歴史ブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/04/22 19:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
101位 Zezesyさん
  • 情報提供京都 東福寺  2018/01/25 Zezesy's 古都をゆくZezesyさんのプロフィール
  • ■データ正式寺名:慧日山 東福禅寺山号:慧日山宗派:臨済宗東福寺派寺格:大本山、京都五山四位本尊:釈迦如来創建年:嘉禎2年(1236年)開基:円爾 九条道家開山:聖一国師円爾東山三十六峯の南端、月輪山の西麓に位置する臨済宗東福寺派の大本山「東福寺」、摂政九條道家が菩提寺の建立を発願、聖一国師円爾を開山として創建します。奈良の大寺院、東大寺と興福寺から一字ずつ「東」と 「福」の文字をとって東福寺と名付けます
102位 古荘冬馬人さん
  • 情報提供壱岐と出雲と天孫降臨と 卑弥呼の都へ旅をする古荘冬馬人さんのプロフィール
  • 壱岐と対馬そしてそれぞれに付属する壱岐対馬諸島は100以上の小さな島々があります。地図でみると朝鮮半島と九州をつなぐための飛び石のような存在にみえてしまいます。とりわけ現在の地図の感覚でいくと下図のように頭で思い描いてしまいます。 これだと南の辺境に浮かぶ二つの島これはまあ、半島に近いから港として大事だったのか?くらいの印象になってしまいます。しかし当時は辺境ではなかったでしょう。下図は半島か
103位 隊長@新選組流山隊さん
  • 情報提供【速報】記念展1の会期を1日延長。 新選組流山隊隊長日記隊長@新選組流山隊さんのプロフィール
  • 流山市立博物館での新選組記念展、「新選組と書籍〜新選組結成の真相と現代史」の会期が、4月18日までとなりました。212冊もの新選組の書籍が解説付きで展示される機会は、なかなかないでしょう。本日も熱心に観覧される方が来訪されました。本来は17日(火)まででしたが、1日延長となったことで、もしお時間が合うようでしたら、ご観覧ください。前回記事で記載したように、新人物往来社が発刊した書籍の全数展示は、これが最後と
104位 琉次郎さん
  • 情報提供今太閤と言われた鈴木藤吉郎(後) 江戸雑記録琉次郎さんのプロフィール
  • (前編はこちら) 5.東條八太夫の反旗 鳴り物入りで町奉行所の潤澤掛に就任した鈴木藤吉郎には、錚々たるメンバーが部下として付けられました。南組の支配与力で、当時町方で「第一の勢力家」といわれた吟味方上席の東條(ひがしじょう)八太夫もその一人でした。南町奉行の池田播磨守は、何ごとも八太夫に相談し、八太夫もまた万事を引き受け、「東條八太夫組池田播磨守」(※1)などと囁かれるほど、八太夫に絶大な信頼を寄せ
105位 刺繍パーカーのお店 「様様三昧」店長の寺巡りの日々さん
  • 情報提供奈良市 東大寺 刺繍パーカーのお店 「様様三昧」店長の寺巡りの日々刺繍パーカーのお店 「様様三昧」店長の寺巡りの日々さんのプロフィール
  • 奈良市 東大寺 大仏殿柱の穴の向こう側。 pic.twitter.com/6wHTsyjG3l― 様様三昧☆ (@samasama331) 2018年4月14日 - 17:13
106位 安土桃太郎さん
107位 仲井 智史さん
  • 情報提供春秋戦国 孫武2 戦略・戦術を広くまとめた「孫子の兵法」の金言 巨人の肩から見る世界仲井 智史さんのプロフィール
  •  まず「兵とは国家の大事なり」で始まるところが、戦術家に留まらなかった孫子の立場を表しています。作戦篇では「このように戦争というものは戦略的に、合理的に、しかも短期間で、安あがりに勝利することが最も大切であり、長期戦になることは絶対に避けなければならない」(上掲書)と、戦争の長期化は利が失われるとくどいほど説いています。 アレクサンドロス3世がテュロスを攻める際に作った突堤と、まさに同じものが堙(
108位 ヒジハラさん
  • 情報提供靖国神社 Para Bellumヒジハラさんのプロフィール
  • 久しぶりに参拝してきました。戦歴調査を始めてからもう一度行きたいと思っていた所だったのだ…大鳥居をくぐってまず見えるのが大村益次郎像。(写真は中鳥居です)大きいですねー。靖国神社の前身東京招魂社の設立に奔走したのが大村益次郎になります。中鳥居の前に据えられているのが大灯篭。こちらの灯篭には銅版レリーフが嵌められていて、正面向かって右が海軍、左が陸軍になります。写真は陸軍の方。ここにもいる広瀬武夫。
109位 lemonodasosさん
  • 情報提供ザキントス島のソロモス広場 日刊ギリシャ 檸檬の森lemonodasosさんのプロフィール
  • ザキントス島 ソロモス広場Ζάκυνθος Πλατεία ΣολωμούZakinthos Solomos Squareザキントス島の主都ザキントスにはソロモス広場がある。ソロモスというのはギリシャが誇る近代の大詩人ディオニソス・ソロモス のことである。彼の功績に敬意を表して、広場名となった。彼はザキントスに1798年4月8日生まれ、1857年2月9日にこの地に永眠している...
