歴史ブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/01/20 11:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
51位 フレイくんさん
  • 情報提供御朱印帳(2016年11月〜2017年6月) 散歩・ドライブしながら御朱印集めフレイくんさんのプロフィール
  • この頃とてもはまっている歌手がいますセリーヌ・タムちゃん10歳… 通勤時に聞くと涙が出てしまうので危険です 2018年になりましたので御朱印帳のまとめをしようかと…またお盆の旅の記録も終えたことですし…御朱印帳まとめ第4回になります 神奈川県 円覚寺 神奈川県民は拝受しなければ…と思いました佛心の金文字とシンプルさが気に入っています2016年11月20日参拝 神奈川県 建長寺 円覚寺と同じ神奈川県民なので
52位 keystonesapporoさん
  • 情報提供泉下の碩学に教えを乞う 札幌時空逍遥keystonesapporoさんのプロフィール
  •  札幌建築鑑賞会で協力しているウエブサイト『北海道マガジン カイ』連載「愛され建築」第5回が公開されました。 ↓http://kai-hokkaido.com/architect005/  今回は中央区北6条西12丁目の「ふきのとう子ども図書館」です(2017.10.25、2014.8.11ブログ参照)。新しい図書館の建物と併せて、隣接する故高倉新一郎先生旧宅が紹介されています。ふきのとう文庫のことはこれまでもマスメディアなどで取り上げられていますが、室
53位 あきおうさん
  • 情報提供西生浦城 [3/4] 慶長の役で改修増強された跡が数多く残る馬出し曲輪。 城めぐりチャンネルあきおうさんのプロフィール
  • 西生浦城 訪問記 其の三。[前回までの訪問記 概要]登り石垣の脇から登城開始。山腹にあった3つの虎口を持つ南搦手曲輪(仮称)は見所だが、大手門跡や二の丸の巨大な石垣は過去の写真と見比べると当時の積み方とは異なる姿で積み変えられてしまっており、残念な印象のみが残る結果となった。其の三では本丸曲輪へ。訪問時期:2017年11月西生浦城 訪問記 − 其の一、二、三、四。倭城めぐりの旅 −トップページ。<訪問記>本丸曲
54位 たっちゃんさん
55位 大澤寺さん
56位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供太平記を歩く。 その183 「高師直塚」 兵庫県伊丹市 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • 西宮市から国道171号線を北東に進んで伊丹市に入ったあたりに、「師直冢」と刻まれた石碑があります。師直とは言うまでもなく、足利尊氏の執事・高師直のことです。「観応の擾乱」における「打出浜の戦い」に破れた尊氏軍は、逃げ込んだ松岡城にて足利直義と和議を結びますが、その条件として、師直を出家させるということになり、師直らが京都に護送される途上、養父を師直に殺された上杉能賢に襲われて殺害されます。...
57位 城爺さんさん
  • 情報提供裏麺・・・って?讃岐うどん しすせそ 西日暮里 城爺さんの旅ブログ城爺さんさんのプロフィール
  • おはようございます昨日雨が降って久しぶりのお湿りたまには雨も降らないといけません乾燥し過ぎるとね色々不都合が有りまから今日は良い天気になってます暖かい朝です西日暮里に気になるうどん屋さん有りますお店の名前が『しすせそ』『さしすせそ』の『さ』が無いのでさ抜き=讃岐うどん洒落てますよねこのうどん屋さんに裏麺なるメニューが有りますラーメンです裏麺380円〜(#^.^#)うどん出汁で作ったラーメンアッサリラーメンで
58位 しずおかKさん
59位 まこな。さん
60位 山城めぐりさん
  • 情報提供上南摩下の城 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
  • 上南摩下の城は鹿沼市上南摩にあります。上南摩下の城地図県道117号線で上南摩町に入り、道の北側に宝城寺があります。(無人です)この裏手から篠薮を少し漕ぎ進めば東尾根になります。東尾根第一堀切第一堀切を見返しています。尾根を登り第二堀切薮に覆われていますが第三堀切この城壁を登ると本丸本丸西に深くえぐった堀(用途分からず、貯蔵施設か)本丸西城壁本丸の西下の堀切と瘤次回 西尾根を歩きます。俯瞰図は「余湖
