歴史ブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/02/21 08:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
紫竜さん
  • 情報提供一時坂 竜王庭園 〜諏訪の景色と散歩道〜紫竜さんのプロフィール
  • 5世紀代に造られたという、諏訪市の「一時坂古墳」写真を見てのとおり、とても眺めの良い場所に築かれています。円墳なのか方墳なのか、今ひとつ判断しがたい墳形ですが、諏訪の古墳はそんな形のものが多いような気がします。この古墳がある一時坂は、弥生時代末期から古墳時代初頭の周溝墓もいくつか存在しました。その時代から、この古墳が造られるまで、およそ200年以上の空白期があるわけですが、茅野市の永明寺山山麓一帯も、

2位
しばやんさん

3位
ひろまるWEBさん
  • 情報提供東京駅 約100年前の姿が再現された巨大駅 ひろまるブログ/勝手に紹介!歴史スポットひろまるWEBさんのプロフィール
  • こんにちは、ひろまるです。 ? 今回 “勝手に紹介” する歴史スポットは、東京の玄関口『東京駅』です。? やってきました東京駅。東海地方に住んでいるひろまるは、東京も東京駅も久しぶり。 昨年(2017年12月)「丸の内駅前広場」がオープンし、皇居方面への広々とした空間ができたよ。正面からの写真も撮りやすいね。 ? この巨大な駅も、国の重要文化財に指定される歴史スポットなのです。 〜◎東京駅のざっくり歴
4位 あきおうさん
  • 情報提供梁山城 [2/2] 森の中にひっそりと残る、本丸外周石垣。 城めぐりチャンネルあきおうさんのプロフィール
  • 梁山城 訪問記 其の二。[前回までの訪問記 概要]ハイキングコースから登城。石垣は大きく破壊を受け、残る石垣も僅かだが、それでも本丸外周や天守台付近は形が分かる程度には残っていた。其の二では尾根上に築かれた細い二ノ丸と、もう一つのピークである西の丸を見に行く。訪問時期:2017年11月梁山城 訪問記 − 其の一、二。倭城めぐりの旅 −トップページ。<訪問記>本丸から更に東へ進む。この奥は二ノ丸のようだ。二ノ丸
5位  たまびと ルンちゃんさん
  • 情報提供足利七福神 その1 新選組のチョッと話 〜多摩人(たまびと)漫遊記〜 たまびと ルンちゃんさんのプロフィール
  • 前回、「足利学校」に行ったことをお話しましたが、実はその時今年2度目の「七福神めぐり」で足利を訪れていたのです。こちらはウォーキングで集う皆さんといっしょに歩く七福神で、毎年1月に行っているものですよ今年の七福神はチョッと遠出して「足利七福神」でした。足利には来たことがなかったので、すごく楽しみでした。まずはコースから。なんと足利七福神は、全部を訪問すると12ヵ所めぐりなんですよね。1.鑁阿寺(ば
6位 挂甲の武人さん
7位 偉人録さん
  • 情報提供札幌で小説家の特別展 未完小説の思いに迫る(札幌経済新聞・2018/1/30) 偉人録 郷土の偉人を学ぶ 偉人の志を引き継ごう!偉人録さんのプロフィール
  • ◆札幌で小説家の特別展 未完小説の思いに迫る(札幌経済新聞・2018/1/30)北海道立文学館(札幌市中央区中島公園1、TEL 011-511-3266)で2月3日から、「有島武郎と未完の『星座」明治期北海道の青春群像」が開催される。有島武郎は、明治、大正期の北海道に生きる人々を描き出した小説「カインの末商」「生れ出づる悩み」など数々の作品を生んだ大正時代を代表する小説家。同展では、有島の生涯を作品や日記、スケッチ、写真など
8位 綾杉 るなさん
  • 情報提供邪馬台国論争 拝聴 ひもろぎ逍遥綾杉 るなさんのプロフィール
  • 邪馬台国論争 拝聴今日は飯塚コスモスコモンで「古代の鉄」のフォーラムがあったので、拝聴してきました。鍛冶施設が全国規模で展開する話など普段は聞けない内容がありました。中国北部から朝鮮半島にかけて古い形態の鉄生産があり、漢などに先進の鉄が出てきても、その技術は渡らないようにしていたそうです。古い形態のエリアが、ちょうど一目国〜高句麗壁画の分布と重なります。賀茂氏...
