TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

戦国時代 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    大物崩れとは?幕府No.2細川家の内乱決着の決戦をわかりやすく図解解説!

    今回は「大物崩れ」について解説していきます。 この戦いは細川晴元と細川高国が、細川家の当主を競って争った戦いです。 この大物崩れでは、高国が有利だったにも関わらず、ある理由で晴元が勝利。 細川家の内乱が決着することになりました。 大物崩れまで 細川家の後継者候補 大敗してピンチの細川高国 浦上家の援護によって巻き返す 前哨戦~中嶋の戦い~ 赤松政佑が援軍に……しかし 大物崩れ 赤松政佑の裏切り 三好元長が連携 挟み撃ちされて総崩れ 細川高国の自害 その後 まとめ 大物崩れまで まずは大物崩れが始まるまでを見ていきましょう。 細川家の後継者候補 細川家の当主である細川政元は、将軍に次いで権力を持…

    はかせ

    戦の図鑑

    読者になる
  • 2位

    寧波の乱とは?大内家が貿易の主導権を握るようになった反乱をわかりやすく図解解説!

    今回は「寧波の乱」について解説していきます。 この寧波の乱は大内家の謙道宗設という使者が、細川家の鸞岡端佐と宋素卿という使者に対して起こした反乱です。 この反乱によって、大内家は細川家との外交戦に勝利、大内家は日本と明の貿易の主導権を握ることになりました。 寧波の乱まで まずは寧波の乱が起こるまでを見ていきましょう。 日明貿易(勘合貿易)とは 日本と明(中国)との間には、寧波の乱よりも100年以上前から「日明貿易」という貿易がされていました。 この日明貿易というのは、勘合という 僕たちは乗っている船は正式な貿易船ですよ と確認する証明書を使った貿易のことをいいます。 勘合の例図/出典Wikip…

    はかせ

    戦の図鑑

    読者になる
  • 3位

    TOMIX 115系1000番台 長野色N50番台編成 2連セット 

    TOMIX 115系1000番台 長野色N50番台編成 2連セット導入しました。...

    とめのかくれが

    とめの隠れ家へようこそ neo

    読者になる
  • 4位

    土岐氏と朝倉氏の関わり 笏谷石狛犬 十五社神社

    昨日の東京は14人。神奈川5人。東京は二けたに逆戻り。 それでも「解除」の宣言はしたいようです。 この「言葉」は恐ろしいですよ。 まずその意味とは①禁止や制限をやめてもとの状態に戻すこと②一度成立した契約などを破棄して契約前と同じ状態にすること・・・ 要は私ども「お調子者」人間はすべてがこれまで通りに戻ったという錯覚に陥るのです。 これは自由復活の宣言として受け取るワケです。 「さぁ、今日は飲むぞ~」「繰り出すぞ~、遊ぶぞ~」となれば元の木阿弥。 勇ましい事を発することがお好きなのが総理殿なのはわかりますが腹の中ではきっと解除はヤバいことくらいうすうすわかっているのでしょうね。それをやらざるを得ないのはカミさんの突き上げなのかも。 都知事主導の自粛ルールに「店が潰れる」の恨み節だったよう。 まぁそれはともかく、経済界からの突き上げがあるのでしょうがここ静岡の田舎者の目からすれば「やりたくないけどやらなくてはならない」ものといえば消費税ゼロ%。 なぜならこれからやってくるであろう超絶不況に対処できないから・・・ よって大きな買い物の購入を考えている方は「今」ではありませんね。いやいやながらでしょうが、たまりかねて消費税を一旦はゼロにせざるを得ない時がくるはずです。 不況、恐慌はタイムラグがあるものですからね。 最近は日本全国地震が頻発していますが、ここで前回「東日本」級のデカいのが来たとしたらダメージとしては相当なものになるでしょう。これだけはカンベンしてもらいたいのですが、無常は迅速。その際、原発の一つも吹っ飛べば日本はお終いです。 さて四国堀といい大桑城といい越前の臭いが漂ってくる地ではありますが、これは土岐氏と朝倉氏との関わりが強かったということです。 土岐頼芸が支えた十五社神社ですが、実はそちらに越前から来た狛犬が奉納されている件あってそれを一見すべく訪問しました。一対の狛犬ですがそちらには「天文九庚子年(1540)」「奉土岐氏神」とあるとのことでした。 それが何故に越前か・・・と言えばその狛犬の材が「笏谷石」なのですね。現在は福井市をブラつけばその「笏谷石」を見ることができますが、朝倉氏は笏谷石を越前国外にほとんど持ち出さなかったようで越前朝倉氏に土岐頼芸が発注したのか朝倉側の贈品なのかはわかりませんが、とにかくこちらにも越前-美濃の関わりの深さがわかるのでした。 神社を見回すとその狛犬は箱入り狛犬。 そ

