TOPICS

地方・郷土史 新着記事

1件〜50件

  • 千葉県のブルーシート展張事業の一例

    先日、千葉県のブルーシート展張事業

    そうせい

    のんびり勝山生活

    読者になる
  • 手稲山口バッタ塚 考④

    札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

    keystonesapporo

    札幌時空逍遥

    読者になる
  • おもひでぽろぽろ神明社

    山形市内から天童へ向かう時に、山寺の裏側を始めて通ってみました。長いトンネル「べにばなトンネル」を抜けると、桃源郷のような昔にタイムスリップしたような風景が、とても素晴らしくて、いい所だな~と思って走ってました。石碑群が並んでいたり、巨木のある八幡社も趣があり、車なので急には止まれずそのまま通過してましたが、後でゆっくり歩きたいような所です。十八夜観音?後で調べてわかったのですが、「おもひでぽろぽろ」の舞台になった所とあり、どうりで絵になる風景だな~と思ったのです。この映画はみたことないのですが、山形県が舞台になっています。私が通った道は高瀬という地区で、そこに立ち寄った神社は、石畑という地名らしいです。(googlemapより)ポツンと見えた鳥居が気になったので、寄ってみたら「神明社」でした。月待講の碑もあり...おもひでぽろぽろ神明社

    秩父・仙台まほろばの道

    秩父・仙台まほろばの道

    読者になる
  • 第12回地域伝統芸能今昔物語

    毎年、11月23日の恒例となった地域伝統芸能今昔物語を開催します。 本年で12回目となります。皆様のご来場をお待ちしております。 とき  2019年11月23日(土・祝)      12:00開場 / 12:30開演(~16:30) ところ 熊谷文化創造館さくらめいと 太陽のホール 料金  入場無料 お問合せ 埼玉県芸術文化祭熊谷市実行委員会事務局      熊谷市教育委員会社会教育課文化財保護係(熊谷市立江南文化財センター内)      TEL 048-536-5062 当日問合せ 熊谷文化創造館「さくらめいと 〒360-0846 埼玉県熊谷市拾六間111-1 · 048-532-0002 出演プログラム 開場12:00 開会12:30 開会行事    開会のことば   埼玉県芸術文化祭熊谷市実行委員会 菅谷浩之 委..

    踊る埴輪

    熊谷市文化財日記

    読者になる
  • 大河・かこがわ(99) 平安時代(10) 鶴林寺(3)・鶴林寺の仏たち

    鶴林寺の仏たち鶴林寺には、多くのすぐれた仏教彫刻が伝えられています。その中でも最古のものは「あいたた観音」の異名を持っている聖観音立像です。この観音様は、白鳳期(大化の改新~奈良時代以前)の貴重な仏様ですが、鶴林寺が白鳳期からあったという証拠にはなりません。いつの時代か、どこからか持ち込まれたと思われます。鶴林寺には、このほかに平安時代にさかのぼる次の諸像があります。①木造十一面観音立像(重文)平安中期②木造釈迦三尊像(重文)平安末期③木造四天王立像(重文)平安末期④木造阿弥陀如来坐像(県指定)平安末期⑤木造恵便法師坐像平安末期⑥木造菩薩像頭部平安末期②・③は太子堂本尊、④は常行堂本尊として祀られていました。藤原様式をしめす平安末期の諸像が多いのですが、これらの仏像こそ創建以来の諸尊であったとおもわれます。ここ...大河・かこがわ(99)平安時代(10)鶴林寺(3)・鶴林寺の仏たち

    ひろかずのブログ

    ひろかずのブログ

    読者になる
  • 御食国(みけつくに)若狭

    若狭坊

    若狭坊のまちづくり日記

    読者になる
  • 手稲山口バッタ塚 考③

    札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

    keystonesapporo

    札幌時空逍遥

    読者になる
  • 広島港 艀で高速艇を待つおばあさん

    今日の広島港です春のようなぽかぽか陽気で早めに艀に出てみたらそこにまるでバスを待つように座るおばあさんがいました高速艇は呉港を経由して松山観光港へ向かいますさ…

    しあわせ歴史ドライブママ(旧:九段で働くママ)

