searchカテゴリー選択
chevron_left

「歴史」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

諸文化の歴史 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    平衡感覚と高所恐怖症

    五感とは、目の視覚、耳の聴覚、鼻の嗅覚、舌の味覚、皮膚の触覚です。今のところ、これらの感覚に異常はないのですが、平衡感覚がすこぶる悪いです。子供の時から、写真を撮ると頭が右に傾いています。写真屋さんに顔を真っすぐに云われても、自分では真っすぐにしているつもりなのです。学生時代、合宿で十津川村に行ったとき、地元の人はバイクに乗ったままで通るといわれているつり橋を渡ろうとして、ほんの10メートルで前に進めなくなってしまいました。高くて揺れる所が怖くてダメなのです。高いところでは、足元がしっかり確認できなければ不安で堪りません。もし揺れたりすると、水平の感覚が分からなくなります。恐らく、普段から水平の感覚がズレていて、目からの情報で常にそのズレを修正しながら歩いているのだと思います。それが、高くて揺れる所では、修正が...平衡感覚と高所恐怖症

    わさび

    わさびの日記

  • 2位

    徒然草第三十四段 (甲香は、ほら貝のやうなる)

    「甲香かひこうは、ほら貝のやうなる」、昔の人は、お香を焚いて癒されていたのでしょう。昔、営業のシステムをやってた頃、ある支店を訪ねると、支店長室で支店長が香を焚いてました。気分が落ち着くと云ってましたが、支店長ともなると、こんな気儘なことができるのだと感心したものです。その支店長、その後、精神疾患で休職して退職されました。あの状景は普通ではなく、異常だったのだと理解しました。現代の人が匂いに癒される機会とは、アルマセラピーなどに通わない限り滅多にありません。コロナに感染すると「におい」や「あじ」に異常が生じるといいます。普段あまり気にしていない五感の一つである「におい」でも、それが分からなくなると精神的にはダメージでしょう。私は、結構、匂いには敏感な方で、不快な臭いを嗅ぐと神経質になりがちです。食べ物ならば、腐...徒然草第三十四段(甲香は、ほら貝のやうなる)

    わさび

    わさびの日記

  • 3位

    テレビはつまらなくなった

    私が生まれる少し前にテレビの本放送が始まりました。数年後、我が家にもテレビがやってきました。新しもの好きだった父親にまだ勢いがあって、テレビに冷蔵庫、洗濯機、それにステレオやカメラなど次々と電化製品を買ってました。テレビを買った頃、ある番組を見るために近所の人たちが集まってきました。私が憶えているのはチキンラーメンのコマーシャルだけです。おそらく、番組は皇太子さまのご成婚だったのでしょう。私の世代はテレビと共に大きくなったので、大人からテレビっ子と揶揄されたものです。その時代の子供にとってテレビは、今で言えばゲーム、一番夢中になれるものでした。大人になってからも、時間つぶしについテレビをつけてしまいますが、近頃はバラエティー番組ばらりで面白くありません。出演している人だけが大げさに騒いで、視聴者を参加させ無理や...テレビはつまらなくなった

    わさび

    わさびの日記

続きを見る

  • 延暦寺

    延暦寺

    延暦寺は、滋賀県大津市坂本本町にあり、標高848mの比叡山全域を境内とする寺院。延暦寺の名より比叡山、また叡山と呼ばれることが多い。平安京の北にあったので北嶺とも称された。平安時代初期の僧侶最澄により開かれた日本天台宗の本山寺院である。住職は天台座主と呼ばれ、末寺を統括する。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 9人

  • 下鴨神社

    下鴨神社

    賀茂御祖神社は、京都市左京区にある神社である。通称下鴨神社。式内社、山城国一宮、二十二社の一社で、旧社格は官幣大社。賀茂別雷神社とともに古代の賀茂氏の氏神を祀る神社であり、賀茂神社と総称され、両社をもって一社のような扱いをされてきた。賀茂神社両社の祭事である賀茂祭で有名である。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 7人

  • *和装が好き*

    *和装が好き*

    和装、特にウエディングのオーガンジー使用の着物が好き。和装なら、何でもOKです☆

    テーマ投稿数 59件

    参加メンバー 16人

  • 菅江真澄

    菅江真澄

    菅江真澄。1754〜1829。本名は白井英二秀雄。三河に生まれ、本草と国学を学びました。師を亡くした30の歳に旅発ち、「蝦夷ヶ島」(北海道)へ渡ったあと、下北・津軽・秋田と歩きました。秋田で菅江真澄と号するようになります。地誌を編む旅の途上、角館で病歿。享年、76歳。人生の過半を旅に過ごし、その旅を日記に綴りました。その土地の風土・慣習を、その土地の人びとの見方に沿って書き留め、のちに柳田國男に「民俗学の祖(おや)」と評されています。 雪国の民俗を記し、日本の民俗学に大きな影響を与えた菅江真澄について、その足跡を辿ってみましょう。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 2人

  • 埋蔵金

    埋蔵金

    埋蔵金(まいぞうきん)とは、行方不明だとされる財宝のことである。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • 学徒出陣

    学徒出陣

    学徒出陣(がくとしゅつじん)とは第二次世界大戦末期の1943年(昭和18年)に兵力不足を補うため、高等教育機関に在籍する20歳以上の文科系(および農学部農業経済学科などの一部の理系学部の)学生を在学途中で徴兵し出征させたことである。それまで(旧制)高校や(旧制)大学に在籍する学生は、26歳まで徴兵猶予されていた。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 奥の細道スポット

    奥の細道スポット

     ”奥の細道”にちなむ写真・旅行記などなんでもお寄せ下さい。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 5人

  • 花魁 遊女 傾城

    花魁 遊女 傾城

    花魁、遊女、傾城についての記事を書かれましたら、お気軽にトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 5人

  • 士農工商〜と〜血液型ABO

    士農工商〜と〜血液型ABO

    士農工商(しのうこうしょう)とは、儒教において社会を構成する主要な身分(官吏・百姓・職人・商人)の上下関係を指す概念である。「四民」ともいう。ただし、日本では「士」は「侍」に置き換えられ、工と商に区別はなく一括して町人と認識されており、百姓(農)と「町人」との間に序列はなかった。 遺伝子的に調べると血液型と関連があるそうです A 農耕民族に多い B 遊牧民族に多い O 狩猟民族に多い

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

続きを見る

続きを見る

続きを見る