TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

地方・郷土史 注目記事

NEW POST help
  • 1位

    やぐら跡想像で見る初日の出(川越城富士見櫓跡)

    県立川越高校の校庭に接して、川越城の富士見櫓跡がある。これは昨年の秋に撮ったものだが、小山のような櫓跡はほぼ樹木で覆われている。手前に見えるジグザグの階段は、老朽化が激しく、大分前から通行止めになってる。その階段の左下に、埼玉県の立てた説明板がある。その説明板には、次のように書かれている。富士見櫓跡(ふじみやぐらあと)所在地川越市郭町二丁目御嶽(おんたけ)神社が祀られているこの高台は、かつては川越城の富士見櫓が建てられていたところである。櫓は矢倉とも書いて、合戦の際に物見として、あるいは防戦の足場として、城壁や城門の高い場所に設けられた建物を意味するが、天守閣のなかった川越城には東北の隅に二重の虎櫓、本丸の北に菱(ひし)櫓、西南の隅に三層の富士見櫓があって、城の中で一番高い所にあった富士見櫓が天守閣(てんしゅか...やぐら跡想像で見る初日の出(川越城富士見櫓跡)

    川越原人

    川越雑記帳2

    読者になる
  • 2位

    館山の山中にあるカフェ日毎

    館山から白浜

    そうせい

    のんびり勝山生活

    読者になる
  • 3位

    清河の八郎の筆練造墓(喜多院・斎霊殿)

    喜多院斎霊殿の門の脇に、大きな石柱が2本建てられている。この写真の右手である。その中の手前は高林謙三の墓のものだが、奥のもう1本には、埼玉県史蹟勤王家贈従五位西川練造之墓と彫られている。西川練造は、高林謙三よりさらに有名ではないかも知れない。その墓が、やはり斎霊殿の墓地にある。ちょうど斎霊殿の後ろ、墓地の中ほどに位置している。この墓も白い説明板が目印になる。通路が狭いのでこんな角度の写真になった。説明板の表面は傷んで少し読みにくくなっているが、そこには、つぎのように書かれている。市指定・史跡西川練造墓西川練造は文化十四年(一八一七)三月十七日小仙波に生まれ、名は易直(やすなお)、通称景輔、全斎と号した。父祖の業をついで医師となったが、向学の念いよいよ深く、嘉永元年(一八四八)、三十一歳で江戸に学び昌平学(ママ)...清河の八郎の筆練造墓(喜多院・斎霊殿)

    川越原人

    川越雑記帳2

    読者になる
  • 4位

    構台の撤去作業の開始かな(新河岸川・畳橋)

    畳橋の正面の看板の工期は、令和3年2月19日までと、3週間前と変わっていない。工事は予定通りに進んでいるということだろう。前回は橋の床面全体にブルーシートが掛っていたが、今は周囲にしか見えない。床面の部分は、一面にグレーの物で覆われている。その後方にはアームを伸ばしたクレーンが見えた。看板の左手の掲示板には、写真などの毎数が増えていた。増えた2枚の上には、「★畳橋工事からお知らせ★」と表題があり、「2月25日(月)から、構台(こうだい)の撤去解体作業始めます。」とあるが、1月25日(月)からの間違いだろう。一番下には、予定期間1月25日(月)~2月3日(水)とあるし、2月25日(木)では、看板にある工期を過ぎてしまう。左の3枚の2枚目(中段)は、4番目の工程「伸縮装置や高欄の取付け」が黄色く網掛されている。その...構台の撤去作業の開始かな(新河岸川・畳橋)

    川越原人

    川越雑記帳2

    読者になる
  • 5位

    「ひとりぼっちの誕生日」

    朝から目を覚まして、あれ、今日はなにかあったような。という気がして考えると、私...

