歴女・女性歴史ファン 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/06/24 15:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
桃香さん
  • 情報提供NHKスタパ・司馬遼太郎展・坂本龍馬展 桃香の歴史探訪ブログ♡主に幕末維新桃香さんのプロフィール
  • まとめての記録になりますが、先々週〜先週末にかけていろいろ行ってきました。NHKスタジオパーク「おんな城主直虎」の世界展を見に行きました。ミニ大河ドラマ館みたいな感じ。小道具やセットが再現されていました。三浦春馬・高橋一生・柳楽優弥のパネルもありました。柳楽優弥好きですこんな塗り絵コーナーもありました。娘、挑戦中会期は7/13までだそうです。司馬遼太郎展横浜のそごう美術館で開催中の司馬遼太郎展へ行きまし

2位
しずかさん
  • 情報提供蓮華寺 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
  • 静岡県周智郡森町の蓮華寺は、慶雲元年(704年)文武天皇の勅願により行基が開創したと伝えられる学問の寺です。円仁・慈覚大師が天長8年(831年)に一山三十六坊を建立、七堂伽藍の整備を行い観音堂を建立。これに伴い天台宗に改宗。法然上人が、阿闍梨上人を訪ねた際、この辺り一面に咲いた萩の花を見て、これはまさに萩の寺だと言ったことから「萩の寺」とも呼ばれています。戦国時代に武田の兵火により永禄年間に焼失。元亀2年

3位
むぎさん
  • 情報提供墨俣宿跡(岐阜県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 設置 1602年(慶長7年)廃置 明治3年〜5年場所 大垣市墨俣町墨俣173【 地図 】墨俣宿は東海道と中山道を結ぶ脇街道として整備されました。宿駅伝馬制度が敷かれてからは6つの宿駅が設けられ、墨俣宿もその一つでした。美濃路は1600年の関ヶ原の戦いでは徳川軍勝利後、家康が凱旋した道で「お悦び街道・吉例街道」と称されています。史跡墨俣宿本陣・脇本陣・問屋・渡船場が置かれ琉球使節や朝鮮通信使の通行を
4位 yamatoさん
  • 情報提供とんぼたくさん見ました。 ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記yamatoさんのプロフィール
  • 2日目はとんぼがたくさん飛ぶ公園に行きました。(トンボ王国)菖蒲も見ごろでとってもきれいです。いととんぼ、シオカラトンボなど飛び交っていました。写真ではとれませんでしたが・・・蓮の花など楽しめました。ゆっくりとした時間が流れます。この後は高知城へ距離が大変でしたが、古城を楽しみました。つづく。 にほんブログ村 にほんブログ村
5位 しずかさん
  • 情報提供和歌山城(1) 日々史跡めぐりしずかさんのプロフィール
  • 和歌山城は和歌山市の中心部に位置する標高48.9mの虎伏山(とらふすやま)に建造され、北部を流れる紀の川を天然の堀し、本丸の北側に二の丸、その外に大きく三の丸が配された梯郭式平山城です。天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりで、その築城を担当したのが、藤堂高虎でした。まず、秀長の城代として桑山重晴が入り、慶長5年(1600)には、関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長が入城。元和
6位 しずかさん
  • 情報提供高野山を訪ねて(19)奥之院 多田(源)満仲の墓 源平・義経ゆかりの史跡めぐり しずかblogしずかさんのプロフィール
  • 多田満仲(源 満仲)の墓源満仲/菊池容斎画『前賢故実』より清和源氏、六孫王経基の嫡男。多田源氏の祖。当初は都で活動する武官貴族であった。天徳4年(960年)平将門の子が入京したとの噂があり、検非違使や大蔵春実らと共にこの捜索を命じられた武士の一人として現れたのが史料上の初見。武蔵権守の任期を終えていた応和元年(961年)に満仲の邸宅が強盗に襲撃される事件が起こり、自ら強盗の一味であった倉橋弘重を捕らえた。
7位 しずかさん
  • 情報提供大洞院(2) 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
  • 森の石松の墓から赤い橋を渡って大洞院の境内へ。この石橋の辺りの青紅葉が美しい!6月というのに、まだつつじが残っていました。お掃除小僧さん?大洞院の開創は後小松天皇の応永18年(1411)時の高僧永平八世の嫡孫、恕仲天ぎん禅師は観音菩薩の教示により、はじめてこの地に錫を留めると、時の将軍足利義持公は禅師の高徳を慕い帰依して自らその荘園とその境内の地とを寄進し、禅師のために一大梵刹を創建し、これを橘谷山大洞
8位 しずかさん
  • 情報提供大洞院(1)森の石松の墓 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
  • 森町の大洞院には、駐車場から大洞院へ向かう途中に「森の石松の墓」があります。はじめに昭和10年に墓が建てられましたが、石松の墓の石を持っていると「商売繁盛する」とか「勝負運が強くなる」という噂が広まり、昭和30年頃から墓石が削られ、変形してしまいました。変形してしまった墓石は、現在檻のような中に入れられています。昭和52年に2代目の墓石が建てられましたが、昭和54年には墓石ごと盗まれ、現在の墓石は3代目の墓
9位 城ガールちょめさん
  • 情報提供愛媛城巡り〜2日目〜 ちょめ(観光ライターいなもとかおり)の城BLOG城ガールちょめさんのプロフィール
  • ホテルの朝食バイキングの時間まで勿体無いので朝駆け松山城松山城は3日目に行くのでとっておきたいところですが、せっかく峰のホテルに泊まったので…ね石垣フェチとしては、この矢穴の大きさ違う石とかたまらんかわいいっ‼?あのね…かわいいって愛おしいと同じような感覚で感じ取ってくださいね(笑)4城目:永納山城こちらは古代山城です!!!いえ、正確には神籠石ですが!!!なんていったって1300年前ですからね…レベルが
10位 むぎさん
  • 情報提供五覧田城(群馬県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 五覧田城(ごらんだじょう)別名 五乱田城構造 山城築城者 阿久沢氏築城年代 不明指定史跡 市指定史跡場所 みどり市東町荻原関守【 地図 】五覧田城は越後の上杉謙信、新田金山城(太田市)の由良氏、深沢城(桐生市黒保根町)の阿久沢氏による争覇の舞台となった城です。国道122号線から山側に入り、あとは案内標識に従って五覧田城を目指します。高橋登山口案内看板があります。ここから登山することが出来ますが、体力
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
更新時刻:17/06/24 15:30現在