61位 アユさん
62位 みんぴかさん
  • 情報提供長野県長野市 『松代城』 放浪旅ブログみんぴかさんのプロフィール
  • 今回の城探訪日記は 長野県長野市『松代城』 形式:平城 築城:永禄3年 遺構:曲輪・天守台・石垣・土塁・堀松代城は、永禄3年に武田信玄により築城し高坂昌信を城将とする当初『海津城』と呼ばれ武田氏の要の城でした天正10年、武田氏滅亡後に森長可が城主天正12年、須田満親が城将慶長3年、秀吉直轄地となり慶長5年の関ヶ原の戦時森忠政が城主となるが関ヶ原の戦功により美作津山に移るその後、松平・酒井・真田と入封し明治
63位 蓋と城さん
64位 羽柴茶々さん
  • 情報提供武田VS北条〜薩埵峠の戦い(第2次) 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
  • 永禄十二年(1569年)1月18日、北条氏政が武田信玄を攻撃するため四万五千の軍を率いて駿河に出陣し、薩埵峠に布陣しました。・・・・・・・・・・・北東方面へと手を伸ばしたい甲斐(かい=山梨県)の武田信玄(たけだしんげん)、上洛を見据えて西へと手を広げたい駿河(するが=静岡県中北部)の今川義元(いまがわよしもと)、関東支配を強めたい相模(さがみ=神奈川県)の北条氏康(ほうじょううじやす)・・・お互いの利害
65位 綾杉 るなさん
  • 情報提供ご来福しよう 「福岡古代コラム」 UPされました ひもろぎ逍遥綾杉 るなさんのプロフィール
  • ご来福しよう 「福岡古代コラム」 UPされました 福岡県の古代史を含む観光スポットを案内するホームページ「ご来福」しように「福岡古代コラム」欄がありますが、私が書いたコラムがUPされました^^01〜05です。5本あります。画像も私が撮ったものを使っていただきました。ブログでも掲載した画像がほとんどですが、大判なので見応えがあって、感動です。HP「ご...
66位 HN.稗田阿礼さん
67位 しずかさん
  • 情報提供西郷隆盛ゆかりの東福寺塔頭・即宗院(3)薩摩藩士東征戦亡之碑 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
  • 「至羅漢道」の石段を上っていきます。崩れかけた壁があったり・・・しばらくのぼって右に曲がると石造りの鳥居があります。鳥居をくぐると、大きな石碑があります。最も大きいのが西郷隆盛自筆の薩摩藩士東征戦亡之碑西郷は、慶応4年(1868)の鳥羽伏見の戦に際しては、当地に薩摩軍の屯営を構え、即宗院の裏山山頂に砲列を敷き、淀より進む幕軍に向かって砲撃をくわえ、勝利を手中にしました。倒幕後、明治維新で戦死した霊を供
68位 しずかさん
  • 情報提供泉涌寺の塔頭(2)善能寺 日々史跡めぐりしずかさんのプロフィール
  • 善能寺は、泉涌寺の塔頭のひとつで、本尊は聖観音。洛陽三十三所観音霊場第18番札所。823年(弘仁14年)に空海が八条油小路の地に創建したと伝えられ、1551年(天文20年)に後奈良天皇の命で現在地に移されました。現在の本堂は1971年(昭和46年)のばんだい号墜落事故の遺族の寄進により建立されたもの。祥空殿境内には日本最古と伝えられる稲荷社が祀られています。にほんブログ村神社・仏閣 ブログランキングへ
69位 ハリさんさん
  • 情報提供阪神・淡路大震災で倒壊した家屋から助け出されてもう23年が過ぎてもた!!の巻 第肆章「ホンマかいな、そうかいな、へぇ〜!」ハリさんさんのプロフィール
  • 悪夢のようなあの日 所用で訪れていた神戸の本家で震災に遭遇し 倒壊した家屋の下敷きになってから もう23年も過ぎてしまった。 暗闇の中で身動きできず 「もうあかんのかなぁ・・・」 そう感じながら気を失い 意識を取り戻した時には 倒壊した家屋から助け出されそばに寝かされていました。 幸い軽症で済んだのですが、 交通網は寸断され、移動手段は自分の足だけ。 叔父・叔母の制止を振り切り、 「援助物資を持って、
70位 ルピナスさん
  • 情報提供弥次さん、喜多さんを追いかけて 大磯→小田原 てくてくわくわく街道ウォークルピナスさんのプロフィール