    しあわせ歴史ドライブ日記by九段で働くママ

    読者になる
  • 阿賀野市 「笹神地区の文化祭」 2019

    笹神中学校体育祭の応援団パネル。若さのある絵です。芸能発表会2019年11月4日阿賀野市笹神地区の文化祭。安田地区の文化祭は、時間が無くて行きませんでした。阿賀野市「笹神地区の文化祭」2019

    五頭山

    阿賀野市ブログ応援隊

    読者になる
  • 川越駅東口はまるで迷路!・歩行者用デッキの改修中

    川越駅東口の出口は、白い壁と青いネットで先が見通せない。左手のアトレ側に出る通路はかなり狭くなっていて、警備員が左側通行を呼びかけている。中央のエレベーターをはさんで、交番の前には太い柱ができていて、その先は全く見えない。柱の向こう側は、完全にトンネルになっている。トンネルを抜けると、マインの入口にもゲートができている。その右側の塀に「完成イメージ図」が掲示されている。最も変わるのは、駅の出口を中心にして、あちこちに屋根がつくことのようだ。その他、マイン側にエスカレーター設置、アトレ側ではスロープが改良されるらしい。新設されたトイレは、塀で覆われていて、上の方は全く見えない。アトレ側を見ると、交差点の上あたりに屋根がある。その先に行ってみると、バス乗り場へ下りる階段の入口も小さなトンネル状態である。交差点に戻っ...川越駅東口はまるで迷路!・歩行者用デッキの改修中

    川越原人

    川越雑記帳2

    読者になる
  • 大河・かこがわ(98) 平安時代(9) 鶴林寺(2)・太子堂・兵庫県最古の木造建築

    鶴林寺(2)太子堂・兵庫県最古の木造建築鶴林寺は、もと四天王聖霊院と称していました。養老二年(718)に、身人部春則(むとべはるのり)が本願となって一大殿堂を建立し、刀田山四天王寺と寺号を改めたと伝えています。身人部(六人部とも書きます)は、播磨の在地土豪のようです。創建の時期は、平安後期と推測されます。というのは、伽藍配置が平安中期以降のものと共通しています。天台寺院に共通した、大講堂を正面にその前面に法華堂と常行堂を対面させる配置をもつこと、法華堂(今の太子堂)が天永三年(1112)造営の所伝をもち、建築様式手法から平安建築と考えられます。従って、常行堂もこの時期の創建と考えてよいと思われます。この法華堂は、太子信仰が盛んとなった鎌倉時代、法華堂の壁に聖徳太子の肖像が描かれ、以降は太子堂と呼ばれるようになり...大河・かこがわ(98)平安時代(9)鶴林寺(2)・太子堂・兵庫県最古の木造建築

    ひろかずのブログ

    ひろかずのブログ

    読者になる
  • 壬生城下ー雄琴神社と利鎌隊を歩く

     壬生氏と壬生城址公園  壬生氏の祖、壬生胤業(たねなり)が寛正3年(1462...

    夢野銀次

    銀次のブログ 歴史への誘い 

    読者になる
  • 【企画展】侍-戦いの装いその玖(きゅう)-

    企画展の案内です。先日に見てきましたので再掲載です。私も所属しています一般社団法人日本甲冑武具研究保存会東海支部が展示協力しています企画展です。愛知県西尾市に…

    RYO

    金森戦記外伝-歴史私記

    読者になる
  • 行田市制施行70周年記念 行田市郷土博物館 第33回企画展「武家の姫君たち」

    行田市制施行70周年記念 第33回企画展「武家の姫君たち」が行田市郷土博物館で開催されています。熊谷に館を構えた成田氏関連の資料も展示されています。本市教育委員会も展覧会協力を行いました。会期終了間近です。どうぞご観覧ください。 開催案内(同館ホームページ 特設サイトより) 忍城や行田にゆかりある姫君には、忍城主成田氏長の娘・甲斐姫、天下人徳川家康の娘・亀姫、忍城主阿部正由の正室・多喜、幕末に中山道を通行して降嫁した皇女和宮などが知られています。武家社会において、姫君たちはどのように立ち振る舞い、生き抜いていったのでしょうか。彼女たち自身が残した作品や周囲の人々にまつわる資料から、武家の姫君たちの世界にいざないます。 開催情報 【展示期間】令和元年10月12日(土)~11月24日(日) 【開館時間】午前9時~午後4時30分(最終入館受付午後4時) 【入..

    踊る埴輪

    熊谷市文化財日記

    読者になる
  • カニ喰らう!

