TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

戦国時代 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    TOMIX E233系 京浜東北線

    TOMIX E233系1000 京浜東北線 導入しました。昨年ですがTOMI...

    とめのかくれが

    とめの隠れ家へようこそ neo

    読者になる
  • 2位

    登廊399段と巨大十一面観音 初瀬(はせ)山の長谷寺

    イベント等中止、中止のうえ外出のリスクがいよいよ声高に叫ばれていますが、気がかりなのは収束の時期。 拙寺では毎年5月にバス遠足を企画していますが、既に行程概略は回文していますし、ホテルも手配済みです。 それを延期・キャンセルなどともなれば色々再考をしなくてはなりません。まさか冗談じゃない・・・と。 バスという密閉空間に居てそれぞれの健康状態も把握しきれませんし、不特定多数の人たちが行き交うS.A.には何度も留まらなくてはなりません。 さて、一昨日記した六字名号自然石碑ですが、台座含めて2個で1セット。 南山城、木津川流域に住まう人たちがその標を長谷寺に設けたのはどういう意味があったのでしょう。史料と同じ日にちというだけで石碑とその地での洪水が一緒である確固たる証はありませんが・・・ それにしても手間と労力もそれなりに推れます。 地元の石工に造らせたとしても経費は重大です。 現代風に考えれば、「自宅から遠くても墓は菩提寺に・・・」ですが、木津川加茂周辺にはそれら末寺も点在していますし、厳密に埋葬墓は近郊「山の墓」というのが常。 あの名号碑の意味は多数の「流死」して埋葬もできなかった人々への報いであったことも想像できますが主たる意図は「忘れない」の表明だったのでしょう。 それも50年たっても新規に・・・というところが圧巻だったワケで・・・ 宗旨的な視点からの想像ですが、長谷寺といえば元は南都(興福寺)の流れ、真言宗豊山派になります。 真言宗のお寺のイメージは空海と大日如来のイメージですが何といってもこちら豊山派総本山長谷寺で圧巻なのは10m超えの木造十一面観音ですね。 堂内直前の撮影はできませんのでウィキペディアから画像をカットさせていただきました。 仏像としての大きさも初めて見る人には圧巻で思わず声が出そうになるところですがあの姿は特異なスタイル。 持ち物が巡錫の地蔵と同じです。 当尾の藪の中の三体摩崖仏には阿弥陀如来、地蔵菩薩に加えてこの「長谷形」と呼ばれる錫杖を右手に持つ十一面観音菩薩像がありました。 そういうところにも南山城の人々と長谷寺の関連がうかがえるというものでした。 あちら長谷寺もそのバス遠足目的地として選択肢にありましたが、結論はパスでした。 あの初瀬山の中腹にそびえる十一面観音のおわす本堂までの階段、399段の登廊が年配者の足腰に厳しくあたります。 毎度当バス遠足には障がい者手帳持参の方含め七十代

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 3位

    【関心事】スポーツの話題で盛り上がりたい頃ですが・・・ 例年通りに開催できるか見通せないようで。

    こんばんは。昨日のブログでも書いていた通り、今日は日本商工会議所主催の簿記検定試験が行われたようです。公式ホームページでも「新型肺炎による試験や受検者への影響」に関する情報は出ていないのを見ると、ひとまず無事に終わったのかなと。ブログ主は次回(6月9日)に2級を受検する予定にしていますが、その頃までには事態が鎮静化してくれれば良いのですが・・・で、これからの時期にもう一つ心配なのが「スポーツの試合...

