TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

江戸時代 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    稽古場での昇段授与式

    先週の忍城祉演武会(稽古)をアップしようかと梅の花を愛でて城内を散策する時間もあり記事を掲載途中でしたがモタモタしている間に・・・もう今週の土日稽古を迎えてし…

    浮草剣之介

    もっと気軽に居合道!熊谷道場 剣酔記

    読者になる

続きを見る

  • 零戦

    零戦

    零式艦上戦闘機(れいしきかんじょうせんとうき)は大日本帝国海軍(以下、海軍と表記する)の主力戦闘機。「零戦(ぜろせん、れいせん。「ゼロ戦」とも)」の略称で知られている(以下、零戦と表記する)。海軍の艦上戦闘機(以下、艦戦と表記する)としては実質的な最終型式で、支那事変の半ばから大東亜戦争(太平洋戦争)の終わりまで各地で活躍したことで知られる。大東亜戦争初期に連合国の戦闘機を駆逐したことから、主交戦国のアメリカ軍から「ゼロファイター」の名で恐れられた。設計は三菱だが、三菱と中島飛行機で生産され、総生産数の半数以上が中島製であった。

    テーマ投稿数 214件

    参加メンバー 17人

  • 彦根城

    彦根城

    姫路城などとともに天下の名城の一つに数えられる彦根城は、井伊直継・直孝によって約20年の歳月をかけて建設され、元和8年に完成しました。佐和山城・安土城・長浜城・大津城の石垣や用材が使われました。月明かりに浮かぶ彦根城は美しく、琵琶湖八景の1つに数えられています。明治時代の廃城令や戦火を免れた彦根城の勇壮な姿を、城内散策で眺められます。また、彦根城の別名金亀城の名は、彦根城築城以前、彦根山上にあった寺院に金の亀に乗った観音像が安置されていたため、と言われています。国指定の特別史跡です

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 10人

  • 名所や民俗文化

    名所や民俗文化

    全国各地の名所や民俗文化などを記事にしたブログを集めています〜ぜひ参加してください。。。

    テーマ投稿数 357件

    参加メンバー 35人

  • 姫路城

    姫路城

    白漆喰の城壁の美しさから白鷺城とも呼ばれる。今や全国に12箇所しか現存していない、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つである。国宝四城(姫路城・松本城・彦根城・犬山城)の一つでもあり、築城以来の姿をよく残している事もあって、時に天下の名城あるいは「日本一の名城」と言われる。築城以来廃城や戦火の危機を免れてきた事から天守をはじめ多くの建造物が現存し、うち大天守、小天守、渡櫓等8棟が国宝、74棟の各種建造物が重要文化財に指定されている。また1993年、ユネスコの世界遺産に登録されている。白壁の美しい城であり、時代劇を始めとして映画などのロケが行われる事も多い。しばしば江戸城など他の城の代わりとして撮影されている。

    テーマ投稿数 71件

    参加メンバー 24人

  • 大日本帝国

    大日本帝国

    大日本帝国(だいにっぽんていこく、だいにほんていこく 大日本帝國)は、1889年(明治22年)大日本帝国憲法発布時から1947年(昭和22年)日本国憲法施行時までの約58年間、天皇が統治する日本が使用していた国号のひとつ。1868年の明治維新から1945年の太平洋戦争の敗戦時までの日本そのものを指す事も多い。最盛時には現在の日本国の領土に加え、南樺太、千島列島、朝鮮半島(現在の大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国)、台湾等を領土としていた他、北東アジアや太平洋にいくつかの委任統治領や租借地を持っていた。

    テーマ投稿数 86件

    参加メンバー 20人

  • 東アジア共同体構想(大東亜共栄圏)

    東アジア共同体構想(大東亜共栄圏)

    大東亜共栄圏(だいとうあきょうえいけん)とは、東アジア・東南アジアに日本を盟主とする欧米諸国に対抗するための共存共栄の新秩序(国際秩序)を建設し、欧米諸国(特にイギリス・アメリカ)の植民地支配から東アジア・東南アジアを解放し、共存共栄圏(ブロック経済圏)を築こうという大東亜戦争(太平洋戦争・十五年戦争)において日本が掲げたスローガンである。 最近になって民主党などが自由貿易協定を柱とする〜FTAという構想を説明しているが、東アジア共同体構想があるがこれはASEAN諸国+中国や韓国や日本を自由貿易協定を結び、EUのような共同体にしようとする構想であるが実現は困難である。

    テーマ投稿数 41件

    参加メンバー 13人

  • ナショナリズム

    ナショナリズム

    準備中です。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 4人

  • 書写山

    書写山

    圓教寺は、兵庫県姫路市にある寺院で、天台宗の別格本山である。山号は書寫山。 西国三十三箇所第27番および播磨西国三十三箇所第1番札所。西の比叡山とよばれるほど寺格は高く、西国三十三箇所中最大規模の寺院で、比叡山、大山とともに天台の三大道場と並び称された巨刹である。京都から遠い土地柄でありながら、皇族や貴族の信仰も篤く、訪れる天皇・法皇も多かった。2003年公開のハリウッド映画ラストサムライの主なロケ地になり、2003年のNHK大河ドラマ武蔵の重要なロケ地にもなった。

