幕末・明治維新 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/09/22 10:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
血笑鴉さん
  • 情報提供ドラマ『西郷どん』ネタざます ネオ・尊皇筋肉戦線!血笑鴉さんのプロフィール
  • さて、大河ドラマ《西郷どん》で変態仮面一号こと小栗旬演じる坂本龍馬が暗殺された近江屋事件について《龍馬暗殺》の著者である桐野作人氏がステレオタイプの薩摩暗殺説を学説的に打ち消していたが、国営放送で放映されてしまい、あいもかわらず『薩摩黒幕説』に終始されてしまった。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最も鶴瓶さん演じる岩裏卿が孝明天皇が疱瘡で病死した際に取り乱し

2位
 たまびと ルンちゃんさん
  • 情報提供「江川ひのき」再び 新選組のチョッと話 〜多摩人(たまびと)漫遊記〜 たまびと ルンちゃんさんのプロフィール
  • 以前、こちらのブログで高尾山にある「江川スギ」のことをお話しました。その時の記事 → 高尾山の江川スギその後、津久井湖で「江川ヒノキ」を見つけそちらについてもお話しましたよね。その時の記事 → 津久井湖の江川ヒノキ世界遺産にもなった伊豆の韮山「反射炉」を作った江川太郎左衛門英龍さんは、この多摩の地のお代官でもあった方です。日野の農兵隊を作らせたのも、この方です。江川太郎左衛門英龍さんはそのお代官様

3位
でぃーさん
4位 繭未さん
  • 情報提供「半分、青い。」巡り ① 繭未ブログ Tokyo Life!!繭未さんのプロフィール
  • 朝ドラ「半分、青い。」主人公、楡野鈴愛(永野芽郁)の地元、東美濃市梟町にある、ふくろう商店街が舞台です その商店街のロケ地は、私の地元私が育った町こないだ帰省したので、「半分、青い。」巡りしてみた 2018.9.16(日)岩村河川公園 いやぁ・・・中学の頃は、毎日通学で通った場所ですよくここで友達とバドミントンをして遊んだ記憶があります 子供の鈴愛が耳の異変に気付くシーンや、律が左耳に詰物をして渡ってみるシー
5位 でぃーさん
6位 Harryさん
  • 情報提供【河井継之助】09.河井家の出自 『正義』と『平和』Harryさんのプロフィール
  •  河井継之助は、1827年(文政十年)1月27日、長岡上下において、河井代右衛門秋紀の長男に生まれた。 母の名は、貞。 継之助は、幼名で、元服後の名は、河井秋義であるが、秋義は、元服後も、幼名の「継之助」を通称として、用いていた。 継之助の生まれた、文政十年の長岡藩主は、「寛政の遺老」、第九代の牧野忠清であった。 継之助が、五歳の年に、藩主は、第十代の忠雅に代わり、三十二歳の年には、第十一代の忠恭に代わ
7位 Rinkoさん
  • 情報提供行ってまいりました! 幕末明治好きのRinkoの何か。Rinkoさんのプロフィール
  • 3連休、中日です。 昨日、“連休中の予定はない”などと書きましたが。 ・・・書いてから、なんかもったいないな、と思いまして。 思い立って、行って参りました、本日 久しぶりに、お城を見てきましたよ 静岡のお城、3つ 駆け足スケジュールな観光だったのですが、ずっと行きたかったお城でしたので、行けてよかったです。 レポは、後日ぼちぼちアップしていきたいと思います 大河ドラマ「西郷どん」、見ました。 龍馬さ
8位 kiiさん
  • 情報提供西郷どん35 試撃行kiiさんのプロフィール
  • 第35回「戦の鬼」。西郷と坂本龍馬は意見の相違から袂を分かつ事になる。断固として慶喜の息の根を止めると言い張る西郷に対し、龍馬は「おまんとは乗る船が違う様じゃ」と去っていく。西郷は薩摩に帰り、討幕の為に兵を挙げる事を進言。一方で、龍馬と中岡慎太郎は近江屋で暗殺されてしまいます。微妙に中岡が武力討伐の意見だという描写がありました。数日後、西郷が3000の兵を率いて戻り、龍馬の死を知りますが、そこへお
9位 Rinkoさん
  • 情報提供静岡・浜松城 幕末明治好きのRinkoの何か。Rinkoさんのプロフィール
  • 行って参りました、静岡日帰りお城巡り。 いろいろなお城に行きましたけれど、今まで静岡方面には訪れる機会がなかったんです。 泊りがけにするか迷ったのですが、思い付きなこともありまして、今回は日帰りにしました。 ふらっと出かけてきましたよ 新幹線で浜松駅に着きまして。 降りましたら、駅前にすごい人だかり。 浜松駅は9月16日で、開業160周年を迎えたんだそうな。 ウォーキングイベントと、新幹線の工場見学
10位 Rinkoさん
  • 情報提供静岡・浜松天満宮と椿姫観音 幕末明治好きのRinkoの何か。Rinkoさんのプロフィール
  • 静岡お城巡りレポ、続きまして。 浜松城へ訪れた後、少し時間に余裕がありそうだったので。 ちょっと気になっていた、椿姫観音へ行ってみることにしました。 地図を見ながらとことこ歩きまして、遠州病院前駅へ。 その近くには。 徳川秀忠公誕生の井戸、がありました。 家康の側室の西郷局が出産の際、産湯としてこの辺りにあった井戸水が使われたという伝承があるそうで。 その伝承をもとに復元されたものだそうです。
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
更新時刻:18/09/22 10:30現在