歴史ブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/06/22 22:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
マルデンさん
  • 情報提供幻の宮への扉をひらく斎宮歴史博物館4〜2016冬至伊勢行(14) 日々のさまよいマルデンさんのプロフィール
  • 幻の宮への扉をひらく斎宮歴史博物館3〜2016冬至伊勢行(13)←(承前) 斎宮寮復元模型(400分の1) 展示室Ⅱ「ものからわかる斎宮」へ入ると、先ずこの復元模型が迎えてくれます。 発掘でよみがえった斎宮 昭和45年(1970)、現在博物館の建つ古里地区(ふるさとちく)で発掘調査が行われ、長い間埋もれていた斎宮が再びその姿を現しました。昭和54年には、東西約2キロ、南北約700メートル、面積約137ヘクタールが国の史跡(しせ

2位
縄文人さん
  • 情報提供何故日本は科挙制度が根付かなかったのか? 日本人と縄文体質縄文人さんのプロフィール
  • 日の「実現塾」で、入試試験に対して一族を挙げて苛烈な競争をしている国は儒教国である中国・韓国・日本である。一神教の国(キリスト・イスラム)ではこの様な事は起こってない。これは、儒教は現実に対応する実学であるが、一神教の教義は現実逃避の架空観念であるので現実の政治に役に立たない為と考えられる。一方、中国・韓国は科挙制度の1000年に及ぶ歴史があるが、日本の科挙制度の歴史は明治以降である。何故日本は科挙制

3位
M・ITOさん
  • 情報提供邪馬台国・卑弥呼の墓はどこにある?〈熊本行3〉 邪馬台国と日本書紀の界隈M・ITOさんのプロフィール
  •  以前の記事で、熊本に行った目的の一つに「卑弥呼の墓が作られたであろうと思われる場所を見つけること」があると書きました。  私は『邪馬台国は熊本にあった!』の中で、卑弥呼の墓は山陵や山頂を整形した直径25メートル程度の円墳であると考え、「邪馬台国である熊本平野を見渡すことのできる山上に直径二五メートルの円墳が築かれ、都の人々は常にそれを仰ぎ見、時には山を登って祭祀を行ったのではないだろうか」と幻想
4位 しばやんさん
5位 ゆささん
  • 情報提供Once upon a time in 室町その2。 ゆさな日々ゆささんのプロフィール
  • 呉座勇一『応仁の乱』が売れているらしいですね。京都の人がよく「前の戦争」などとおっしゃる11年にもおよぶグダグダな大乱を約300ページというコンパクトな内容にまとめた新書です。室町時代って学校の授業とかでも地味な扱いをされがちですけど(わたしも全然詳しくないけど)たまに少し勉強すると想像以上の出来事や人々が出てきて手におえなくて頭が「えらいこっちゃ」ってなるのであまり手を付けてこなかったのですが、今
6位 住兵衛さん
7位 ひろまるWEBさん
  • 情報提供長篠・設楽原(3)長篠の戦いのきっかけはココ!長篠城(愛知県新城市) ひろまるブログ/勝手に紹介!歴史スポットひろまるWEBさんのプロフィール
  • (前回のつづき) 愛知県新城市で 設楽原歴史資料館、馬防柵を見学したひろまる。次は、お城を訪ねます。 〜新東名高速道路「新城IC」より車で約15分ほど、日本100名城のひとつ「長篠城」(国指定史跡)に到着です。? 無料駐車場あり。? まずは、駐車場のとなりにある「長篠城址史跡保存館」から見学。? 観覧料210円(設楽原歴史資料館との共通券は400円)。 長篠城の「日本100名城スタンプ」もここにあります。2階の受付でお
8位 syou-anmakiさん
  • 情報提供春の島根・山口旅 周防 大内氏館へ 適当な紀行集syou-anmakiさんのプロフィール