    テーマ投稿数 48件

    参加メンバー 10人

  • 谷 干城

    谷 干城

    龍馬暗殺の現場に駆けつけ、西南戦争では熊本鎮台司令長官、戊辰戦争では土佐藩分軍の大軍監。新政府のもと学習院長、華族女学校長をつとめ、幕末・明治史の貴重な生き証人。谷干城に関係する事柄ならなんでもよろしいかと。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 天龍寺

    天龍寺

    天龍寺は、京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町にある、臨済宗天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山。寺号は詳しくは天龍資聖禅寺と称する。本尊は釈迦如来、開基は足利尊氏、開山は夢窓疎石である。足利将軍家と後醍醐天皇ゆかりの禅寺として壮大な規模と高い格式を誇り、京都五山の第一位とされてきた。古都京都の文化財の一部として世界遺産に登録されている。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 4人

続きを見る

  • My home town, Ibaraki -Customs- (Part2) わがまち茨木 -風習編- その2

    People in Ibaraki city (Japan) wrote their old customs such as religious events in this book. 茨木市に住民が昔の風習を綴る。宗教行事から子どもの遊びまで沢山の楽しみが書かれている。

    Yukio 江戸・明治に学ぶ、楽しむ生き方 -Fun of Good Old Japanese-
    読者になる
  • 西村太沖「麻田剛立先生行状記」成立年未詳(寛政11・1799年以後成立)2

    「夫天文家ニ数家アリト雖モ、其ノ要領トスル処、今コレヲ分ツテ二家トス。一ツニハ命理、二ツニハ形気ナリ」 「麻田家ノ天学ハ形気ノ天文一法ニシテ、命理至妙ノ事ハ儒門ニアツケ、『天経或問』等ノ義モ強テ論セス、タヽ推歩実測ニ鍛錬シテ其実験ヲ謂テ、憶説ヲ語ラス、器物ヲ製シテ天ヲ窺ヒ、太陽...

    hiraokaryuji 長崎ノート
    読者になる
  • 西村遠里『天学指要』安永5年(1776)序、安永7年刊

    夫天学ニ四派アリ、一者天ノ二十八宿ノ州(クニ)々ニ配当シ、某ノ星宿ハ某ノ州ヲ主トリ、某ノ州ノ宿ニ属ストシテ、此ヲ分野ト名付、客星妖星等出現シ、或ハ天變アルノ時ハ分野ヲ見テ、其主属ノ州々或ハ凶或ハ吉トコレヲ占フナリ、コレ和漢トモ衆人ノ天文学ト覚ヰル處ニシテ、軍書ナトニ多出テ、漢土...

    hiraokaryuji 長崎ノート
    読者になる
  • 鼻長僧侶のお話 その2 ~『宇治拾遺物語』より~

    ※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。和文教科書. 7之巻 宇治拾遺物語ぬきほ - 国立国会図書館デジタルコレクション 【翻刻】かり、ゑり通して、火の炎の、顔に、あたらぬやうにして、其折敷の穴より、鼻をさし出でゝ、提の湯に、さし入れて、よくゆでゝ、引きあげたれば、色は、濃き紫の色なり。それを、そばさまに臥せて、下に物をあてゝ、人に踏ますれば、つぶだちたる穴ごとに、煙のやうなる、もの出づ。それを、いたく踏めば、白き蟲の、穴ごとに、さし出づるを、毛抜にて抜けば、四分ばかりなる、白き蟲を、穴ごとに、取り出だす。其跡は、あなたに、明きて見ゆ。それを、また、…

    北見花芽 【江戸文学】うきよのおはなし【くずし字】
    読者になる
  • 矢野道雄『増補改訂 密教占星術:宿曜道とインド占星術』東洋書院、2013年

    (序文より) 本書は…古代文化の一要素としての占星術が、ある文明から他の文明へと、ある時は変貌し、ある時は古い姿を保持しながら伝播していった様子を歴史的に眺め、占星術が文化交渉史の中で果たした役割の大きさを具体的にしめそうとしたものである。 …占星術は現代でこそ「疑似科学」と...

    hiraokaryuji 長崎ノート
    読者になる

続きを見る

  • 江戸・明治に学ぶ、楽しむ生き方 -Fun of Good Old Japanese-

    100年以上前のスマホもTVも普及してない頃、人はどのように日々の暮らしを楽しんでいたのでしょうか。多くの日本人は農民で、豊かではなかったけど。昔の日記、資料館の展示品、書籍から、彼らの生き方を学びたい。拙い英語と日本語で綴っています。

    読者になる
  • 戦国武将ドットコム|

    マイナー戦国武将の素顔、有名な大名家が明治時代以降どうなったのかなど、普段はあまり目にすることがない日本史を紹介しています。 大河ドラマのツイッターまとめ記事も更新しています。

    読者になる
  • お江戸の学校

    江戸検1級を取って学んだ「江戸の歩き方」「偉人達の生き様」を紹介。

    読者になる
  • 古銃徒然

    古式銃や和本など趣味と歴史を体験するブログ

    読者になる
  • えじりのすけ宿

    自作時代劇漫画「天狗山伏やまぶきさん」の公開と、江戸時代の歴史を楽しく学べるブログを公開してます

    読者になる

続きを見る