  •  久々に『東海道中膝栗毛』の弥次さん・喜多さん登場です。 弥次さんが藤沢の白旗神社で義経伝説を怖がって歌を詠んだのを最後に、物語の舞台は茅ヶ崎も平塚もすっとばして、大磯になっています。大磯と言えばやはり虎御前の伝説でしょうということらしく、延台寺の「虎が石」をためつすがめつ、やいやいと歌を詠んでおります。此さとの 虎は藪にも 剛のもの おもしの石と なりし貞節 北八??曽我十郎の遊女・虎御前は、曽我十
71位 麦さん
  • 情報提供ムスリムへ理解深めて その② トーキング・マイノリティ麦さんのプロフィール
  • その①の続き ムスリムが異教徒の地で暮らす時、最も不自由を覚えるのは食事と集団礼拝の難しさだろう。食事に多くのタブーがあるのはイスラム教に限らず、ユダヤ教やヒンドゥー教も同じ。同じくタブーがあるにも拘らず、ユダヤ教徒やヒンドゥーがあまり騒動にならな...
72位 kiiさん
  • 情報提供西郷どん2 試撃行kiiさんのプロフィール
  • 第2回「立派なお侍」。西郷は元服をして名前を吉之助に改めます。郡方書役助を務め年貢の徴収を行いますが、米の不作で百姓達は年貢が収められないと嘆きます。 そこにへ借金取りがやって来て、借金の形に娘を連れて行こうとする。これをみかねて借金取りに自分のお金を渡しますが全く足りない。さらに上司が貰ったワイロまで無理やり取って渡し、その場をしのぎましたが、自分の給金を渡してしまった西郷は、家に帰って父吉兵衛
73位 momijiaoiさん
74位 ネガタッツンさん
75位 繭未さん
  • 情報提供北海道旅行 ? 繭未ブログ Tokyo Life!!繭未さんのプロフィール
  • 函館駅前へ戻ってきました、もうそろそろ江戸へ帰る時間ですまずは少し遅いお昼ご飯を駅前の朝市で有名などんぶり横丁内です 山三 道下商店 サッポロビール私にとってのガソリン 道下丼(うに・いくら・ほたて・かに) 2,000円海藻の入ったお味噌汁と、イカの塩辛に漬物も 私、うにが大好きでとろけるぅ〜〜〜甘い〜〜〜クリーミーそしていくらもプチっと濃厚で美味しかった大大大満足 最後の観光の地はここ駅から10分ほどで
76位 でぃーさん
77位 ふらふら侍さん
  • 情報提供近衛邸 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール
  • 【概要】輿入れが決まっていた篤姫ですが、箔をつけるべく右大臣近衛忠照の養女になります。安政3年(1856年)のことです。 それから間もなくして篤姫は正室として江戸城に入城することになったのです。ちなみに篤姫が輿入れのため薩摩を出発したのは1853年で、輿入れできたのは1856年。3年もかかるものでしょうかねえ。
78位 しろみ茂平の話さん
  • 情報提供津浦沿線の戦闘 しろみ茂平の話しろみ茂平の話さんのプロフィール
  • 父の所属する部隊の記録を転記する。「岡山県郷土部隊史」より転記xxxxxxxxxxxxxxxxx津浦沿線の戦闘昭和12年8月支那事変の発生とともに、第20師団が北支に応急動員下命で派兵され、次に第5・6・10の三個師団に対して動員下命あり、8月8日、9日真夏の太陽が照りつける中を岡山駅頭を離れ、神戸で乗船し、一路北支に向かい、8月15,16日歩兵第10連隊は太沽に上陸する。(略)第三大隊の韓荘守備昭和13年4月19日大運
79位 秋葉 奈津子さん
  • 情報提供歴史を歩く183 奈津子の徒然雑記帳秋葉 奈津子さんのプロフィール
  • 40 第一次世界大戦とロシア革命④4ロシア革命1914年当時のモスクワ、赤の広場 ツァーリズム(専制政治)のもとで近代化が遅れていたロシアは、1914年末には早くも軍需品の不足に陥り、1915年8月にはロシア領ポーランド全体がドイツ軍に占領され、ロシア軍は本国へ敗走し、その後東部戦線が膠着する中で、長期の塹壕生活を送る兵士達の士気は著しく衰え、兵士達の間には厭戦気分が広まって行きました。又1916年夏には、中央アジア
80位 たんぱんさん
  • 情報提供2008年 夜行列車一人旅 古代諏訪に秘められた欠史たんぱんさんのプロフィール
  • 平成30年 私は今年30歳。(;´д`)ピカピカの三十路10年前はピカピカの二十歳ちょうど10年前の私は吉野ヶ里遺跡に君臨それは人生初の一人旅でした2008年3月今は無き寝台特急 なは あかつき。廃止1週間前に乗車した為、鉄道ファンの方々が多かったです。ムーンライト九州も廃止され、なは あかつき も無くなるなんて!B寝台ソロの二階は窓が大きく快適。京都から熊...