  • 春の島根・山口旅3日目。 周防 大内氏館へ編。周防 築山跡を巡った後は、すぐお隣にある大内氏館跡へ。龍福寺 山門門をくぐってすぐにあるのが ↓ ザビエル布教の井戸いきなりザビエルの井戸。寺で布教したんか? というのではなく、当時は館跡。説明板には、ここで初めて布教したとあるが、許可を得たということなんでしょう。豊後岩帰りたくても帰れなかった豊後岩? 詳しくは ↓ 現地説明板大内義隆供養塔辞世句現地説明板龍福
9位 たっつんさん
  • 情報提供飛鳥寺(奈良県高市郡明日香村飛鳥682) 杜を訪ねて 第二章たっつんさんのプロフィール
  • 奈良1日目、次のご紹介は飛鳥寺です。飛鳥大仏標石です。ご由緒書きです。本堂です。鐘楼です。お庭です。中に入ってびっくりしたのは、お坊さんが滔々と由来を語ったり、仏像も写真撮影OK でした。亀石同様、観光地化してますねぇ。飛鳥大佛です。阿弥陀如来像です。聖徳太子像です。この後、次に向かう途中にあった道標です。本日も皆様にとっていい一日となりますように。そして、また明日も。
10位 美雨さん
  • 情報提供嬉しい3周年 美雨の部屋へようこそ美雨さんのプロフィール
  • 傳次郎、嬉しい3周年先週から体調を崩していて、更新が遅れてしまいました。”美雨さんは二匹もわんこを飼っているのに、なぜか登場しない”という声がブロ友さんからあった
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 みどりの木さん
  • 情報提供姫路城の紹介 最終回  内京口門跡から総社門跡まで 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は 内京口門跡から総社門跡まで歩きました。 射楯兵主神社(いたてひょうずじんじゃ)の再建された総社御門です。(フィシュアイレンズで撮影)1181年(養和元年) に、 播磨国16郡174座の大小明神社を合祀し、播磨国総社となりました。1581年(天正9年) に羽柴秀吉が姫路城を築城するのに伴い、約北500mから現在地に遷座しました。1945年の姫路空襲で焼失しますが再建されました。 内
12位 みどりの木さん
  • 情報提供花の文化園の花写真 最終回  2017 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は大温室の中からです。 今日はクジャクサボテンの花からです。白花の孔雀サボテンと月下美人の花はよく似ています。一番の見分けポイントは「葉」で、クジャクサボテンは肉厚ですが、月下美人は薄く緑が濃いです。クジャクサボテンは昼間も咲いていますが、月下美人は夜だけしか咲きません。花の色も白色だけです。 以上がクジャクサボテンです。月下美人は咲いていませんでした。 花の文化園のマップで
13位 くじょうさん
  • 情報提供史跡・難波宮 2:難波宮跡公園編&AR 藤原氏と古代史推進委員会くじょうさんのプロフィール
  •  ◆史跡案内◆大阪  史跡・難波宮〜難波宮跡公園/AR難波宮 難波宮跡を楽しむ「AR難波宮」を中心にご紹介 古代の都/副都・難波宮。 乙巳の変のあと、孝徳天皇の時代に営まれた前期難波宮と、 奈良時代の聖武天皇がその跡地に復興した後期難波宮に分けられます。 (詳しくは前回記事参照) 現在、宮跡地の中心部分は難波宮跡公園として整備・保存されています。  道を挟んで北は大阪城と宮遺跡の一部が保存されている大
14位 イッセーさん
  • 情報提供新選組漫画 184 夏の侵入者 幕末多摩・ひがしやまとイッセーさんのプロフィール
  • 先日、台所で2匹、脱衣所で1匹と、一晩で3匹のゴッキーを射殺(殺虫剤で)。ゴッキーは思われてるほどバイキンは持ってないと聞いたコトがありますが、それでも見かけるとイヤなものですね。やっぱり、あのビジュアルとカサカサ動くあの走り方が生理的に嫌悪感を誘うのでしょうか?たとえば、夜中に台所の電灯を点けてそこにいたのがアゲハチョウとかオオゴマダラだったら、すぐさま写メ撮って「夜中の台所、蝶とんでるナウ」と
15位 yzal-juleさん
