TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

江戸時代 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    本ブログを始めたきっかけ

     もともと近世史(江戸時代)に関心の薄かった私がこのブログを始めたきっかけは、江戸学の祖・三田村鳶魚の最後の弟子といわれた故小川恭一氏の『江戸の旗本事典』(講談社)で、佐々木修輔(信濃守顕発)の立身出世の話を読んだことでした。将軍の寵愛など

    琉次郎

    本ブログを始めたきっかけ

    読者になる
  • 2位

    発掘調査で見つかった長崎奉行所西役所の石垣

    江戸時代の日本と世界をつないだ出島や唐人屋敷は、それ単独で存在していたのではなく、この石垣の主である長崎奉行所西役所とセットで考える必要があります。 キリシタン時代にはイエズス会本部が、幕末には海軍・医学伝習所が置かれるなど、史跡の町・長崎でも、これほど重要な場所はほかにないと断...

    hiraokaryuji

    発掘調査で見つかった長崎奉行所西役所の石垣

    読者になる
  • 3位

    扁額コレクション|扁額とは? 神社仏閣の鳥居や本堂の上にある看板

    扁額とは、神社の鳥居や社殿、寺院の本堂などに掲げられている看板のことです。 扁額の読み方は「へんがく」です。 扁額のうち、特に神社の扁額は神額、寺院の扁額は寺額と呼びます。 また、天皇の直筆による扁額は勅額と呼びます。 この記事では、筆者がこれまで訪れた神社仏閣で見つけた扁額をひたすら紹介いたします。

    taka

    扁額コレクション|扁額とは? 神社仏閣の鳥居や本堂の上にある看板

    読者になる