9位 きゅろさん
10位 たっちゃんさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 momijiaoiさん
12位 挂甲の武人さん
  • 情報提供毛塚1号墳 東松山市毛塚 週末は古墳巡り挂甲の武人さんのプロフィール
  • 毛塚古墳群は都幾川(ときがわ)と越辺川(おっぺがわ)に挟まれた高坂台地南西の宏仁会高坂醫院南一帯に分布する。東武東上線の東側の線路脇にあるどんぐりやま公園。2014年から2015年に毛塚1号墳の周辺が公園として整備された。毛塚1号墳は円墳。東屋(あずまや)やローラーすべり台がある築山は円墳に地続きに築造されている。説明板に「古墳がつくられはじめた最初のころ(約1600年前)の古い古墳」とあるので4世紀後半から5世紀前半の
13位 住兵衛さん
14位 大川原英智(おおかわらえいち)さん
  • 情報提供第2章 平安時代 7 藤原定子 差別と歴史上の人物大川原英智(おおかわらえいち)さんのプロフィール
  • 7 藤原定子 (977 〜 1000)〜同族の権力争いの犠牲になり若死にした才色兼備の皇后〜 生涯、一条天皇に愛され続けた藤原定子(ふじわらのていし)。 仲の良い夫婦で、3人の子どもにも恵まれました。 美貌で明るく、知性と教養が豊かでした。 「枕草子」 で有名な清少納言が仕えた女性でもあります。 その人柄はつんつんとしたところが一つもなく、周りの者にも好かれ、朗らかに行動することができました。 し
15位 みどりの木さん
  • 情報提供なら瑠璃絵の紹介4  歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は本部会場に行きます。 下図④の本部前です。 現地案内板です。 奈良春日野国際フォーラム甍です。 瑠璃絵オリジナル商品の幸せココアです。吉野葛を使ったココアです。 瑠璃絵マーケットです。 ポタージュスープと総菜パンを食べました。 奈良テレビの取材がありました。 奈良春日野国際フォーラム甍の建屋内に入ると案内板です。 こちらの入場は500円の有料です。無料の見学場所もありますが、冬七
16位 たっつんさん
  • 情報提供御霊神社(大津市鳥居川町) 杜を訪ねて 第二章たっつんさんのプロフィール
  • 2日目、20社目。本日のご紹介は御霊神社です。扁額です。手水舎です。拝殿です。狛犬さんです。  本殿です。末社です。末社(是高・繁栄大明神)です。末社の大友宮です。神輿庫です。明日が2日目のラストです。本日も皆様にとっていい1日となりますように。そして、また明日も。
17位 yzal-juleさん
  • 情報提供40.福知山線・山陰本線特急『こうのとり』(1)  兵どもが、夢のあと・・・yzal-juleさんのプロフィール
  • 2018年、城崎温泉に行きたくなり、1月5,6日で山陰へ。新大阪から福知山線経由で城崎温泉・福知山を結ぶ『こうのとり』。前身は非電化時代『まつかぜ』、電化後は『北近畿』。今回は城崎温泉から終点・新大阪の一つ手前・大阪まで。北近畿ビッグXネットワークはJR西日本と京都丹後鉄道による近畿地方北部の特急ネットワーク。きのさき、こうのとり、まいづる、はしだて、はまかぜがそれらの特急。明けて1月6日の大谿川、最後に
18位 鳳山さん
  • 情報提供チューダー朝Ⅳ ヘンリー8世とイングランド国教会創設 鳳山雑記帳鳳山さんのプロフィール
  •  1501年イングランド南部プリマス港に見慣れない豪華な船団が入ってきました。上陸したのはスペイン王女キャサリン・オブ・アラゴンとそれに付き従ってきた数多くの従者たち。もちろん豪華な引き出物と一緒でした。イングランド国王ヘンリー7世の王太子アーサー殿下に輿入れするために来た一行です。 スペインすなわち当時はカスティリャ・アラゴン連合王国。キャサリンの両親はカトリック両王と呼ばれたフェルナンド2世とイサベ
19位 ハリさんさん
  • 情報提供敵戦車に苦戦した一式機動四十七粍速射砲やけど、メッチャ頑張ったんやで!!の巻 第肆章「ホンマかいな、そうかいな、へぇ〜!」ハリさんさんのプロフィール
