幕末・明治維新 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/07/19 12:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
Harryさん
  • 情報提供【斎藤一】06.斎藤一の明治 『正義』と『平和』Harryさんのプロフィール
  •  9月5日、会津若松城下から、小荒井方面に出動した、新政府軍は、途中の如来堂に敵影を発見すると攻撃を行った。 斎藤を始めとする、新選組隊士は、抗しきれずに散乱したが、新選組の本隊に戻ることができなかった。 そのため、城西を流れる、阿賀川西岸において、遊撃戦を展開中の会津藩兵に合流し、戦闘を続けている。 旧幕軍は、抗戦を続けていたが、武器弾薬、兵糧が乏しく、それらを補給するために、奥羽越列藩同盟の盟主

2位
 たまびと ルンちゃんさん
  • 情報提供最近読んだ新選組が登場する物語 新選組のチョッと話 〜多摩人(たまびと)漫遊記〜 たまびと ルンちゃんさんのプロフィール
  • 新選組の隊士たちが登場するお話をご紹介しますね。月華の神剣 壬生狼慕情 (角川文庫) [ 牧 秀彦 ]このお話の主人公は新選組ではありません。日光東照宮の近くにある村の社の宮司の息子・信吾という青年ですまずは目次から序 章 常勝の御太刀第一章 大将志願第二章 本庄異変第三章 信吾未熟なり第四章 朱に交わりて終 章 池田屋の朝その村は、日光東照宮の近くにあるというものの、脇道をかなり歩かないとたどりつけな

3位
血笑鴉さん
  • 情報提供クレムリンの神話 (こぶし文庫) 単行本 ネオ・尊皇筋肉戦線!血笑鴉さんのプロフィール
  • クレムリンの神話 (こぶし文庫)15,929円Amazon タイトルから観ると所謂アンチスターリズム本。当時起きたスターリン批判の影響が大きいかが窺える。 共産党を含め、先党主義の政党結社は、一党独裁に陥りやすい。 結果的に労働者のための党が、党幹部のための党に陥り、<労働貴族>維持の為の党に陥り、かつてのクレムリンの如く惨めな結末を迎えてしまう。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
4位 隊長@新選組流山隊さん
  • 情報提供勝海舟フォーラムに参加 新選組流山隊隊長日記隊長@新選組流山隊さんのプロフィール
  • 猛暑が続く中、墨田区吾妻橋と港区赤坂で行われたイベントに参加しました。浅草から吾妻橋を渡って、勝海舟像の下で、本日の主役・勝海舟の玄孫の高山みな子さんと3ヶ月ぶりにお会いしご挨拶。九州から前日戻ったばかりの山崎烝@流山隊と合流しました。駅から数分歩いただけで、汗ばむほどの暑さ。前日は炎天下での殺陣演武をおこない、私も満身創痍ですが、隊士にはゆっくりと休んでいただくため、本日は3名での参加です。本日
5位 隊長@新選組流山隊さん
  • 情報提供西郷隆盛直系ご子孫の講演を拝聴 新選組流山隊隊長日記隊長@新選組流山隊さんのプロフィール
  • 16日の海の日は、勝海舟のイベントに参加しました。前回記事で紹介したように、午前中は「勝海舟顕彰会」による「勝海舟フォーラム」に参加、昼食後に赤坂サカス内の会場に移動して、「勝海舟の会」による「海の日イベント」に参加しました。午後のイベントでは、最初にMZ@流山隊による薩摩琵琶の解説と「城山」の演奏です。彼女は「勝海舟の会」の会員であると同時に新選組流山隊の隊士でもあります。薩摩琵琶については、いずれ
6位 血笑鴉さん
  • 情報提供江戸無血開城: 本当の功労者は誰か? ネオ・尊皇筋肉戦線!血笑鴉さんのプロフィール
  • 江戸無血開城: 本当の功労者は誰か? (歴史文化ライブラリー)1,836円Amazon岩下 哲典 (著) アマゾンの書評者が手厳しい批判を行っていたが、論者も同様である。 作者は歴史研究家で有り、流石にプロだけに根拠史料を提示されているものの、口数が少ない山岡鉄舟と泥舟だけに根拠史料が少なすぎ.る。ウラ取りにについて筆者の著書を根拠にされているが、それでは意味が無い!  まずは泥舟と鉄舟の書簡なり、乃至は勝安房の日誌
7位 隊長@新選組流山隊さん
  • 情報提供気温37℃−炎天下での殺陣演武−新松戸まつりの速報 新選組流山隊隊長日記隊長@新選組流山隊さんのプロフィール
  • 今年も「新松戸まつり」に参加、殺陣演武をおこないました。流山で近藤勇と土方歳三が永遠の離別をしてから一週間後、土方歳三は島田魁らとともに小金宿を訪れました。そんな縁の地のすぐそばである新松戸での行事に、新選組流山隊は15年連続での参加となりました。羽織がなければ新選組と判らないこともあって、例年暑い中でも、和装の羽織袴に陣羽織まで着用しての殺陣演武をおこなっていますが、今年は特に猛暑で気温も37℃だっ
8位 Harryさん
  • 情報提供No.001【秀吉に天下を獲らせた、ある男の死】壱 『正義』と『平和』Harryさんのプロフィール
  •  天正十年(1582年)六月二日、家臣の明智光秀の謀反によって、天下布武を目前にした、織田信長は、炎の中で、自害した。本能寺の変である。 この時、信長の家臣の羽柴秀吉は、中国地方の大大名、毛利家との決戦、備中高松城攻めの最中であった。 主君の信長の死を知ると、秀吉は、心の底から泣いたと言われる。 当然であろう。秀吉は、信長に出会わなければ、一生、農民のままであったに違いない。 いかに戦国の世とはいえ、
9位 血笑鴉さん
  • 情報提供現代思想 2018年6月号 総特集◎明治維新の光と影 ムック ? 2018/5/15 ネオ・尊皇筋肉戦線!血笑鴉さんのプロフィール
  • 現代思想 2018年6月号 総特集◎明治維新の光と影1,404円Amazon歴史的議論ではなく、考現学的議論であって、寧ろ現行安倍政権批判のツールとして『明治維新』が使われており、かつて行われた明治維新100年記念と共に政治主導を批判した本である。まあ辛口の姜尚中氏が絡んでいるのと、本書はあくまでも《現代思想》本である故に考現学的批判を行っている。歴史学から観れば現行政府批判を明治維新を使って批判したところで《とんち
10位 血笑鴉さん
  • 情報提供たまには与太話。 ネオ・尊皇筋肉戦線!血笑鴉さんのプロフィール
  • 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 世間では明治維新150年と述べていまする。その割には面白い本はない。新選組関連の新刊で『菊判』で発刊されず。雑誌形態の新選組本はあるが、食指が沸かない。 読んではみたけど、過去の記事の焼き直しで新味は一切無い。ぶっちゃけ『新選組研究』が如何に廃れてしまったか。国営放送大河ドラマでも新選組はちょびっとしかでない。 それにしても、立川
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
更新時刻:18/07/19 12:30現在