  • 情報提供318.洲本城跡 〜 淡路島の拠点 兵どもが、夢のあと・・・yzal-juleさんのプロフィール
  • 恒例のフライング春の陣、2017年は出雲方面ではなくサンライズ瀬戸で四国に渡る。2017年4月28日-5月1日の攻略ツアーは讃岐に上陸し阿波へ、阿波から土佐を抜けて伊予、阿波の最後は大鳴門橋を渡り洲本城跡へ。淡路は兵庫県洲本市にあるにあった山城、別名・三熊城。安宅治興が築城、治興の後は養子・安宅冬康、冬康死後は長男・信康、二男・清康へ受け継がれ、1581年(天正9年)の淡路討伐の際、羽柴秀吉に降り、城は仙石秀久に与え
16位 桃香さん
  • 情報提供NHKスタパ・司馬遼太郎展・坂本龍馬展 桃香の歴史探訪ブログ♡主に幕末維新桃香さんのプロフィール
  • まとめての記録になりますが、先々週〜先週末にかけていろいろ行ってきました。NHKスタジオパーク「おんな城主直虎」の世界展を見に行きました。ミニ大河ドラマ館みたいな感じ。小道具やセットが再現されていました。三浦春馬・高橋一生・柳楽優弥のパネルもありました。柳楽優弥好きですこんな塗り絵コーナーもありました。娘、挑戦中会期は7/13までだそうです。司馬遼太郎展横浜のそごう美術館で開催中の司馬遼太郎展へ行きまし
17位 M・ITOさん
  • 情報提供原日本紀の復元006 推古天皇〈2〉実年代と事績 邪馬台国と日本書紀の界隈M・ITOさんのプロフィール
  • 推古天皇:豊御食炊屋姫天皇:33代天皇  推古天皇は、歴代天皇で最初の女性天皇であり、容姿端麗であったとされます。そして、推古天皇の治世には非常に重要な事績が多く見られます。 ●仏教の興隆を図り、法興寺を建立(推古4年)●冠位十二階の制定(推古11年)●十七条の憲法を発布(推古12年)●遣隋使の派遣(推古15年、16年など) *『隋書』では推古8年(600年)に最初の遣隋使を送ったとされる●天皇紀、
18位 大川原英智(おおかわらえいち)さん
  • 情報提供第6章 19世紀の百年間 10 セシル・ローズ 差別と歴史上の人物大川原英智(おおかわらえいち)さんのプロフィール
  •  10 セシル・ローズ (1853年 〜 1902年)〜侵略と心労で戦争中に若死にしたイギリスの帝国主義者〜 「神は世界地図が、より多くのイギリス領に塗られることを望んでおられる。 できることなら私は、夜空に浮かぶ星さえも併合したい」 「ちょっと待ってください」 と言いたくなるセシル・ローズの有名な言葉です。 彼の帝国主義者、人種差別者としての生き方が、この一言に凝縮されていますね。 植民地争いの戦
19位 研修隊員さん
  • 情報提供探検270 弘法大師は見てござる 日本史探検隊研修隊員さんのプロフィール
  • 宗祖・空海(弘法大師/774-835年)が開創した真言密教の聖地に当たる寺院。 それが高野山真言宗総本山・金剛峯寺※1です。 また名古屋には、「尾張高野」とも称されるグループ寺院?八事山・興正寺※2・3があります。ところが漏れ聞くところによれば、つい最近のこと、この両寺の間には”対立”が生じていたそうです。しかもそれは教義解釈の論争という高尚?なものではなく、まっこと下世話な出来事を巡ってのお話だったという
20位 たっつんさん
  • 情報提供談山神社(奈良県桜井市多武峰319) 杜を訪ねて 第二章たっつんさんのプロフィール
  • 奈良1日目、次のご紹介は談山神社です。こちらは桜と紅葉の名所でもありますが、私最初「だんざん」と読んでいました。(笑)社号標です。石灯籠です。ご由緒書きです。手水舎です。鳥居です。正面からは入れませんねぇ。末社の払戸社です。カエルさんとさざれ石でしょうか。末社の総社拝殿です。拝殿内の福禄寿大神の像です。総社本殿です。木鼻がいい味を出しています。閼伽井屋です。十三重塔です。現存する唯一の木造十三重塔で
21位 春野公麻呂さん
  • 情報提供ネット初公開!巨岩地下掘下げ隧道と獅子岩と無名滝(大洲市河辺町) 自然、戦跡、ときどき龍馬春野公麻呂さんのプロフィール
