chevron_left

「歴史」カテゴリーを選択しなおす

cancel

諸文化の歴史 トップ

help

注目ハッシュタグ

inkrich

続きを見る

  • 1位

    健康診断の結果はボロボロ

    健康診断の結果か返ってきました。色んな項目に赤いマークが付いている。正常な範囲を外れている。所見欄には何行も書かれている。この状態を、一体どう考えたらよいのか?棺桶に足を突っ込んだようなものなのか。主治医に見せると、にやっと笑って、「色々ありますね!」まるで他人事。他人事で正しいのだが、「検査値はどれも正常範囲を少し外れててるだけですから・・・」と慰めにもならない言葉。相談の結果、病院でCTを取りることに、又、内視鏡、エコーはその後考えることになった。そのCTの結果が出た。主治医、曰く、「異常なし」ということですね。それじゃなんでX線で大きな影があったのか。「X線の影は動脈が蛇行したからです」との答え。それはなんで?「老化や動脈硬化が原因ですね」との説明。「動脈硬化は心筋梗塞の原因にもなるから、気を付けて...健康診断の結果はボロボロ

  • 2位

    徒然草第ニ百六段 (怪しみを見て怪しまざる時は、怪しみかへりて破る)

    「怪あやしみを見て怪あやしまざる時は、怪あやしみかへりて破る」、不吉だとか、それは凶事だとかいうことは、それを信じる者は気にするが、信じない者にすれば意味のないことだ。信じる、信じないは自由ですが、信仰を脅しに利用したり、貢や禊に託けて過分の寄進を強要する宗教は、その信じるべき神自体が欲にまみれています。欲に溺れた神は、もはや神ではなく、俗物です。日本にも、人を貧乏にする神がいます。貧乏神です。しかし、貧乏神は戒めです。貧乏が極まれば、貧乏神は去り、その後、必ず福が訪れる。つまり、落ちるところまで落ちると、必ず運は上向く、決して諦めはならないということでしょう。政府が行おうとしている国葬儀は儀式だそうである。儀式ならば、宗教的な意味合いがあって当然である。日本は、神道の影響のもとに形成された国です。神道は...徒然草第ニ百六段(怪しみを見て怪しまざる時は、怪しみかへりて破る)

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る