    若狭坊

    若狭坊のまちづくり日記

    読者になる
  • 手稲山口バッタ塚 考②

    札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

    keystonesapporo

    札幌時空逍遥

    読者になる
  • カルビーポテトチップス「長崎の味 ちゃんぽん味」vs「佐賀の味 いかしゅうまい味」ついでに「こどものための ボンカレー」

    カルビーから11月18日「チャンポン味」のポテチが発売されると聞いてはいたのです...

    sugikan

    千々石(ちぢわ)deその日暮らし

    読者になる
  • 大阪市北区大淀中「笠原小兒保健研究所跡」の碑

    この日は福島区にあるJR環状線・福島駅の周辺を散策しました。大阪キタの中心地である「梅田」の一つ隣にある駅です。駅前の大通り「なにわ筋」をひたすらず~~っと北へ進んでいき、「大淀中学校」手前の歩道橋に到着。※(おおよど ちゅうがっこう)いつの間にやら福島区から

    たっく

    大阪どっかいこ!

    読者になる
  • Apple Store 

     現在、iPhone 7 Plusを使用しており、特に不満もないので当分は使い続けるつもりだったのだが、子供との約束でiPhone 7 Plusを譲ること...

    日没

    尾張名所図会を巡る

    読者になる
  • 群馬県立歴史博物館第100回企画展「ハート形土偶 大集合!! ―縄文のかたち・美、そして岡本太郎」

    開館40周年を迎えた群馬県立歴史博物館の第100回企画展「ハート形土偶 大集合!! ―縄文のかたち・美、そして岡本太郎」が開催されています。群馬県東吾妻町で出土し、里帰り展示となる重要文化財のハート形土偶など約270点が公開されています。この形状の土偶としては当時全国初の発見として知られ、その後、東北、関東各地や滋賀県などで出土しました。約4500年ほど前の縄文時代後期に福島県阿武隈地域周辺で誕生したと推定されています。これらの土偶は、縄文土器からのインスピレーションを作品創作に生かした芸術家の岡本太郎氏(1911~96)が制作した、70年大阪万博の「太陽の塔」に影響を与えたことでも話題を集めていました。会期終了間近です。どうぞご観覧ください。 開催概要 会期 2019年9月28日(土)~12月1日(日) 開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで) 休館..

    踊る埴輪

    熊谷市文化財日記

    読者になる
  • お茶会 炉開き 亥の子餅

    風邪の咳もやっとおさまってきて数ヶ月ぶりのお茶会へ行きましたお茶では旧暦の亥の月の亥の日より風炉をしまって炉が開かれますがそれは亥が「水」の気を持つため火の用…

    しあわせ歴史ドライブママ(旧:九段で働くママ)

    しあわせ歴史ドライブ日記by九段で働くママ

    読者になる
  • 阿賀野市 「水原地区の文化祭」 2019

    2019年11月2日阿賀野市「水原地区の文化祭」20年前と比較すると、作品数と来場者数が少なくなりました。阿賀野市「水原地区の文化祭」2019

    五頭山

    阿賀野市ブログ応援隊

    読者になる
  • 大河・かこがわ(97) 平安時代(8) 鶴林寺(1)・鶴林寺は聖徳太子の創建か? 

    鶴林寺(1)鶴林寺について書くのを若干ためらっています。鶴林寺や檀家の方、そして加古川市観光協会等から、お叱りが聞こえてきそうです。私の加古川市史の一番よりどころは、『加古川市史』です。その記述をお借りします。『加古川市史』で鶴林寺について執筆されているのは神戸大学で長く教鞭をとられた(故)石田善人先生です。鶴林寺について石田先生や歴史学会の説を若干紹介し、後日別に鶴林寺と鶴林寺が加古川地域にはたした、役割を取り上げたいと考えてみます。ここでは「鶴林寺は聖徳太子の創建ではない」と始めますが、鎌倉時代以来、鶴林寺のはたした役割は、あまりにも大きかったことを最初に断っておかねばなりません。鶴林寺は聖徳太子の創建か?鶴林寺は、その縁起によれば用明天皇二年(587)聖徳太子が秦河勝に命じて、ここに三間の精舎を建立し、高...大河・かこがわ(97)平安時代(8)鶴林寺(1)・鶴林寺は聖徳太子の創建か?

    ひろかずのブログ

    ひろかずのブログ

    読者になる