110位 しずかさん
  • 情報提供橋本左内寓居跡 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
  • 二条城前の京都国際ホテルの辺りが越前藩邸でした。坂本龍馬が、松平春嶽を訪ねて度々訪れていたそうです。松平春嶽1828〜1890(文政11年〜明治23年)日本の世界進出を夢見て、慶喜とともに幕政を改革。 田安家出身。福井藩主。名は慶永、春嶽は号。有能な人材を門閥にとらわれず登用、開明的な政策をとり名君と称された。将軍継嗣問題では一橋慶喜を推すが、井伊直弼により隠居・謹慎を命じられ、江戸霊岸島に幽閉される。1862年勅
111位 wildblueさん
  • 情報提供西都原古墳群第1古墳群 −2− SlowLifeSlowFishwildblueさんのプロフィール
  • 宮崎への旅はこれが2回目でしたが本当に空がキレイ。寒くても暑くても空の青と古墳はキレイに撮れます。35号墳を見た後も、四方古墳に囲まれた至福の時を堪能します。56号墳57号墳284号墳古墳の解説文を見ていると濱田耕作氏の名前が!この方現在も生きている日本の考古学の定義を作られた方で、本でしか見る機会がなかったお名前なんですが実際の発掘者として記載されていることに一人でちょっと感動(笑)。ちなみに284号墳は古
112位 美雨さん
113位 綾杉 るなさん
114位 番頭さん
115位 大舘平蔵さん
  • 情報提供自分のバイクを眺めながら・・・回想 辰姫と私 〜石田三成の娘「辰姫」の研究〜大舘平蔵さんのプロフィール
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 今日は仕事休み。家の事(病気の両親の事)や日々の生業(看護師)で少々疲れがたまっていたので、今日はのんびり過ごしました。 とはいえ、妻が今日は仕事の為、日課の読経を済ませた後に家事を済ませ、読書か読経でもしようと思っていましたが・・・気が付くと眠ってしまっていました。 昼寝で休日の殆どの時間を使ってしまいましたが、たまにはそういう休日もよいでしょう(苦笑)
116位 古墳太郎さん
  • 情報提供古墳ツアー 古墳サイト古墳太郎さんのプロフィール
  • 最近、古墳ツアーも組まています。特に仁徳天皇陵ツアーなどは、人気があります。古墳ツアー古墳ツアーの良いところは、近隣の観光もできること。宿泊施設を探したりしなくて良いところでしょう。 費用も割安だったりします。 民泊検索サイト民泊などを利用してオリジナルなツアーや旅を楽しむのもおすすめです。
117位 七森さん
  • 情報提供熊野古道を歩く 『馬越峠08(終)・尾鷲神社から尾鷲駅へ』 あちこち神社七森さんのプロフィール
  • ではー尾鷲神社から尾鷲駅まで歩いていきます(o´ω`o)ノ馬越峠道もいよいよ最後の行程でっす。尾鷲神社から熊野街道へ戻り、中井町通りの歩き始めにある北川に架かる橋「北川橋」は、江戸時代には南たもとに高札場がある板橋で、廻船の船着場にも近く、この一帯は熊野古道の交通の要所でした。北川橋の四隅の親柱の上には町民や旅人に親しまれてきた灯籠がありましたが、長い年月と津波などの被害で昭和初期に橋と共に消失してしま
118位 しずかさん
  • 情報提供鹿児島の旅(2)維新ふるさと館 その弐 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
  • 宮?あおいさん主演の「篤姫」展篤姫居室篤姫役の宮?あおいさんが使用した着物和宮役の堀北真希さんが着用した着物郷中教育が生んだ薩摩の偉人たちが紹介されています。日本初の洋式軍艦・昇平丸幕末に薩摩藩が建造した洋式軍艦。後に江戸幕府に献上されて昌平丸と改称。B1Fの「維新体感ホール」では、「維新への道」と「薩摩スチューデント、西へ」2本のドラマが上演されています。音と光、ロボットを使った臨場感あふれる体感
