TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

歴史学・歴史理論 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    土曜の朝の早起きで(二上山断念)

    和歌山大学教育学部海津ゼミのページです。現役生、卒業生のみなさん、お気軽にご覧ください。

    紀州くん

    土曜の朝の早起きで(二上山断念)

    読者になる
  • 2位

    橋本で歴科協大会オンライン

    和歌山大学教育学部海津ゼミのページです。現役生、卒業生のみなさん、お気軽にご覧ください。

    紀州くん

    橋本で歴科協大会オンライン

    読者になる
  • 3位

    インド放浪 本能の空腹25 午後のひと時

    イメージ30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記をもとにお送りしております**************************おれが宿泊していたホテルは、バブーのオジが経営するホテルであった。こじんまりとしていたが清潔で、シャワーは水しか出なかったがなかなか快適に過ごすことができていた。オーナーの娘にマリアという3歳の少女がいた。マリアは時折おれの部屋に勝手に入って来ては、何が面白いのか、おれの旅行バッグを開けて中身を物色したりしていた。インドの女性らしく、女性と言っても幼女だが、目鼻立ちがくっきりとして、将来はさぞかし美人になるであろうことは一目でわかった。朝になるとホテルの前に、大きな荷台をつけたサイクルリクシャがやって来る。その荷台には、ブラウンのサスペンダー付きスカートや半ズボンに真っ白なブラ...インド放浪本能の空腹25午後のひと時

    さむらい小平次のしっくりこない話

    インド放浪 本能の空腹25 午後のひと時

    読者になる
  • 4位

    トランプ大統領が敗けたアメリカの分断

    [画像] ↑は、米国在住の実妹が昨日(28日)送って来たものです。妹はオハイオ州(OH)に在住してるが、ここは共和党(保守派)の牙城らしい。今度の大統領選挙では、トランプ氏が勝っ…

    hangui

    トランプ大統領が敗けたアメリカの分断

    読者になる

続きを見る

  • 宮本武蔵

    宮本武蔵

    二刀を用いることで有名な二天一流兵法の祖。水墨画家・工芸家としても知られる。幼名は「辨助」(弁助)と伝えられる。著書『五輪書』の中では自ら新免武蔵守藤原玄信を名乗っている。現在、明らかに自筆とみなされている有馬直純宛書状・松井興長宛書状には自ら宮本武蔵玄信と記している。熊本市弓削の墓誌には新免武蔵居士とある。京都の兵法家吉岡一門との戦いや巌流島(山口県下関市)での試合が、小説、時代劇映画、テレビドラマ(時代劇ドラマ)等の題材になり有名。著書である『五輪書』は、単なる兵法書以上の価値を持つものとして日本のみならず世界に読者を持つ。二天の名で製作した優れた水墨画・鞍や鍔などの工芸品が現在に伝わる。

    テーマ投稿数 67件

    参加メンバー 21人

  • 黒田長政

    黒田長政

    黒田如水の長男として姫路に生まれる。その幼少期は織田信長の人質として過ごす。一五八二年(天正十年)から秀吉に従軍し、度々戦功を挙げ河内国に四百五十石の封禄を与えられた。同十二年の小牧・長久手の戦いで大坂城を根来・雑賀一揆衆から守り、二千石の加増を受ける。同十五年の九州征伐にも如水と共に参陣し、日向財部城攻めの功により、所領を豊前に移される。同十七年、如水の家督を継ぎ豊前中津十二万石の領主、従五位下甲斐守に叙任した。文禄・慶長の役にも参戦し、数多の戦功を挙げる。一六〇〇年(慶長後)の関ヶ原の合戦では家康方につき、筑前国五十三万余石を賜り、福岡城を居城とする。一六二三年(元和九)京都で死去。五十五歳。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 5人