  • [ドルメン隧道とライオン岩と樽落しの滝]これまで各種素掘り隧道・トンネルを紹介してきたが、100トンを超える巨岩の底の地面を掘り下げて造った水路隧道は極めて珍しい。掘下げた結果、隧道の両端は大石と岩のため、類を見ないような「ドルメン隧道」が誕生したのである。 工事時期は詳らかではないが、水路パイプがまだ日本(四国)になかった頃なので、明治か大正時代ではないだろうか。全長は十数メートルほどか。 周囲の地形
22位 RYUの挑戦さん
  • 情報提供黄金の龍 面白雑学その5(九頭龍神社) 歴史の闇から蘇る旧日本軍の財宝RYUの挑戦さんのプロフィール
  • ◎聖地を見学するのにお金がかかる?いわゆる観光名所でもない限り、普通は「聖地」と呼ばれる場所を見学するのにお金がかかるイメージはないだろう。ところが、まれに例外もある。それが箱根町にある九頭龍神社だ。箱根の九頭龍神社といえば、縁結びのパワースポットとして近年とくに有名である。新宮は箱根神社の境内に位置しており誰でも気軽に参拝することができるが、本宮はというと、少々特殊な立地条件にある。箱根神社から
23位 勢蔵さん
  • 情報提供「荒城の月」 勢蔵の世界勢蔵さんのプロフィール
  •                           大分県竹田市・岡城址   「荒城の月」 日本人なら誰でも知っているという名曲ですね。私の大好きな曲です。  作詞・土井晩翠(1871−1952)、作曲・滝廉太郎(1879−1903)というのもよく知られていますね。落語会の色ものの演奏(我が会ではサックスホン・ハーモニカ・馬頭琴など)ではよく聞きます。1.春高楼の花の宴 めぐる盃影さして  千代の松が枝わけ出でし
24位 あさくらゆうさん
  • 情報提供茨城史林と函館の準備 無二無三あさくらゆうさんのプロフィール
  • 1日2日3日体調不良で寝込む。4日午後、出かける予定もドタキャン。注文したものと違う商品は見る必要もありません。茨城史林41号が出来上がったようです。体調次第では総会に参加するつもりです。総会を終えた以降は筑波書林で購入できると思われます。今回は金子健四郎の論文を執筆しました。5日午前、銀行員が来て、やろうと思っていた手続きが完了。運が良いです。6日午前、函館市立中央図書館に電話。午後、国立公文書館
25位 西村蜜子さん
  • 情報提供視聴率12.4%で低迷中/「さよならされてしまうこと」もまた人生だ〜『直虎』第24話レビュー 『おんな城主 直虎』をめぐって西村蜜子さんのプロフィール
  • 第24話 さよならだけが人生か?まず出だしは余談からだが、森下佳子サンは大変に脚本を書くスピードが早い方だという。あくまでも噂のレベルなので、ご本人自身が言った訳でもNHK公式発表で知らされている真実、という訳でもないが、この森下サンの執筆スピードのお陰で、俳優含む映像を製作する側のスタッフは計画が立てやすく、かくして撮影は順調なのだという。 しかしながら過去、脚本の内容がいろいろ批評されたり評価さ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 番頭さん
27位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供太平記を歩く。 その72 「白旗城跡」 兵庫県赤穂郡上郡町 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • 兵庫県の西の端にある白旗城を訪れました。ここは、播磨国守護の赤松氏の居城とされたところで、『太平記』によれば、東上する足利尊氏軍を迎え撃つ新田義貞軍約6万を、赤松則村(円心)がここ白旗城にて50日あまりの間足止めさせたと伝わります。この標高440m、比高390mの登山にチャレンジしました。 城跡への登山の手引は、上郡町のHPで懇切丁寧に紹介してくれていましたので、迷うことなく登れます。写...