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 5位

    麒麟がくる・第十九回「信長を暗殺せよ」・感想

    数日前に「まだ放送されていない「信長を暗殺せよ」の内容を勝手に書く」というブログを書きました。結構当たっています。ただ「麒麟の話が出る」と書いたのですが、将軍義輝さんは麒麟の話をしませんでした。それ以外は珍しくも結構当たっています。さて今日の感想・信長は弟を失ったといいますが、10人ぐらい弟はいます。織田有楽斎とか信包は弟扱いじゃないのかな。・十兵衛は本当に今の今まで「天下国家を考えたこと」がなかったのですね。今になってやっと考えている。第一話で「麒麟はこない」と言った時、考えたのかと思ってました。今まで本当に何にも考えずに行動していたわけか、麒麟に憧れるだけで。そうなると今までの主体性のなさの説明がつきます。で「大きな国」を考えている。あくまで「天下を」とは考えません。意地でも考えないようです。・信長が摂津と...麒麟がくる・第十九回「信長を暗殺せよ」・感想

    東行

    歴史とドラマをめぐる冒険

    読者になる
  • 6位

    奈良 春日大社 藤の花が満開でした

    奈良 春日大社 に行ってきました。2015年訪問です。...

    とめのかくれが

    とめの隠れ家へようこそ neo

    読者になる
  • 7位

    斧田の正年神社の碑文 他人とは思えぬ親しみ

    昨日の東京は8人。神奈川が1名。 感染者がどちらでそれをバトンタッチされたのかわかりませんが、厳格に経路を追いかけることは不可能でしょうね。 その不確実なところがどう出てくるのかこれから静観するとしましょう。 昨晩は引退したロックバンド「KISS」のジーン・シモンズにスポットを当てた番組を見ました。私は2度目でサラッとですが。 ラーメン、サッカー評論家の他ロックの造詣が深い「奥の墓道」氏に言わせれば「ロックに大道芸を取り入れた・・・」と少々手厳しいのですが、私が彼らのデビューアルバムを持っていたことをまだ覚えていました。 当時、ボリュームUPについて遠慮などするはずもなく境内にそれが響き渡っていたことはつい先日のことのように思い浮かびます。 70歳の彼が20キロにもなる鎧のような衣装をつけ18㎝のブーツでステージを動くのはさすがに「齢を感じてきた・・・」ということでの引退なのでしょうが、彼らのバイタリティは凄いものがあります。彼の場合はビジネスで十分成功しているのですから、そんな苦労はしなくてもいいはずだったのですが。 彼の母親の語った言葉が印象に残りました。 「生きていて健康ならば勝ち」でした。生かされている限りの一所懸命を言っているのでしょうが、その辺に転がっている軽い言葉ではないことはその母の体験したことから頷けます。 彼の母親は確か(聞き間違い無ければ)14歳までユダヤ人収容所(アウシュビッツか・・・)に居たそうです。 その不条理(父と母が目の前で殺され)の中で生きながらえたのは収容所長の「美容師」をやらされていたからだといいます。 アメリカにやってきて彼が6歳の時に父親はふっと出ていってしまい、残った母親と彼の苦労は相当のものだったようです。 そういう苦労というか人生の土台の上にその成功があったわけですが、「生かされている命があって自身健康こそが勝ち」の言葉は今のコロナ禍に晒されている私たちには重みがあります。そしてどのようなボヤキも妬み僻みについて「母は許さなかった」と。 「健康」こそが最大の勝者。 つまらぬことに勝ち負けを求めずとにかくそれを目指しましょう。 しかしまず人生の土台ができないとダメですね。 やはり苦労も大切か・・・ ちょっ、待てよ・・・一旦不健康のドツボにはまれば「負け」の烙印、人生退場ということかも・・・まぁ敗者復活戦もあって再び勝者になればいいのですがやはり努力すべきは「健康」とい

