TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

戦争遺産 トップ

TOP
help
  • 1位
    疾風HAYATE

    疾風HAYATE

    自衛隊基地祭や護衛艦、戦跡などを訪ねた記録を発信しています。

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    東京砲兵工廠 基礎用レンガ

    明治4年に建設された東京砲兵工廠の基礎レンガ。昭和12年後楽園球場建設の際、基礎のあまるの強固さにグランド部分は取り除くのを見合わせた。平成12年竣工の東京ドームホテル建設を進めるにあたり地下5メートルの深さから出てきた。東京砲兵工廠基礎用レンガ

    HAKUSYU

    東京砲兵工廠 基礎用レンガ

    読者になる

続きを見る

  • 城を語る

    城を語る

    日本の城を語りましょう

    テーマ投稿数 116件

    参加メンバー 16人

  • 鎌倉時代

    鎌倉時代

    鎌倉時代に関連すること

    テーマ投稿数 258件

    参加メンバー 22人

  • 松永久秀

    松永久秀

    出自諸説あり。将軍足利義輝暗殺、東大寺大仏殿焼失の首謀者など戦国時代の梟雄として悪名高い一方、名器平蜘蛛茶釜などの茶器を多数所有するなど文化人の一面も。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

  • 毛利元就

    毛利元就

    毛利弘元の次男。一国人勢力から智謀と謀略をもって、中国地方を制覇した戦国の名将。毛利氏最盛期を築く。「三本の矢」のたとえ話で知られる。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 7人

  • 松平忠輝

    松平忠輝

    徳川家康の六男。大阪の役後、越後福島75万石の太守。「色黒くまなじり裂け怖ろしげ」という怪異な容貌と云われる一方、剛毅な性格は家臣団や庶民に愛された。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 大内義長

    大内義長

    大友義鑑の子。大内義隆の養子。義隆に実子が生まれたので、養子関係は解消されるが、謀反を起こした陶晴賢に担がれ大内家当主となる。毛利元就に攻められ、且山城陥落後、長福寺で自害したと言われる。義長の死で、西国の名門大内氏は滅亡する。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 池田恒興

    池田恒興

    池田恒利の子(諸説有り)。古くから信長に仕え、緒戦に武勲を立てた勇将。清洲会議四宿老の一人。小牧・長久手の戦いでは秀吉側に付き、犬山城を攻略するも、長久手で徳川軍に破れ永井直勝の槍を受けて討ち死。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 森長可

    森長可

    森可成の次男。織田信長に仕え、緒戦で武勇を発揮。鬼武蔵の異名で恐れられた。小牧・長久手の戦いでは秀吉側の数千の兵を率いて参戦。長久手での徳川軍との決戦で、井伊直政軍の鉄砲隊の銃弾を眉間に受け討死。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 上杉朝定

    上杉朝定

    上杉朝興の嫡男。扇谷上杉家(おうぎがやつうえすぎけ)最後の当主。河越城の合戦で討ち死。(河越夜戦は日本三大夜戦に数えられる。)

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 浅野長政

    浅野長政

    安井重継の子。浅野長勝の養子。信長の命で若くから秀吉の与力として仕え、秀吉の天下統一事業に貢献。長政の妻、らくは秀吉の正室、ねねと実の姉妹関係に当たるなど少ない豊臣家の縁者として重用された。 緒戦で奮戦する傍ら、豊臣政権五奉行の一人として卓越した行政手腕を発揮した。秀吉死後は、徳川家康に近付き家名を永らえた。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 東京砲兵工廠 基礎用レンガ

    明治4年に建設された東京砲兵工廠の基礎レンガ。昭和12年後楽園球場建設の際、基礎のあまるの強固さにグランド部分は取り除くのを見合わせた。平成12年竣工の東京ドームホテル建設を進めるにあたり地下5メートルの深さから出てきた。東京砲兵工廠基礎用レンガ

    HAKUSYU 魅了されたもの・・・
    読者になる
  • 東京砲兵工廠試射場2

    東京砲兵工廠試射場1はこここのトンネルは初の国産軍用小銃の増産体制のために建設されたと考えられ主に軍用小銃や機関銃の試射用(訓練・弾道実験等)の場所として使用されていた。再訪東京砲兵工廠試射場2

    HAKUSYU 魅了されたもの・・・
    読者になる

続きを見る

続きを見る