searchカテゴリー選択
chevron_left

「歴史」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

神話・伝説 トップ

TOP help

注目ハッシュタグ

inkrich「誰でも」と「簡単」と「更新」を3つ集めて合体させて『inkrich』を作りたいんですよぉ〜

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

  • 斉藤道三

    斉藤道三

    戦国時代の美濃国(岐阜県南部)の武将である。名は秀龍(ひでたつ)で、道三は号。元は山城国(京都)出身の油売商人であったと伝えられる典型的な戦国大名。次々と仕官先の主家を乗っ取り、謀略などを多用した事などから、美濃の蝮と呼ばれ、下克上を体現した人物であったとみなされる。子に義龍、利尭、帰蝶、孫四郎、喜平治、長龍。父は松波基宗または飯尾彦六左衛門尉(この場合松波基宗は祖父)か。 墓所は岐阜県岐阜市の常在寺ほか、同市の道三塚。常在寺には道三の肖像、「斎藤山城」の印なども所蔵されている。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 5人

  • 浅井長政

    浅井長政

    戦国時代の戦国大名、武将。正式名乗りは藤原長政。家系としては浅井氏は藤原姓を称するが、学説には現地の土着豪族の出かといわれている。 近江国小谷城主浅井久政の子、母は井口守経の娘。兄弟に浅井政元。室は織田信秀の娘のお市。嫡子万福丸は滅亡時にとらえられ処刑された。女子に豊臣秀吉の側室となった茶々、京極高次の室となった常高院、徳川秀忠の室となった於江与。

    テーマ投稿数 59件

    参加メンバー 8人

  • 福島正則

    福島正則

    幼少より豊臣秀吉に仕え、天正11年(1583)の賤ケ岳の戦いでは、七本槍の筆頭にあげられ、数々の戦功をたて、文禄4年(1595)には清洲城主24万石となる。慶長5年(1600)関ヶ原の合戦では、東軍(徳川方)に属し、その主力として活躍。戦功により、安芸広島城主となる。  晩年は不遇で、元和5年(1619)信州川中島4万5千石に減封、蟄居。しかし、治水工事にはたけ、加藤清正とともに名古屋城堀川を築いたことは有名。現在、長野県小布施町岩松院に墓碑が、地元二ツ寺菊泉院に位牌が残っている。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 6人

  • 前田利家

    前田利家

    加賀藩主前田氏の祖。前田利昌の4男、母は竹野氏の娘(長齢院)。正室は尾張守護 斯波氏の家臣高畠直吉の娘芳春院(まつ)、側室は千代保(寿福院)など多数 。兄弟に前田利久、前田安勝、佐脇良之。従二位・権大納言。薨後、贈従一位。生年は異説あり。

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 10人

  • 佐々成政

    佐々成政

    織田の家臣、柴田勝家の与力。 初め信長の父、信秀に仕え、永禄4(1561)年頃までに黒母衣衆に抜擢され、以降天正3(1575)年頃までは信長の戦いに従軍した。 天正3(1575)年9月、越前の一向一揆を平定すると、勝家の与力を命じら、北陸方面の軍事を担当するようになる。 「変」の頃には、上杉景勝と越中魚津で対峙していた。 「賎ケ岳」では、勝家に組し、上杉氏に備えるため越中に残った。 「賎ケ岳」後、秀吉方となった能登の前田利家と抗争を続け、天正12(1584)年の小牧・長久手の戦いでは織田信雄・家康に呼応し、秀吉に対抗したが降伏。 天正15(1587)年の九州・島津征伐に参陣し、この功により肥後一国を封じられるものの、国人一揆を引き起こしたとして、翌年切腹させられた。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 2人

  • 直江兼続

    直江兼続

    越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の米沢30万石を得る。関ヶ原の戦いでは石田三成と結んで、当主景勝を西軍につけ、徳川家康に戦いを挑むが失敗。以後は上杉氏存続に尽くした。文学、農政等に幅広く通じた智勇兼備の名将。 コミュニティ画像提供:『十五夜』http://ju-goya.com/

    テーマ投稿数 350件

    参加メンバー 25人

  • 肖像画

    肖像画

    歴史人物の肖像画(写真)に関連することなら何でも。

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 7人

  • 城郭・城跡

    城郭・城跡

    日本・世界を問わず城郭、城跡とそれに関連することについて

    テーマ投稿数 5,727件

    参加メンバー 188人

  • 海軍

    海軍

    洋の東西を問わず。 人物から事件・思想まで、海軍についての記事を書かれたら送って下さい。

    テーマ投稿数 600件

    参加メンバー 19人

  • 宮本武蔵

    宮本武蔵

    二刀を用いることで有名な二天一流兵法の祖。水墨画家・工芸家としても知られる。幼名は「辨助」(弁助)と伝えられる。著書『五輪書』の中では自ら新免武蔵守藤原玄信を名乗っている。現在、明らかに自筆とみなされている有馬直純宛書状・松井興長宛書状には自ら宮本武蔵玄信と記している。熊本市弓削の墓誌には新免武蔵居士とある。京都の兵法家吉岡一門との戦いや巌流島(山口県下関市)での試合が、小説、時代劇映画、テレビドラマ(時代劇ドラマ)等の題材になり有名。著書である『五輪書』は、単なる兵法書以上の価値を持つものとして日本のみならず世界に読者を持つ。二天の名で製作した優れた水墨画・鞍や鍔などの工芸品が現在に伝わる。

    テーマ投稿数 65件

    参加メンバー 19人

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー