TOPICS
  • 1位
    マヨルカくる?

    マヨルカくる?

    スペイン離島のマヨルカ。地中海の宝石とも呼ばれる美しいリゾートアイランドの観光情報をお届けします。

    読者になる

続きを見る

  • 木村重成

    木村重成

    木村重茲の子(諸説有り)。豊臣秀頼の小姓、幼馴染み。秀頼の信任厚く、大阪の役では主力部隊を率い奮戦し名を広める。若江の戦いで、藤堂高虎、井伊直孝の両軍と対峙。一時、藤堂軍右翼を脅かすも激闘の末、安藤重勝に討たれる。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 3人

  • 毛利輝元

    毛利輝元

    利隆元の嫡子。長州藩初代藩主。豊臣政権五大老の一人。中国の覇者、毛利元就の後継者。叔父の吉川元春、小早川隆景の補佐を受け領土を守るが、関ヶ原で敗れ、120万石から周防・長門37万石に減封される。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 6人

  • 織田信忠

    織田信忠

    織田信長の嫡男。岐阜城主。初陣以降、松永討伐軍、武田攻めなど緒戦に転戦。織田家の後継者たるも父、信長と供に本能寺の変で斃れる。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 7人

  • 真田信繁

    真田信繁

    真田昌幸の次男。通称、真田幸村。真田十勇士や大阪脱出説など数々の逸話がある。大阪夏の陣では真田軍の壮絶な突撃に、徳川本陣の馬印が踏み倒されたと言われる。真田軍の奮戦は島津忠恒に「真田日本一の兵(つわもの)」と言わしめる。

    テーマ投稿数 134件

    参加メンバー 33人

  • 真田幸隆

    真田幸隆

    武田家家臣。真田昌幸の父で、真田信繁(幸村)の祖父。信濃先方衆として上州方面、対上杉戦線で活躍。 その武略の才は晴信(信玄)に評価され、外様衆でありながら譜代家臣と同等の待遇を受け、甲府に屋敷を構えた。武田家中でも一目置かれていたと言われ「攻め弾正」の異名で呼ばれた。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 3人

  • 楠木正成

    楠木正成

    楠木正成は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。幼名は多聞丸。橘正成(たちばな・の・まさしげ)と自称する。兵衛尉→従五位下・検非違使尉・左衛門尉・河内守・摂津守。恩賞方・武者所・記録所寄人・雑訴決断所奉行。贈正一位(1880年)。父は楠木正遠と伝えられる。

    テーマ投稿数 53件

    参加メンバー 9人

  • 氏家卜全

    氏家卜全

    氏家行隆の子。出家後に名乗った卜全(ぼくぜん)の名で知られる。西美濃三人衆の一人。伊勢長島攻めで織田軍撤退時、殿軍を務める中、一揆衆に襲われ戦死。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 京極高次

    京極高次

    京極高吉の長男。豊臣政権下で、義理の妹(淀殿)や妻(常高院)の「尻の光」に拠って出世したと言われ、陰で蛍大名と囁かれる。 関ヶ原では西軍に付き、大津篭城戦で、名将立花宗茂率いる西軍の大軍に対し寡兵で奮戦。降伏するも西軍を足止めし本戦に参加させなかった。若狭小浜八万五千石へ加増、小浜城を築く。晩年は城下町整備に励んだ。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 織田秀信

    織田秀信

    織田信忠の嫡男。岐阜城主。本能寺の変後、織田家の重臣等による清洲会議において羽柴秀吉の支持を受け、織田家の家督を相続(当時、幼名・三法師)するが、実権は保護者であった秀吉が握る事になる。 関ヶ原で西軍に組し、戦後改易、高野山に追放される。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 5人

  • 頼三樹三郎

    頼三樹三郎

    頼三樹三郎は、幕末期の儒学者。通称は三木八。号は鴨崖。父は「日本外史」で有名な儒学者・頼山陽(三樹三郎は三男)。1853年にペリーが来航して一気に政情不安や尊皇攘夷運動が高まりの兆しを見せ始め、1858年には将軍後継者争いが勃発すると、尊王攘夷推進と徳川慶喜(一橋慶喜)擁立を求めて朝廷に働きかけたため、大老の井伊直弼から梅田雲浜・梁川星巌・池内大学と並ぶ危険人物の一人と見なされて安政の大獄で捕らえられて江戸の福山藩邸において幽閉される。福山藩主の侍講・石川和助は、父・頼山陽の愛弟子であり、三樹三郎を厚遇すると同時に必死で助命嘆願を行った。だが、幕府の厳しい姿勢は変わらず、間もなく江戸小塚原で斬首されてしまった。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

続きを見る

続きを見る

続きを見る