chevron_left

「歴史」カテゴリーを選択しなおす

cancel

諸文化の歴史 トップ

TOP help

注目ハッシュタグ

  • 1位

    徒然草第百七十七段 (鋸のこぎりの屑くづ)

    「鋸のこぎりの屑くづ」、親王が蹴鞠をされようとすると、雨上がりでまだ庭が乾いてなかった。そこで、家来がおが屑を撒いたが、乾いた土を用意して撒くものだと偉い人から指摘された。甲子園でも、雨上がりに乾いた土を撒いています。おが屑を撒いたりすると後が大変なことになりそうです。おが屑は大工仕事の廃棄物ですが、それはそれなりに再利用できそうです。乾いた土を用意してなかったのは不味かったですが、おが屑が何に利用されようとしていたかは興味があります。おが屑は、水分を取るというよりも、油や汚物の処理、つまり清掃等では役立つようです。そういえば、駅などで酔っ払いが吐いた汚物におが屑で覆っているのを見たことがあります。つまり、清掃には有用な物なのです。最近では、廃プラと混ぜて人口木材にすることもあるそうで、捨ててしまうのは勿...徒然草第百七十七段(鋸のこぎりの屑くづ)

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー