TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

歴史ファン トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    新しい信長

    皆さぁ〜ん、大河ドラマ「麒麟がくる」見てますかぁ〜見た見た、第10話の感想だぁ〜今回は2つに分かれて話が進みました。京では…駒が縄渡り…この後、バク宙して縄に…

    えいたろう

    歴史を感じよう

    読者になる
  • 2位

    太刀洗駅 甘木鉄道甘木線

    太刀洗駅甘木鉄道甘木線太刀洗駅(たちあらいえき)は、福岡県朝倉郡筑前町高田にある甘木鉄道甘木線の駅。陸軍大刀洗飛行場の最寄駅として、大戦末期の最盛期には毎日1万人あまりが乗降し、軍事物資を満載する貨物列車が往来し、大変な賑わいがあった駅です。当駅は三井郡大刀洗町ではなく、朝倉郡筑前町に位置する。また、近接の町名は「大」刀洗町であり、駅名の「太」刀洗と表記が異なる。太刀洗の所以は、文和17年(1359)懐良親王・菊池武光と少弐頼尚との筑後大保原での決戦(筑後川の戦い)で、傷ついた菊池武光が、刀についた血糊を川で洗ったことから、この名がついたといわれる。駅構造島式ホーム1面2線を有する地上駅。無人駅であり、ホームへは構内踏切を介して出入りする。戦前には旧日本陸軍の太刀洗飛行場があり、多くの側線や地下通路が駅構内に存...太刀洗駅甘木鉄道甘木線

    kantyou

    観光列車から! 日々利用の乗り物まで

    読者になる
  • 3位

    奴国は女王に属すか否か?

    自女王國以北 其戸數道里可得略載 其餘旁國遠絶 不可得詳 次有斯馬國 次有巳百支國 次有伊邪國 次有都支國 次有彌奴國 次有好古都國 次有不呼國 次有姐奴國 次有對蘇國 次有蘇奴國 次有呼邑國 次有華奴蘇奴國 次有鬼國 次有為吾國 次有鬼奴國 次有邪馬國

    sinfu

    新邪馬台国の研究

    読者になる
  • 4位

    ドロ沼な団体の崩壊

    自分がそのことを初めて知ったのは、この漫画でした。⬇️プロレススーパースター列伝おっ、今回もプロレスネタだね。…で何を知ったの?それは…日本プロレスの崩壊。か…

    えいたろう

    歴史を感じよう

    読者になる
  • 5位

    PM34 ちくご (とから型巡視船)

    PM34ちくご(とから型巡視船)とから型巡視船(とからがたじゅんしせん、英語:Tokara-classpatrolvessel)は海上保安庁の巡視船の船級。分類上はPM型(PatrolVesselMedium)、公称船型は350トン型。1999年の能登半島沖不審船事件において、当時配備されていた海上保安庁の巡視船艇では、高速かつ重武装の北朝鮮工作船への対応が困難であることが明らかとなった。このことから海上保安庁は、遠隔操作型JM6120mm多銃身機関砲による精密射撃能力と、30ノット以上の高速力を備えた、警備機能強化型の中・小型巡視船の整備を計画した。これによって開発された中型巡視船(PM)が本型である。やはり能登半島沖不審船事件の影響で建造された高速特殊警備船が不審船対応任務に特化しているのに対し、本型は、東...PM34ちくご(とから型巡視船)

    kantyou

    観光列車から! 日々利用の乗り物まで

    読者になる
  • 6位

    入門書なのにめちゃくちゃ面白い!立川談慶『教養としての落語』

    立川談慶師匠の『教養としての落語』は、落語の入門書としてだけでなく、興味のない人にも読んで楽しい一冊になってます。すごく面白いのでおススメ!!

    m_alternative

    読んで学んで、考えて

    読者になる
  • 7位

    奴国は邪馬台国の北にあり女王国に属してる一番端である

    自女王国以北・・・・・・・・・次有奴國 此女王境界所盡奴国は北にある邪馬台国の属国の境界の端だと書いてありますしかし、魏志倭人伝には 対馬、→壱岐、→末盧國、と紹介して奴国aは、末盧國の東南100余里に位置してるとも書いてあります。狗邪韓國 始度一海  至對

    sinfu

    新邪馬台国の研究

    読者になる
  • 8位

    こんな時代もあったんだね〜

    ネットで、こんな画像を見つけました。ん?どんな画像だい?左から天龍源一郎、ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、大仁田厚楽しそうね画像から見ると1982年頃の全日本…

