TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

歴史学・歴史理論 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    尖閣諸島を死守せよ。&梅の枝

    [画像] ↑は、我家の庭の「梅の木」ですが、この梅は花も大きく実も大きいのです。又、実も沢山つけ「梅干し」を漬ける程なるのです。但し、遅咲きで昨日(3月1日)現在、枝一つ花は咲い…

    hangui

    日本歴史と雑事記録

    読者になる
  • 2位

    新日本IWGP「世界」ヘビー級王座新設-インターコンチは結局差別化されなかった

     3月1日、新日本プロレスは(プロレス界における)重大発表をした。 IWGPヘビー級王座とIWGPインターコンチネンタル王座を統合し、「IWGP世界ヘビー級王座」を新設するのである。 これは現二冠王者、飯伏幸太の要求が通ったことになる。(⇒ バトルニュース 2021年3月1日記事:アントニオ猪木から34年続くIWGPヘビー級に一区切り!IWGP世界ヘビー級王座を新設し飯伏幸太とエル・デスペラードで旗揚げ記念日に初代王座決定戦!)...

    平 成敏

    プロレスリング・ソーシャリティ

    読者になる
  • 3位

    話せば解かる相手じゃ無い(悪の帝国中国)

    [画像] 出典:週刊新潮、3月4日号から(晴れ、11℃、53%) 日本を始め世界の先進国から盗んだ富と先端技術を武器にして、今や中国と言う国家は「悪の帝国」と化している。弱点を見…

    hangui

    日本歴史と雑事記録

    読者になる

続きを見る

  • 上杉景虎

    上杉景虎

    北条氏康の七男。上杉謙信の養子。1578年、養父の謙信死後、同じく養子であった景勝と家督を巡り対立し敗れる。(御館の乱)

    テーマ投稿数 67件

    参加メンバー 6人

  • 上杉景勝

    上杉景勝

    長尾政景の子、母は上杉謙信の姉・仙桃院。上杉謙信の養子。豊臣政権の五大老の一人。家康と対立し西軍の与した関ヶ原の合戦以降、米沢に減封されるも、上杉家臣団を減らさなかった。そのため晩年まで財政難が続いた。米沢にて死去。寡黙な大名として知られる。

    テーマ投稿数 288件

    参加メンバー 15人

  • 真田昌幸・幸村

    真田昌幸・幸村

    真田昌幸・幸村に関すること何でも

    テーマ投稿数 72件

    参加メンバー 16人

  • 千利休

    千利休

    田中与兵衛の子。わび茶の完成者。茶聖と称される。 秀吉の勘気に触れ、切腹を命じられたと云われる。利休七哲等の助命嘆願適わず、切腹、晒し首。罪名は定かではない。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 8人

  • 本願寺顕如

    本願寺顕如

    証如の子。本願寺第十一世門主。軍事・経済の要衝である石山本願寺を拠点として、本願寺教団の最盛期を築く。石山戦争では雑賀衆などの土豪勢力や、各地の門徒組織を総動員して信長を苦しめた。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • 近松門左衛門

    近松門左衛門

    江戸時代前期の元禄期に活躍した歌舞伎・人形浄瑠璃の劇作家。本名は杉森信盛。越前国生。 浄瑠璃では竹本義太夫、歌舞伎では坂田藤十郎と組んで活躍した。100以上の浄瑠璃を書いたが、そのうち約20曲が世話物、残りが時代物であった。芸の面白さは虚と実との皮膜にあるとした「虚実皮膜論」が知られる。 忌日の11月22日(明治以降は新暦で行われる)は近松忌、巣林子忌、または巣林忌と呼ばれ、冬の季語である。 箕面市の瀧安寺において同寺に寄進した大般若経が発見された

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 8人

  • 酒井忠世

    酒井忠世

    酒井重忠の子。江戸幕府の老中、大老。朝鮮出兵、関ヶ原、大阪の役など緒戦に参戦し、活躍した徳川家の宿将。家康、秀忠、家光と三代に渡り、徳川家を支えた。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 細川藤孝

    細川藤孝

    安土桃山時代の戦国武将。歌人である。三淵晴員の次男で、和泉守護細川元常の養子。三淵藤英は兄、細川忠興は子にあたる。本名は藤孝、幼名を萬吉、剃髪して幽斎と号す。従五位下兵部大輔。 藤孝は初め室町将軍家に仕え、後に織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕え重用され、三条西実枝から古今伝授を受け近世歌学を大成させた。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 7人

  • 快川紹喜

    快川紹喜

    出自は美濃。臨済宗の僧。恵林寺にかくまった六角義弼の引渡し要求を拒否したことから焼討ちに遭う。僧侶もろとも焼死。武田信玄に「機山」の道号を与えた事でも知られる。 辞世の句、「安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も自ら涼し」

