TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

地方・郷土史 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    複合施設「U_PLACE」前の歩道は削られ、大きなU字が現れた

    川越駅西口の新しい歩行者用デッキから、U_PLACEの前を見下ろすと、1週間前と大分変っていた。1週間前の写真と対比してみると、まず中央分離帯とその周囲が少し整備されている。また、歩道の一部が削られて車道が広くなっているが、その縁石が手前にも置かれ、全体の形がはっきりした。下に降りて駅側をみると、点字ブロックぎりぎりまで工事中になっているので、歩道が狭く感じられる。橋脚の周囲はすでに完成していた。交番側をみると、縁石の他にも増えているものがあった。すでに、外灯が立っていて、その先に以前からあったものと同じに見える。それよりも驚いたのは、歩道の脇に大きな「U」の字があった。施設側はまだ仮設のフェンスがあるが、その中に「U_PLACE」の文字があり、「U]だけがやたら大きい。その文字の内側には、周囲の景色が映り込ん...複合施設「U_PLACE」前の歩道は削られ、大きなU字が現れた

    川越原人

    川越雑記帳2

    読者になる
  • 2位

    空地は今年も花盛り・ハルジオンとコマツヨイグサと見知らぬ花

    空地の中央部にハルジオンの白い花が目立っていた。割と背が高く、上部に密集して花をつける。この時もコツブツメクサが背景になっていた。今年はなかなか咲かないなと思っていたのが、コマツヨイグサである。ナガミヒナゲシの実が目立つころ、空地の周辺で咲き始めた。小さいながら、鮮やかな黄色の花はよく目立つ。一方、あまり目立たない花もあった。特徴のあるギザギザの葉をつけ、それなりに背が高く、周囲の草花に交じっている。その先端の花は、小さく色も地味なので気付きにくい。図鑑などを調べてみたが、いまだに名前が分からない。空地は今年も花盛り・ハルジオンとコマツヨイグサと見知らぬ花

    川越原人

    川越雑記帳2

    読者になる
  • 3位

    空地は今年も花盛り・黄とピンク2色のカタバミ

    コツブツメクサよりも黄色が目立っていたのは、カタバミである。他の草花に押され、道の端にはみ出して咲いていた。背の低いカタバミは、周囲に大きな草があると生きられない。空地の中央に他の草が少ない所があり、そこにカタバミが集まっていた。空地の片隅に濃いピンクの花が咲いていた。団地の芝生などで盛んに咲いている花で、イモカタバミというらしい。カタバミは黄色と思いこんでいたが、認識を新たにしている。この花も雑草化が進行中のようだが、先輩のアカバナユウゲショウが勢いを増してくると、どこにあるのか分からなくなった。空地は今年も花盛り・黄とピンク2色のカタバミ

    川越原人

    川越雑記帳2

    読者になる
  • 4位

    升田山を歩く

    「升田山を歩く」をお読み頂ける方は、下記のURLをご参照願います。https://docs.google.com/document/d/1YyEgGxvRrO0bGCBVU50JyMz0SblbJxF4/edit?fbclid=IwAR1EcCyGQTviMbt0hzOLaR3doRDvnzMqK1kMSMSDQIH6X3dgL8Nk4tqz2_s上記のURLをクリックしていただくと、ご覧になれます。なお、コピー等でご自由にご利用ください。升田山を歩く

    ひろかずのブログ

    ひろかずのブログ

    読者になる
  • 5位

    水木しげる論の連載しています。

    こんにちは。現在、「みんなのディスカッション広場-ダベルポスト」で、「あるモダニスト漫画家の「帰郷」-水木しげると妖怪漫画-」という論考を連載させていただいております。現在、第3回まで書いております。ご関心をお持ちの方は、ご一読ください。よろしくお願い申し上げます。(1)https://daberupost.com/articles/subculture/shigeru-mizuki-yokai-manga-1/(2)https://daberupost.com/articles/subculture/shigeru-mizuki-yokai-manga-2/(3)https://daberupost.com/articles/subculture/shigeru-mizuki-yokai-manga-3/水木しげる論の連載しています。

    暗闇検校の埼玉県の城館跡

    暗闇検校の埼玉県の城館跡

    読者になる