TOPICS
  • 1位

    消えた遊郭・赤線跡をゆく-和歌山天王新地編

    遊郭・赤線跡探索がライフワークの私だが、興味の範囲はあくまで歴史であり過去である。「現役」には特に興味を持たないので和歌山県にいくつ「現役」があるのか、それはわからない。が、和歌山県で私が唯一知っている場所がある。それが今日のお題、天王新地である。 天王新地はいつからあったのか 「業態者集団地域ニ関スル調」という、内務省衛生局*1の資料がある。表紙にマル秘の印がついている非公開だった資料で、最近ある人の手により復刻された。衛生局なので花柳病(性病)の蔓延の実態調査報告なのだが、業態者集団地域=性病危険地帯=私娼窟でもあり、本資料は事実上の私娼窟リストとなっているのが大きな個性である。 遊郭の資…

    BEのぶ

    昭和考古学の旅へ

続きを見る

  • 黒田長政

    黒田長政

    黒田如水の長男として姫路に生まれる。その幼少期は織田信長の人質として過ごす。一五八二年(天正十年)から秀吉に従軍し、度々戦功を挙げ河内国に四百五十石の封禄を与えられた。同十二年の小牧・長久手の戦いで大坂城を根来・雑賀一揆衆から守り、二千石の加増を受ける。同十五年の九州征伐にも如水と共に参陣し、日向財部城攻めの功により、所領を豊前に移される。同十七年、如水の家督を継ぎ豊前中津十二万石の領主、従五位下甲斐守に叙任した。文禄・慶長の役にも参戦し、数多の戦功を挙げる。一六〇〇年(慶長後)の関ヶ原の合戦では家康方につき、筑前国五十三万余石を賜り、福岡城を居城とする。一六二三年(元和九)京都で死去。五十五歳。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 5人

  • 西郷隆盛

    西郷隆盛

    幕末〜明治時代初期の政治家。維新の三傑の一人。薩摩藩(鹿児島県)の下級武士の出身で通称を吉之助。南洲と号した。大久保利通とともに薩摩藩を公武合体から倒幕運動へと動かし薩長同盟を成立させた。ついで王政復古のクーデターを指導し戊辰戦争では政府軍の総参謀として江戸城の無血開城を実現。明治新政府では参議となり廃藩置県では西郷のひきいる軍事力がにらみをきかせた。のち征韓論をめぐる争いにやぶれて辞職し鹿児島に帰って私学校を開き士族の子弟を教育した。1877(明治10)年かつがれて西南戦争の首領となったが新政府軍にやぶれて鹿児島で自殺した。

    テーマ投稿数 202件

    参加メンバー 27人

  • 明智光秀

    明智光秀

    戦国時代、安土桃山時代の武将。通称は十兵衛。正式な名のりは、源光秀。幼少時の名は桃丸。生年は不詳であるが、光秀死後かなりのちの江戸時代に書かれた軍記文学『明智軍記』に記載された辞世の句とされる漢詩に「五十五年夢」とあることから、1528年に推定されることもある。『明智系図』によれば、清和源氏の流れである土岐氏一族の明智氏の出自とされているものの、出自、前半生の経歴は、ともにはっきりしていない。妻は妻木載煕の娘の煕子。娘は細川忠興正室玉子(細川ガラシャ)で、細川ガラシャの女系の系統は現在の細川護煕元首相に続く。

    テーマ投稿数 86件

    参加メンバー 24人

  • 武蔵坊弁慶

    武蔵坊弁慶

    熊野水軍の長、湛増の子と言われるが出生を正確に記す史書はない。一説では、母の胎内に18ヶ月おり、産まれた時には髪が肩まであり歯も生えそろっていたと言われる。五条大橋から衣川の自害まで常に義経に従う。敵軍からは鬼の弁慶と恐れられ義経の忠実な家来として活躍した。千本狩りや立ち往生、内弁慶の慣用語など、その人物像を伝える言葉は今も多く残る。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 6人

  • 寺・神社

    寺・神社

    寺社仏閣に関すること何でも

    テーマ投稿数 14,998件

    参加メンバー 766人

  • 平安時代

    平安時代

    平安時代の出来事、人物、文化などなど平安時代の記事ならなんでも結構です!

    テーマ投稿数 662件

    参加メンバー 35人

  • 梶原景季

    梶原景季

    平安時代末期から鎌倉幕府初期の武将。梶原景時の嫡男。通称を源太といった。 木曽義仲追討に際し、宇治川の戦いにおいて佐々木高綱と先陣を争い渡河。続く一ノ谷の戦いでは箙に梅の花の枝を挿して奮戦し、板東武者にも雅を解する者がいると敵味方問わず賞賛を浴びた。 その後も鎌倉幕府内で順調に地歩を固めるが、源頼朝の死後父とともに失脚し、駿河国で討ち取られた。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • 磨墨

    磨墨

    磨墨は梶原景季の愛馬であり名馬として知られた。磨墨に乗った景季は、1184年(寿永3)の宇治川の戦いで、やはり名馬の誉れ高い池月(いけづき)に乗る佐々木高綱と先陣を争った(宇治川の先陣争い)。磨墨を葬った場所と称する所は日本各地にあり。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 三国志マガジンを読む

    三国志マガジンを読む

    2005年から発刊されている世界初の三国志専門コミック誌「三国志マガジン」を読んで感想をTBしてください。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 聖徳太子

    聖徳太子

    聖徳太子の業績や人物像、時代背景についてなら何でもOKです!

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 10人

続きを見る

続きを見る

続きを見る