TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

地方・郷土史 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    シラハマ校舎のミニ別荘

    「海辺のスローライフ」という南房総のカフェを紹介する小冊子…

    そうせい

    シラハマ校舎のミニ別荘

    読者になる
  • 2位

    彼岸花 まだ寂しげな 木立かな(仙波氷川神社と仙波河岸史跡公園)

    今年、近所ではまだヒガンバナを見ていない。近くで最も多くの花が見られるのは、仙波氷川神社であるが、昨年は彼岸には咲いていなかった。今年はどうかなと思い、昨日行ってみた。神社の手前の富士見橋から下の斜面を見ると、繁った雑草の中に少しヒガンバナが咲いていた。神社を横に見ながら進むが、あまり咲いている感じがしない。入口で左右を見ても、やはりほとんど咲いていなかった。わずかに、右側の先端部に花があったが、早く咲いたようで既に散った茎もある。右側に少し上った所が一番広いが、そこも白い茎と蕾がほとんどだった。なぜか、石碑の柵に沿って、一直線に並んで咲いていた。社殿の裏の木の下に小さな祠が2つあり、その前の花は咲いているが、蕾のほうが多い。石段を下り、近くの仙波河岸史跡公園へ行く。遠まわりして、新河岸川の方から入った。小さな...彼岸花まだ寂しげな木立かな(仙波氷川神社と仙波河岸史跡公園)

    川越原人

    彼岸花 まだ寂しげな 木立かな(仙波氷川神社と仙波河岸史跡公園)

    読者になる
  • 3位

    紅白の 水引の咲く 花壇かな

    団地の入口の辺りに、色の違うダリアが咲いていたが、その先がぼんやりと赤い。道に沿って、ミズヒキが並んでいた。小さい花が細い穂いっぱいについている。花は本当に小さくて、咲いているような、まだ蕾のようでもあり、はっきりとしない。しだいに焦点があってくると、中に白い花が咲いているのに気づいた。さらに視線を左にずらすと、そこには、白い花が集まっていた。道は斜めに交差していて、ミズヒキはその角度の広いほうにある。道端ではあるが、間違いなく花壇の中にある。ミズヒキは雑草の部類に入ると思うが、他の花と同様に、大切に育てられているようだ。その雑草の図鑑によると、「小花は弁はなく、花弁状の咢が4枚あり、上の3片は赤、下の1片は白くみえるところから、紅白の水引とみなされた。」とある。ここでは、白い花も別に咲いていて、紅白の水引を連...紅白の水引の咲く花壇かな

    川越原人

    紅白の 水引の咲く 花壇かな

    読者になる
  • 4位
    読者になる
  • 5位

    運転免許「高齢者講習」

    ついに私の所にも来ました、運転免許の「高齢者講習」の通知。免許証の切り替え六ヶ...

    sugikan

    運転免許「高齢者講習」

    読者になる
  • 6位

    冬瓜の白き実ヒシと密談中

    毎年、この水田脇の斜面に、トウガンの大きな実が並んでいる。久しぶりに行ってみると、今年はなんだか寂しい。いつもは斜面全体に葉が茂っているが、両側だけで、途中は土が見えている。奥の方には、一つだけ実が横たわっているのが見える。手前の葉の陰にいくつか見えるが、それほど多くはない。今年はこんなものかなと思い少し進むと、実が固まっていた。4個ほどの大きな実が、ピッタリとくっついている。近くにある花も、斜面よりもきれいに咲いていた。それにしても、こんなにくっつかなくてもよさそうなものだ。3密のうち2つの密は間違いない。冬瓜の白き実ヒシと密談中

    川越原人

    冬瓜の白き実ヒシと密談中

    読者になる
  • 7位

    RAA、生贄にされた七万人の娘たち

    東京闇市興亡記」猪野健治編双葉社1999年発行RAAの発足RAAの発足は、迅速を極めた。8月17日、東久邇宮内閣が生まれた。8月18日、内務省警保局長から、各庁・府県長官あてに「進駐軍特殊慰安施設について」と題する、秘密無電の準備司令が発せられている。戦災で半壊状態であった妓楼、淫売屋は、国家権力で息を吹き返した。あまたの”昭和の唐人お吉”が狩り集められようとしていた。8月28日、皇居前広場では、特殊慰安敷設協会の設立宣誓式が行われた。「我らは断じて進駐軍に媚びるものに非ず、条約の一端の履行にも貢献し、社会の安寧に寄与し、以って国体維持に挺身せむとするに他ならざることを、重ねて直言し、以って声明となす」性を知らない娘たちが集まった【新日本女性に告ぐ】「国家緊急施設の一端として、駐屯軍慰安の大事業に参加する新日本...RAA、生贄にされた七万人の娘たち

    しろみ茂平の話

    RAA、生贄にされた七万人の娘たち

    読者になる
  • 8位

    斑唐津(まだらからつ)に活けなおす

    先日プレゼントされたお花を唐津焼の器に活けなおしました8年くらい前かなー唐津へ行った時焼き物が好きなので人間国宝の中里太郎右衛門さんの陶房や御茶碗窯跡など見て…

    しあわせ歴史ドライブママ(旧:九段で働くママ)

    斑唐津(まだらからつ)に活けなおす

    読者になる
  • 9位

    懐かしの活動写真館シリーズ【3】新興座と新興会館

    昭和7年(1932)、倉谷清太郎氏の手に移り、改造を加えて「新興座」となり、旭倶楽部とともに活動写真館となった。この館で上映された「青い山脈」や「君の名は」は超満員だったという。

    五郎

    懐かしの活動写真館シリーズ【3】新興座と新興会館

    読者になる
  • 10位

    鬼城山 2020.9

    史跡 鬼城山  一年振りの再訪。今回は、東の麓から北に血吸川にそって廻り、北門から入った。標高差、350mほど。巨岩が覆い被さるような隘路もあり、深山気分であったが、北門の登り口に入るところは、岩屋への

    araiguma

    鬼城山 2020.9

    読者になる