119位 ヒジハラさん
  • 情報提供「江戸幕府、最後の闘い」@国立公文書館 Para Bellumヒジハラさんのプロフィール
  • 靖国神社のエントリーで書き漏らしましたが、今年が明治維新より150年で、靖国神社も創立150年になるのですね。出来た当時は東京招魂社ですが。そういうこともあり、靖国神社の遊就館でも150年にちなんだミニ展覧会が開かれていました(「靖国神社御創立百五十年展 前編 ー幕末から御創建ー」 )。色々出ていたのだけれど意識が朦朧としたまま回っていたので(…)、あんまり覚えておらんのだ…(おい高島秋帆の考案らし
120位 Hiikichiさん
  • 情報提供ヒトの危険性 歴史の謎に誘われてHiikichiさんのプロフィール
  • 今から約4万5千年前、ホモ・サピエンスは、アフロ・ユーラシア大陸(アフリカ大陸とユーラシア大陸を合せた大陸の呼称)から初めて抜け出て「外界」へ到達した人類種となった。此処で言う「外界」とは、オーストラリア大陸のことです。が、それまでの人類が、アフロ・ユーラシア大陸から見て外の世界であるオーストラリアへ渡れなかった理由は、勿論、海という"障壁"があったからです。ユヴァル・ノア・ハラリ氏の『サピエンス全
121位 EBI印さん
  • 情報提供白石川 一目千本桜。 EBI印近隣探索日記EBI印さんのプロフィール
  • 先週、花見山の帰り道、宮城の桜の名所「白石川一目千本桜」へ。強風のなか、満開の桜。花曇りがちょっと残念・・・・今年は開花も早く、県南の桜も、もう終わり。アッという間だな〜。今は県北が見ごろ。
122位 樋口山城守与六さん
  • 情報提供入江野城 栃木県那須烏山市 古城巡り 写真館樋口山城守与六さんのプロフィール
  • 入江野城永禄6年(1563)佐久山泰秀が築城、入江氏を称し代々拠点とした。天正14年(1586)泰清の時、那須資晴に滅ぼされ廃城。入江のトンネルの左手の尾根が入江野城になります、目標は入江野観音の御堂が目印になり車も止める事が可能です。入り口は尾根の先端になりますがトンネルに向かい民家裏から簡単に取り付く事が可能で、少し竹林を直登し尾根の稜線に出れば南に尾根を進めば主要郭に辿り着きますが・・・・・主要郭と南
123位 樋口山城守与六さん
  • 情報提供下川井城 栃木県那須烏山市 古城巡り 写真館樋口山城守与六さんのプロフィール
  • 下川井城?デジブックにしましたが、時期的にか?笹薮が酷く・・・・・・今一の出来です。那須友家築城、下川井氏(川井氏)が代々拠点とした。天正18年(1590)廃城。今回は西側斜面から取り付いたが、東側のとげぬき地蔵からの登山道が有るようでそちらからのが安全に行けるもしれません。時期的にか、笹薮が酷くて何処を撮っても・・・・・・・良い写真が有りませんでした。西側斜面から入り口 今回はこの先から取り付きました
124位 めいぽーさん
125位 hoshiyanさん
  • 情報提供日本の若者も素晴らしい 俊平の雑学研究所hoshiyanさんのプロフィール
  • 私は偉大な先人の記事をよく書くのだが、最近の若い者もなかなか捨てたものではない。 “学生のオリンピック” と呼ばれる「ユニバーシアード夏季大会」が2017年8月19日から30日まで台北で開催された。終わってみれば日本は国別で金メダル獲得数が37個とトップになっていた。メダル総数においても1位となり、若き選手たちの活躍に東京五輪への期待が高まる。日本選手の強さを世界にアピールした形となったが、別の意味
126位 アートプラス京めぐりさん
127位 あゆさん
  • 情報提供【群馬】貴船神社の御朱印 〜御朱印取扱い注意書〜あゆさんのプロフィール
