TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

日本の伝統・文化 トップ TOP

help

続きを見る

  • 1位

    【大相撲特別場所・速報!】期待に応えてくれたNHKには感謝ですが、願わくば、十五日間毎日やってもらいたい・・・今日の昭和62年(1987年)の「大相撲この一年」で私が最も「オッ!」と思ったのは、西サモア出身、南海龍の勇姿でした!

    本来であれば、今日から大相撲夏場所の 初日が始まっていました。 コロナ禍により、大相撲の本場所では 戦後初の中止に追い込まれたわけですが、 こればかりは仕方がないことだと私も 思っています。 戦時と同様の国難と言っていい今般の ご時世を鑑みれば、なんぼ大相撲ファン であっても、声高に「本場所を何が何 でも開催しろ」とは言えませんよ。 相撲に限らず、スポーツやエンター テインメントは平時にこ…

    あらやまはじめ

    あらやまはじめの「定番!」大相撲ブログ

    読者になる
  • 2位

    あさつゆ品種、爽やかな水出し緑茶☆彡

    こんばんは*水出し煎茶投稿が続きます(笑)お茶のことを学んでいく中で、奥の深い日本茶の世界にも惹かれ、まずは、鼻に舌に感じていくのが直感的で楽しいです。「あさつゆ」というチャ品種で作られた、ティーパックの水出し煎茶です。静岡県産です。苦味、渋みが少なく、甘みの感じられる品種のため、その特徴から、「天然玉露」という言われもあるのだとか*「あさがお」という商品名に込められたのは、心のほっこりするようなさ...

    ちゃたくろう

    湯ったりお茶でも~茶道と温泉の愛好ブログ~

    読者になる
  • 3位

    ステーキ丼×ごぼう天わかめうどん~鳴門うどん~

    こんばんは、大分のtakatch親方です! 今日のお昼は、鳴門うどん! ▽Cf:鳴門うどん紹介動画→https://youtu.be/3kkDOWMC_ZA …

    takatch

    Go Active!〜大分からの風〜

    読者になる
  • 4位

    【大分別府】砂原温泉~大分takatch親方の湯巡業~

    「鉄輪温泉東口付近に、きれいな塩化物泉の共同湯♪」 こんばんは、大分のtakatch親方です!本日は別府市鉄輪温泉へ  ☆「砂原(すなばる)温泉」▽動画→ht…

    takatch

    Go Active!〜大分からの風〜

    読者になる
  • 5位

    河川敷で

    旧つぶやきつぶつぶを改め私のLIFE BOXに、、、バイクツーリング、林道、日常の事など、つぶやいちゃいます。

    きくちゃん

    私のLIFE BOX

    読者になる
  • 6位

    韓竈神社に見る 日本神話と神社の解かれざる謎

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

    読者になる
  • 7位

    スプロケット

    旧つぶやきつぶつぶを改め私のLIFE BOXに、、、バイクツーリング、林道、日常の事など、つぶやいちゃいます。

    きくちゃん

    私のLIFE BOX

    読者になる
  • 8位

    コロナ禍

    京都府も緊急事態宣言が解除。とはいえ、元の生活にはなかなか戻らないだろう。夏の甲子園も中止になった。戦後初のことらしい。予想もしていたが実際にこのニュースが流れたときは本当に心が痛んだ。このコロナで飲食店さん・イベント関係さん・観光業界も心底、辛い。子供達も辛く、子育ての親御さんも辛い、大学生も社会人1年生も就活生も辛い、お年寄りも介護をしている人もオリンピック選手も、サラリーマンもフリーターもホームレスも医療従事者も、国難なのでみんなみんな辛いけれど高校球児しかも最後の夏を迎える高校3年生。必死で涙をこらえているのを見ると切なさでこちらまで泣きたくなってくる。長男が小学校から大学まで野球をやってきたので全国の球児とその親御さん・監督・地元のひとがどんな想いをもって甲子園をめざしているかよくわかっている・・つも...コロナ禍

    かおり

    石屋のカミさん日記

    読者になる
  • 9位

    【振り返り】5月25日

    こんばんは、大分のtakatch親方です!過去の5月25日を振り返りましょう♪何かしらご参考になれば幸いですm(__)m  ♪YouTubeチャンネル登録もお…

    takatch

    Go Active!〜大分からの風〜

    読者になる
  • 10位

    日本文化の「道」から学ぶ価値観の持続的な継承の仕組み

    〇 日本文化の「道」とは何か 日本文化には茶道や華道、剣道や弓道、合気道など「道」と名のつくものが多い。そもそも「道」とは何なのか。一言でいえば、伝統的な技の上達のために修行を積むというプロセスであり、師範や教授といった指導者を育成するプロセスでもある

    縄文人

    日本人と縄文体質

    読者になる

続きを見る

  • 島左近

    島左近

    島左近勝猛。安土桃山時代の武将で石田三成の家臣(軍師)。「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 8人

