歴史ブログ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/07/25 23:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
マルデンさん
  • 情報提供神御衣祭の荒妙を奉職する神麻続機殿神社〜2016冬至伊勢行(16) 日々のさまよいマルデンさんのプロフィール
  • 神御衣祭の和妙を奉職する神服織機殿神社〜2016冬至伊勢行(15)←(承前) 神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)へ到着しました。 ほとんど、前の神服織機殿神社の様子と同じですが、当然ながら木々は違っていますので、その差異を堪能できるほど樹木に詳しくなってみたいものと思いつつ、今はまだ私にとって、豚に真珠って感じでしょうか(泣) こちらでは、この細い参道に接続した道路が広かったため、そちらへ車を路

2位
おらさん
  • 情報提供文字使用の始まり 目を押せば二つに見えるお月様おらさんのプロフィール
  • 日本に文字文化が生まれたのはいつごろのことだろうか。日本書紀では、応神天皇の15年(285年)に百済から王仁が『論語』と『千字文』をもたらしたのが公式な漢字の伝来となっている。古事記的に120年ずらせば405年だが、これを信じるとそれ以前の時代にも詳細な記述があることと矛盾する。実際はもっと早いと言うのが大方の見方だ。だが、僕はもっと遅いと見ている。読み書きすなわち文字文化の普及に筆と紙は不可欠だ。木簡や粘土

3位
美雨さん
4位 ゆささん
  • 情報提供京都と奈良の地獄旅。 ゆさな日々ゆささんのプロフィール
  • 先週の連休に京都と奈良へ日帰り旅してきました。例によって六道珍皇寺さんの特別拝観へのお参りが目的ですが、この日は藪入りで閻魔賽日でもあったのでせっかくだから京都の閻魔詣でをしよう!と思ったのと現在、奈良国立博物館にて開催中の「源信 地獄極楽への扉」展も見たかったのでかつての都2か所で地獄めぐりと相成りました。と、その前に祇園祭のお話を少々。朝早くに夜行バスで京都駅入りしたのですが、この日は祇園祭宵
5位 しばやんさん
6位 住兵衛さん
7位 みどりの木さん
  • 情報提供長篠の戦いこぼれ話2 望月様続編と「やすら姫」 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 岩村城の紹介に行く前に、こぼれ話をあと3つほどUPします。   その前に昨日の望月様のさらなるこぼれ話もありました。それは、信濃の故郷から帰らぬ御館様を探しに来た主従が、一族の多くが戦死したこの地に留まり、百姓・商人として望月一族の供養をし続けるためと、この地に住み着いたと伝わります。勤勉さゆえに豪農となります。江戸時代は豪商久保屋として栄えました。この久保屋が望月を名乗りました。江戸時代はニセ系
8位  たまびと ルンちゃんさん
  • 情報提供富士山を眺めながら 新選組のチョッと話 〜多摩人(たまびと)漫遊記〜 たまびと ルンちゃんさんのプロフィール
  • 今回は少し遠出をして、山中湖近くの温泉に行ってみました山中湖温泉 紅富士の湯紅富士の湯入口 posted by (C)ルンちゃんこの温泉は、私の大好きな温泉のなかのひとつなんです。どんなところがいいかというと、まずは眺めでしょうか。銭湯に行くと、浴槽の壁の部分に「富士山」の絵が描かれていることが多いですよね。こちらの景色は、絵じゃなくて正真正銘の本物の「富士山」なのです。その富士山が、内湯からも外湯からも見られ
9位 縄文人さん
  • 情報提供伝統に学び今に活かす〜声に出して読む事・運動の重要性〜 日本人と縄文体質縄文人さんのプロフィール
  • 明治大学文学部教授の齋藤孝氏が、ブログで、『伝統に学び今に活かす』として、戦後の暗誦文化は衰えてしまうことについて書かれています。 参考になると思い引用させて頂きます。リンク以下途中から引用です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□声に出して読む事・運動の重要性を説く  江戸末期寺子屋 素読 明治時代に落ちてくる 戦後暗誦文化は衰えてしまう。音読しないプロセスの方が大事だ
