神話・伝説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/06/24 13:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
Kaite-Oboeruさん
  • 情報提供浮気旅行 描いて覚える古事記Kaite-Oboeruさんのプロフィール
  • これを読んで古傷が痛む人もいますかねw 時代は変われど永遠になくならない定番の男女問題ですね。 身分が高くなればなるほど嘘をつくのは大変そうだけど 随分と大胆な仁徳天皇です。 国民思いの天皇でしたが完璧じゃないみたいですね。 若い頃から女性の好みは一貫しているようでそれは黒髪の美しい女性らしいです。 気になるのは黒比売のお吸い物の味。 この頃の調味料は何かな? 送料込【お吸い物】金沢ふくら屋 加賀懐

2位
上江洲 規子さん
  • 情報提供《肝っ玉》倭姫ゆかりの神社 守護神のさがし方|神話ライター上江洲が教える上江洲 規子さんのプロフィール
  • 今日のラッキー神社 倭姫自身、女性のか弱い足で全国を遍歴した女傑でした。だからこそ、西へ東へと強敵を征伐するために酷使された大和武を愛したのでしょう。そういう女性ってかっこいいと思う(*^^*) でも私が彼女に惹かれるのは、「悲しみを背負って各地を遍歴する女性」の一人だからでもあります。 淡島様は病気、磐姫は自らの容姿ゆえ、そして静御前は将軍の敵の妻だから。それぞれに理由は違いますが、彼女たちはみな、悲し

3位
HN.稗田阿礼さん
4位 HN.稗田阿礼さん
5位 古荘冬馬人さん
  • 情報提供白村江の戦いから壬申の乱へ 卑弥呼の都へ旅をする古荘冬馬人さんのプロフィール
  • 663年白村江の戦い。→672年壬申の乱671年に「筑紫君薩夜麻」が2千余人の兵と共に白村江の捕虜から解放されて倭(九州)に帰国しました。帰国後翌年に壬申の乱なのです。そしてその時唐軍は太宰府に1500人ほど駐留しています。唐軍がいるのに内乱をしたのです。ところで白村江の戦いの敗因の一つが福信事件。帰国した王子と現地の将軍の仲たがい663年6月百済王・余豊璋(よほうしょう→倭から帰国した王子)が、鬼室福信を謀反
更新時刻:18/06/24 13:30現在