TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

幕末・明治維新 トップ TOP

help
  • 1位
    幕末多摩・ひがしやまと

    幕末多摩・ひがしやまと

    東大和市を中心とした、幕末の多摩地域のお話をします。新選組漫画つきです。

    読者になる
  • 2位
    幕末散歩

    幕末散歩

    幕末は小生には身近ですが、反面、今となっては分らなくなっていることも多く、 史跡めぐり、史料での確認などなどで、少しづつ史実に近づいていきたいと思っています。

    読者になる
  • 3位
    ウォーク更家の散歩

    ウォーク更家の散歩

    一人旅で、東海道、中山道、日光街道、奥州街道を全踏破しました。 現在、甲州街道を踏破中です。

    読者になる
  • 4位
    郎女迷々日録 幕末東西

    郎女迷々日録 幕末東西

    幕末史中心。幕府とフランス、薩長とイギリスなどなど。人物、政治、文化、紀行と幅広く取り上げています。

    読者になる
  • 5位
    行雲流水~不思議な導き

    行雲流水~不思議な導き

    都内在住の主婦です。 ある時、自分と家族が あり得ない偶然に導かれていることに 気が付きました。 ずっと見ないふりをしてきたのですが そうもいかず、やっと向き合う決心をして 色々と調べはじめました。

    読者になる
  • 6位
    「大河ドラマを10倍面白く見る方法」

    「大河ドラマを10倍面白く見る方法」

    龍馬伝や西郷どんがキッカケで大河ドラマにドハマり😍大河ドラマの良さを知ってもらう為、ブログを始めました✨ 歴代の大河ドラマはもちろん、日本の歴史も学べるブログになっています‼️ 大河ドラマ、歴史好きと繋がりたいのでお願いします🤝

    読者になる

続きを見る

続きを見る

  • 竜造寺隆信

    竜造寺隆信

    龍造寺周家の子。九州で大友氏、島津氏と並ぶ勢力を一代で築く。肥前の熊と呼ばれる。島津・有馬連合軍と戦い戦死。(沖田畷の戦い)

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 本願寺蓮如

    本願寺蓮如

    本願寺第七世存如の子。本願寺第八世門主。熱心な布教活動を生涯行い、浄土真宗本願寺の現在の礎を築く。浄土真宗本願寺、中興の祖。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 7人

  • 豊臣秀長

    豊臣秀長

    秀吉の異父弟。秀吉の補佐役として、文武両面での活躍を見せて天下統一に貢献。兄秀吉の片腕として辣腕を奮う一方、温厚な人柄で、兄を助ける補佐役に徹し、諸大名からも頼りにされる人格者であった。大和大納言。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 大内定綱

    大内定綱

    大内義綱の子。戦上手として知られ、政宗に従い緒戦に参戦。子の重綱の代には、伊達一門衆の厚遇を受ける。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 斎藤義龍

    斎藤義龍

    斎藤道三の子。土岐頼芸の子という説有り。義龍と道三は折り合いが悪いと言われ、道三が寵愛している自らの弟、義重・龍定を謀殺。父に対して謀反を起こし、討つ。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 蒲生秀行

    蒲生秀行

    蒲生氏郷の子。氏郷の死により13歳で会津若松92万石を相続。豊臣秀吉の命で徳川家康の娘と結婚、家康と前田利家の後見を受けた。1598年(慶長3年)家臣の内紛が元で厳封。下野宇都宮18万石に。関ヶ原の戦いで東軍に属し、戦後会津60万石に復する。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 4人

  • 柳生宗矩

    柳生宗矩

    柳生宗厳(石舟斎)の五男。大和国柳生藩、初代藩主。将軍剣法指南役で柳生新陰流宗家。剣術家として将軍家師範を勤める傍ら、外交面、政治面でも才覚を発揮した剣豪政治家。著書に、「兵法家伝書」「玉成集」。子に柳生十兵衛ら。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 5人

  • 柳生三厳

    柳生三厳

    柳生但馬守嫡男。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 後北条氏

    後北条氏

    北条早雲から始まる、戦国時代の大名家

    テーマ投稿数 208件

    参加メンバー 19人

  • 南北朝時代

    南北朝時代

    南北朝時代に関すること

    テーマ投稿数 299件

    参加メンバー 11人

続きを見る

  • 大谷翔平の”キン肉マン化”は本当に間違っているのか?

    大好評につき第2段!LINEスタンプ大谷翔平の”キン肉マン化”は本当に間違っているのか?...

    でぃー ブロマンガ新選組
    読者になる
  • 本日の南里邸

    本日も南里邸は、大勢のお客様でにぎわいました。佐賀を散策し、これから佐賀城本丸に行くという方たちも多々ありました。で、ならば是非、企画展新収蔵品展を見てほしくて、明治維新150年の一昨年、南里邸で紹介した小出千之助さんのことをお知らせし、千之助さんが1860

    sue 幕末・明治の肥前 こぼれ話
    読者になる
  • 会津若松 阿弥陀寺と七日町

    雪が吹き付ける如来堂を後にして、七日町に向かいました。目的地は阿弥陀寺です。JR只見線七日町駅の真ん前。実は如来堂に向かう途中で阿弥陀寺の前を通り、ハンドルを握る友人に「ココに後で来たいんだよね」と言うと、「あぁ、この寺目立つから前から気になってたんだよね」と返答があった場所なので、ちょうど良かった。阿弥陀寺は浄土宗のお寺で、創建は江戸幕府が成立した慶長8年(1603)という古刹です。戊辰戦争で堂宇...

    イッセー 幕末多摩・ひがしやまと
    読者になる
  • バスで行く「奥の細道」(その44)「木之本宿」(滋賀県) 2019.10.10

    (写真は、「木之本」の宿場町)前回ご紹介しました様に、「敦賀」の旅籠・出雲屋に到着した芭蕉と等栽は、直ぐに「金ヶ崎城跡」を見物し、その晩のうちに「気比神社」に参詣しました。芭蕉が「敦賀」に何日間滞在したかは不明ですが、敦賀まで迎えに来た弟子の「路通(ろつう)」(注)と一緒に馬に乗って、敦賀の次の宿場町の近江の「木之本」宿へ向かいました。実は、芭蕉は、曽良と別れた山中温泉から、大垣の弟子に「15日前後にはそちらに着けるだろう。」と手紙を出していました。しかし、15日を過ぎても、芭蕉が大垣に到着しないので、心配した弟子が、この路通を敦賀まで迎えによこしたのでした。(注)「路通」:「奥の細道」の出発にあたり、最初、芭蕉は、深川の芭蕉庵の近くに住んでいたこの弟子の「路通」を、同行者として予定していました。しかし、出発直...バスで行く「奥の細道」(その44)「木之本宿」(滋賀県)2019.10.10

    峰さん ウォーク更家の散歩
    読者になる
  • 青森県弘前市 長勝寺

    長勝寺は、津軽家の先祖大浦光信の死後、子の大浦盛信が亡き父の菩提を弔う為、鯵ヶ沢の種里に創建した曹洞宗の寺院。…

    kii 試撃行
    読者になる

続きを見る

続きを見る