81位 miosukeさん
  • 情報提供春を待つ手紙 miosuke blogmiosukeさんのプロフィール
  • 直子より追いかけました あなたの姿だけ幼いあの頃の 思い出あたためてあれから幾年 友さえ 嫁ぎ行きその日を 待つように 父母も逝きました人間だから 求めてしまうけどそれこそ悲しみと 知ってもいるけれど俊一より変わらぬ心を 素直と呼ぶならばオイラの気持ちは 最終電車だろう涙を見せると 足もとが フラフラリ女々しくなるまい 男の意気地なし時間が 僕らに別れをすすめてるこのままいる事で 寒い冬越えら
82位 繭未さん
  • 情報提供高幡不動 繭未ブログ Tokyo Life!!繭未さんのプロフィール
  • 今日は、高幡不動尊へ行ってきましたお守りを買いにね まだお正月な雰囲気でした 今年は緑のお守りにしましたこちらを手に握って、お参り 大日堂も拝観しましたよこちらには天井画の「鳴り龍」があります ついこないだ日光では「鳴き龍」を体感してきたばかり、でもこの大日堂では自ら手をたたいて体感できますビヨよよ〜ん(?w)って聞こえるよ そして、目的は新選組のみなさんのご位牌に手を合わせる事です 五重塔も相変
83位 たっつんさん
  • 情報提供日吉神社(左京区浄土寺真如町) 杜を訪ねて 第二章たっつんさんのプロフィール
  • 1日目、13社目。本日のご紹介は日吉神社です。社号標です。ご由緒書きです。神猿様です。二の鳥居から拝殿を望む。二の鳥居です。扁額です。狛犬さんです。(大正7年奉献) 拝殿です。狛猿様です。 本殿です。末社です。石不動明王です。猿様です。本日も皆様にとっていい1日となりますように。そして、また明日も。
84位 yzal-juleさん
  • 情報提供337.名護屋城跡(2) 〜 その破城はすさましく 兵どもが、夢のあと・・・yzal-juleさんのプロフィール
  • 2017年秋の陣は11月23日から26日にかけて筑前肥前攻略。メインターゲットは福岡、立花、岩屋、唐津、名護屋といったところ。新幹線で博多に入り、レンタカーで放浪。隠れ湯・古湯温泉で過ごし、三日目の3番目最後は名護屋城跡。秀吉の死後、大陸進攻が中止されたために城は廃城、建物は寺沢広高によって唐津城に移築されたと伝わる。おそらくその時点で破城が行われたと想像されるが、江戸時代、特に島原の乱の後に本格的に破城が
85位 木庵先生さん
86位 kinokazuさん
  • 情報提供いい発表だった 塚原二子塚ブログkinokazuさんのプロフィール
  • 今日はOIDE長姫高校で「地域人教育」の成果発表会が行われ、聴きに行ってきた。 商業科は先日の予選で9組の中から、竜丘地区のグループが選抜され発表した。 交流のあった竜丘小学校6年1組の生徒も駆けつけ、充実した内容の発表会であった。 アンケートに書いた内容来場者アンケート竜丘公民館長 木下和彦 学校課題研究発表会のステージ発表前半だけ聴講させていただきました。 竜丘地区で活躍された商業科の皆さんの発表内容
87位 KAZUさん
  • 情報提供2018年1月19日 葉山 東京 風の旅人 Sailing DiaryKAZUさんのプロフィール
  • 早朝メール仕事朝ごはん食べてしばらくしたら外の北風に負けないくらいココロに寒風が吹くようなメッセージが届く頑張れ誠意をを尽くし続けろいつかは伝わるとはいえさっきまで元気ハツラツだったココロは折れなよなよそれでも頑張って船検備品を電話で手配するとかの仕事済ませて這うような心持ちで東京に向かう最初気になる症状を診てもらいに病院を二つ回る予定嫌なことは少し忘れよう明日は大切な一般社団法人うみすばるの今年
