TOPICS
  • 1位

    言葉の差別性に語源は関係ないことを示す追加的事例

    前回記事で、朝鮮人を指す蔑称「チョン」を例に、言葉の差別性は語源などではなく使われ方で決まることを説明した。 このように、もともと差別性のなかった言葉が差別語に転化した事例は他にもある。 ■ 「チャンコロ」 中国人を指す蔑称「チャンコロ」の差別性を否定する人はさすがにいないだろうが、この言葉も、そもそもの語源から言えば差別とは関係ない中立的なものだった。 思想史研究家の安川寿之輔氏[1]によれば「清国人」、下士官(伍長)として日中戦争に従軍した三好捷三氏[2]によれば「中国人」の中国語発音が、日本式に訛ったものが語源であるらしい。 (略)なお、私の体験で、福沢(注:諭吉)のアジア認識についての…

    バージル

    読む・考える・書く

    読者になる
  • 2位

    語源がこうだからこれは差別語じゃないとか言い出すのは意味がないばかりか有害な謬論

    たとえば「バカチョン」という表現の差別性を指摘されると、いや、「チョン」は差別語じゃない、なぜなら本来こういう意味で・・・とか言い出す人が必ず出てくる。 とりあえず再録文化文政期の十返舎一九『東海道中膝栗毛』でも「バカでもチョンでも」と書かれていて、ここで言うチョンとは繰り返し記号「ゝ」のことで、文字にもなれない文字として「半人前」という意味で使われていた。バカチョンという略は戦後にカメラの呼び名で広まった。(続 — 杉村喜光:知泉(三省堂辞典発売中 (@tisensugimura) October 11, 2019 本来は民族を揶揄する言葉では無かったが、70年代後半に差別を非難する論者が「…

    バージル

    読む・考える・書く

    読者になる
  • 3位

    過去に訪れたお城を少しだけ見てみよう!広島編

    広島県を訪れると、どうしても戦跡巡りに なってしまうので、今回はお城を中心に 回ることと決め、家族を無理やり引き連れて 2000年に出かけてきました。   ◎…

    小野妹助

    第伍章「あっそう、ふ~ん!!」

    読者になる
  • 4位

    よくやった、感動した!!ラグビー日本代表!!の巻

    10月13日の、対スコットランド戦において 28-21で勝利し、 史上初のベスト8進出を 果たしました。      詳細はテレビやネットニュースなどで 紹介さ…

    小野妹助

    第伍章「あっそう、ふ~ん!!」

    読者になる
  • 5位

    布団乾燥機で温めてから寝る

    10/16 7:00 カルピス7:30 家のトイレ[E:#...

    いち・に〜の・サン!

    読者になる
  • 6位
    読者になる
  • 7位

    早くも電気座布団

    10/14  7:00 カルピス8:00 家のトイレへ[E:...

    いち・に〜の・サン!

    読者になる

続きを見る

  • 皇室・皇族

    皇室・皇族

    皇室・皇族にゆかりのある話題・ニュース 明仁天皇・美智子皇后 徳仁皇太子・雅子妃・愛子様 秋篠宮文仁親王・紀子妃・悠仁様・眞子様・佳子様 黒田慶樹さん・清子さん 常陸宮家、三笠宮家、寛仁親王家、桂宮家、高円宮家 神武・綏靖・安寧・懿徳・孝昭・孝安・孝靈・孝元・開化・崇神・垂仁・景行・成務・仲哀・應神・仁徳・履中・反正・允恭・安康・雄略・清寧・顯宗・仁賢・武烈・繼體・安閑・宣化・欽明・敏達・用明・崇峻・推古・舒明・皇極・孝徳・齊明・天智・弘文・天武・持統・文武・元明・元正・聖武・孝謙・淳仁・稱徳・光仁・桓武・平城・嵯峨・淳和・仁明・文徳・清和・陽成・光孝・宇多・醍醐・朱雀・村上・冷泉・圓融・花山・一條・三條・後一條・後朱雀・後冷泉・後三條・白河・堀河・鳥羽・崇徳・近衞・後白河・二條・六條・高倉・安徳・後鳥羽・土御門・順徳・仲恭・後堀河・四條・後嵯峨・後深草・龜山・後宇多・伏見・後伏見・後二條・花園・後醍醐・後村上・長慶・後龜山・光嚴・光明・崇光・後光嚴・後圓融・後小松・稱光・後花園・後土御門・後柏原・後奈良・正親町・後陽成・後水尾・明正・後光明・後西・靈元・東山・中御門・櫻町・桃園・後櫻町・後桃園・光格・仁孝・孝明・明治・大正・昭和

