大逆罪(たいぎゃくざい)とは、日本において1882年に施行された旧刑法116条、および大日本帝国憲法制定後の1908年に施行された刑法73条(1947年に削除)が規定していた、天皇、皇后、皇太子等を狙って危害を加える事を指した罪名。日本以外の君主制国家では皇帝や王に叛逆し、また謀叛をくわだてた犯罪を、大逆罪と呼ぶことがある。 近代国家としての日本の統治機構の根幹として皇室制度(天皇制)を重視した大日本帝国憲法体制下の刑法典においては大逆罪を最も重大な罪の一つとした。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • 不敬罪

    不敬罪

    不敬罪(ふけいざい)とは、国王や皇帝など君主や、王族や皇族など君主の一族に対し、その名誉や尊厳を害するなど、不敬とされた行為の実行により成立する犯罪。 不敬罪は、絶対君主制など、主権者たる君主と国家の存立を同一視する体制において定められることが多い。現在では、不敬罪は、国民の自由(特に思想・良心の自由、表現の自由)を過度に制約する恐れがあるため、君主制を採用している国でも廃止・失効しているケースが大半である。イスラム圏の諸国やタイ王国は、現在も不敬罪が存在する数少ない例である。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • 凌遅刑

    凌遅刑

    凌遅刑(りょうちけい)とは、清の時代まで中国で行われた処刑の方法のひとつ。生身の人間の肉を少しずつ切り落とし、長時間苦痛を与えたうえで死に至らす刑。歴代中国王朝が科した刑罰の中でも最も重い刑とされ、反乱の首謀者などに科された。また「水滸伝」にも凌遅刑の記述が記載されている。また、この刑に処された人間の人肉が漢方薬として売られることになっていたとされている。なお、この刑罰は中国の影響を色濃く受けた李氏朝鮮(朝鮮王朝)でも実施されていた。また、これに酷似したものとして隗肉刑がある。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

続きを見る

  • 古文単語を楽しく覚えよう!イラストつき☆

    このブログでは、有名な古文に必ず出てくる単語を一語ずつイラストつきで紹介していきます。紹介した単語を使い、オリジナルの古文作文もやっていますので、「自分で古文を作ってみたいな」と思われる方はぜひ覗いてみてください★

    読者になる
  • 日本書紀の旅

    日本書紀ゆかりの地をGoogleMapで紹介するブログです

    読者になる

続きを見る