  • 西郷隆盛

    西郷隆盛

    幕末〜明治時代初期の政治家。維新の三傑の一人。薩摩藩(鹿児島県)の下級武士の出身で通称を吉之助。南洲と号した。大久保利通とともに薩摩藩を公武合体から倒幕運動へと動かし薩長同盟を成立させた。ついで王政復古のクーデターを指導し戊辰戦争では政府軍の総参謀として江戸城の無血開城を実現。明治新政府では参議となり廃藩置県では西郷のひきいる軍事力がにらみをきかせた。のち征韓論をめぐる争いにやぶれて辞職し鹿児島に帰って私学校を開き士族の子弟を教育した。1877(明治10)年かつがれて西南戦争の首領となったが新政府軍にやぶれて鹿児島で自殺した。

    テーマ投稿数 213件

    参加メンバー 27人

  • 明智光秀

    明智光秀

    戦国時代、安土桃山時代の武将。通称は十兵衛。正式な名のりは、源光秀。幼少時の名は桃丸。生年は不詳であるが、光秀死後かなりのちの江戸時代に書かれた軍記文学『明智軍記』に記載された辞世の句とされる漢詩に「五十五年夢」とあることから、1528年に推定されることもある。『明智系図』によれば、清和源氏の流れである土岐氏一族の明智氏の出自とされているものの、出自、前半生の経歴は、ともにはっきりしていない。妻は妻木載煕の娘の煕子。娘は細川忠興正室玉子(細川ガラシャ)で、細川ガラシャの女系の系統は現在の細川護煕元首相に続く。

    テーマ投稿数 192件

    参加メンバー 25人

  • 武蔵坊弁慶

    武蔵坊弁慶

    熊野水軍の長、湛増の子と言われるが出生を正確に記す史書はない。一説では、母の胎内に18ヶ月おり、産まれた時には髪が肩まであり歯も生えそろっていたと言われる。五条大橋から衣川の自害まで常に義経に従う。敵軍からは鬼の弁慶と恐れられ義経の忠実な家来として活躍した。千本狩りや立ち往生、内弁慶の慣用語など、その人物像を伝える言葉は今も多く残る。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 6人

  • 寺・神社

    寺・神社

    寺社仏閣に関すること何でも

    テーマ投稿数 15,716件

    参加メンバー 772人

  • 平安時代

    平安時代

    平安時代の出来事、人物、文化などなど平安時代の記事ならなんでも結構です!

    テーマ投稿数 667件

    参加メンバー 35人

  • 梶原景季

    梶原景季

    平安時代末期から鎌倉幕府初期の武将。梶原景時の嫡男。通称を源太といった。 木曽義仲追討に際し、宇治川の戦いにおいて佐々木高綱と先陣を争い渡河。続く一ノ谷の戦いでは箙に梅の花の枝を挿して奮戦し、板東武者にも雅を解する者がいると敵味方問わず賞賛を浴びた。 その後も鎌倉幕府内で順調に地歩を固めるが、源頼朝の死後父とともに失脚し、駿河国で討ち取られた。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • 磨墨

    磨墨

    磨墨は梶原景季の愛馬であり名馬として知られた。磨墨に乗った景季は、1184年(寿永3)の宇治川の戦いで、やはり名馬の誉れ高い池月(いけづき)に乗る佐々木高綱と先陣を争った(宇治川の先陣争い)。磨墨を葬った場所と称する所は日本各地にあり。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 三国志マガジンを読む

    三国志マガジンを読む

    2005年から発刊されている世界初の三国志専門コミック誌「三国志マガジン」を読んで感想をTBしてください。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

続きを見る

  • 木梨憲武、1.4&5東京ドームのテーマソングに起用-プロレスと芸能人の危険な関係

     相変わらず、最近はプロレスの試合を見れていない。(忙しいのである) そんな中、来年の新日本プロレス1.4&5東京ドーム大会のテーマソングを、あの「とんねるず」木梨憲武が手がけることが発表された。 そのテーマ局は宇崎竜童「生きてるうちが花なんだぜ」をロック風にアレンジしたもので、 木梨憲武は「ドン・キナシ」として大会を盛り上げるということらしい。(⇒ ENCOUNT 2020年11月30日記事:木梨憲武×オカダ・カズチ...