28位 さよりさん
29位 戦国伝道師PJさん
  • 情報提供飛行機模型展示会 戦国情景戦国伝道師PJさんのプロフィール
  • 紫陽花の花の紫が日ごとに深まる今日この頃。。。魔女の一撃を喰らって、早二週間が過ぎ。。。自転車にも乗れ、三キロウォークも復活徐々に快方に向かっておりまする。。。飛行機屋さんから、模型飛行機展示会のお誘いあり遠方への出陣。。。。魔女の一撃の再発の恐怖それでも出陣いたそうかや。。。。迷いどころじゃが。。。💦『空に雲があったからでさぁ〜』と。。。今、行かねば、六月は、逃げてゆきそうじゃ。。。皆様
30位 挂甲の武人さん
  • 情報提供桜土手古墳郡 秦野市堀山下 週末は古墳巡り挂甲の武人さんのプロフィール
  • 秦野市の中央部を流れる水無川の中流域に位置し、35基の円墳が確認されている。全て円墳で7世紀後半の築造。桜土手古墳公園に6基が保存されている。また、1基の復元古墳がある。展示館に多くの出土品、模型、写真が展示されている。隣接する日産車体の敷地に5基、島津製作所の敷地に1基あり、現存する古墳は12基。30号墳。径22.8m、高さ2.5m、周溝の幅1.7m。29号墳。径15.6m、高さ1.4m、周溝の幅1.6m。28号墳。径15.6m、高さ1.8m、
31位 しずおかkさん
32位 鎌倉殿さん
  • 情報提供長篠合戦、織田・徳川軍の布陣 武田勝頼公と北条夫人の部屋鎌倉殿さんのプロフィール
  • 織田・徳川軍の布陣 織田・徳川軍の右翼(徳川軍本隊)に向けて主力部隊を配置した武田軍に対し、信長・家康はいかなる布陣で臨んだか。 『甲陽軍鑑』は、真田・土屋・馬場・穴山衆らは、大宮前の佐久間信盛・木下秀吉・明智光秀に攻撃をしかけたといい(同書第二〇)、また別のところでは佐久間と戦ったと記され(同書第五)、この記述に対応するように織田軍左翼が想定されている。ただし『甲陽軍鑑』の記事に登場する明智光秀
33位 みどりの木さん
  • 情報提供岐阜城の紹介1 織田信長居館跡 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 今日から岐阜城の紹介をします。2017年の5月下旬にお城めぐりの1泊2日ツアーに参加して、ガイドさんから聞いた事やもらった資料などから紹介します。岐阜城の歴史1201年に、二階堂行政が稲葉山に砦を築いたのが始まりとされます。二階堂行藤の死後は廃城となります。15世紀中頃に美濃守護代の斎藤利永が、この城を修復して居城とします。戦国時代1525年に、斎藤氏の家臣長井長弘と長井新左衛門尉が謀反を起こして
34位 たっつんさん
  • 情報提供飛鳥座神社(奈良県高市郡明日香村飛鳥707番地1) 杜を訪ねて 第二章たっつんさんのプロフィール
  • 奈良1日目。次のご紹介は飛鳥坐(あすかにいます)神社です。社号標です。手水舎です。鳥居です。扁額です。飛鳥井です。ご由緒書きです。払戸社です。力石です。拝殿です。扁額です。本殿です。奥の社です。末社です。むすびの神石です。末社です。末社の飛鳥山口神社です。末社の金刀比羅神社です。末社です。狛犬さんです。  このような石がゴロゴロしていました。本日も皆様にとっていい一日となりますように。そして、また
35位 くま(福岡産)さん
  • 情報提供続々 石城,お台場,そしてドン 福岡博多の昔の話くま(福岡産)さんのプロフィール
  • 午砲の絵はないか 午砲については,現物が福岡市立博物館に展示してあること,財団法人西日本文化協会発行「西日本文化 第4号」の表紙に祝部至善さんの記憶による絵が載っていること,海図や市街図に午砲場(ただし設置当初の荒津山のものはない)などの記載があることなどは分かっていますが,他に何か載っている物がないかと探しています。(1) 荒津山 まずは福岡師範學校の絵葉書にあった絵地図。荒津山南側の福岡 谷町
