日本史 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/12/11 10:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
住兵衛さん

2位
ゆささん
  • 情報提供優雅に叱責する猫。 ゆさな日々ゆささんのプロフィール
  • にゃんこ様たちのお遊びがちょっとおもしろかったのでパチリ。椅子の上で寝ていた母にゃんこ、下に何かの気配を感じて目を覚ましたらしく寝そべったまま手をちょいちょいっと出して確認しようとします。起きあがって下を覗きこまないのは単にめんどくさいからだと思われますが普段から女王様然と振る舞っている彼女はこんなときでも王の風格でわざわざ起きて確認などしないのであります。つよいわ。下にいたのは娘にゃんこ。(シャ

3位
M・ITOさん
4位 しばやんさん
5位 人類の起源さん
  • 情報提供人類は複数の集団から進化し、初期から多様性を内包していた 人類の起源を探る人類の起源さんのプロフィール
  • 人類はアフリカの単一集団から進化した──。長年定説だったこの考えが、近年の研究で覆された。2018年7月、新たに発表された論文によると、人類は初期からアフリカ全土に散らばって生活しており、石器などの道具をそれぞれ独自に発明していたという。以下(リンク)より引用●多様性を育んだのは「隔絶」オックスフォード大学率いる研究チームは骨や化石、遺伝子に関する研究を組み合わせ、さらにアフリカ大陸の長期にわたる気候
6位 らんさん
7位 散文的で抒情的な、わたくしの意見さん
  • 情報提供「西郷どん」 「西南戦争」の「あらすじ」と感想と願い 散文的で抒情的な、わたくしの意見散文的で抒情的な、わたくしの意見さんのプロフィール
  • 西郷は武装決起します。村田新八らは「海路東京を襲撃する」ことを主張しますが、桐野ら参謀は「政府に尋問の筋これあり」が西郷軍の大義であり、堂々と熊本城の鎮台兵を叩くことを主張します。西郷は「尋問の筋あり」などと言うのは「戦の大義に過ぎず、実質は反政府武装蜂起である、戦は言葉遊びでやるものではない。殺し合いである。」と「心では思う」ものの、「すでの自分の体は預けた」という考えのもと、何も言いません。桐
8位 住兵衛さん
  • 情報提供日本史の「トンデモ」02 曲学阿世のイチャモン術 ヤジ馬の日本史住兵衛さんのプロフィール
  • 「林羅山」(1583-1657年)といえば、23歳の若さで徳川家康(1543-1616年)のブレ−ンに収まったほどに優秀な学者さんですが、反面ちょいとばかりクセのある?人物でした。失礼を承知の上で言えば、「曲学阿世の徒」※という言葉に当てはまる印象を備えた人物ということです。※真理を曲げて世間や時勢に迎合する言動を取る人物。
9位 たっちゃんさん
  • 情報提供高千穂の大量殺人事件と天岩戸神話の接点 たっちゃんの古代史とかたっちゃんさんのプロフィール
  • 人生のあらすじ何故か家族や親戚からも医者からも、悪いところも直されず注意もされず放置され、駄目なほう駄目なほうばかりトコトン進んで常に失敗を繰り返したりして、何故か瞬時に完全な悪者とであると周知が行き届いていて、知らない大勢から膨大な嘲笑と嫌がらせを連日食らう日常が当たり前で、これら一連の流れがどんな時でも常に固定化されていて、傷つけられては牙をむいてきたような人生の低学歴でした。きょうも隣の
10位 列伝さん
  • 情報提供●伊予愛媛紀行終章 岡山城にて小早川秀秋に思いを馳せる きょうのもののふフォト列伝列伝さんのプロフィール
  • 伊予松山からの帰途、岡山城に寄る。かつて仕事がらみで2度来たが、あまり記憶なし。烏の城も、後楽園もなつかしく、ときどき見覚えのある景色を思い出した。岡山城では、関ケ原後に岡山55万石の太守となった小早川秀秋を思った。かつては特に考えたことなかったが。……「日本国中に人が住み続く限り、裏切り小早川の名は語り継がれるぞ! 聞こえたか、金吾(秀秋)!」 と、ドラマ内で後ろ手に縛られながら叫ぶ三成の姿に、「快
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 市郎右衛門さん
12位 坂の上のヒゲおやじさん
更新時刻:18/12/11 10:30現在