TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

歴史ブログ トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

続きを見る

  • 天草四郎を知ろう〜島原の乱

    天草四郎を知ろう〜島原の乱

    天草四郎を知ろうだなんて・・・クリスチャン殉教の人生を歩む

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 池田大作を語る

    池田大作を語る

    歴史上の伝説になろうといる池田大作について。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 剣豪

    剣豪

    戦国・幕末など、時代を問わず日本の歴史上の「剣豪」と呼ばれる人物に興味がある方、どなたでもご参加ください!

    テーマ投稿数 100件

    参加メンバー 7人

  • 山内容堂

    山内容堂

    山内容堂 / 豊信は、日本の武士・外様大名・土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日(1849年1月21日) - 安政6年(1859年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、のちに従二位・権中納言まで昇進、明治時代には麝香間祗候に列し、生前位階は正二位まで昇った。薨去後は従一位を贈位された。諱は豊信。隠居後の号は容堂。土佐藩連枝の山内南家当主・山内豊著(12代藩主・山内豊資の弟)の長男。母は側室・平石氏。正室は烏丸光政の娘正子(三条実万の養女)。子は山内豊尹(長男)、光子(北白川宮能久親王妃)、八重子(小松宮依仁親王妃のち秋元興朝継室)。幼名は輝衛。酒と詩を愛し、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価される一方で、当時の志士達からは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を、「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 近藤長次郎

    近藤長次郎

    別名、饅頭屋長次郎。土佐藩士。饅頭屋(まんじゅうや)のせがれで坂本龍馬とは幼少の頃からの付き合い。龍馬の海援隊に参加し、亀山社中の社員として活躍するが、社中の報金で英国留学を計った。しかし、この計画が露見し、社中の規約に従い切腹した。

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 4人

  • アンネ・フランク

    アンネ・フランク

    アンネフランクに関係する事ならなんでもOK♪ アンネ・フランク(アンネリース・マリー・フランク/Annelies Marie Frank) 1929年6月12日 - 1945年3月上旬 『アンネの日記』の著者として知られるユダヤ系ドイツ人の少女。

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 5人

  • 陸奥宗光

    陸奥宗光

    陸奥 宗光(むつ むねみつ、天保15年7月7日(1844年8月20日) - 明治30年(1897年)8月24日)は、日本の武士・紀州藩士、政治家、外交官。「カミソリ大臣」と呼ばれ、外務大臣として不平等条約の改正(条約改正)に辣腕を振るった。江戸時代までの通称は陽之助。正二位勲一等伯爵。家紋は仙台牡丹。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • ご朱印帳(神社・寺)

    ご朱印帳(神社・寺)

    神社・仏閣に関することならOK! いただいたご朱印帳の記事を是非トラックバックしてください。 御朱印(御朱印帳)とは、 寺社の職員や僧侶、神職などが押印する。単に印を押すだけでなく、その下に墨書で寺社名や参拝日などが書かれ、その墨書も含めて「御朱印」と呼ばれる。

    テーマ投稿数 2,847件

    参加メンバー 165人

  • 大塔宮尊雲

    大塔宮尊雲

    歴代皇室のなかでもこれだけなんども生死に直面し、庶民と苦をともにした宮は他にいないのでは。現代の歴史教育では省略されがちな大塔宮のためのサイトです。維新の志士もその意を敬った大塔宮(鎌倉宮)に由来するものは、何でもコメント、TBください。 周囲に纏わるものでも結構です。 

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 3人

  • 奥州伊達藩連合

    奥州伊達藩連合

    管理者は、【伊達藩士】好きであります。 「伊達藩」にゆかりの記事内容で有れば、なんでもかまいません。如何なる内容の記事でもかまいません。 散策ルポでも、想像物でも、イラストや漫画であってもかまいません(ゲーム二次物でもOK)ただし、【伊達藩】もしくは【伊達家】【伊達藩士】などを取り扱っているモノが、最低条件です。 そこのところ、宜しく <m(__)m>

    テーマ投稿数 63件

    参加メンバー 4人

続きを見る

続きを見る

続きを見る