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 木下勝俊

    木下勝俊

    安土桃山時代の武将。江戸時代初期の大名。足守藩2代藩主。歌人。北政所の兄・木下家定の嫡男。弟に木下利房、木下延俊、小早川秀秋。号は長嘯子(ちょうしょうし)。妻は森可成の娘うめ(宝泉院)。娘は徳川家康の五男信吉の妻。キリシタンであったようで、洗礼名「ペテロ」が伝わる。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 新型コロナ(武漢肺炎)とドMな日本国民

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です1都3県の知事の要請により?首都圏の緊急事態宣言が2週間ほど延長されるようです1都3県バカ知事カルテットですもはや小平次は憎悪すら覚えます1都3県バカ知事カルテットは人でなしだとも思います新型コロナ(武漢肺炎・以下コロナ)については、弊ブログでは散々述べてきましたので重複することを述べるのはできるだけ避け、今回はこのコロナ騒動を見て、当初より小平次が危惧していることを述べたいと思いますその前に『コロナ禍』なんかありません今起きているのは『コロナ対策禍』ですコロナの感染拡大を防ぐためのコロナ対策これまで小平次が述べてきたことは、コロナの被害(死者、後遺症)とコロナ対策による経済的被害(経済的大損失、それによる倒産、失業など)と、精神的被害(失業などを要因とした自殺増、夢を強...新型コロナ(武漢肺炎)とドMな日本国民

    さむらい小平次のしっくりこない話 さむらい小平次のしっくりこない話
    読者になる
  • 話せば解かる相手じゃ無い(悪の帝国中国)

    [画像] 出典:週刊新潮、3月4日号から(晴れ、11℃、53%) 日本を始め世界の先進国から盗んだ富と先端技術を武器にして、今や中国と言う国家は「悪の帝国」と化している。弱点を見…

    hangui 日本歴史と雑事記録
    読者になる
  • 河中節度使史 その2

    ◎.8月文官殿中監李若幽/國貞が戸部尚書充朔方鎮西北庭興平陳鄭等九節度行營兵馬及河中節度都統處置使となった。唐朝は河中を軍人から回収したかったわけである。光弼は河南行営に向かった◎.是年河中節度は沁州を増やされ、同州は華州鎮國軍節度に移管、しかし沁州はまた澤潞節度に移された。寶應元年[762]◎.建卯月河中軍が亂して都統李國貞と鎮西行営節度使荔非元禮を殺した。國貞が屯する絳州は荒れ果てていて、軍人に対する給糧がされず、唐朝からの供軍もなかった。不満が昂じた突將王元振等が反した。近隣に屯していた鎮西北庭行営軍も乱して元禮を殺して、裨將白孝德を擁立。河東軍も乱して厳酷な節度使文官鄧景山を殺し、都知兵馬使代州刺史辛雲京を擁立した。史朝義軍に対峙していた唐朝軍は潰滅状態となった。◎.唐朝は肅宗皇帝は重病[まもなく崩御]...河中節度使史その2

    qutoushi 唐史話三眛
    読者になる
  • 失われた四ツ谷の味覚「たいけん」の記憶

     「食:グルメとレシピの頁」の記事が続いており、食べ物好きのただの日記のようになっておりますが、いわゆる「麺食い」は今に始まったことではなく、そば、うどん、ラーメンは学生時代あるいは学童期から永遠に続く憧れみたいな存在であります。 誰にでも、若い時、子供の時に食べて忘れられない食べ物はあろうかと存じます。母親の作ってくれたもの、生まれ育った地域のご当地グルメや、家族で行った飲食店など、ソウルフード...

    hemitotsy アセンションへの道程 ある外科医のスピリチュアル
    読者になる
  • 昨日の採用試験対策講座 日本史VER

    和歌山大学教育学部海津ゼミのページです。現役生、卒業生のみなさん、お気軽にご覧ください。

    紀州くん 和歌山大学教育学部日本史ゼミのページ
    読者になる

続きを見る

  • マツノヤ人文学研究所

    独断と臆見による人文学研究と時評

    読者になる
  • 決戦憲法関ヶ原歴史編

    日本史、世界史の見直しを「ヘーゲル哲学」を基礎に行っています。「共産主義国家を考える」「加藤陽子氏、戦争まで、批判」「アイヌは原日本人である」「戦時下の日本女性は輝いていた」「東京商科大学と大東亜戦争」など、幅広く考察します。

    読者になる
  • 来世で使える速報

    織田信長の主要な合戦や外交、経済政策、そして家臣団を分かりやすく記事にしています。それ以外にも、ある1つの出来事にスポットを当てて、なぜそうなったのかをご説明します。来世で使えそうな情報をより多くの方々に!

    読者になる
  • 唐史話三眛

    現在唐の諸将の略伝を記述しています。<br>約50名ほどアップする予定です。

    読者になる

続きを見る