10位 常夜燈さん
  • 情報提供山井神社〔堺市南区片蔵〕 清泉に宿る水の女神 IL PELLEGRINAGGIO 古社寺巡拝記常夜燈さんのプロフィール
  • 栂の天神社 延喜式内社にして和泉国大鳥郡上神谷上条の総鎮守櫻井神社の社殿前に、立派な石碑が建てられている。碑には櫻井神社を含め三つの式内社の名とその祀る神が刻まれている。 明治の終わり、近隣にある十の神社が櫻井神社に合祀されたが、そのうちの二社は式内社で、それぞれ櫻井神社本殿の左右に末社として祀られた。本殿の向かって右が鉢ヶ峯寺村にあった國神社、そして左に建つのが栂村鎮守山井神社。◆櫻井神社 中門
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 西村蜜子さん
  • 情報提供2017年7月23日放送/第29話・女たちの挽歌(プレビュー) 『おんな城主 直虎』をめぐって西村蜜子さんのプロフィール
  • 本日よりBSプレミアムの先行放送レビューを積極的に行いたい。が…その前にひと握り程度の雑感を、予め述べておきたいと思う。 ----------------------------- 視聴率12.0%をマークした「死の帳面」から1週間…「3部作」は遂にその2を迎える訳だが。今となっては各話のエピソードの内容にて視聴率の回復を目指すことは難しくなった様に思えるが、どう頑張っても『真田丸』並みの視聴率は稼げそうにないならば、今後『直虎』は『平清
12位 繭未さん
  • 情報提供長州旅行 ② 繭未ブログ Tokyo Life!!繭未さんのプロフィール
  • 松陰神社(萩)へやってきました世田谷の松陰神社はしょっちゅう行ってますが、やっぱり規模が違いますね境内がかなり広い 石碑「親思ふ・・・」親思ふ こころにまさる親ごごろ けふの音づれ 何ときくらん 子が親を思う以上に、親が子を思う気持ちは強いもの。今日のこの報せ(処刑される事)を聞いた親は、何と思うだろう。 自分の事よりも、家族を心配するような、そして申し訳なく思っているような句ですね お目当ての松
13位 みどりの木さん
  • 情報提供長篠の戦いこぼれ話1 落ち武者の望月重氏 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • ガイドで郷土史家の、大林輝久(元小学校校長)さんの史料に、長篠の戦のこぼれ話が1〜16までありましたので、その一部を引用させてもらいました。ほとんどは地元の昔話です。 今日は望月義勝(重氏)のこぼれ話です。 望月氏は信濃佐久郡望月邑に住んで望月太郎を称したことに始まると伝えられます。ちなみに、望月則重の嫡子重道の流れは海野を称し、その後裔に真田氏がいます。その望月重氏は屏風図では、真田氏と同じ武田右
14位 隊長@新選組流山隊さん
  • 情報提供新選組の演劇「士魂Remember」を観覧。 新選組流山隊隊長日記隊長@新選組流山隊さんのプロフィール
  • 新選組をテーマにした演劇「士魂Remember」を観劇してまいりました。主演の萬雅之さんはこの演劇のために、新選組について真剣に勉強をされ、その姿勢には私も感じるところがあり、流山をはじめ板橋や日野などで一緒に史跡を巡ったりしました。近藤勇や土方歳三、井上源三郎、佐藤彦五郎ら、新選組関係の御子孫や幕末関係者にも紹介をさせていただきました。萬さんは、大河ドラマ「真田丸」にも出演されていましたが、今回は現代人
15位 東アジア歴史文化研究会さん
16位 ななさん
17位 むぎさん
  • 情報提供浜松城(静岡県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 浜松城(はままつじょう)別名構造 平山城築城者 徳川家康築城年代 1570年(元亀元年)指定史跡 −場所 浜松市中区元城町【 地図 】徳川家康が29歳〜45歳まで過ごし、生涯最大の敗戦と言われる三方ヶ原の合戦で命からがら逃げ帰ってきた城が浜松城です。この敗戦から力を蓄え天下盗りの夢をつかんだ城でもあり、出世城と呼ばれるようになりました。浜松城の石垣は野面積みです。内側に小石や砂利を詰め水捌けも良く堅固