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる
  • 8位

    久しぶりのスマートいじり

    バイクで一筆書きの日本一周を4年間で達成しましたので、今度は100名城登城で日本一周(?)にチャレンジです!

    piglet01

    日本百名城の旅

    読者になる
  • 9位

    立山 雪の氷壁 

    立山の雪の氷壁を見てきました。2011年のGW訪問です。...

    とめのかくれが

    とめの隠れ家へようこそ neo

    読者になる
  • 10位

    山県市の四国山とは大桑城古城山付近 紫外線装置

    昨日の東京2人。神奈川5人。 国内の感染者数の減少傾向はそれは喜ばしいことではありますが、地球レベルに目を移してみればなんと現在進行形で「1日10万人」ずつ増えているとのこと。 まさに「感染爆発」とはこのことだったのですね。 物語や映画の中限定の話かと思っていましたので、それにしてもそんんな時代が私の今生きている時にこんなことが起こるなどある意味スゴイ体験。それこそ「冥途の土産」になったりして。 また、こちらでは勢いあまってその語「冥途」を記しましたがどちらか拙ブログでも記している通り当流ではその「冥界への辿る旅路」の考え方というものはまったくありませんね。 念仏即浄土の教えを聞いてきた者が「それ(冥途)を言っちゃあおしめぇ」です。 最近も「冥福をお祈りします」の言葉が飛び交っていますが美辞麗句の上から目線的(それは勝手な私の感覚)以前にその言葉の意味を一歩留まって考えてもらいたいものです。 子連れ狼の神髄・・・でもあるまいし(冥府魔道)・・・冥途にそもそも幸福などがあるの? というところ。 科学的に紐解けば「冥」といえば冥王星。これは以前もその環境についてひきあいに出しました。 14等級の光で肉眼目視不可。 彼方太陽系の隅っこにある極限世界に故人があたかも幸せであるが如くの言回し、少なくとも真宗の教えにある方はその語の使用は慎みたいものです。 要は浄土に対して地獄がありますが、冥途とはその地獄へ辿る「途」と発想してします。 その使用については葬儀弔意を表す意味としてあまりにも人口に膾炙していますので今更私がそれをどうのということは言えませんがひょっとして「モノを知らない」と片付けられてしまう可能性があるかも知れない恐怖まで感じています。 まぁそこだけ知ったかぶったとしてもどうにもならない私自身ではありますが。もともと「門徒モノ知らず」とは他宗に揶揄されることは多いのでした(私はそれを大いに喜んでいますが)。 その「毎日10万人」を聞けばただ今の小康状態につき以前同様の社会の再来を歓喜して迎えるなどは到底できるはずもなく。 これでは与謝野晶子の言う「人事」というものを全うしていないような気がします。 まずはその後ろめたさ。 感染爆発の導火線に火をつけたのは「グローバル」社会を構成した先進国にその責がありますが、今その困窮の域に達しているのはそれらの金儲け主義を主催したグループとは一線を画しそもそもその恩恵を享受さ

    大澤寺

    墓場放浪記

    読者になる

続きを見る

  • 大阪城

    大阪城

    大阪のシンボルであり、「太閤はん」とともに大阪市民の心に根ざす大阪城。歴史のドラマを今に伝える天守閣が大空に雄姿を見せる大阪城公園は、大阪の中央に位置する、総面積106.7haの広大な公園です。 大手門、千貫櫓、火硝蔵など13棟の重要文化財があり、遠い日の面影を映しています。 緑あふれる市民の森、西の丸庭園や梅林が四季の装いを見せ、訪れる人が絶えません。 また、野球場や太陽の広場などでは、スポーツやレクリエーションを楽しむことができます。