    まこな。

    そのブログ、雑食系につき

    読者になる
  • 4位

    菊川老若男女の悲しみ 大村勇貴展 菊川赤レンガ倉庫

    厚労省さまはただ(責任を放棄するが如く)クルーズ船からお客を降ろしていましたがその乗客23人について、ノーチェックで「開放」していたことを発っしました。 もはやあの役所は機能不全、ハッキリ言って無茶苦茶です。 トロイというかバカというかマヌケというか・・・役立たずの給料泥棒。 自分らで「決めました」のルールでさえ守れなかったというのです。 この世のありとあらゆる罵詈雑言を授与しても足りないくらいですよ。この国はオリンピック返上の崖っぷちに自ら立ちすくんでいるようにも見えますからね。 そうなるべくして・・・の気もしてきました。 無観客試合も容認などの声が出てもおかしくないですが、そもそも選手団も来日ボイコットということになるかも知れません。 各国では日本人の入国禁止の触れを出しているところはまたぞろです。 やることなすこと世界の感覚とかけ離れているとしかいいようがありませんね。 市中には無発病感染者が溢れかえっていることでしょう。 だいたい何やらイベント等の開催・中止の判断は「主催者にまかせる」の語、ふざけてます。責任転嫁というより保障問題を気にしているようにも感じます。 また、急に「アビガン投与の検討」と大臣さまが言い出していましたがあれは確かパンデミック用の在庫のお薬。それも「細胞をぶっ壊す」劇薬指定で、若い人には投与できないといいます。 在庫処分に無理にそれを決めているようにも感じました。 やはり国の政というものは国民の為には働いていないのでは・・・ さて駿府城現地説明会は盛況だったようです。 好天なら・・・行ってみるかのスタンスでいましたが、早朝よりお悔やみの報があって午前中はその対応でおわり。 午後、菊川中心部にお住いの檀家さんとお会いし、未解決殺人事件の逃亡者の件を伺いましたが「それは小笠だ」と。 やはり菊川の方は、小笠と分けて考える傾向があるのでしょう。 いずれにせよ小笠あたりの小学生の登下校は父兄大変の様になっているよう。 すると大村勇貴さんの個展にどうぞとのお誘いを受けました。 その檀家さんの娘さんは彼と幼馴染でお互いの家への行き来もあったといいます。 雨天でしたが折角声を掛けられた機縁だと菊川駅近くの赤レンガ倉庫に向かいました。 そちらも菊川中心部の方で知らぬ人はいない名所です。 大村勇貴という若者は私の息子とも同年齢。 しかも彼の名は今や菊川の方たちは誰もが知っています。 こちらに新聞社の彼の

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 5位

    春日大社「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」

    連休週明けの火曜日になって政府は新型コロナウィルス対策として何か「斬新なこと」を発表するといいます。 まぁこれまでのパターンからして、それほどのことでもなく、これまであまり変わらない「手を洗い、不要不急の外出を控えて・・・」程度の事だと思いますが・・・危機感がまるでナイですからね。 その目玉はPCR検査までのくくりを取り払ってどちらの病院でもできるにしよう(保険適用)というものでしょうがそのシステムがスグに現場が対応できるものかが問題でしょうね。 それにしてもこのような緊急性あるテーマを抱えているにも関わらず大事な時間(3連休)を無駄にしているようにも思いました。 お休みはしっかりとらなくてはイケませんでしたか・・・。 もう取り返しがつかないレベルになっているような気がしないでもありません。ああおそろしや・・・ 南アのサッカーチームも「招待試合に行かない」とありましたね。終わりの始まりだったりして。 何しろここ1、2週間が瀬戸際のようです。 さて先日「今がチャンス」と、京都・奈良の毎度のごった返しがガラガラになっている・・・件を記しました。 春日大社国宝殿の特別展「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」を覗きに・・・などとその機会を狙っていましたが「それなら・・・」と先週の奈良で降雪があったその翌日、特別展へ向かいました。 途中山中そこここに残雪が見えましたが、路面は少々の凍結があるか・・・を思わす程度。しかし朝8時過ぎての氷点下というのには驚きましたね。奈良という地は「冷える」ことをあらためて知りました。 そういえば奈良といえば氷室発祥の地がありました。 その春日大社は、奈良観光名所の人気三本柱(東大寺・興福寺・春日大社)の一つで、これまでのそちらでの経験則から言って「吐き気をもよおすほどの雑踏」で近寄りがたい場所ですからね。 まぁ怖いもの見たさというのもありましたが・・・ すると今の奈良は以前の大渋滞もごった煮状態もなし。 うそのようです。 有難いといったら観光業に携わっている皆さんには申し訳ないのですがどう考えても今が狙い目ですね。 おカネもしっかり使いましたよ。 駐車場代に入館料・・・もろもろです。 その刀剣展はその企画ものとしてはこれまでなかったという「古伯耆」です。 当家にある備前長船や当地近隣の高天神、島田の刀工などの展示物は目にする機会はあってもこの「古伯耆」などはお目にかかったことがありません。ち

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 6位
    読者になる
  • 7位

    山手線からE231系引退 

     2020年1月をもって山手線からE231系が引退しました。今までご苦労様で...

    とめのかくれが

    とめの隠れ家へようこそ neo

    読者になる
  • 8位

    長宗我部元親の四国制覇 その24

    バイクで一筆書きの日本一周を4年間で達成しましたので、今度は100名城登城で日本一周(?)にチャレンジです!

    piglet01

    日本百名城の旅

    読者になる
  • 9位

    【日常】

    こんばんは。天皇誕生日の振替休日となった今日は、特に外へ出る用事もなく自宅で簿記の勉強をしていました。午前中(工業簿記)と午後から(商業簿記)でそれぞれ2時間ずつくらい、合間に休憩がてらゲームを挟みつつ・・・仕事のある日はどうしても自学にとれる時間が限られるため、試験までの休日で可能な限り進んでおきたい気持ちがありまして。ひとまず最初に購入した教科書が一通り終われば、あとは何をすればいいかを考える...