  • 速射砲とは、対戦車砲のことで日本陸軍ではそう呼んでました。1930年代に開発された九四式三十七粍速射砲はノモンハンでソ連軍のBT-5やBT-7、T-26等の戦車を相手に奮戦し、多くの車両を撃破もしくは擱坐させました。対米戦が始まり、南方の島々で敵の反攻が開始されると九四式三十七粍速射砲では敵戦車に全く歯が立たず、発砲しても跳ね返され返り討ちにされるばかりでした。そこで戦争中期に登場したのが一式機動四十七粍速射砲で
20位 研修隊員さん
  • 情報提供305 進歩発展は邪悪な思想 日本史探検隊研修隊員さんのプロフィール
  • 江戸幕府が公式学問として「朱子学」(新儒教とも)を採用したのには、創立者・徳川家康(1543-1616年)の強い意志が働いていました。盟友・織田信長(1534-1582年)が「、家臣・明智光秀の謀反によって呆気なく倒れる姿も、その後織田家が、やはり家臣であった豊臣秀吉(1537-1598年)は乗っ取る姿も見てきたからです。要するに、主君としてそうした失敗を繰り返さないためには、大名・武士に、きちんとしたモラルを植え付ける必
21位 縄文人さん
  • 情報提供日本の技術力が世界的にすごい本当の理由 日本人と縄文体質縄文人さんのプロフィール
  • リンク日本の技術力が世界的にすごい本当の理由今回の日本出張の際に、とあるアパレル系ブランドの海外進出プロジェクトの一環として、彼らのものづくりに関しての現場を見るためにいくつかの工場と品質管理センターを見学させていただいた。そして、その経験は今までの人生の中でも1,2を争うほどに度肝を抜かれる結果となった。繊維系の製作現場という特性もあるだろう、決してテクノロジーがすごいわけでも、難易度の高い複雑な
22位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供太平記を歩く。 その202 「等持院」 京都市北区 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • シリーズ200を超えましたが、関西を中心とした『太平記』ゆかりの地は、ほぼ網羅できたんじゃないかと思っています。というわけで、このあたりで、ひとまず一区切りにしようかな・・・と。そこで、その節目を飾るのは、足利将軍家の菩提寺「等持院」です。 ここ等持院は「その158」で紹介した臨済宗天龍寺派の古刹で、室町幕府を開いた足利尊氏が、興国2年/暦応4年(1341年)に「その157」で紹介した洛...
23位 itukanaranisumuさん
  • 情報提供大好きな神社③ 椿大神社 備忘録itukanaranisumuさんのプロフィール
  • 室生龍穴神社、瀧原宮に続き大好きな神社は「椿大神社」。この神社も遠くて一度しか行けていないですが大好きなんです。 また行きたいですが、三重の鈴鹿は遠い。 【椿大神社】御祭神:猿田彦大神 この神社も参道が森林浴をしているみたいでとても気持ちが良いです。 松下幸之助も生前この神社が大好きで信仰しておられたようです。多額の寄付もしており松下幸之助社もあるほど。 「本殿」 「椿岸神社」御祭神:天乃鈿女命 参道が
24位 七森さん
  • 情報提供熊野古道を歩く 『馬越峠01・JR相賀駅から登り口まで』 あちこち神社七森さんのプロフィール
  • 今回は熊野古道の中でも人気の峠「馬越峠」を歩きますヽ(´□`。)ノまずは公共交通機関を使った場合の出発点JR相賀駅から歩きまして、道の駅「海山」近くにある登り口へと向かいます。駅を出たら真っ直ぐ歩いて国道42号線へ〜駅から相賀の集落の中心街を通り、200mほどで国道42号線へ出られます。国道42号線に出ましたら左手、熊野方面へ歩いていきます。この丁字路の左手に相賀神社が鎮座していますので、これからの旅の安全をお
25位 しずかさん
  • 情報提供薩長同盟が締結された御花畑御屋敷跡 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
