TOPICS

続きを見る

  • ロシアという国

    ロシアという国

    日露戦争(にちろせんそう、ロシア語:Русско-японская война ルースカ・イポーンスカヤ・ヴァイナー、1904年(明治37年)2月6日 - 1905年(明治38年)9月5日)は、大日本帝国とロシア帝国(ロシアと同盟していたモンテネグロ公国も宣戦布告するも、実際の戦闘には参加せず)との間で朝鮮半島と満州(中国東北部)南部を主戦場として発生した戦争である。

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 18人

  • ゆとり世代

    ゆとり世代

    ゆとり世代(ゆとりせだい)は、マスコミによる造語であり、義務教育においてゆとり教育を受けた世代。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 5人

  • バブル世代

    バブル世代

    バブル世代(ばぶるせだい) 1.日本のバブル景気(1986年12月〜1991年2月の約4年間)の影響を受け、1988年〜1992年頃に大量就職した世代のことを言う。本項で詳述。 2.バブル景気の時期(バブル期)に20代頃の青春期を謳歌した世代(近年は特に女性)を言う事もある。彼らはバブル期の消費文化の担い手となった。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 7人

  • 日中国交正常化

    日中国交正常化

    日中国交正常化(にっちゅうこっこうせいじょうか)とは1972年9月29日、「日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明」(日中共同声明)の調印式が中華人民共和国の北京で行われ、田中角栄・周恩来両首相が署名し、ここによって日本と中国共産党率いる中華人民共和国とが国交を結ぶこととなった出来事である。なお、日中共同声明に基づきそれまで国交のあった中華民国には断交を通告した。 日中国交回復とも言われる。1972年以前に中華人民共和国という国家と日本の間に外交関係はなかったので、「国交回復」という表現は不正確であるとする見解もある。清や中華民国と日本の間に国交が存在した時期もあるが、中華人民共和国はこれらの国家の継承国家では無い(中華民国は台湾で存続)ため、個々の政体ではなく中国に存する主たる政体という枠組みで捉えるなら「国交回復」という意見もある。中国に対する支配権を失った中華民国を中国を代表する国家として国交を結び、中国を支配する中華人民共和国との間に国交がないという状況は正常とは言えないとし、より実態に即した外交関係に構築しなおすということで「正常化」という言い方は日本において広く受け入れられた。 しかし「正常化」と表現することに対して、これはあくまで中華人民共和国側から見た主観的表現なので国交を新たに樹立した日本までがそれに拘束される必要は無いとする意見もある(代替案として「日中国交樹立」などが提示されている。対中華民国は「日華」)。また中華人民共和国から見た場合として、現在の日華の非公式的関係の存在が果たして「正常」といえるのかどうかという問題もある。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • 日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明

    日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明

    日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明(にほんこくせいふと ちゅうかじんみんきょうわこくせいふの きょうどうせいめい)とは、日本と中華人民共和国が国交を回復するために1972年9月29日、中華人民共和国の北京で調印された共同声明。 一般に日中共同声明として知られる。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 2人

  • 新幹線0系電車

    新幹線0系電車

    新幹線0系電車(しんかんせん0けいでんしゃ)は、1964年の東海道新幹線開業時に開発された初代の新幹線電車である。2008年11月30日をもって、定期運用を離脱した。同年12月に運転される臨時列車(さよなら運転)を最後に旅客営業運転を終了する予定である。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 5人

  • 歴史に学ぶ

    歴史に学ぶ

    歴史は客観的な学問で有るから、誰が書いても同じ結果だと言うのは誤りで有る。確かに歴史年表等はそうで有るかも知れない。然しながら有る事件が有ったとして、それが事実で有っても、それが持つ歴史的な意義に就いての意見は各人各様なのです。原因には様々な要因が有って即断する事は危険なのです。我々は毎日生きているわけですが、それは歴史を刻んでいる事に成るわけです。過去を振り返り整理して、明日の日に備える事が重要で、それが歴史を学ぶ心で有ろう。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 4人

  • 非核三原則(密約あり)

    非核三原則(密約あり)

    非核三原則(ひかく さんげんそく)は、「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という、日本政府の三つの原則。 ただし〜佐藤総理時代の密約の存在で「持ち込ませず」は日米で容認していたという事が明らかになったので非核二原則?ということになろう。

    テーマ投稿数 63件

    参加メンバー 9人

  • 自民党の歴代総裁〜総理大臣

    自民党の歴代総裁〜総理大臣

    自由民主党(自民党)歴代の総裁=総理大臣ですが一部野党時代の不遇な河野洋平総裁みたいな例もあります。最長は佐藤栄作総裁で最近では小泉純一郎総裁が印象的ですね。 田中角栄総裁はじめ〜個性的な歴代総裁〜未来の総裁について語れ!