    まこな。

    そのブログ、雑食系につき

    読者になる
  • 10位

    長宗我部元親の四国制覇 その23

    バイクで一筆書きの日本一周を4年間で達成しましたので、今度は100名城登城で日本一周(?)にチャレンジです!

    piglet01

    日本百名城の旅

    読者になる

続きを見る

  • 室町幕府 管領 細川頼之

    室町幕府 管領 細川頼之

    室町幕府の足利尊氏以来60年続いた南北朝を終決させた義満と頼之。義詮が死の直前、枕元に二人を呼び『頼之、汝に一子を与える』『春王、汝に父を与える』『二人して、天下を太平たらしめよ』と言い残す程、信頼された『細川頼之』の足跡をたどる。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 1人

  • 桃太郎 かぐや姫 浦島太郎

    桃太郎 かぐや姫 浦島太郎

    地元に伝わる童話を紹介してください。

    テーマ投稿数 37件

    参加メンバー 12人

  • 生麦事件

    生麦事件

    1862年9月14日、今の横浜市鶴見区生麦で生麦事件が発生。薩摩藩の大名行列(実際は藩主の父、島津久光の行列)を乗馬のまま横切り、乱したとされるイギリス人4名のうち3名を薩摩藩士奈良原喜左衛門、有村俊斎らが殺傷した事件(死亡1名負傷2名)。 この事件が契機となり、翌年、薩英戦争が勃発する。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 4人

  • 本多忠勝

    本多忠勝

    本多忠高の子。徳川四天王・十六神将に数えられる徳川家譜代大名。通称、平八郎。狂歌に「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに本多平八」、また信長に「花実兼備の勇士」と賞賛された勇将。天下三名槍・蜻蛉切を愛用。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 8人

  • こんぴら道中膝栗毛

    こんぴら道中膝栗毛

    十返舎一九が書いた東海道中膝栗毛はやじ・きた道中でよく知られています。じつはその物語には続編があったのです。やじさん、きたさんの旅は大阪で終わったわけではなく、十返舎一九は二人を金比羅さんへ向かわしているのです。  さあ、これから二人がどんな旅をするのか、お楽しみください。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 吸血鬼

    吸血鬼

    吸血鬼を題材にした小説・映画・漫画など、吸血鬼に関するトラコミュです☆

    テーマ投稿数 148件

    参加メンバー 34人

  • 宇喜多直家

    宇喜多直家

    宇喜多直家(1529〜1581)は戦国時代、備前・美作を権謀術数の限りを尽くして切り取っていった武将です。初めは浦上氏の家臣として活躍し、下克上により浦上氏を天神山城から追い出し備前の支配権を固めます。その後も美作に進出し、城を持たない身から一代で50万石以上の領土を持つに至りました。宇喜田秀家の父親でもあります。この宇喜田直家に関することなら何でもOKです。

    テーマ投稿数 14件

    参加メンバー 3人

  • 太田道灌

    太田道灌

    関東管領、扇谷上杉家の重臣として主君を支え、主君に斬られた悲運の名称、太田道灌。当代随一の兵法家として名高く、また江戸城築城など城下町整備にも功績があります。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 7人

  • 陣形・戦術

    陣形・戦術

    古来より伝わる陣形、戦術の紹介および解析についてやっていく。 上記の図は長蛇の陣図である。 名将たちがどのようにして戦ったのか皆さん一緒に探求しませんか?

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 日韓友好!!トラコミュ

    日韓友好!!トラコミュ

    まったりと日韓友好のために頑張るトラコミュです 写真はキムヨナさん。友好と平和を祈ります・・・。

    テーマ投稿数 29件

    参加メンバー 7人

続きを見る

続きを見る

  • 今につながる日本史+α

    現役の記者で2019年までニュースキャスター。読売新聞オンラインでwebコラム「今につながる日本史」を連載中。ブログには書ききれなかった余話や書き下ろしの歴史コラムを掲載します。

    読者になる
  • こどもとおでかけ歴史ブログ

    こどもと一緒に歴史を学びおでかけしてみませんか。子連れに便利なお城や史跡へのお出かけ情報も載せています。

    読者になる
  • 戦国武将ドットコム|

    マイナー戦国武将の素顔、有名な大名家が明治時代以降どうなったのかなど、普段はあまり目にすることがない日本史を紹介しています。 大河ドラマのツイッターまとめ記事も更新しています。

    読者になる
  • サキチカナッテ☆

    クロクマハムスターの佐吉です。 将来の夢は立派なお侍さんになることです。

    読者になる
  • うまぽよのパワースポットと自己成長研究所

    神社をはじめとするパワースポット紹介と昔の兵法や三国志・戦国武将の生き様から現代に活かせる情報・生き様を楽しく発信しています!( *´艸`)是非、ご覧ください!

    読者になる

続きを見る