  • 薩長同盟が締結された邸宅「御花畑屋敷」は京のどこにあったのかという謎の解明に取り組んでいた元小学校教員で歴史研究家の原田良子さんが、明治初期の行政文書などから、近衛家別邸があった現在の上京区森之木町だと突き止め、2017年3月、鞍馬口のカフェ「フランジパニ」の一角に「御花畑御屋敷跡」の碑が立てられました。薩長同盟はかつて、二本松薩摩藩邸(現同志社大今出川校地内、上京区)で締結されたと考えられていました
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 みどりの木さん
  • 情報提供なら瑠璃絵の紹介6 冬七夕2 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続き 冬七夕2です。瑠璃色(るりいろ)は、やや紫みを帯びた鮮やかな青色です。宝石のラピスラズリを粉砕し精製した顔料として使われました。もともと主にペルシャで産出され、中国を経て日本にわたったと伝えられます。宝石としての瑠璃は、シルクロードの終着駅として大陸との交流が盛んだった時期にさえ、天皇など貴族階級以上のごく一部が宝飾品(正倉院宝物)としてわずかに所有するのみでした。これらは鉛系ガラスの『
27位 まこな。さん
  • 情報提供【日常】給料日を明日に控えて、予算編成してました。 確定申告も行かないと。 そのブログ、雑食系につきまこな。さんのプロフィール
  • こんばんは。タイトルにあります通り、私の会社は毎月20日が給料の振り込み日です。恥ずかしながら私、社会人になってしばらくは『あればあるだけ使ってしまう』タイプだったのですが30代を迎えたあたりで「これではいかん」と思い立ち、毎月の収支のやりくりを少しは考えるようになりました。現在いちばん大きい支出になっているのはもちろん家賃ですが、引っ越しするメリットがあるかどうかは微妙・・・共益費・駐車場・ネッ
28位 神スピさん
29位 鳳山さん
  • 情報提供カナダ海軍まで西太平洋に出張ってきましたね 鳳山雑記帳鳳山さんのプロフィール
  • 【カナダ】カナダの潜水艦、半世紀ぶりに西太平洋で哨戒任務 日本にも寄港へ「02/09]  シクーティミと言えば、元イギリス海軍のアップホルダー級潜水艦。1990年就役の通常動力型潜水艦です。カナダへは4隻売却されてヴィクトリア級潜水艦と名付けられました。 イギリスは潜水艦を原子力一本に絞るため通常動力型を全部売却したわけです。旧式ではあるが、長年運用実績のあるイギリス製だけにオーストラリアのコリンズ級よりはま
30位 borderlineさん
31位 山桜花さん
  • 情報提供平成29年度芦屋基地航空祭 朝倉民族懇話会山桜花さんのプロフィール
  • 平成29年度芦屋基地航空祭例年10月に行われえる芦屋基地航空祭だが昨年9月の過密スケジュール平成29年度三沢基地航空祭八王子市市制100周年記念行事第72回国民体育大会「愛顔えがおつなぐえひめ国体」総合開会式の影響なのか2月開催となった。芦屋基地と言えば天候と2月の寒さを心配されたが午前中は快晴、温かい航空祭日和の一日だった。第一輸送航空隊第401飛行隊C130-Hのキャビン見学は待ち時間の1時間の人気。航空自衛隊航空総
32位 kame-naokiさん
  • 情報提供諏訪坂古墳 カメさんと遺跡kame-naokiさんのプロフィール
  • 諏訪坂古墳は横浜市鶴見区に所在します。正確にはあったことになります。古墳は全長約25mを測る前方後円墳で、文久年間に古墳にあった松の根元から石棺が掘り出されたそうです。現在は諏訪坂公園内に出土した石棺の蓋石が移動され、園内入口にひっそりと保存されています(2011年5月撮影)。横浜に古墳の石棺、少し意外な感じがします。ちなみに前回、ご紹介したお穴さまは横穴墓で、その丘陵頂部には瓢箪山と呼ばれる高塚古墳があ
33位 鳳山さん
  • 情報提供チューダー朝Ⅱ ボズワースの戦い 鳳山雑記帳鳳山さんのプロフィール