88位 鳳山さん
  • 情報提供書評 「西南シルクロードは密林に消える」(高野秀行著 講談社文庫) 鳳山雑記帳鳳山さんのプロフィール
  •  高野秀行さんは「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」がモットーの冒険家。西南シルクロードとは古代の蜀(四川省)から雲南省、ビルマ北部を経てインドへ至る交易路のこと。私は良く知らなかったんですが、古代蜀地方は養蚕と絹織物発祥の地だとか。そういえば蜀錦は古代名高い四川地方の名産品ですよね。 こういう歴史的経緯からも興味を覚えたんですが、何より通ったコースが凄い。
89位 miosukeさん
90位 勢蔵さん
  • 情報提供女性は何故、口紅を塗るのか 勢蔵の世界勢蔵さんのプロフィール
  •   「女性は何故、口紅を塗るのか」 どうして女性は口紅をつけるのだろうか。しかもそれは何故赤色なのか。まあこの稿は焼き直しですが、女性が不快を感じるでありましょう。戯れとして読んで下さい。 チンパンジーのメスのお尻には、性皮と呼ばれる部分ある。人間の女の大陰唇に相当する。この性皮が、35日間の月経周期のうちの約10日間続く発情期間に、次第に赤みを増し、大きく膨らんでいく。最終日が最も赤く大きく、排卵が
91位 ゆささん
  • 情報提供博物館に初もうでその5。 ゆさな日々ゆささんのプロフィール
  • 東博の「博物館に初もうで」に行ってきました!今年のミュージアム始めも去年に続き東博からスタートです。何だかんだで毎年来ているので、この垂れ幕もすっかり見慣れましたな^^一番見たかったのはこれ!新春特別公開の鳥獣戯画断簡。もともとは鳥獣人物戯画の一部だったと考えられていて、現在は重要文化財に指定されています。絵柄からすると甲巻から分かれたのでしょうか…どの部分に挿入されていたのかな、甲巻に動物たちが
92位 ハリさんさん
  • 情報提供1942年1月17日、伊60は敵艦と刺し違えるべく砲戦に挑んだけど…!!の巻 第肆章「ホンマかいな、そうかいな、へぇ〜!」ハリさんさんのプロフィール
  • 伊60は、海大3型bと言う巡潜型の改良型で1929年12月24日び竣工しています。同型艦の伊561937年同型艦で伊60と同じく第28潜水隊に所属してた伊63と衝突事故を起こしてしまい伊63は沈没。開戦時はマレー半島上陸作戦の支援に従事。その後フィリピンのダバオに進出。インド洋における通商破壊戦に参加すべく1月9日に出港。スマトラ島とジャワ島の間のスンダ海峡を通過中の1月17日、英駆逐艦ジュピターのソナーで発見され、爆雷攻撃を
93位 たっつんさん
  • 情報提供鷺森神社(左京区修学院薬師堂町) 杜を訪ねて 第二章たっつんさんのプロフィール
  • 1日目、8社目。本日のご紹介は鷺森神社です。ご由緒書きです。社号標です。鳥居です。扁額です。参道が続きます。手水舎です。狛犬さんです。    拝殿です。縁結びの石です。本殿です。神殿狛犬さんです。ご由緒書きです。末社の八幡大神です。末社の住吉大明神です。末社の天照皇大神宮です。末社の熊野皇大神です。脇参道の鳥居です。本日も皆様にとっていい1日となりますように。そして、また明日も。
94位 おりんぽすさん
  • 情報提供彦根城ジオラマの納品 城郭模型製作工房おりんぽすさんのプロフィール