    平 成敏 プロレスリング・ソーシャリティ
    読者になる
  • 淮南節度使史7

    ◎.李紳[字公垂]は高宗時の宰相敬玄の曽孫だが進士出身。會昌二年◎.2月淮南節度使李紳は德裕の推薦で宰相となる[旧唐書では元年二月だが]。代わって杜悰[字永裕.父も淮南節度使で宰相の佑]が検校司空淮南節度使となる。會昌年間の記録は混乱して悰のような重要人物でも前任が不明である[開成四年には戸部尚書兼判戶部度支事だが]◎.杜悰は名門の貴族で才能はないが気位は高く、淮南監軍が武宗皇帝に献上する女の選定を拒否し、かえって武宗から評価された。會昌四年◎.7月杜悰は宰相兼兼度支鹽鐵転運使となり、昭義節度劉稹の征討供軍にあたった。◎.閏7月李紳は足疾と称して宰相を辞し検校右僕射同平章事淮南節度使に再任された。會昌六年◎.4月宣宗即位により紳は加検校司空。◎.7月李紳卒,贈太尉,諡文肅。没後、李徳裕失脚後の政争に巻き込まれ官...淮南節度使史7

    qutoushi 唐史話三眛
    読者になる
  • 前田真三氏の写真集から借用

    [画像] 昨日(29日)街の図書館に行って、何気なく写真集のコ—ナーを覘いたら「前田真三集」が目に留まった。パラパラと捲ってみたら、どの作品も素晴らしい。世には、この様な素晴らし…

    hangui 日本歴史と雑事記録
    読者になる
  • 橋本で歴科協大会オンライン

    和歌山大学教育学部海津ゼミのページです。現役生、卒業生のみなさん、お気軽にご覧ください。

    紀州くん 和歌山大学教育学部日本史ゼミのページ
    読者になる
  • インド放浪 本能の空腹25 午後のひと時

    イメージ30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記をもとにお送りしております**************************おれが宿泊していたホテルは、バブーのオジが経営するホテルであった。こじんまりとしていたが清潔で、シャワーは水しか出なかったがなかなか快適に過ごすことができていた。オーナーの娘にマリアという3歳の少女がいた。マリアは時折おれの部屋に勝手に入って来ては、何が面白いのか、おれの旅行バッグを開けて中身を物色したりしていた。インドの女性らしく、女性と言っても幼女だが、目鼻立ちがくっきりとして、将来はさぞかし美人になるであろうことは一目でわかった。朝になるとホテルの前に、大きな荷台をつけたサイクルリクシャがやって来る。その荷台には、ブラウンのサスペンダー付きスカートや半ズボンに真っ白なブラ...インド放浪本能の空腹25午後のひと時

    さむらい小平次のしっくりこない話 さむらい小平次のしっくりこない話
    読者になる

続きを見る

  • マツノヤ人文学研究所

    独断と臆見による人文学研究と時評

    読者になる
  • 決戦憲法関ヶ原歴史編

    日本史、世界史の見直しを「ヘーゲル哲学」を基礎に行っています。「共産主義国家を考える」「加藤陽子氏、戦争まで、批判」「アイヌは原日本人である」「戦時下の日本女性は輝いていた」「東京商科大学と大東亜戦争」など、幅広く考察します。

    読者になる
  • 来世で使える速報

    織田信長の主要な合戦や外交、経済政策、そして家臣団を分かりやすく記事にしています。それ以外にも、ある1つの出来事にスポットを当てて、なぜそうなったのかをご説明します。来世で使えそうな情報をより多くの方々に!

    読者になる
  • 唐史話三眛

    現在唐の諸将の略伝を記述しています。<br>約50名ほどアップする予定です。

    読者になる

続きを見る