幕末・明治維新 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/09/25 14:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
武装梅痴鴉さん
  • 情報提供芹澤鴨は行方出身にあらずのトンデモブログをあざ笑う 「尊王筋肉戦線」武装梅痴鴉さんのプロフィール
  • さて、前回のブログで《定説》と《通説》をわざと目立つように書き記したのは、この書き方をご理解できない御仁が多いので皮肉を込めて書いてみた。こちらのブログであるが、「笑うしかない。詳細については定説と通説の違い を観て頂ければ良いとして、最近芹沢関係でおもしろいブログを発見したので紹介しよう。 なお、ブログ管理者が不明確なので、ここでは『名無し』と表記させて頂く。通常であればHNを掲載するかメアドを

2位
 たまびと ルンちゃんさん
  • 情報提供介山先生と高尾山 新選組のチョッと話 〜多摩人(たまびと)漫遊記〜 たまびと ルンちゃんさんのプロフィール
  • 以前ご紹介した新選組も登場する長編小説「大菩薩峠」その著者である中里介山は、一時高尾山に住んでいたことがありました。先日、その足跡を追って、高尾山へ登ってみましたよ。とは言っても、じつは高尾山へは毎月来ているのです健康促進がてら、高尾山へ登っているんですけどね。(まあ、家や職場から近いというのもありますが)でも中里介山の住んでいたらしいポイントは、よくわかっていなかったんですよ。それでいろいろ調べ

3位
あさくらゆうさん
  • 情報提供お詫び 無二無三あさくらゆうさんのプロフィール
  • いつも拙ブログへご訪問いただきありがとうございます。ただいま多忙等、洒落にならないことが重なっており、ブログUPが滞っております(汗)ゆとりが出来たら2日おき程度に再開しますが、どうかよろしくお願い申し上げます。
4位 隊長@新選組流山隊さん
  • 情報提供相馬大膳亮と農林水産省 新選組流山隊隊長日記隊長@新選組流山隊さんのプロフィール
  • 9月19日は、霞ヶ関や丸ノ内、江戸城の散策をしました。まずは、霞ヶ関へ。写真は、相馬大膳亮の上屋敷跡です。と言っても分かりにくいのですが、陸奥中村藩の相馬家の屋敷跡です。これでも、おそらく分かりにくいので、簡単に解説をすると・・・相馬氏は、桓武平氏の一族で、下総の南西部(現在の千葉県柏市や我孫子市付近)を拠点としていたと考えられます。現在も、柏市内には相馬家の墓所や屋敷跡が有り、手賀沼の周辺は「南相
5位 kiiさん
  • 情報提供宮城県仙台市 仙台城 試撃行kiiさんのプロフィール
  • 仕事の研修で仙台へ行きました。研修を終えて仙台駅で解散。帰路は東京まで行っての飛行機です。出来るだけ帰りの便を遅らせて、仙台市の史跡を訪問しました。仙台駅から仙台城まで歩いて40分位。少し大変ですが行けない事も無い。仕事帰りなので革靴でしたが、なかなか来ることが出来ないので、頑張って行く事にします。「大橋」。仙台駅から青葉通りをまっすぐ西へ進むと、広瀬川に架かる「大橋」に着きます。仙台城と城下を結
6位 Rinkoさん
  • 情報提供感想など 幕末明治好きのRinkoの何か。Rinkoさんのプロフィール
  • まずは。 大河ドラマ・おんな城主直虎、感想。 ああ、やっぱり直虎ちゃんは龍雲丸と一緒には行かなかったんですね・・・。 わかってたけど、龍雲丸もおとわと一緒に"井伊谷に残る”という選択はなかったんですね・・・。 別れた後の、青空の龍雲にグッときました! 悲恋ストーリーでしたが。 じめじめさせずに、「袖にされたわ!」と言い放つさっぱりとした演出が、上手いなぁと思います。 そして次回は大きくなった虎松くんが大
7位 イッセーさん
  • 情報提供新選組漫画 187 行軍録 幕末多摩・ひがしやまとイッセーさんのプロフィール
  • 京都での新選組は、一種の警察部隊のようなもので、市中での不逞浪士や反幕過激派の逮捕が主な任務でした。狭い路地や屋内での戦いが中心だったので、刀や鎗で戦う方が効率が良かったワケです。ところが幕府が長州征伐の計画を立てると、新選組も幕府方の1部隊として出陣させられるかもしれません・・・となると、警察隊ではなく軍隊としての組織化が必要になってきます。というコトで立案された新選組の「軍隊としての編成」、コ
8位 繭未さん
  • 情報提供官賊に恭順せず 繭未ブログ Tokyo Life!!繭未さんのプロフィール
  • タイトルと表紙に惹かれて購入「官賊に恭順せず 新撰組土方歳三という生き方」そしてなにより原田伊織さんの本に興味が結構辛口な言葉を使うので、それが楽しいというか ただ、この本に関しては、辛口ではなかったですね〜歳三さんの事好きなのかしら??? 土方歳三という生き方・・・というサブタイトルついてますが、、、そんなに、歳三さんにこだわった本ではななかったように感じます新選組のダイジェストというか、これ
9位 小梅日記さん
  • 情報提供六月十七日 小梅日記小梅日記さんのプロフィール
  • 六月十七日 蘭引で酒を取る。直川へとよを参らせる。金森殿の家来に手紙を寄越した。それによれば伊藤泰蔵が膈(食べ物が通らなくなる病気。胃癌、食道癌など)のようなので致し方なく秘法の鳬(けり)という鳥を黒焼きにして食べると妙薬になるそうだ。なんとも手に入らないのでどうすればいいかと申し候ところ、あちこちでいろいろ世話になったが、大坂方面までも詮索されたがとんと見つからない。捨て置けることではないけれど
10位 でぃーさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 武装梅痴鴉さん
  • 情報提供神学の履歴書 「尊王筋肉戦線」武装梅痴鴉さんのプロフィール
  • 神学の履歴書: 初学者のための神学書ガイド Amazon タイトルに『神学の履歴』とされているが、初心者向けと言うよりも、ハイ・エンド向け書籍。とはいえ、鴉初心者レベルでも読めないことはないが、『神学部とは何か・キリスト教徒にとっての神学入門』を読まれた読者なら「ああ、あのことか」といった様に腑に落ちる本ではある。 佐藤優氏は、鴉としては『保守思想』『革新思想』を柔軟的に敷衍した本が多く、ある意味このブロ
更新時刻:17/09/25 14:30現在