18位 しずおかKさん
19位 大川原英智(おおかわらえいち)さん
  • 情報提供第7章 20世紀以後の世界 4 シャルロット皇后 差別と歴史上の人物大川原英智(おおかわらえいち)さんのプロフィール
  •  4 シャルロット皇后 (1840年 〜 1927年)〜プライドと名誉のために発狂したメキシコの皇后〜 「私は毎日幸福感に酔っています。 夫は才能豊か、優雅で思いやりがあります。 私たちの宮殿はおとぎの城より美しく、神は私に望みうるすべてのものを与えてくださいました」 これは、シャルロットが父に宛てた手紙の一節です。 しかし、こんなにも幸せそうな夫婦でしたが、最後は悲劇で幕を閉じます。 皇帝である
20位 横手聡さん
21位 たっつんさん
  • 情報提供杉山神社(横浜市港北区新羽町) 杜を訪ねて 第二章たっつんさんのプロフィール
  • 4月16日、13社目。本日のご紹介は杉山神社です。社号標です。ご由緒書きです。一の鳥居です。扁額です。階段の先に二の鳥居を望む。神馬の像です。二の鳥居です。手水舎です。狛犬さんです。(文化10年奉献) 拝殿です。扁額です。本殿です。末社です。本日も皆様にとっていい一日となりますように。そして、また明日も。
22位 M・ITOさん
  • 情報提供永遠のテーマ? 「魏志倭人伝」の一里は何メートル? 邪馬台国と日本書紀の界隈M・ITOさんのプロフィール
  •  「魏志倭人伝」を読んで邪馬台国へたどり着こうと考える人は、必ずこの「一里問題(仮)」にぶつかります。例えば、書かれた行程をたどって九州島の末盧国(まつらこく)へ上陸したとします。次は、末盧国から500里のところに伊都国を探さなければなりません。さらに、伊都国(いとこく)から100里のところに奴国を……。その過程では、1里が何メートルかを決めなければ先に進めないのです。しかし、邪馬台国論争はすでに
23位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供太平記を歩く。 その91 「湊川公園」 神戸市兵庫区 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • 前稿の「楠木正成本陣跡」から直線距離にして約1km弱東にある湊川公園です。この辺りは、延元元年/建武3年(1336年)5月25日に起きた「湊川の戦い」で、楠木正成軍と足利尊氏の弟・足利直義を司令官とする陸軍が激突した場所です。 公園内には、巨大な楠木正成の騎馬像が建てられています。600回目の正成の命日に当たる昭和10年(1935年)5月25日、神戸新聞社の音頭で、楠正成公600年祭に市...
24位 東屋梢風さん
25位 研修隊員さん
  • 情報提供探検275 胡麻の油と百姓は 日本史探検隊研修隊員さんのプロフィール
  • 〜胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るものなり〜情け容赦なく「年貢」を取り立てようとする、こんなセリフを吐いたのは、八代将軍・吉宗が「享保の改革」(1716年〜)に取り組んでいた頃の勘定奉行「神尾 春央」(1687-1753年)だったといわれています。ただし、これが事実だったとまでは断定できません。しかし、少なくともこれよりおよそ半世紀後に出された本には、そう書かれているとのことであり、そしてまた、幕府の財政事情
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供太平記を歩く。 その90 「楠木正成本陣跡」 神戸市兵庫区 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • 神戸市兵庫区の山の手にある会下山公園を訪れました。ここは、湊川の戦いにおいて楠木正成が陣を布いたといわれるところです。 『太平記』には楠木正成軍が陣を置いた地について、「湊川の西の宿にひかえて、陸地の敵に相向う」と記されており、『梅松論』には「湊川の後ろの山より里まで」とあります。それらの条件を満たす場所といえば、高台になっているこの場所なんですね。現在は、見晴らしのいい公園になっており...
