歴女・女性歴史ファン 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/02/28 13:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
氷桜 りんさん

2位
しずかさん
  • 情報提供清見寺(1)今川義元の帰依を受けた清見寺 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
  • 静岡市清水区興津地区の清見寺は、寺伝では奈良時代の創建と伝えられています。鎌倉時代に禅寺として復興し、足利尊氏や今川義元の帰依を受けて繁栄しました。戦国時代は、今川・徳川・武田・北條らの戦国大名が入り乱れて、清見寺に陣を敷き、城として使用されたため、甚大な戦禍を被ることもあり、一時期、清見寺は荒れ寺となりましたが、今川義元が太原雪斎に命じ、清見寺を復興させ、公家たちを招き、もてなしたといいます。京

3位
しずかさん
  • 情報提供華陽院(1)家康の祖母・源応尼の墓 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
  • 静岡市葵区鷹匠の華陽院。境内には、徳川家康の祖母・源応尼の墓があります。源応尼の実名は「お富の方」、または「お万の方」といいます。明応元年(1492年)誕生した源応尼は、はじめ、三河国刈谷城城主・水野忠政に嫁いで水野忠重や於大の方ら3男1女を生みました。しかし、岡崎城城主・松平清康がその美しさに目をつけて、松平氏が水野氏を破ったときの講和条件として譲り受けたといわれています。清康の死後、三河の諸豪族に次
4位 しずかさん
5位 アユさん
6位 しずかさん
  • 情報提供華陽院(2)市姫の墓 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
  • 源応尼の墓の隣には家康の五女・市姫の墓があります。市姫(いちひめ、慶長12年1月1日(1607年1月28日) - 慶長15年2月12日[1](1610年3月7日))は、伊達政宗の嫡男・伊達忠宗と婚約していた女性。父は徳川家康(市姫は五女)。母は側室のお梶の方(遠山氏)。徳川家康が66歳のときに生まれた五女である。家康はかつて、織田信長の妹で絶世の美女と謳われたお市の方のように美女になってほしいと願っていたらしく、市姫と命名した
7位 城ガールちょめさん
  • 情報提供【募集開始】城歩きイベント リアルぽちっと腰越城 +中城 ちょめ(観光ライターいなもとかおり)の城BLOG城ガールちょめさんのプロフィール
  • スマートフォン・タブレットのアプリ「ぽちっと深大寺城」(無料)「ぽちっと東国の城」(有料)のリリース記念イベントPart2決定!アプリの世界がリアルで楽しめる! Part1の深大寺城に続く城は腰越城です。  「城跡の歩き方がわからない」 「城歩きの達人と歩いてみたい!」 「もっと城歩きの想像力を身につけたい」 そんな方にもおすすめです。なお、こちらは天守のない土の城。土の城の魅力を知りたい方、今
8位 桃香さん
  • 情報提供車購入と近況 桃香の歴史探訪ブログ♡主に幕末維新桃香さんのプロフィール
  • 毎日バタバタとしている内に2月が残りわずかとなりました。娘は1歳3ヶ月になりました。激戦の保活を乗り越え、4月からは認可保育園に転園できることが決まりました一次調整では保留(待機児童)だったけど、二次調整で補欠からの繰り上がりで内定でした。4月からは私も夫(同じ会社)も人事異動で転勤(都内は変わらず)になるので、家族全員新たな春です保育園がかなり遠くなるので、車で送迎することになり、車を購入しまし
9位 ネコタ アカネさん
  • 情報提供太田道灌の足跡〜江古田・沼袋〜【関八州の古戦場】 あかねのん日記ネコタ アカネさんのプロフィール
  • ※この記事は、2014年9月〜2015年4月の「歴史人」ブログに連載したものです。太田道灌の足跡は、東京近郊のいたるところにありますが、今回は彼の武勇を発揮するところとなった、江古田原・沼袋合戦のあたりを散策してみることにしました。なぜかというと、太田道灌にまつわる猫伝説があるのです!これは行くしかない。スタートは都営大江戸線の落合南長崎です。 その招き猫伝説のあるお寺は、新青梅街道に沿って駅から少しだ
10位 アユさん
  • 情報提供初!岡山県に来ました?後楽園からの岡山城 OLアユの歴史・お城・神社大好きブログアユさんのプロフィール
  • 岡山県に来ました初岡山の鰆はとろける甘みで美味しすぎて、後楽園が美しくて感動ですこちらで、兼六園・偕楽園・後楽園の日本三大名園制覇大大名の庭園はどこも趣向を凝らし美しく、この後楽園は、備中・備前の明るく開放的な人柄のような素晴らしい庭園でしたボランティアガイドさんからも面白いお話を聞けて、次は芝生が青い季節に来たいなそして今回の旅にも、レンタサイクルが登場このブログおなじみ・自転車で知らない土地を疾走
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 yamatoさん
  • 情報提供シンドン 最初はいいストーリーでしたが・・・ ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記yamatoさんのプロフィール
  • 韓国ドラマ「シンドン」をみました。最初はいいストーリーだと思いましたが、最後の2,3巻はみんなおかしくなっていく感じでした。ひどいものでした。高麗時代の話でした。ピョンジュは奴婢の子であり、お寺にいても、僧侶になれない身の上でした。いつしか王に認められ、奴婢などの奴隷などがない世界を目指して、政治の世界に入りますが、奴婢出身のピョンジュに向けられたのは厳しいものでした。いつしか絶望感漂いはじめたピョ
更新時刻:17/02/28 13:30現在