    テーマ投稿数 59件

    参加メンバー 28人

  • 米軍基地・憲法9条問題

    米軍基地・憲法9条問題

    米軍基地についての問題や、それに付随した憲法9条問題などについて

    テーマ投稿数 842件

    参加メンバー 79人

  • 孫文

    孫文

    孫文について

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 中国武侠小説

    中国武侠小説

    武侠小説がめっさ面白い。もっとメジャーになってもいいと思う。 一部のマニアにだけ読まれてるなんて、もったいない。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 4人

  • 朝倉義景

    朝倉義景

    朝倉義景について

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 2人

  • 尖閣諸島は日本です(領土問題)

    尖閣諸島は日本です(領土問題)

    日中台湾の外交問題について 尖閣諸島の領有権は日本にある 東シナ海のガス田開発問題も 中国は法的根拠を示せずに居る 日本は戦後「領土問題存在せず」

    テーマ投稿数 787件

    参加メンバー 95人

  • 柴田勝家

    柴田勝家

    柴田勝家について

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 5人

  • 銀閣寺

    銀閣寺

    慈照寺は、京都府京都市左京区にあり、東山文化を代表する臨済宗相国寺派の寺院。通称銀閣寺、山号は東山。開基(創立者)は、室町幕府8代将軍の足利義政、開山は夢窓疎石とされている。(夢窓疎石は実際には当寺創建より1世紀ほど前の人物であり、このような例を勧請開山という。)足利義政が造営した楼閣建築である観音殿を「銀閣」と通称することから、観音殿を含めた寺院全体を「銀閣寺」と通称している。この通称名は近世の名所案内記などですでに使用されている。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 6人

  • 金閣寺

    金閣寺

    京都市の西北端、正しくは京都市北区金閣寺町に、この寺はあります。西に衣笠山、背後に左大文字山をひかえた景勝の地で、京都市の北部に連なるなだらかな山なみは、北山(キタヤマ)の名で一般に親しまれていますが、この北山につながる金閣寺の周辺一帯だけを特に北山(ホクザン)と呼ぶことがあります。北山の名称は、遠く平安時代の初期まで遡りますが、当時もやはり大小二つの地域の意味があったようです。平安時代の中期以降、この地域には数多くの墓所が作られ、今も円融天皇の御陵をはじめ火葬所、陵墓、塚などが数多く残っています。現在、金閣寺の西に接する土地の字名を氷室(ヒムロ)と言いますが、これは昔、朝廷がこの地に氷の室(ムロ)を経営したためと考えられています。寒い冬の間に作られた氷を、この地に接する左大文字山などの山腹深く掘った穴に保存していたのです。その他に、この地域は、古くから寺院建立、狩猟などに適した土地と考えられていました。ただ金閣寺の寺域だけは、主として田や畠であったようで、所有主の神紙官伯家より西園寺公経(サイオンジキンツネ)の手に移り、ここに金閣寺の始まり西園寺と北山第(山荘)がはじめて築かれました。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 14人

  • 蜂須賀小六

    蜂須賀小六

    蜂須賀小六正勝について

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 2人

続きを見る

続きを見る

  • 歴史の趣味ブログ

    大好きな歴史を語りたいブログです。 世に知られてない偉人を、創作小説という形でご紹介します(^^♪ 戦国・幕末の日本史がメイン。気軽にお立ち寄り頂けると幸いです。

    読者になる
  • 戦の図鑑

    日本の戦国時代に起こった戦を超わかりやすく図解解説しているブログです!

    読者になる
  • 旅人サイファのお出かけブログ

    国内旅行をメインに年間30泊以上旅行しています!47都道府県制覇! コロナ落ち着いたら、旅行に行きましょう!

    読者になる
  • 戦国時代探求と楽天生活日記

    戦国時代の様々な武将や楽天グループのサービスについて語ります。

    読者になる
  • 今につながる日本史+α

    現役の記者で2019年までニュースキャスター。読売新聞オンラインでwebコラム「今につながる日本史」を連載中。ブログには書ききれなかった余話や書き下ろしの歴史コラムを掲載します。

    読者になる

続きを見る