    テーマ投稿数 34件

    参加メンバー 10人

  • あの戦争は何だったのか日米開戦と東条英機

    あの戦争は何だったのか日米開戦と東条英機

    『シリーズ激動の昭和 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機』は、TBS系列で、2008年12月24日の18:55 - 23:32(JST)に放送予定のドキュメンタリーとテレビドラマの特別番組。ビートたけし主演。同年3月10日に放送された『3月10日東京大空襲 語られなかった33枚の真実』に続くTBSの「シリーズ激動の昭和」の第2弾である。また、白血病により療養中だった市川團十郎のドラマ復帰作となる。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

続きを見る

  • 大河・かこがわ(118) 鎌倉時代(6) 親鸞の目標は教信の生き方

    親鸞の目標は教信の生き方親鸞も20年くらい比叡山にのぼり、また奈良仏教の寺院で自ら学びましたが、どうしても悟り(確信)が持つことができませんでした。そして、親鸞は法然(ほうねん)上人の専修念仏に身を投じ、阿弥陀仏の救済を信じながら非僧非俗として公然と妻帯したことでも知られております。教信は、まさに世俗にあって念仏往生を説く(非僧非俗)生き方を選んでいます。親鸞は、「我は、是加古教信沙弥の定なり」と常に言っておられたと『改邪抄』で聖人の曾孫にあたる覚如上人は記しています。親鸞が教信沙弥を目標にしていたことは明らかです。親鸞の有名な「非僧非俗」という言葉は、結婚され妻子や地に働く民衆とともに、念仏の大道を歩まれた教信沙弥の生き方に共感しての言葉だといわれています。なお一遍については、すでに紹介しましたが、再度次回に...大河・かこがわ(118)鎌倉時代(6)親鸞の目標は教信の生き方

    ひろかずのブログ ひろかずのブログ
    読者になる
  • 「南3西18」の標識

    札幌の街を、時間・空間・人間的に楽しんでいます。 胆振東部地震お見舞い

    keystonesapporo 札幌時空逍遥
    読者になる
  • 大阪市東成区東小橋「玉造名所 二軒茶屋・石橋 旧跡」

    この日はJR環状線・玉造駅の周辺を散策。※(たまつくり えき)駅は天王寺区の管轄ですが、天王寺区、中央区、東成区という3つの区の境目にあります。ここは駅の北側を東西に走る「長堀通」という大通り。信号待ちをしていると反対側の歩道に石碑を発見しました。からあげ屋さ

    たっく 大阪どっかいこ!
    読者になる
  • 読者になる
  • 東本願寺と京都駅近くの三つの神社

    東京から京都へのドライブの続きですお昼過ぎに東京をでて京都に到着したのは20時過ぎていたのであたりはもう真っ暗でも東寺の五重塔のライトアップを見るとテンション…

    しあわせ歴史ドライブママ(旧:九段で働くママ) しあわせ歴史ドライブ日記by九段で働くママ
    読者になる

続きを見る

  • FUHITO

    あんな神社にこんな伝説。日本神話をはじめ、伝説や歴史という視点で街を切り取るブログです。

    読者になる
  • 石造美術九州

    九州を中心にした石造美術の紹介です。

    読者になる
  • 肥前松浦氏を広める為のblog(仮)

    残した足跡に比較して何故かマイナーな扱いしか受けない肥前松浦氏。 そんな松浦氏をメジャーにするためのblogです。 目指せ大河ドラマ!

    読者になる
  • 月刊「祭」

    マツオタのマツオタのためのマツオタのための月刊誌。 兵庫県の播州地方、三木市の屋台・太鼓台を中心に各地の祭、日本の祭、韓国の祭、世界の祭についてあれこれ書きます。

    読者になる
  • 横須賀古地図くらぶ

    横須賀の歴史等を勉強しているサークルです。

    読者になる

続きを見る