    えいたろう

    歴史を感じよう

    読者になる
  • 9位

    城下停留場 岡山電気軌道東山本線

    城下停留場(しろしたていりゅうじょう)は岡山県岡山市北区天神町および表町一丁目にある岡山電気軌道東山本線の停留場である。駅番号はH04。後楽園および岡山城の最寄駅である。構造島式ホーム1面2線。東山方に地下へ降りる階段があり、交差点の真下は「しろちか」という地下広場となっている。この地下広場は当停留場の目の前にある岡山シンフォニーホールに直結している他、後楽園、県立美術館方面に交差点を介さず行くことが可能である。周辺表町方面宇野バス「表町入口」バス停岡山県道27号岡山吉井線(桃太郎大通り、城下筋)城下地下広場城下地下駐車場岡山シンフォニーホール岡山表町商店街岡山ランドリー本社後楽園・岡山城方面烏城みち岡山市民会館心臓病センター榊原病院岡山市立岡山後楽館中学校・高等学校山陽放送本社後楽園岡山城夢二郷土美術館天神町...城下停留場岡山電気軌道東山本線

    kantyou

    観光列車から! 日々利用の乗り物まで

    読者になる

続きを見る

  • 未解決事件〜真実は?〜時効が迫る

    未解決事件〜真実は?〜時効が迫る

    未解決事件(みかいけつじけん)は、犯人が検挙されていないなど未解決の事件のことである。一般に「迷宮入り」とも言われる。 3億円事件〜グリコ森永脅迫事件等が有名である。 殺人事件等に〜時効が設定されていますが〜真実が明らかになる場合もあります。時効は本当に必要でしょうか?また短すぎるのではないでしょうか?多事争論を求めます。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 6人

  • マスメディアの戦争責任

    マスメディアの戦争責任

    マスメディアの戦争責任(‐せんそうせきにん)とは、マスメディアが国民に事実を報道することを怠ったり、対外強硬論を助長する報道を行うことで、開戦に至ったり戦争の長期化を招くこと。 軍部に迎合したり視点の極端に偏った取材とその掲載は、報道機関の使命を逸脱したものとして批判の対象とされるが、しばしばそのような国家では軍部の報道への介入が見られるため、表立った批判は難しいとされる。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 4人

  • 日本軍

    日本軍

    日本軍(にっぽんぐん、にほんぐん)とは広義には日本が有する軍隊のこと、狭義には第二次世界大戦で敗戦するまでの日本、すなわち大日本帝国が保持していた軍隊(大日本帝国陸軍と大日本帝国海軍の両軍)を指し、後者の場合は旧日本軍、または旧軍と略称される。さらに国軍、皇軍(こうぐん)、皇御軍(すめらみいくさ)、帝国軍、大日本軍などの呼称もある。ここでは旧日本軍について主に記述する。

    テーマ投稿数 301件

    参加メンバー 29人

  • 板垣信方

    板垣信方

    板垣信方は、戦国時代の武将。武田信虎、晴信の2代に仕えた。武田二十四将、武田四天王の一人。 武田晴信が父信虎を追放して家督を継ぐと家臣団の筆頭格となる。晴信が諏訪氏を滅ぼすと諏訪郡代となり、諏訪衆を率いて信濃経略戦で戦功をあげた。晴信と村上義清との上田原の戦いでは先陣となり緒戦で村上勢を破るが、逆襲を受けて討ち死にした。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 甘利虎泰

    甘利虎泰

    甘利虎泰は、戦国時代の武将。武田氏の家臣で、武田二十四将、信虎時代の武田四天王の一人である。 家系は甲斐源氏・一条忠頼の流れをくむ武田氏の庶流にあたる。甲斐国巨摩郡甘利郷を領していたと考えられている。天文17年2月14日に武田晴信が小県郡に侵攻して村上義清と戦った上田原の戦いにおいて、板垣信方を討ち取って意気上がる村上勢から晴信を守り、初鹿野伝右衛門らとともに戦死した。国務大臣・経済産業大臣の甘利明は子孫にあたる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 飯富虎昌

    飯富虎昌

    武田信虎、武田信玄の2代に仕えた宿老中の宿老で、その剛勇は甲山の猛虎と呼ばれて敵味方から恐れられたほどの猛将であり、武田二十四将の一人に挙げられる。 彼の率いる部隊は全員が赤い軍装で揃えられ、武田の赤備えとして甲山の猛虎と言う異名とともに、精強武田軍団の代名詞ともなった。のちに弟の山県昌景をはじめ、井伊直政や真田信繁等が赤備えを受け継いでいる。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 1人

  • 高坂昌信

    高坂昌信

    高坂昌信は、戦国時代の武将。武田氏の家臣。正しくは、春日虎綱。また、元服直後の名前は春日源助という。武田信玄、武田勝頼の2代に仕え、武田四名臣の一人として数えられる。武勇に秀でる武田諸将の中において、昌信は治世面に高い手腕を有すると共に、非常に慎重な采配と見事な退却戦指揮能力で逃げ弾正の異名を取った。江戸時代に編纂された甲州流軍学の教書甲陽軍鑑は、高坂弾正が著者という体裁をとっている。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 化け猫

