searchカテゴリー選択
chevron_left

「歴史」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

偉人・歴史上の人物 トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 松平治郷

    松平治郷

    江戸時代後期の大名。出雲国松江藩の第7代藩主。江戸時代の代表的茶人の一人で、号は不昧(ふまい)。父は第6代藩主・松平宗衍(治郷は次男)。母は側室の歌木(大森氏)。幼名は鶴太郎。号は不味。官位は従四位下、佐渡守のち出雲守、左近衛権少将、侍従。治郷の収集した茶器の銘品・銘菓は「不昧公お好み」として現在にも伝えられ、松江市が今を以って文化の街として評される礎となったことは、治郷の現代に至る功績である。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 武田四名臣

    武田四名臣

    今尚「武田四名臣」と称ばれ その功績誉れ高い武田家臣:馬場信房(信春)・内藤昌豊(昌秀)・高坂昌信(春日虎綱)・山県昌景の四将に関する話題を 気軽にトラックバックしてください。記事は各将個別の内容でも構いません。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 4人

  • 竜造寺隆信

    竜造寺隆信

    龍造寺周家の子。九州で大友氏、島津氏と並ぶ勢力を一代で築く。肥前の熊と呼ばれる。島津・有馬連合軍と戦い戦死。(沖田畷の戦い)

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 本願寺蓮如

    本願寺蓮如

    本願寺第七世存如の子。本願寺第八世門主。熱心な布教活動を生涯行い、浄土真宗本願寺の現在の礎を築く。浄土真宗本願寺、中興の祖。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 7人

  • 豊臣秀長

    豊臣秀長

    秀吉の異父弟。秀吉の補佐役として、文武両面での活躍を見せて天下統一に貢献。兄秀吉の片腕として辣腕を奮う一方、温厚な人柄で、兄を助ける補佐役に徹し、諸大名からも頼りにされる人格者であった。大和大納言。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 大内定綱

    大内定綱

    大内義綱の子。戦上手として知られ、政宗に従い緒戦に参戦。子の重綱の代には、伊達一門衆の厚遇を受ける。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 斎藤義龍

    斎藤義龍

    斎藤道三の子。土岐頼芸の子という説有り。義龍と道三は折り合いが悪いと言われ、道三が寵愛している自らの弟、義重・龍定を謀殺。父に対して謀反を起こし、討つ。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 3人

  • 蒲生秀行

    蒲生秀行

    蒲生氏郷の子。氏郷の死により13歳で会津若松92万石を相続。豊臣秀吉の命で徳川家康の娘と結婚、家康と前田利家の後見を受けた。1598年(慶長3年)家臣の内紛が元で厳封。下野宇都宮18万石に。関ヶ原の戦いで東軍に属し、戦後会津60万石に復する。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 4人

  • 柳生宗矩

    柳生宗矩

    柳生宗厳(石舟斎)の五男。大和国柳生藩、初代藩主。将軍剣法指南役で柳生新陰流宗家。剣術家として将軍家師範を勤める傍ら、外交面、政治面でも才覚を発揮した剣豪政治家。著書に、「兵法家伝書」「玉成集」。子に柳生十兵衛ら。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 5人

  • 柳生三厳

    柳生三厳

    柳生但馬守嫡男。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

続きを見る

続きを見る