36位 KYさん
  • 情報提供小野小町は男だった⑪ 深草少将は紀氏だった? 旅 free styleKYさんのプロフィール
  • 墨染寺小野小町は男だった⑩ 百夜通い 『深草少将・小野小町・惟喬親王に共通する九十九のイメージ』よりつづく〜①墨染寺京都市伏見区墨染町741に墨染寺がある。平安時代に藤原基経がなくなったとき、これを悲しんだ上野峯雄が『深草の 野辺の桜し こころあらば 今年ばかりは 墨染に咲け』と歌を詠んだ。墨染という地名はことにちなむという。墨染寺はこの歌に詠まれた墨染桜があることで知られる。墨染桜は花びらの中央
37位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供太平記を歩く。 その71 「室山城跡」 兵庫県たつの市 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • ここでまた少し神戸市を離れて、たつの市にある「室山城跡」を訪れました。築城は播磨の守護大名・赤松則村(円心)といわれ、建武3年(1336年)に足利尊氏が九州に敗走する途中、西下して来る新田義貞の追討軍を阻止すべく、防衛拠点とした城といわれています。円心は、長男の赤松範資を室山城の守りにつけますが、新田義貞軍によって落城。その後、範資は円心の白旗城に逃れます。 室山城は兵庫県たつの市の南西...
38位 マサ村田さん
  • 情報提供”ジュニアの病気 ※情報求む!拡散希望!(追記)” 戦国好きのアドリブ雑記帳マサ村田さんのプロフィール
  • 小さな命が戦ってます。 『拡散希望』 という事で、リブログさせて頂きました。 ジャンルは問わない様なので、リブログ出来る方は是非とも、ご協力して下さる事を私からも望みます。 また、広く情報を求めて、キチンと選さの上で有用な内容には、真剣に向き合っていらっしゃる様ですので、どなたか、情報をお持ちの方がいらっしゃれば、リブログ記事のブロガーさんへご連絡をしてみて下さい。
39位 芳瑩さん
  • 情報提供弘法大師が日本で最初に開山した密教寺院「東長寺」 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
  • ブログ?★九州の旅〜「海神族、物部氏の故地、皇室の起源地、邪馬台国九州説」東長寺(とうちょうじ)所在地 福岡県福岡市博多区御供所2-4山号  南岳山宗派  真言宗九州教団寺格  別格本山本尊  千手観音(重要文化財・秘仏)・弘法大師(秘仏)・不動明王創建年 (伝)大同元年(806年)開基  (伝)空海正式名 南岳山 東長密寺札所等 九州88ヶ所1番    九州36不動36番    九州24地蔵22番文化財 千手観音
40位 まこな。さん
  • 情報提供【関心事】転職1か月に寄せて。 そのブログ、雑食系につきまこな。さんのプロフィール
  • こんにちは。タイトルの通り、今日で新しい職場に入ってからちょうど1か月になりました。経験のない仕事を必死で覚えながらやっていたら、あっという間だった気がします。ひとまず、大きなケガやトラブルもなく最初の節目を迎えられたことは嬉しいです。心配していた身体の疲れや不調も、今のところ大丈夫そうです。少しばかり腰と、両手の指の第一関節と第二関節の間が痛むことがありますが(←本当に大丈夫か??)家ではしっか
41位 武装梅痴鴉さん
  • 情報提供歴史ファンに対する愚問 「尊王筋肉戦線」武装梅痴鴉さんのプロフィール
  • 昨今の歴史本のくだらなさには閉口する。「美しい國日本」と称えた本ほど碌でもない本ばかりである。読む気も失せます。特に「近年は一次資料だ、二次資料だと騒ぎ立て、一次資料というだけで無条件に信じ込む単純さが幅を利かせている」といったた意見が散見されまするが、要するに自らの学力・歴史に対する知識不足を自ら暴露しており、こういった陰謀論を述べればこそ、江戸仕草といった陰謀論がまかり通ります。残念ながら幕末
