幕末・明治維新 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/06/23 02:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
あさくらゆうさん
  • 情報提供茨城史林と函館の準備 無二無三あさくらゆうさんのプロフィール
  • 1日2日3日体調不良で寝込む。4日午後、出かける予定もドタキャン。注文したものと違う商品は見る必要もありません。茨城史林41号が出来上がったようです。体調次第では総会に参加するつもりです。総会を終えた以降は筑波書林で購入できると思われます。今回は金子健四郎の論文を執筆しました。5日午前、銀行員が来て、やろうと思っていた手続きが完了。運が良いです。6日午前、函館市立中央図書館に電話。午後、国立公文書館

2位
朝森さん

3位
繭未さん
  • 情報提供天翔の龍馬 繭未ブログ Tokyo Life!!繭未さんのプロフィール
  • 昨日、復刻版「天翔の龍馬」2・3が発売でした あの日、あの時、坂本龍馬が生き延びていたらーーー? を描いた漫画で、「ちるらん新撰組鎮魂歌」の前身にもなった漫画です2冊同時発売とは・・・しかも分厚いです 龍馬は近江屋事件で生き延びたんですその後まさかの土方歳三が龍馬の護衛に最強です、歳三さん強すぎです こうだったらいいのに!が詰まってますでも、あの人が生きていたら、あの人は死んでいるという事にもなって・
4位 kiiさん
  • 情報提供大島戦争(大島口の戦い)2 試撃行kiiさんのプロフィール
  • 続き。大島への幕軍攻撃の報告は、直ちに山口政事堂へ届けられますが、周防大島より山口までの連絡には、当時約1日の期間を要し、6月7日の攻撃の一報を8日に聞いた藩政府は、「長崎丸」の砲撃を威力偵察と判断して、「動揺せずに待敵の姿勢を崩さないように」と通達しています。6月8日の久賀村砲撃の報告は、10日に政事堂に届き、山田宇右衛門や木戸貫冶(桂小五郎)らにより、応戦の方針が決断されました。 浩武隊及び第
5位 幕末維新写真館さん
6位 あさくらゆうさん
  • 情報提供東北の旅〜2日目 無二無三あさくらゆうさんのプロフィール
  • 30日7:30、起床。まだ乗り物酔いの後遺症が…9:00、友人と合流し、友人の車で清川へ向かいます。9:45、清河八郎記念館に到着。10:00、例大祭が始まるので、清河神社の境内に集合。平成29年度清河神社例大祭が執り行われます。今年も平日開催のため、浦安の舞に代わり、詩吟です。式典が終了し、今年は清河八郎の妻、蓮の実家、菅原家で育てられた梅の木を分けていただき、神社境内参道両側に植樹する記念祭も執り行われまし
7位 イッセーさん
  • 情報提供新選組漫画 184 夏の侵入者 幕末多摩・ひがしやまとイッセーさんのプロフィール
  • 先日、台所で2匹、脱衣所で1匹と、一晩で3匹のゴッキーを射殺(殺虫剤で)。ゴッキーは思われてるほどバイキンは持ってないと聞いたコトがありますが、それでも見かけるとイヤなものですね。やっぱり、あのビジュアルとカサカサ動くあの走り方が生理的に嫌悪感を誘うのでしょうか?たとえば、夜中に台所の電灯を点けてそこにいたのがアゲハチョウとかオオゴマダラだったら、すぐさま写メ撮って「夜中の台所、蝶とんでるナウ」と
8位 大山格さん
  • 情報提供引っ越しが好きなわけでは…… 大山格のブログ大山格さんのプロフィール
  •  きょうは巣鴨あたりをぶらぶらと歩いてきました。 巣鴨といえば、とげぬき地蔵さま。私も病人でございますから、参拝して参りました。 江戸開城の一方の当事者だった徳川慶喜は、維新後は静岡へ移り、謹慎処分を解かれたのちも、滅多に旧臣とも会わないで、いまさら政治的野心のないことを示し続けました。東京へ戻ったのは明治30年のことで、その翌年には明治天皇に拝謁の栄誉を賜って、もとは江戸城だった皇居を訪れました。
9位 でぃーさん
10位 大山格さん
  • 情報提供道に迷っているばかり 大山格のブログ大山格さんのプロフィール
  •  青春時代が夢なんて……と、唄った人もいましたが、私の大学生時分は春というより真夏みたいに暑苦しく、どーっと過ぎて行った感じでした。夢というなら、過去の歴史もまた、うたかたの夢であります。消え去る泡沫(うたかた)を僅かに記憶にとどめるのが、史跡というものではないでしょうか。 きょうは木戸孝允の旧邸跡で、かつて明治天皇さまが病床に就いた木戸を二度までも見舞われた史跡を訪れて参りました。 駒込駅前です
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 隊長@新選組流山隊さん
  • 情報提供演劇「士魂 Remember」の上演概要 新選組流山隊隊長日記隊長@新選組流山隊さんのプロフィール
  • 7月に新選組をテーマにした演劇が上演されます。前回お伝えしたように、主演の萬雅之さんは、新選組についても一所懸命に理解を深めようとしていますので、私も応援しています。以下、公演情報です。「士魂 Remember」会場:新宿シアターサンモール。東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」出口2より徒歩3分。公演日時:7回公演7月20日(木)19:00-21日(金)14:00- 19:00-22日(土)14:00- 19:00-23日(日)12:00- 16:
12位 武装梅痴鴉さん
  • 情報提供歴史ファンに対する愚問 「尊王筋肉戦線」武装梅痴鴉さんのプロフィール
  • 昨今の歴史本のくだらなさには閉口する。「美しい國日本」と称えた本ほど碌でもない本ばかりである。読む気も失せます。特に「近年は一次資料だ、二次資料だと騒ぎ立て、一次資料というだけで無条件に信じ込む単純さが幅を利かせている」といったた意見が散見されまするが、要するに自らの学力・歴史に対する知識不足を自ら暴露しており、こういった陰謀論を述べればこそ、江戸仕草といった陰謀論がまかり通ります。残念ながら幕末
13位 大山格さん
  • 情報提供S−Fマガジン大サトー追悼特集 大山格のブログ大山格さんのプロフィール
  • S−Fマガジン2017年8月号で □追悼・佐藤大輔という特集が組まれました。・押井 守インタビュウ「小説を読むかぎり、佐藤大輔はそこにいる」 インタビュアー&構成:前島 賢・描き続けた“一歩先” 銅 大・佐藤大輔 長篇シリーズガイド 大山 格/鹿内 靖/高梨俊一/堺 三保/松浦晋也/銅 大/細谷正充/田中成之 ということで、私も記事を書きました。 物書き商売は20年もやってますが、S−Fマガジンに載る記事を
14位 桃香さん
  • 情報提供NHKスタパ・司馬遼太郎展・坂本龍馬展 桃香の歴史探訪ブログ♡主に幕末維新桃香さんのプロフィール
  • まとめての記録になりますが、先々週〜先週末にかけていろいろ行ってきました。NHKスタジオパーク「おんな城主直虎」の世界展を見に行きました。ミニ大河ドラマ館みたいな感じ。小道具やセットが再現されていました。三浦春馬・高橋一生・柳楽優弥のパネルもありました。柳楽優弥好きですこんな塗り絵コーナーもありました。娘、挑戦中会期は7/13までだそうです。司馬遼太郎展横浜のそごう美術館で開催中の司馬遼太郎展へ行きまし
更新時刻:17/06/23 02:30現在