27位 市郎右衛門さん
  • 情報提供七世紀の土木・建築技術に驚愕!「東山古墳群」 「高天原の縁側日記」市郎右衛門さんのプロフィール
  • 今日は、兵庫県多可町の古墳群をご紹介します。時代が進み七世紀に成ると地方豪族の建築技術も飛躍的に進み、高い技術で作られた円墳が出現します。兵庫県多可町の妙見山(標高693メートル)の山麓、平野部を見晴らせる位置に、こんもりとした円墳がいくつも並びます。美しい公園として整備された一帯は、直ぐ東隣(本当にお隣さんです)の多可高校の生徒らの下校途中のおしゃべりの場に成ったり、登山客が一息ついたりの、のんび
28位 たっつんさん
29位 くじょうさん
  • 情報提供永井路子『茜さす』 藤原氏と古代史推進委員会くじょうさんのプロフィール
  •  ◆本紹介◆現代・飛鳥時代、永井路子  永井路子『茜さす』 著者唯一の現代長編は、古代史にリンクする 永井路子さんの古代史小説を紹介するシリーズ。 今回は昭和61年(1986)9月21日から63年1月25日まで「読売新聞」紙上に掲載、 63年5月に読売新聞社から刊行された長編『茜さす』をご紹介します。 実はこの小説、舞台が古代ではなく、作者唯一の現代長編なのです。  ▲新潮文庫版、平成3年 現代小説ということで、実
30位 マサ村田さん
31位 いろは丸さん
  • 情報提供こよみの値段(幕末の物価変動) 幕末気象台いろは丸さんのプロフィール
  • 幕末の物価上昇率を調べようと思うと、サンプルの取り方が難しい。農産物では、椎茸や秋刀魚などでも、大きさや産地が違えば比較は出来ません。一番価格が書かれている、米も精米の具合や産地によってまちまちです。人件費も人により違います。塩はばらつき...
32位 木庵先生さん
33位 偉人録さん
34位 偉人録さん
  • 情報提供英で海軍学んだ長州人・服部潜蔵(産経新聞・2017/6/26) 偉人録 郷土の偉人を学ぶ 偉人の志を引き継ごう!偉人録さんのプロフィール
  • 英で海軍学んだ長州人・服部潜蔵(産経新聞・2017/6/26)■海自にも受け継がれる精神「薩の海軍 長の陸軍」。明治時代、海軍は薩摩出身者が、陸軍は長州出身者が牛耳っていたことを示す言葉だ。だが、いち早くイギリス方式の海軍教育を受け、そのノウハウを日本に伝えた中に、長州出身の服部潜蔵(1850〜1886)がいた。彼が敷いたレールを、多くの後輩が走り、世界に冠たる海軍を築いた。服部は嘉永3(1850)年、長府
35位 武装梅痴鴉さん
  • 情報提供歴史哲学とはなんじゃらす?「斗南流刑を嘲笑してみる「 「尊王筋肉戦線」武装梅痴鴉さんのプロフィール
  • 歴史哲学とはなんじゃらす?よくブログで連呼しまするが、例題を出してみましょう。Q 歴史の於ける斗南藩の役割とはなんじゃらす?Aあくまで例題であり、鴉が自分の足で調べた結果論で申します例えば、 引用先」http://www.hihyosya.co.jp/ISBN978-4-8265-0560-4.html《歴史の流れに翻弄された無垢の民への鎮魂と挽歌の書3・11大震災と原発事故によって多くの命が失われた東北の地で、故郷を追われた被災者の姿は、143年前の明
36位 人類の起源さん
  • 情報提供エジプト人は「古代」と「現代」とでルーツが違う 人類の起源を探る人類の起源さんのプロフィール