  • 小早川秀秋

    小早川秀秋

    1582年〈天正10〉生 1602年〈慶長7〉没 1582:豊臣秀吉の正室ねね(北の政所)の甥に生まれて秀吉の養子 1592:丹羽国亀山城10万石を与えられる 1593:(文禄2)秀吉に実子、秀頼が生まれると小早川隆景の養嗣子に出される  隆景の隠居後、35万7千余石を領する筑前国名島城の城主。位官も中納言に昇進、 (衛門府を唐名で金吾ということから)金吾中納言と呼ばれた。 1597:(慶長2)慶長の役(朝鮮出兵)で釜山方面の大将  戦後、釜山を離れて蔚山城の救援に奮戦した軽挙を石田三成らに咎められ、 所領は12万石に減封、一時的に越前北庄に遷せられた(1598年〈慶長3〉)が 秀吉没後、徳川家康の計らいにより旧領へ復帰。 1600: 関ヶ原の戦いでは当初、西軍に属して松尾山に陣を敷いたが、合戦の途中で寝返り、  東軍に勝利をもたらした。その功により備前・美作55万石に任じられる(備前岡山城主) しかし、世間から裏切り者の烙印を押された秀秋は、諌言した老臣杉原紀伊守を殺すなどして 政道に乱れを生じ、逐電する者も跡を絶たなかった。 1602:(慶長7)21歳で病死。死についてはさまざまな風説がある。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 8人

  • 小西行長

    小西行長

    ?〜1660(慶長5)安土桃山時代の武将。キリスト教を信仰し,洗礼名アグスチン。初め備前の宇喜多直行に仕えたが,直家が織田信長に帰属するとともに羽柴秀吉に仕えた。舟奉行に任ぜられ,「海の司令官」と呼ばれた。1588年(天正16),肥後に一揆がおこると,加藤清正とともにこれを鎮圧し,その功により肥後半国を与えられ,24万石の領主となった。文禄の役では先鋒となって進撃し平壌を陥落させた。慶長の役で再び渡海し南原を攻略したが,秀吉の死により撤兵した。その後,石田三成らと文治派を構成,加藤清正・福島正則らの武断派と対立した。1600年(慶長5)の関ケ原の戦いでは西軍に属したが敗れ,石田三成らとともに斬首された。行長はキリシタン大名のなかでもとくに信仰心が篤く,領内のキリシタンや追放された高山右近を保護した。また信仰のゆえに自害を拒否し,祈りつつ殺されたという。

    テーマ投稿数 27件

    参加メンバー 6人

  • 宇喜多秀家

    宇喜多秀家

    1572(元亀3)年〜1655(明暦元)年11月20日     豊臣政権五大老の一人、備前中納言、備前岡山57万石の城主    関ヶ原の合戦では西軍の総大将、敗戦により八丈島に流罪

    テーマ投稿数 34件

    参加メンバー 8人

  • 島津義弘

    島津義弘

    島津義弘・維新天文4(1535)-元和5(1619).7 薩摩守護島津貴久の次男。天正15(1587)年、秀吉の九州征伐に無条件降伏し、以降、秀吉に属す。 関ヶ原では、西軍に属し天満山東麓に布陣し、松平忠吉・井伊直政隊と交戦するが、防御に徹し他隊への協力はしなかったという。西軍が総崩れする中、家康の本陣近くを通って撤退するという、「前進撤退」の有名な話が残っている。多くの戦死者を出しながらも大坂へ逃れ、海路帰国した。 関ヶ原後は、西軍に加わった諸将のほとんどが、厳しい制裁を受けたのに対して、井伊直政らの尽力により免赦され、所領も安堵された。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 4人

  • 武田信玄

    武田信玄

    戦国時代の武将。名は晴信。1541年(天文10)父,信虎を追放して甲斐(山梨)武田家の当主となる。民政に力を入れ「甲州法度」を定めた。その一方で近隣諸国を征服し、川中島の合戦?において越後の上杉謙信と争った。織田信長と雌雄を決しようとして三河(愛知東部)野田城攻城後に信州にて死去。

    テーマ投稿数 187件

    参加メンバー 56人

  • 脇坂安治

    脇坂安治

    1554年生 1626年没 近江出身 戦国時代の武将 通称、甚内 豊臣秀吉の部将 賤ヶ岳の七本槍の一 小田原征伐、文禄・慶長の役に参加 1600(慶長5)年 関ヶ原の戦いで東軍に参加 戦後は伊予大洲五万三千石の大名

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 3人

  • 田中吉政

    田中吉政

    父は重政、母は宮部善浄坊継潤の部下國友與左衛門某の姉である。  初め信長に仕え、ついで継潤に従い、のちに秀吉の命により、秀次付きの家臣として尾張支配に尽力。豊臣氏直轄領の代官も兼ねた。関ヶ原役では東軍に属し、先鋒となって手柄をたて、石田三成を捕らえた功で筑後柳川で三十余万石を領し新地の経営に手腕を発揮した。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 上杉謙信