    テーマ投稿数 675件

    参加メンバー 161人

  • 斉藤道三

    斉藤道三

    戦国時代の美濃国(岐阜県南部)の武将である。名は秀龍(ひでたつ)で、道三は号。元は山城国(京都)出身の油売商人であったと伝えられる典型的な戦国大名。次々と仕官先の主家を乗っ取り、謀略などを多用した事などから、美濃の蝮と呼ばれ、下克上を体現した人物であったとみなされる。子に義龍、利尭、帰蝶、孫四郎、喜平治、長龍。父は松波基宗または飯尾彦六左衛門尉(この場合松波基宗は祖父)か。 墓所は岐阜県岐阜市の常在寺ほか、同市の道三塚。常在寺には道三の肖像、「斎藤山城」の印なども所蔵されている。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 5人

  • 浅井長政

    浅井長政

    戦国時代の戦国大名、武将。正式名乗りは藤原長政。家系としては浅井氏は藤原姓を称するが、学説には現地の土着豪族の出かといわれている。 近江国小谷城主浅井久政の子、母は井口守経の娘。兄弟に浅井政元。室は織田信秀の娘のお市。嫡子万福丸は滅亡時にとらえられ処刑された。女子に豊臣秀吉の側室となった茶々、京極高次の室となった常高院、徳川秀忠の室となった於江与。

    テーマ投稿数 36件

    参加メンバー 7人

  • 福島正則

    福島正則

    幼少より豊臣秀吉に仕え、天正11年(1583)の賤ケ岳の戦いでは、七本槍の筆頭にあげられ、数々の戦功をたて、文禄4年(1595)には清洲城主24万石となる。慶長5年(1600)関ヶ原の合戦では、東軍(徳川方)に属し、その主力として活躍。戦功により、安芸広島城主となる。  晩年は不遇で、元和5年(1619)信州川中島4万5千石に減封、蟄居。しかし、治水工事にはたけ、加藤清正とともに名古屋城堀川を築いたことは有名。現在、長野県小布施町岩松院に墓碑が、地元二ツ寺菊泉院に位牌が残っている。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 6人

  • 前田利家

    前田利家

    加賀藩主前田氏の祖。前田利昌の4男、母は竹野氏の娘(長齢院)。正室は尾張守護 斯波氏の家臣高畠直吉の娘芳春院(まつ)、側室は千代保(寿福院)など多数 。兄弟に前田利久、前田安勝、佐脇良之。従二位・権大納言。薨後、贈従一位。生年は異説あり。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 10人

  • 佐々成政

    佐々成政

    織田の家臣、柴田勝家の与力。 初め信長の父、信秀に仕え、永禄4(1561)年頃までに黒母衣衆に抜擢され、以降天正3(1575)年頃までは信長の戦いに従軍した。 天正3(1575)年9月、越前の一向一揆を平定すると、勝家の与力を命じら、北陸方面の軍事を担当するようになる。 「変」の頃には、上杉景勝と越中魚津で対峙していた。 「賎ケ岳」では、勝家に組し、上杉氏に備えるため越中に残った。 「賎ケ岳」後、秀吉方となった能登の前田利家と抗争を続け、天正12(1584)年の小牧・長久手の戦いでは織田信雄・家康に呼応し、秀吉に対抗したが降伏。 天正15(1587)年の九州・島津征伐に参陣し、この功により肥後一国を封じられるものの、国人一揆を引き起こしたとして、翌年切腹させられた。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 2人

  • 直江兼続

    直江兼続

    越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の米沢30万石を得る。関ヶ原の戦いでは石田三成と結んで、当主景勝を西軍につけ、徳川家康に戦いを挑むが失敗。以後は上杉氏存続に尽くした。文学、農政等に幅広く通じた智勇兼備の名将。 コミュニティ画像提供:『十五夜』http://ju-goya.com/

    テーマ投稿数 353件

    参加メンバー 32人

  • 肖像画

    肖像画

    歴史人物の肖像画(写真)に関連することなら何でも。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 7人

  • 城郭・城跡

    城郭・城跡

    日本・世界を問わず城郭、城跡とそれに関連することについて

    テーマ投稿数 4,451件

    参加メンバー 179人

  • 海軍

    海軍

    洋の東西を問わず。 人物から事件・思想まで、海軍についての記事を書かれたら送って下さい。

    テーマ投稿数 531件

    参加メンバー 22人

続きを見る

続きを見る

続きを見る