  • −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−エジプト人は「古代」と「現代」とでルーツが違う!数千年前のミイラをDNA解析して判明!リンク■紀元前約1400年〜西暦400年頃に埋葬された古代エジプト人のミイラをDNA解析ドイツのマックス・プランク人類史科学研究所のJohannes Krause氏らは、エジプト中部のナイル川沿いのアブシール・エルメレク遺跡で、紀元前約1400年〜西暦400年頃に埋葬されたと推定されるミイ
37位 RYUの挑戦さん
  • 情報提供黄金の龍 面白雑学その6(義経神社) 歴史の闇から蘇る旧日本軍の財宝RYUの挑戦さんのプロフィール
  • ◎神様になった源義経が馬を守っている?崖をも馬で駆け下りた義経の武勇伝源義経といえば、波乱に富む人生を駆け抜けた源氏のスーパーヒーローとして今でも人気が高い。義経は平家との戦いで華々しく歴史上の表舞台に登場するものの、兄である源頼朝の怒りを買ったことで逃亡の日々を送ることになる。そして、最期は10代の日々を過ごした岩手県平泉に戻り、頼朝のさらなる圧力に屈してついにみずからの命を絶ってしまう........
38位 こにるさん
  • 情報提供第253回:久留米城(摂津有馬氏により整備された筑後の主要城郭) こにるのお城訪問記こにるさんのプロフィール
  • 訪問日:2016年4月久留米城は福岡県久留米市にあったお城です。本丸部の堀と石垣を中心とした遺構しか残っていませんが,県史跡に指定され,続日本100名城に選定されています。元々は篠山城とも呼ばれ,永正年間(1504−1521年)に付近の土豪によって築かれた砦のような規模の城からスタートしています。戦国時代には大友氏と龍造寺氏の間で争いの場となりますが,この頃は宗教勢力である高良山座主の丹波良寛の弟 麟圭(りんけい
39位 鎌倉殿さん
  • 情報提供14代執権 北条高時公 教科書の歴史はウソばかり!?北条氏末裔の憂鬱鎌倉殿さんのプロフィール
  • 『太平記』によってつくられたイメージ 「頗(すこぶ)る亡気の体(てい)にて、将軍家の執権も叶い難かりけり」(まったく愚かで、将軍の執権などとても務められない)、「正体無き」(正気ではない)。『保暦間記』の北条高時公評価である。西源院本『太平記』巻五「相模入道好田楽事(でんがくをこのむのこと)?(ならびに)犬事(いぬのこと)」は高時公が田楽と闘犬に熱中し追従した幕府有力者たちが田楽法師や犬に居万の富を投じた様
40位 みどりの木さん
  • 情報提供長篠の戦いこぼれ話3 おとら狐 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 今日は長篠の戦いこぼれ話の3回目で、「おとら狐」の昔話です。 この長篠城には昔から、鎮守のお稲荷様が祀られていました。城の土塁にはキツネが住み着いていることを、城主も家臣も知っていました。「あのキツネはお稲荷様のお使いである」として脅したり追っ払ったリせずにそっとしておきました。 長篠城の本丸内堀と土塁です。土塁の上に稲荷社がありました。 1575年5月に、武田軍1万5千人に包囲された長篠城は激しい攻
41位 住兵衛さん
42位 雨宮清子(ちから姫)さん
  • 情報提供シャワークライミング 力石に魅せられて 姫は今日も石探し雨宮清子(ちから姫)さんのプロフィール
