TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

太平洋戦争/大東亜戦争 注目記事

NEW POST help
  • 1位

    自宅でお稽古

    無事に自宅の炉開も完了しました。いつもは、やや遅れ気味になるのですが、今年は、11月3日に炉開をすることができました。今日は、妻と自宅でお稽古をしました。メニ…

    じょういち

    自宅でお稽古

    読者になる
  • 2位

    三島由紀夫を美化する風潮にうんざり

    先日TLに流れてきたツイート。 今年、没後50年だそうですが、三島由紀夫が、なぜ高く評価されるのか私にはわかりません(小声) — チュンカチュンカ (@chunkachan) November 25, 2020 本当にそのとおりで、没後50年だか何だか知らないが、三島を妙に美化しようとする風潮にはうんざりさせられる。 三島由紀夫とは、一言で言ってしまえば、右翼思想をこじらせたあげくに自衛隊を扇動して反動クーデターを起こすという妄想に取り憑かれ、監禁立てこもり事件を起こして自殺した一人の愚かな男に過ぎない。しかも、若者一人を自分の死の道連れにし、さらに他の三人にも嘱託殺人などの重罪を犯させている…

    バージル

    三島由紀夫を美化する風潮にうんざり

    読者になる
  • 3位

    日本海軍各空母の沈没地点を見てみよう!の巻 其之弐

    ◎マリアナ沖      1944年6月、 敵は大挙してマリアナ諸島に襲来。 これを迎撃すべく出撃した小沢機動部隊は コテンパンに打ちのめされ、 大鳳、翔鶴、飛…

    小野妹助

    日本海軍各空母の沈没地点を見てみよう!の巻 其之弐

    読者になる
  • 4位

    日本海軍各戦艦の沈没地点を少し見てみよう!の巻

    日本海軍では、日露戦争の頃から戦艦を保有してましたが、 ここでは大東亜戦で第一線として活躍した “超弩級戦艦”と“巡洋戦艦”の12隻を見てみましょう。  ご紹…

    小野妹助

    日本海軍各戦艦の沈没地点を少し見てみよう!の巻

    読者になる