  • 大間々神明宮から車で5分くらい。おなじみどり市にあります貴船神社へ。 956年に関東が干魃に見舞われたとき、京都の貴船神社から勧請して、渡良瀬川流域の山地に祀ったのが始まり。1668年に現在地に遷座。 群馬県一の初詣参拝者が訪れるそうです。 拝殿です。御祭神は、おかみのかみ、おおやまつみ、おおなむちです。 御朱印は拝殿右側の授与所でいただきました。 貴船神社をでたところで、崇禅寺から連絡があり、御朱印
128位 桃の葉さん
  • 情報提供りりさんに贈る古事記 ⑤ 〜誓約(うけい)〜 ももちゃんと、二人三脚。桃の葉さんのプロフィール
  • りりさんに贈る古事記、5回目です イザナギさまに、地上の世界から追い出されてしまったスサノオさまです。 「じゃ、お母さまがいる黄泉(よみ)の国へ行く前に、高天原(たかまのはら)の姉さまに ご挨拶をして来ようっと。」 と、天に かけ上がって行きました。 すると、その勢いに、山も川も荒れ、大地が揺れ動いたので、天界の神さま方は 大慌て。 アマテラスさまも、 「スサノオが来るなんて、どうせ よからぬことを考え
129位 sugikanさん
  • 情報提供「あなたと読む恋の歌百首」〜俵万智著 千々石(ちぢわ)deその日暮らしsugikanさんのプロフィール
  • あ〜、良いですね。「恋の歌」。昔の貴族の方は暇なので、異性を口説くべく、恋の和歌を、日長一日作っていたとか。「しのぶれど色に出でにけりわが恋はものや思うと人の問ふまで」「千早(ちはや)ふる 神代(かみよ)もきかず龍田川からくれなゐに水くくるとは」すらすら出ていますね。ちなみに、千早ふる・・・の歌は、昔、龍田川という相撲取りがいて、出世するまで女色を避け・・・・と言うのは、落語の話で、お間違いのな
130位 城爺さんさん
  • 情報提供旅飯〜雑草庵 安芸(広島市八丁堀) 城爺さんの旅ブログ城爺さんさんのプロフィール
  • おはようございます曇り空の朝です今週も飲んでばっかり┐('〜`;)┌飲む量はかなり抑えておりますが頑張っております広島市の流川界隈の風景飲み屋街です単身赴任時代随分お世話になりましたが仏壇通りの夜景ですがこの辺りフラフラしてました懐かしい感じがします本日は広島の郷土料理が頂ける居酒屋さんガンスですスパイシーな練り物フライですビールに会うんですなこれハマチのカルパッチョ最近多いですねカルパッチョ系アッサ
131位 みやさん
  • 情報提供伏見城武家地黒田長政下屋敷跡参考地碑〜黒田官兵衛終焉の地 古都の礎みやさんのプロフィール
  • 伏見にある伏見城武家地黒田長政下屋敷跡参考地碑です。 慶長3年(1598年)8月18日、太閤・豊臣秀吉が伏見城(木幡山伏見城)で没。大坂城へ移った豊臣秀頼に代わり、徳川家康が伏見城に入ります。黒田長政はいち早く家康に接近。正室の糸姫(豊臣秀吉養女/蜂須賀正勝女)を離縁し、栄姫(徳川家康養女/保科正直女)と再婚。慶長5年、関ケ原の戦いでは長政の奔走により小早川秀秋、吉川秀家などの西軍大名の東軍寝返りを実現させ、合戦
132位 彼方さん
133位 黙翁さん
134位 hoshiyanさん
  • 情報提供第一次世界対戦中に第二特務艦隊が成した偉業 俊平の雑学研究所hoshiyanさんのプロフィール
  • 今から100年余前の1914年(大正3)6月にロシア帝国、フランス第三共和政、大英帝国の連合国と主にドイツ帝国とオーストリア=ハンガリー帝国の中央同盟国が対峙して、ヨーロッパを二分する大戦争が勃発した。3人の共産主義者のセルビア青年がオーストリア皇太子夫妻を暗殺したサラエボ事件に端を発した第一次世界大戦である。日本も日英同盟によって連合国の一員となった。各国政府および君主は開戦を避けるため力を尽く
135位 グレート・なごやんさん