    上杉謙信

    越後の戦国大名。長尾為景の子で初名・景虎。政虎、輝虎。兄長尾晴景の跡を継いで越後を領し、北陸そして関東に勢力を伸ばした。上杉憲政を保護すると、関東管領山内上杉氏の名跡を継承。上杉憲政より偏諱を貰い、上杉政虎と名乗り、ついで将軍足利義輝の偏諱を賜って上杉輝虎と名乗った。その後、剃髪して不識庵謙信と号す。義侠に富み、小田原北条氏や甲斐武田氏を度々争った。越後の龍といわれる。

    テーマ投稿数 392件

    参加メンバー 45人

  • 伊達政宗

    伊達政宗

    安土桃山時代の武将。父は輝宗。母は最上義光娘(義姫) 米沢で生まれる。幼少の頃、疱瘡で片目を失ったが、 片倉景綱、茂庭綱元らの重臣に恵まれたこともあり、勢力を拡大。 また周辺豪族を縁組などにより従わせ、会津の芦名氏を滅ぼして 東北の覇権を握り「独眼竜」と呼ばれた。 また幕府に従属する一方でスペイン・ローマに使節を派遣するなど 仙台藩62万石の基盤を確立させた。長男・秀宗は宇和島藩主となった。

    テーマ投稿数 260件

    参加メンバー 37人

続きを見る

  • 【茶湯彼是】facebookLIVE「月桑庵道舜の『茶湯彼是』第四回」5/24生放送

     昨日三週間ぶりに『茶湯彼是』をやりました!  総勢14名の方が見てくださったようですが、やはりコメントはつかないですねぇ~。  YouTube版はOPムービ…

    月?宗地 都流茶道教室《月桑庵》
    読者になる
  • 韓竈神社に見る 日本神話と神社の解かれざる謎

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro 神秘と感動の絶景を探し歩いて
    読者になる
  • 05/25のツイートまとめ

    mika_kinose RT @sakura791kurumi: 日本人として (日本古学アカデミー)https://t.co/Jyjsi0cgJ6 しかし人間は本魂が動揺して魄系のものに制せられると自然の摂理から外れてしまい(いわゆるキレた状態になって)、本来の道を誤ってしまいますので、神々から賜わ… 05-25 08:34 「平和な日常に勝るものはない」ってわかった!まったり過ごす仲良し動物たちに癒されたい https://t.co/tyyVaLwxc8 @karapaiaさんから 05-25 08:31 ...

    紀瀬美香 きのせみかの大和撫子な生活
    読者になる
  • 278.嗚呼、あと三年の命①-岡山県久米郡、和歌山城下編-(月刊「祭」2020.5月5号)

    ●日韓両国の小学三年生が学ぶ三年峠村の境の三年峠で転ぶと三年しか生きられないという伝説をもとにした、「三年とうげ・삼년고개(サンニョンコゲ)」は、日韓の小学三年生が国語の教材として学んでいます。大筋のストーリーは、「おじいさんが三年峠で転んで不安がる。お見舞いに来た少年が、だったら二回ころべば六年、三回ころべば九年生きられるとアドバイスして、おじいさんが笑顔で転びまくる」といったものです。実は似た伝承は、日本にもいくつか残っています。今回はそれを紹介します。なお、和歌山の事例はこの文章を参考にしました。ほかの参考文献は適宜あげていきます。●岡山県久米郡の護法祭毎年、八月十五日、久米郡美咲町両山寺では、護法祭と呼ばれる行事が夜に施行されます。この中でゴーサマと呼ばれる神仏の依代となった人がトランス状態に入...278.嗚呼、あと三年の命①-岡山県久米郡、和歌山城下編-(月刊「祭」2020.5月5号)

    hol_my_ow 月刊「祭」
    読者になる
  • 【振り返り】5月25日

    こんばんは、大分のtakatch親方です!過去の5月25日を振り返りましょう♪何かしらご参考になれば幸いですm(__)m  ♪YouTubeチャンネル登録もお…

    takatch Go Active!〜大分からの風〜
    読者になる

続きを見る

  • まなのまなびば

    もっと知りたい、伝えたい。 思想・文化・歴史についての疑問を、OLが学び発信するブログ

    読者になる
  • しんしゅう屋の農話

    農のお話。野菜の素晴らしさを伝えていきます。

    読者になる
  • nacocostyle

    自分らしく生きるをモットーにブログを作成しております。メインはハリネズミを飼ってみて感じたリアルな話です。また、結婚・恋愛や日本文化についての悩みを解決するための記事も書いております。

    読者になる
  • 歌絵人

    都々逸が好きすぎて作りました。他にも絵画や音楽など独自の目線でご紹介。

    読者になる
  • 湯ったりお茶でも~茶道と温泉の愛好ブログ~

    茶道と温泉のゆったり系情報発信ブログ。 茶道・温泉を中心した日本文化の素晴らしさに触れています* このブログに立ち寄ってくださった方が、何かしら「良いな」と 感じてくだされば幸いです。

    読者になる

続きを見る

読者になる