  •  ランカスター家、ヨーク家という王位継承権を持つ王族の争い薔薇戦争。30年続いた内戦は後半ヨーク家の優位が定まってきました。一度はランカスター家に王位を奪われたエドワード4世が実力で王冠を奪い返し復位します。ランカスター家の王ヘンリー6世はロンドン塔に幽閉され殺されました。 エドワード4世は、ランカスター派の弾圧を開始します。ヘンリー6世の異父弟リッチモンド伯ヘンリーとて例外ではありませんでした。すでに
34位 tonchanさん
  • 情報提供コラム:記紀・神社伝承の価値 とんちやんの独り言tonchanさんのプロフィール
  • 古事記、日本書紀には国生み神話や天照大神、スサノオの活躍を始めとする出雲の説話や天孫降臨、神武東征、欠史八代、祟神天皇、ヤマトタケル、神功皇后などの楽しいストーリーが散りばめられており、自分も大好きです。 また、脇役としてアメノウズメや猿田彦、天穂日尊やタケミカヅチ、塩土翁、ニギハヤヒと長スネ彦、四道将軍や武内宿禰など魅力的なキャラクターに満ちあふれています。 これらは記紀だけでなく、先代旧事本記
35位 四十路さん
  • 情報提供奥津軽と秋田沿岸部の旅(27) 〜久保田城〜 日本攻城掃苔録四十路さんのプロフィール
  •  さて、奥津軽と秋田沿岸の旅も最終日です。 最終日の最初に向かったのは、秋田市の中心部にも近い久保田城です。 続日本100名城に選ばれた『秋田城』とは違う城なのでお間違えなく!! 最初の写真は大手付近ですが、そこからゆるい坂を登っていくと、松下門という門があった場所に着きます。 このあたりにも駐車場はありますが、麓の駐車場に停めて登ってきたほうが登城の雰囲気が出るので、こちらをおすすめします。 そ
36位 sugikanさん
  • 情報提供分かりやすい「原城の図」 千々石(ちぢわ)deその日暮らしsugikanさんのプロフィール
  • 島原方面に観光来られた方は、島原・天草の乱の舞台、原城に寄られた事とと思います。ただ、行ってみても、大阪城とか島原城とか、他のお城みたいに天守閣も、大手門もなく、掲示板はあっても、どこがここやら、といった経験を持った方がおられると思います。上は、当時の幕府と一揆方の陣図です。で、朝日百科「歴史を読みなおす15 城と合戦★長篠の戦いと島原の乱」(朝日新聞社刊)という本を読んでると、下のような図があ
37位 よっPさん
  • 情報提供如月〜春日大社と橿原神宮の参拝の装い。 よっPのブログ〜お着物 de 参拝の笑顔日記〜よっPさんのプロフィール
  • 連投でお着物コーデの記録先週末に奈良の社寺へ参詣した時の装いです。 春日大社の早朝参拝と、橿原神宮の紀元祭の奉納演武へまいりました。(私は奉納演武を見に行っただけです) 1月末の成田山新勝寺への参拝と同じお着物。薄い珊瑚色の地色に同色の組紐のお柄の刺繍の付下げです。しとやかに見えるお色〜この生地は、よりしぼが少なめなのもあって、ちょっとしたシワも目立ってしまうんです。逆に、ピシッと決まっているとキレイ
38位 おぢさんさん
39位 刮目天 一(はじめ)さん
  • 情報提供何故、大和をヤマトと呼ぶのか? 刮目天のブログだ!刮目天 一(はじめ)さんのプロフィール
  • ランキングに参加しました!よろしければポチっとお願いします( ^)o(^ ) にほんブログ村原始・古墳時代ランキング安本美典「倭人語の解読」によれば、現代日本語と今から千二百年以上前の日本語の大きな違いは、現代の5つの母音(a,i,u,e,o)に加えて、i?、e?、o?の合計8個の母音を区別して用いていたということだ(p.38)。山門(ヤマト)と邪馬臺(ヤマト)はそのために最後の部分の発音が明確に違うようだ(前者が甲類のト、後
40位 彼方さん
  • 情報提供油断してたら(怒) 近くの彼方から彼方さんのプロフィール
  • まったり休日を過ごしていたときのことです。 Youtube見てるうちについウトウトしてしまいました ふと目覚めて目に飛び込んできた光景。彼方部屋で自由にさせていたフトアゴヒゲトカゲのアゴの奴が観葉植物の上に乗ってバスキング。 こらっ!!最近、このスツールには上がれずにいたので、鉢を避難させてませんでしたらこのとおり。パキラが倒れそうになってるし、プミラの葉っぱは千切れてるし 怒ってみたところで、こいつ
41位 武田さん
42位 バージルさん
