TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

江戸時代 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    定中役

     町奉行所の掛役の一つに定中役というのがありました。 定中役とはどんなお役目だったのか。三田村鳶魚翁は『江戸雑話』のなかで定中役について、「同心十人、臨時触当により諸般の出役に従事す」と書いていますが、番方同心との違いがよく分かりません。定

    琉次郎

    江戸雑記録

    読者になる
  • 2位

    居合形で膝下を斬る!

    根岸家長屋門稽古では居合形・剣術・組太刀形・試し斬りと三セットで稽古しておりますがなかでも、試し斬りの稽古時間がどうしても長くなったりしますね~   対敵の左…

    浮草剣之介

    もっと気軽に居合道!熊谷道場 剣酔記

    読者になる
  • 3位

    楽しい二人旅の始まり始まり ~『金草鞋』冒頭 その10[終]~

    続きですヾ(๑╹◡╹)ノ"※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。金草鞋. 1編 - 国立国会図書館デジタルコレクション 前回までに勉強した字はこちらヾ(๑╹◡╹)ノ" 答え合わせヾ(๑╹◡╹)ノ" 今回覚えていただきたいのは「つ」[「徒」のくずし]ですヾ(๑╹◡╹)ノ" 【翻刻】なんとかやうに申てごさる ▲シテ 何とめされた▲アド 自語ゑどさあへつん出来べいとよつぱるかおもひ今度がはじめてのたひ▲シテ これハ一だんとよふごさる身どもゝかやうに申ました自語 国さあをやくとう出来てきせちないたびもあだけて氣ばらしぞする▲シテ アト さあ/\いかしませ/…

    北見花芽

    【江戸文学】うきよのおはなし【くずし字】

    読者になる