    sugikan

    千々石(ちぢわ)deその日暮らし

    読者になる
  • 6位

    船山稲荷神社(可部)はお城みたいと思ったら

    広島市安佐北区可部町の国道191号線に船山稲荷神社前という交差点があり気になっていましたが先日、神社へ行くことができました国道から住宅地のくねくね細道を入ると…

    しあわせ歴史ドライブママ(旧:九段で働くママ)

    しあわせ歴史ドライブ日記by九段で働くママ

    読者になる
  • 7位

    下津井城跡 備前、児島 2021.1

    瀬戸内海の潮待ちの港として栄えた下津井の背後の山の上の立派な破城だった。(下津井城跡の岡山県中世城館跡総合調査報告2020はこちら)  宇喜多秀家が昔からの砦を城にし、城代を浮田家久にしたらしい。浮田家久

    araiguma

    Happy Valley

    読者になる
  • 8位

    両城の防空壕

    場所・広島県呉市両城町訪問日・2012.2.102021年1月21日のNHK「ブラタモリ」は呉市が登場した。タモリが歩いたのは、灰ケ峰、クジラ館周辺、宮原通、それに両城町。両城町といえば急な石段の町。映画「海猿」のロケ地で、突然有名になった。呉市を舞台にした映画は、映画史に残る「仁義なき戦い」が名高いが、番組ではそこはスルーして「この世界の片隅に」というアニメ映画を話題にしていた。東洋一の軍港の呉、両城町には佐官クラスの幹部の住宅地と説明していたが、いくらなんでも佐官以上は呉に20人程度と思えるし、両城町の住宅数は数百は超える。横穴式の防空壕が残る。幹部の住宅には、お庭に頑丈な防空壕をもっていただろうから、これは市民用の防空壕。入り口に板を打ち付けて、内部が見えないようにしている防空壕が多いがここ呉市両城町の防...両城の防空壕

    しろみ茂平の話

    しろみ茂平の話

    読者になる
  • 9位

    日下部金兵衛の写真:NY公共図書館デジタルコレクションから

    前回はメトロポリタン美術館のコレクションの所蔵するスチルフリートの「日本の風景と装束」に収録されている写真を何点か取り上げて検討を施しました。今回も海外のデジタルコレクションから明治期の写真を何点か取り上げてみたいと思います。今回は「ニューヨーク公共図書館(New York Public Library)」のデジタルコレクションから、日下部金兵衛の写真を何点か取り上げます。※「New York Public Library」は日本語版Wikipedia...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

    読者になる
  • 10位

    昨日の『ブラタモリ』と『充電させて』は呉でした

    昨日の『ブラタモリ』『出川哲郎の充電させてもらえませんか?』は広島県呉市が舞台でした偶然の一致でしょうけれどびっくりと言っても『充電させて---』の方は関東圏…

    しあわせ歴史ドライブママ(旧:九段で働くママ)

    しあわせ歴史ドライブ日記by九段で働くママ

    読者になる
  • 11位

    福島城札の辻出発してから山下宿へ

    絵咲木

    絵咲木陶器と猫とカフェ日記  そして田中吉政の歴史

    読者になる
  • 12位

    今年は「豆本」集め

    孫に送ってやろうと「豆本」を買ったら、これが、なかなか面白く、結局自分の本棚に...

    sugikan

    千々石(ちぢわ)deその日暮らし

    読者になる
  • 13位

    父が他界しました。

    五郎のロマンチック歴史街道を読んでいてくれている皆さん、いつもありがとうございます。実はこのブログは海外に住む娘の紀子が、父・五郎の歴史資料をもとにアップデートしています。父は2017年の4月に膵臓癌

    五郎

    五郎のロマンチック歴史街道

    読者になる
  • 14位

    第7回「えんがわ・一畳のきまぐれ資料館」~雲仙市千々石町

    ゆで野菜の「マルニ」さんが、加工場の母屋を地域の方に使ってもらいたいと、「えん...

    sugikan

    千々石(ちぢわ)deその日暮らし

    読者になる