  • 情報提供平昌五輪で一押しの良かったこと 読む・考える・書くバージルさんのプロフィール
  • 一押しと言いつつ実は二つあるのだが、まずはやはりこれ。韓国語で小平奈緒(고다이라 나오)と調べると、小平奈緒選手とイ・サンファ選手のやり取りを賞賛する声が沢山出てきて、とても心が温まる。この姿こそが、人間が人間として互いに繋がり合えるスポーツの素晴らしさであり、そこには国や人種、言語の壁などは存在しない。 pic.twitter.com/Aw3zp9aQmN― 異星人共済組合 (@Beriozka1917) 2018年2月18日これは素直に素晴らしい
43位 borderlineさん
  • 情報提供【三重】都へ八重桜を献上した「花垣神社」の御朱印 御朱印ランナーの聖地巡礼〜街・山ときどきスイーツ〜borderlineさんのプロフィール
  • 平成30年2月18日三重県伊賀市の「花垣神社」へ。「花垣神社」は、千年以上前から池邊社・春日社を祀る歴史ある古社であり、その昔、都へ八重桜を献上した由緒から、奈良の春日大社を勧請したと伝わります。現在の社殿は、寛永2年(1625年)予野出身の上野城城代家老・藤堂釆女により再建されたそう。「鳥居」「芭蕉句碑」元禄3年(1690年)芭蕉翁がこの地を訪れて詠んだ句「一里は皆花守の子孫かや」が刻まれます。「割拝殿」「手
44位 大澤寺さん
45位 hatenanioさん
46位 アユさん
47位 ta.ta.daさん
  • 情報提供志布志城と鎌田政近〜松尾城・内城・高城・新城からなる城郭群 城旅人ta.ta.daさんのプロフィール
  • 志布志城(しぶしじょう)は、鹿児島県志布志市志布志町にある山城です。志布志城の特徴と致しましては、ひとつの城と言う事ではなく、志布志にある内城・松尾城・高城・新城の4つの独立した城郭のすべてを総称として「志布志城」と読んでおり、その規模の大きさから続日本100名城にも選ばれました。最初の築城はよくわかっておらず、鎌倉時代の初期に救仁郷平八成直が志布志の松尾城に居たという記録があるように、これまた名前が
48位 さんぽくんさん
  • 情報提供旧正月を終えて。 韓の国から韓国生活のあれこれさんぽくんさんのプロフィール
  • 旧正月は日本ではほとんど行われていませんね。日本人はお正月。でも韓国は旧正月。チェサというご先祖様にお供えをして、セベ(クンジョル)という礼をします。クン :多きい。ジョル:礼という意味です。日本いはこいう挨拶はありませんが、田舎に帰るとご両親や祖父母にします。私はまだするたびにちゃんとできているか、緊張します。子供たちはお年玉(セベトン)というお年玉をもらいます。親を敬うのは韓国では美徳とされていま
49位 はねもねさん
  • 情報提供加熱する報道への不安 /上村愛子がメディアにキレた日 新・はねもねの独り言はねもねさんのプロフィール
  • オリンピックでのメダル獲得が増え、報道が加熱しています。熱心な報道は沸き立つ日本のファンを考えると当然なのですが、ソルトレイクシティ五輪で起こった事件を思い出してしまいます。これまでメディアに協力的だった上村愛子が「こんなことがあったら、もう皆さんにご協力することはできません」と報道陣に憤りました。上村は本気で怒っていました。そして上村を怒らせてしまった報道陣は慌てました。上村愛子とは彼女の名前が
50位 上江洲 規子さん
  • 情報提供《疫病神》素盞嗚尊ゆかりの神社 守護神のさがし方|神話ライター上江洲が教える上江洲 規子さんのプロフィール
  • 今日のラッキー神社 『備後国風土記逸文』の話を読んで、「あれ?どこかで聞いたような……」と、感じた人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。 実は、旧約聖書の出エジプト記にもよく似た話しがあるんですよ。 当事、イスラエル人はエジプトで奴隷として働かされていました。「このままではいかん」と考えたモーセは、エホバから約束された地を目指そうとしますが、ファラオが邪魔するんですよね〜(^^ゞそりゃそうだ。奴隷がいな
更新時刻:18/02/21 08:30現在