  • ご注文から一年以上…本日、無事に彦根城ジオラマを納品しました。一部屋まるまる使ったHOゲージの広大なレイアウトに溶け込みました。彦根城のジオラマが情景のアクセントになった気がします。見る方向によっていろんな表情が見えるように構成しています。実際の建物の向きとは大きく違っていますが、限られたスペースにその城らしさを詰め込んで構成し直す作業は難しくもあり、腕の見せ所でもあります。プラ材が届かなかったた
95位 sugikanさん
  • 情報提供「すき好きノート」〜谷川俊太郎著 千々石(ちぢわ)deその日暮らしsugikanさんのプロフィール
  • 「あさイチ」で話題になったそうですが、初版が2012年10月30日、私が買ったのが2017年7月25日の第11版。で、今日買い、新刊だと思ったのですが、こちらに着くのが遅いですね。何せ、片田舎だから・・・本の帯に書いてあるように、「こどもむきは ひだりから」、「おとなむきは みぎから」と書いてあり。ちゃんと「すきノート たにがわしゅんたろう」と、「好きノート 谷川俊太郎」と使い分けています。下が
96位 大澤寺さん
97位 戦国伝道師PJさん
  • 情報提供燃える江戸城@アーマーモデリング誌 戦国情景戦国伝道師PJさんのプロフィール
  • 誠にもって、戦車模型専門誌でござるが。。。。隔月にて、掲載される『戦国ダィオラマ絵巻』。。。今月号は、『江戸城明暦の大火』確かに燃えてますぞ【明暦の大火】明暦3年(1657)正月、江戸本郷の本妙寺から出火した江戸の町の大半を焼いてしまった火事。。。法会の為、寺内で振袖を焼いたことが原因だったとか。。。一説によると、近隣の武家屋敷が火元で、狭くなり混み合う江戸を一新しようと計画したらしいとか。。。有名な
98位 宙海さん
  • 情報提供長者の御利益石など (大阪 泉佐野市) ぐるぐる宙海さんのプロフィール
  • 上善寺からお次は長者の御利益石↑ すると大きくなります。お詣りをこの順番で詣るみたいです。上善寺の水かけ観世音菩薩の写真を撮影していません^_^;↑ すると大きくなります。お多福石がどこにあるのか解らず、しばらく探してなんだ、こんな所にあたのか(笑)これがお多福石泉佐野市のマンホール市の木のイチョウの葉とギンナンの実真ん中に市章↑ すると大きくなります。長者の御利益石の所でパワースポ
99位 暗唱で人生が楽しいー「黄金の記憶術」さん
  • 情報提供西田敏行さん、それは違うと思います 暗唱で人生が楽しいー「黄金の記憶術」暗唱で人生が楽しいー「黄金の記憶術」さんのプロフィール
  •  NHK大河ドラマ「西郷どん」が始まった。西田敏行さん、あなたは冒頭、『もつ一つ確かなことは、この男がいなかったら新しい日本はうまれませんでした』と西郷隆盛を紹介しました。 でもそれは違うと思います。西郷たちが明治維新を始めるより10数年も前、幕府はすでに日米和親条約を結び、国を開き、新しい日本の船出をしていました。それは徳川幕府を中心としてオールジャパンで英知を結集して進んでいくものでした。 しか
100位 あゆさん
  • 情報提供【三重】椿岸神社(椿大神社別宮) 〜御朱印取扱い注意書〜あゆさんのプロフィール
  • 椿大神社の境内内にある別宮椿岸神社。御祭神はあめのうずめ。天岩戸のお話に出てくる芸能の神で猿田彦の妻になる神様。あめのうずめを祀る神社の総本宮です。 手水舎。ここは龍ですね。 で肝心の御朱印は頂き忘れてしまいました こちらも をお願いします。にほんブログ村
更新時刻:18/01/20 11:30現在