  • 暑中お見舞い申し上げます。山登りをやめてからすでに20年余り。ただ今、老い支度の真っ最中。で、写真を整理していたら、不良母ちゃんだったころのシャワークライミングの「雄姿」がでてきました。沢登りです。ちょっと涼んでいってくださいね。私、みなさんより年食ってますが新人ですからね、一番手で行きます。安倍川・椎の木沢山のベテランがロープで安全を確保してくれています。ぬらぬら滑るけど不思議と怖くない。ワラジの
43位 繭未さん
  • 情報提供長州旅行ダイジェスト 3日目 繭未ブログ Tokyo Life!!繭未さんのプロフィール
  • 3日目は城下町長府へ城下町らしい町並み 目的はこちら功山寺 高杉晋作が挙兵した寺 馬上姿の晋作さまですあぁ、花燃ゆを思い出すぅ〜 他にも博物館や神社を巡る全然時間が足りませんでした バスの時間があったのでね・・・本数少なくて 続いては、バスに揺られて約40分東行庵へ 意外と広いよ〜池とか記念館とかもある 東行墓 高杉晋作のお墓ですよー他にもおうのや、高杉家の墓、奇兵隊及び諸隊士の墓もあります 全然調べてな
44位 はんぞーさん
  • 情報提供車窓から見える城  川之江城 はんぞーの城めぐりとかハロプロとかはんぞーさんのプロフィール
  • え〜、福山城シリーズの途中ですが、 参考資料を読むのに思いのほか時間がかかっておりますので、 小ネタというか、短編をいくつか挟みたいと思います。 タイトルの通り、今回は「電車の車窓から見える城」 以前、東海道・山陽新幹線から見える城は全部で34城ある。と紹介しましたが、 「電車の車窓」に範囲を広げると、その数はおそらく倍近くになるんじゃなかろうかと思います。 路面電車なんかも含めるともっとだから、把握
45位 番頭さん
46位 たかふみさん
47位 武装梅痴鴉さん
  • 情報提供「新選組検定試験」 「尊王筋肉戦線」武装梅痴鴉さんのプロフィール
  • 毎度おなじみ「新選組検定試験」が始まります。ぶっちゃけ検定を受けて意味はあるのか?私見としてお断りしまするが意味がありません!乱暴に述べれば、マニア的には面白いかもしれませんが、日本史の学問的に貢献はしていません。まあ高得点を得たところで品性が得られるわけでは無い。 但し、試験を受けるのは自由ですし、普遍を根ベさせて頂ければ受けないからといって新選組ファン失格ではありません。但し、そのための試験勉
48位 繭未さん
  • 情報提供長州旅行 ① 繭未ブログ Tokyo Life!!繭未さんのプロフィール
  • 2017.7.15(土) AM7:20長州視察(山口旅行)当日初めてのスターフライヤー バスで飛行機まで移動ですドキドキ こんな下から飛行機を見るのも初めてもうこれだけで楽しい 黒いなんだかちょっと高級な感じがするテレビ付いてる、リモコン付いてるスマホ充電できるっ 飛行機なんてなかなか乗らないから、いちいち感動 飲み物、コーヒーがタリーズしかもチョコくれた いいねぇ〜スターフライヤー 端っこが折れ曲がった翼紙飛行
49位 釣山 史さん
50位 宮古さん
  • 情報提供忘却の川 レーテー川 スピリチュアルヒーラー宮古の縁側日記宮古さんのプロフィール
  • 第三チャクラのついての補足をします。第三チャクラは感情の生まれる場所です。恋が、全ての出発点になります。勿論親子愛、友情などありますが恋愛が主です。古来より恋の歌が歌われなかった事はありません。それが何よりの証拠だと思います。カルマを洗い流す時間の川について書いているうちに脳裏に別の川が思い浮かんだのです。1つ目の川はレーテー川です。【lethe】古代ギリシャでは「忘却」あるいは「隠匿」を意味する言葉
更新時刻:17/07/25 23:30現在