  • 情報提供真田幸村(三光神社) 武将銅像天国グレート・なごやんさんのプロフィール
  • 大河ドラマ「真田丸」からはや1年数か月経ちました。大阪城の南から1Kmくらいでしょうか、真田丸観光の本拠地・真田山にたつお宮さんにある武将銅像です。こちらに伺うのも、もう何度目になるでしょうか。大阪に行くときは、何故かお詣りしたくなるお宮さんです。 真田幸村(三光神社) 真田丸ギミックのクセがすごいです。ちなみに銅像から向かって左の穴は、大坂城に繋がっている設定です。そして、銅像の台座は真田家の菩提寺
136位 moukonotomoさん
137位 まゆ工房さん
  • 情報提供煉瓦倉庫(大正時代建設) 赤城南麓陶遊ロード?まゆ工房さんのプロフィール
  •  前橋市に中心部やや東部を南北に貫くハナミズキ通り、城東五差路の北約270m地点信号交差点の右手(東)に見える煉瓦造りの建物。 場所は前橋市日吉町2丁目5-7 旧奈良製糸煉瓦倉庫 かつて、この地には敷地2000坪、250人を越える従業員を擁する奈良製糸所があった。昭和20年の前橋空襲により、製糸所はすべて焼失したが、唯一赤煉瓦の倉庫のみが焼けずに残った。この煉瓦倉庫(イギリス積み)は木造2階瓦葺で大正
138位 刺繍パーカーのお店 「様様三昧」店長の寺巡りの日々さん
  • 情報提供京都市南区 東寺 刺繍パーカーのお店 「様様三昧」店長の寺巡りの日々刺繍パーカーのお店 「様様三昧」店長の寺巡りの日々さんのプロフィール
  • 京都市南区 東寺桜の季節は終わりましたが、緑の東寺も良いものです。 pic.twitter.com/FidgiaQAzN― 様様三昧☆ (@samasama331) 2018年4月19日 - 15:30京都市南区 東寺お寺だということで、あとの面倒を見てもらえると思うのだろうか。。。 pic.twitter.com/RD4uwYlXSe― 様様三昧☆ (@samasama331) 2018年4月19日 - 15:50
139位 鳳山さん
  • 情報提供出雲尼子軍記Ⅴ 吉田郡山城の戦い 鳳山雑記帳鳳山さんのプロフィール
  •  1537年祖父経久に家督を譲られた晴久(1514年〜1561年)。祖父の後見の下ではありましたが晴久は目覚ましい活躍をします。1538年には大内義隆(義興の子)から石見大森銀山を奪取。因幡国を平定し、播磨に進出し播磨守護赤松晴政の軍勢を撃破しました。播磨の国人たちは次々と晴久に帰順、一時的に播磨を制圧します。この時が尼子氏の絶頂期で最も天下に近かったと思います。晴久は出雲・隠岐・備前・備中・備後・伯耆・因幡・美
140位 住兵衛さん
  • 情報提供日本史の「陰謀」24 家康の朝廷封じ込め作戦 ヤジ馬の日本史住兵衛さんのプロフィール
  • 戦国の世の最終勝者となった徳川家康(1543-1616年)は、その権力機構である「幕府」(1603年)を江戸に置きました。そこでちょっと気になるのは、家康がその「江戸」という地名をそのまま使い続けたという事実です。平安時代末期の頃にはすでに「江戸」という地名はあったとされていますが、これは「穢土」にも通じる響きがあって、「良い名」どころかむしろ逆の印象にもなるところです。
141位 momoandbonさん
  • 情報提供春の観賞魚といえばメダカです! ナチュラリストの散歩道momoandbonさんのプロフィール
  • 春の小川のメダカの学校以前よりメダカを飼いたいと思っていたのですが、つい先日知人から7匹ほど譲っていただきました。大きさは2センチあるかないかほどの小さな淡水魚なのですが、これがまた非常に可愛いのです。ぴっぴっと素早く泳ぐのですが、ずっと見ていても見飽きません。鉢の中に水草を入れてやっているのですが、ときたまその陰から出てきて泳ぎ回っています。子供のころ遊んだころは、それほど可愛いとか感じてはいな