    化け猫

    化け猫(ばけねこ)とは、猫が変化した妖怪のことである。猫又と混同されることが多く、その区別はあいまいである。日本各地に化け猫の伝説があり、佐賀藩(鍋島藩)の化け猫騒動が特に有名である。鍋島家の家臣、小森半太夫が異国種の猫を虐待したのでその猫はうらみをいだき、殿の愛妾、お政の方を食い殺して化身し御家に仇をなすが伊藤惣太らに退治されるという筋。 化け猫のイメージとして「行灯の油を舐める」というものがある。怪談の文芸作品化が進められた江戸時代には、行灯の燃料としていわしから採った安価な魚油が広く使われていた(煤の少ない菜種油は高価だった)。いうまでもなく魚は猫の好物であるので、行灯の明かりにその姿を浮かびあがらせ油を舐めるというイメージが作られた。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 2人

  • チベット動乱

    チベット動乱

    チベット動乱(チベットどうらん)は、中華人民共和国政府のチベット統治、支配に対し、アムド地方、カム地方における「民主改革」「社会主義改造」の強要をきっかけとして1956年に勃発し、1959年に頂点に達したチベット人の抗中独立運動のことである。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • チベット侵攻 (1950–1951)

    チベット侵攻 (1950–1951)

    チベット侵攻(チベットしんこう)とは、1950年から1951年にかけて中国人民解放軍がラサの東方100kmにまで侵攻した事件。これを契機として十七か条協定なるものが登場し、チベットは中華人民共和国に併合されてゆくこととなった。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

続きを見る

  • 清原和博さんの『魂問答』で暗黒時代を思い出す

    清原和博、鈴木泰堂『魂問答』を読みながら、自分の心の中にずっとある悩みや苦しみなんかを棚卸ししてます。雪の日の静かな時間に、こういう行為に没頭するのもたまにはいいかなぁ、と。

    m_alternative 読んで学んで、考えて
    読者になる
  • 新しい信長

    皆さぁ〜ん、大河ドラマ「麒麟がくる」見てますかぁ〜見た見た、第10話の感想だぁ〜今回は2つに分かれて話が進みました。京では…駒が縄渡り…この後、バク宙して縄に…

    えいたろう 歴史を感じよう
    読者になる
  • 太刀洗駅 甘木鉄道甘木線

    太刀洗駅甘木鉄道甘木線太刀洗駅(たちあらいえき)は、福岡県朝倉郡筑前町高田にある甘木鉄道甘木線の駅。陸軍大刀洗飛行場の最寄駅として、大戦末期の最盛期には毎日1万人あまりが乗降し、軍事物資を満載する貨物列車が往来し、大変な賑わいがあった駅です。当駅は三井郡大刀洗町ではなく、朝倉郡筑前町に位置する。また、近接の町名は「大」刀洗町であり、駅名の「太」刀洗と表記が異なる。太刀洗の所以は、文和17年(1359)懐良親王・菊池武光と少弐頼尚との筑後大保原での決戦(筑後川の戦い)で、傷ついた菊池武光が、刀についた血糊を川で洗ったことから、この名がついたといわれる。駅構造島式ホーム1面2線を有する地上駅。無人駅であり、ホームへは構内踏切を介して出入りする。戦前には旧日本陸軍の太刀洗飛行場があり、多くの側線や地下通路が駅構内に存...太刀洗駅甘木鉄道甘木線

    kantyou 観光列車から! 日々利用の乗り物まで
    読者になる
  • 外出は。。。

    睦月 ちょっと寄り道しませんか?
    読者になる
  • 中年紳士がジャンク飯を食うだけ、のマンガがメチャクチャ面白い

    昔連載で読んだ魚乃目三太さんの『日曜日の背徳めし』をご紹介します。堅物の中年男が、奥様の目を盗んでジャンク喰って歓喜するだけなんですが、普段と飯食ってる時の落差が半端なく笑えます。

    m_alternative 読んで学んで、考えて
    読者になる

続きを見る

  • 映像&史跡 fun

    歴史には、仕事や人生に役立つことがいっぱい…。 あなたにプラスになる歴史は、さて何…? さまざまな歴史を、時に、現代人の人生や社会に照らして書いていきたいと思います。 【あまの みそしる】

    読者になる
  • 二十四孝に会いに行く!

    社寺巡りをしていると、お堂や社殿に彫刻が施されているのを見ますよね!日本の神話や中国の仙人、鳥や動物。その中でも中国の孝子たち、「二十四孝」の彫刻に絞って見ていきます。

    読者になる
  • クルマで行く国内旅行記(たまに電車)

    日本100名城制覇を目指し、国内をほぼ車で巡っている旅日記です

    読者になる
  • 前世占い師エティースの歴史霊視ブログ

    エティースと同居のスピさん達が楽しむ歴史・マンガ・歴史ドラマ、心霊がテーマのブログです。

    読者になる
  • 徒然日記

    ゆる歴史好きで観る将50代独身女が、無職になって始めた雑記ブログです。おもに本やテレビの感想、歴史、観る将記、あとは日々思ったことなどを書いています。

    読者になる

続きを見る