42位 白川りりさん
43位 とめのかくれがさん
  • 情報提供KATO レ12000 とめの隠れ家へようこそ neoとめのかくれがさんのプロフィール
  • KATOのレ12000を導入していました。品番8006です。国鉄の冷蔵車です。1954年から製造を開始、氷で車内を冷やしていたそうです。鮮魚の運送に活躍し、1986年まで活躍しました。国鉄の冷蔵車としては1800両もの大所帯を誇っていました。国鉄時代の貨物列車の再現に最適でしょう。しかし実は当方、在庫の整理整頓をしておりその過程で物置の奥から発見された車両であります……ちょっと整理整頓をもっと進めたく……反省。↓よろしけ
44位 東アジア歴史文化研究会さん
45位 hoshiyanさん
  • 情報提供辻元清美は日本から出ていけ 俊平の雑学研究所hoshiyanさんのプロフィール
  • 民進党の辻元清美衆院議員がかつての著書で、皇室を「生理的にいや」「近くで空気を吸いたくない」などと記していた衝撃的な事実が分かった。日本の国会議員とは思えない北朝鮮や中国のような主張である。辻元は衆院憲法審査会のメンバーで、今月8日の同委員会で「一面的だった」と一応の反省の弁を述べたが、こうした発言を繰り返す輩が国会議員でいいのか。辻元が国際交流団体「ピースボート」を設立して政界進出する前の198
46位 マサ村田さん
  • 情報提供今年もお送り頂きました。 感謝?? 戦国好きのアドリブ雑記帳マサ村田さんのプロフィール
  • 毎年恒例の、ブログやツアーで仲良くさせて頂いている 宮城のはるかさん と忍之介さんから、旬の空豆が届きました。そして更に今年は、白石うーめんも!こけし政宗公も,お勧めの一品です。まんず美味かったです〜♪はるかさん、忍之介さん、本当に毎年ありがとうございます。m(_ _)m 戦国時代ランキング にほんブログ村
47位 東アジア歴史文化研究会さん
48位 和々さん
  • 情報提供なるべく古い本を探して、 がじゅまるの樹の下で。和々さんのプロフィール
  • 前記事の続き琉球の通史があらかた頭に入った今でも通史の本を手に取ります。その本が、古ければ古いほど惹かれます。(もちろん私が読めるレベルのもので)『琉球王朝史―おきなわの民と王―』(川平朝申著/月刊沖縄社/1970)紙はすっかり赤茶けて古本の独特なにおいがします。もちろん本屋さんなどにはありませんので基本、地域の図書館などで発掘します。(そして気に入ったのがあれば沖縄本専門の古本屋さんやネット
49位 しずかさん
  • 情報提供和歌山城(1) 日々史跡めぐりしずかさんのプロフィール
  • 和歌山城は和歌山市の中心部に位置する標高48.9mの虎伏山(とらふすやま)に建造され、北部を流れる紀の川を天然の堀し、本丸の北側に二の丸、その外に大きく三の丸が配された梯郭式平山城です。天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりで、その築城を担当したのが、藤堂高虎でした。まず、秀長の城代として桑山重晴が入り、慶長5年(1600)には、関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長が入城。元和
50位 ヒジハラさん
  • 情報提供撒饌 Para Bellumヒジハラさんのプロフィール
  • 広瀬神社から撒饌を送っていただきました。毎年ありがとうございます。来年は行けると思うんです…(涙今年は軍神せんべいを頂いた!と思いきや…あらーん… 軍神せ
更新時刻:17/06/22 22:30現在