142位 上江洲 規子さん
  • 情報提供《日本最大級の怨霊》菅原道真 9 守護神のさがし方|神話ライター上江洲が教える上江洲 規子さんのプロフィール
  • 今日のラッキー神社 藤原時平による、国経の妻強奪事件は、『今昔物語』に載せられています。国経は当時にして80歳まで生きた人物。 相当の長寿だと言えるでしょう。 晩年に、美男で名高い在原業平の孫娘を北の方に迎え、手中の珠と愛おしんでいたそうです。 ……これねぇ……。北の方にしてみたら、有難迷惑だと思うんだわ〜……。ま、いいけど。 しかし彼女の美しさを知った藤原時平は、「どうしても彼女を奪いたい」と思います
143位 sazanamiziroさん
  • 情報提供神内神社・熊野の原始信仰(日本の原風景)がここに! 神秘と感動の絶景を探し歩いてsazanamiziroさんのプロフィール
  • 私たちが普段頭に描いている「神社」というものの常識から、かなり外れたところにあるのが、昨日記事にした「古神殿」でした。しかし、間違いなく日本の神社信仰の源流のひとつであり、熊野だからこそ現代まで荒らされずに残っているのだと思います。案内板に「古神殿は、神内神社の元宮」と書かれていました。その「神内神社(こうのうちじんじゃ)」へ行ってみます。熊野の歴史や文化を発信しておられるブログ「み熊野ねっと」様
144位 ただのデブさん
145位 若狭坊さん
  • 情報提供今朝の勤行 若狭坊のまちづくり日記若狭坊さんのプロフィール
  • 数日後に48歳を迎える若狭坊です。職場では管理職の端くれになりました。でも仕事は変わりません。昨日のイライラは朝の勤行で静めます。まずは多田に向かい蔵王権現・開祖神変大菩薩・不動明王・薬師如来・多田満山の護法善神を南無南無菩提寺の興禅寺で釈迦如来とご先祖さまを南無南無何百年と生きてきた桂の木を南無南無若宮八幡宮で八幡大菩薩・陶器大明神・阿弥陀如来を南無南無ちょっと離れて若宮八幡宮越しに遠くの大峯満山
146位 大川原英智(おおかわらえいち)さん
  • 情報提供第3章 鎌倉時代 3 後鳥羽上皇 差別と歴史上の人物大川原英智(おおかわらえいち)さんのプロフィール
  • 3 後鳥羽上皇 (1180 〜 1239)〜武士を見下し院政の権力にこだわって自滅した上皇〜 鎌倉幕府をつぶそうとした強力な上皇です。 武芸にすぐれ、盗賊を捕えるために自ら指揮をとりました。 けまりや囲碁、流鏑馬(やぶさめ)、和歌なども相当な腕前をもつ文武両道で精力的に活動した人です。 弓道や相撲、水泳もでき、管弦、書画など多芸・多才の持ち主でした。 勅撰和歌集である「新古今和歌集」 を編纂させ、
147位 Mumblerさん
  • 情報提供信州 諏訪のおみやげ MumblerMumblerさんのプロフィール
  • 同行の信州旅行の「通」に勧められるまま買いました。諏訪大社下社秋宮、新鶴本店の塩羊羹大王わさび農場のわさびの茎漬け諏訪大社上社本宮の大社せんべいむろん、戸隠そばも、わさびソフトクリーム、わさび生ビールも現地で賞味してきました。
148位 琉次郎さん
  • 情報提供今太閤と言われた鈴木藤吉郎[補遺] 江戸雑記録琉次郎さんのプロフィール
  • (本編はこちら) 1.東條八太夫父子のその後 鈴木藤吉郎と対立し、先手組に左遷された東條八太夫父子はその後どうなったのでしょうか。 万延元(1860)年六月二十日、東條八太夫、八太郎の父子はそろって長崎奉行支配調役並を申渡されます。八太夫は藤吉郎の姦計によって、長崎転任になったといわれていますが、本編で見たように藤吉郎は八太夫が町奉行所を追われてから七か月後に獄へ繋がれ、一年前にはすでに鬼籍の人となって
149位 つあらさん
150位 お城のジオラマ鍬匠甲冑屋さん
更新時刻:18/04/22 19:30現在