TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

戦争遺産 トップ TOP

help
  • 1位

    東京第二陸軍造兵廠 弾道検査官B

    東京第二陸軍造兵廠弾道検査官Aはここ板橋火薬製造所(昭和15年以降は東京第二陸軍造兵廠)内におかれた火薬研究所があり弾薬の性能実験などが行われていました。長さ十数メートル、内径686mmのコンクリート製で、これは技術者の間ではトンネル射場と呼ばれているもので、火薬(発射薬)の種類や量を変えて、弾丸の速度などを測定観測する装置であり、戦前の同廠構内の図面からは、弾丸がこの築山の標的に向かって撃ち込まれていた事が分かります。弾道検査管(爆速測定管)の標的東京第二陸軍造兵廠弾道検査官B

    HAKUSYU

    魅了されたもの・・・

    読者になる

続きを見る

  • 森長可

    森長可

    森可成の次男。織田信長に仕え、緒戦で武勇を発揮。鬼武蔵の異名で恐れられた。小牧・長久手の戦いでは秀吉側の数千の兵を率いて参戦。長久手での徳川軍との決戦で、井伊直政軍の鉄砲隊の銃弾を眉間に受け討死。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 上杉朝定

    上杉朝定

    上杉朝興の嫡男。扇谷上杉家(おうぎがやつうえすぎけ)最後の当主。河越城の合戦で討ち死。(河越夜戦は日本三大夜戦に数えられる。)

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 浅野長政

    浅野長政

    安井重継の子。浅野長勝の養子。信長の命で若くから秀吉の与力として仕え、秀吉の天下統一事業に貢献。長政の妻、らくは秀吉の正室、ねねと実の姉妹関係に当たるなど少ない豊臣家の縁者として重用された。 緒戦で奮戦する傍ら、豊臣政権五奉行の一人として卓越した行政手腕を発揮した。秀吉死後は、徳川家康に近付き家名を永らえた。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 知将、謀将、軍師、名将、英雄伝説

    知将、謀将、軍師、名将、英雄伝説

    知将、謀将、軍師、名将、英雄だと思う人たちを独断で推薦してください 日本史、世界史、架空の名将(山本勘助とか)でも可とします

    テーマ投稿数 1,311件

    参加メンバー 33人

  • 足利義晴

    足利義晴

    第十一代将軍足利義澄の長男。管領、細川高国に擁立されて第十二代将軍に就任。義晴の代は、将軍の権威が失墜し、実権を握る細川氏や三好氏に振り回される境遇だった。子に剣豪将軍、義輝。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 細川高国

    細川高国

    細川政元の養子(出自は典厩家)。養子兄弟の細川澄之、細川澄元等と将軍を巻き込み権力闘争を繰り返した。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 大内義隆

    大内義隆

    大内義興の長男。北九州などに勢力拡大を図る。晩年は文化的傾向が強く、海外貿易などで得た富も重なり、山口は西の京と呼ばれる繁栄期を迎えるも、武断派の家臣、陶隆房の謀反に斃れる。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 足利義稙

    足利義稙

    足利義視の子。室町幕府第十代将軍。義稙の代は将軍の権威が失墜し、諸国を流転の経歴から島公方、流れ公方と呼ばれる。流浪先の阿波国撫養(現在の鳴門市)で没する。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 柳生宗厳

    柳生宗厳

    柳生家厳の子。新陰流の祖、剣聖上泉信綱より新陰流を継承した剣豪。柳生新陰流の祖。兵法家、剣豪として広く知られるが柳生の荘、領主でもある。隠遁後、太閤検地により隠田が摘発され、所領を没収されたと言われるが、晩年は家康等の計らいにより旧領に復帰。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 6人

  • 千姫

    千姫

    徳川秀忠の娘。母は崇源院。豊臣秀頼の正室。秀頼死後、本多忠刻と結婚。 父、徳川秀忠は徳川家康の三男で後の江戸幕府第二代将軍。母、崇源院は浅井長政とお市(織田信長の妹)の三女で、秀頼の母、淀殿の妹にあたる。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 5人

続きを見る

  • 東京第二陸軍造兵廠 弾道検査官B

    東京第二陸軍造兵廠弾道検査官Aはここ板橋火薬製造所(昭和15年以降は東京第二陸軍造兵廠)内におかれた火薬研究所があり弾薬の性能実験などが行われていました。長さ十数メートル、内径686mmのコンクリート製で、これは技術者の間ではトンネル射場と呼ばれているもので、火薬(発射薬)の種類や量を変えて、弾丸の速度などを測定観測する装置であり、戦前の同廠構内の図面からは、弾丸がこの築山の標的に向かって撃ち込まれていた事が分かります。弾道検査管(爆速測定管)の標的東京第二陸軍造兵廠弾道検査官B

    HAKUSYU 魅了されたもの・・・
    読者になる

続きを見る

続きを見る