シベリア抑留

  • トラコミュとは?
シベリア抑留
シベリア抑留(シベリアよくりゅう)とは、第二次世界大戦(太平洋戦争)末期にソビエト連邦軍の満州(現在の中華人民共和国東北地区および内モンゴル自治区北東部)侵攻によって生じた日本人捕虜(民間人、当時日本国籍者であった朝鮮人などを含む)を、主にシベリアやモンゴルなどに抑留し、強制労働に使役したことを指す。

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

桜田史弥(旧バージョン)さん
  • 20170218-11
  • シベリア抑留』 富田武さん読売新聞でも、歴史を知るうえで大切なことは想像力。回想録を読み、人の話鳥瞰イラストでよみがえる歴史の舞台アメーバブログその名も「超ワ...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク
桜田史弥(旧バージョン)さん
  • 20161208-2
  • シベリア抑留者の思い感じて 舞鶴・引揚語りの会「白樺日誌」図録を改訂 京都産経ニュース舞鶴引揚記念館(舞鶴市平)が所蔵するシベリア抑留・引き揚げ関連資料のユネスコ...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク
桜田史弥さん
  • 戦後の引揚者の史料を発見(佐賀県伊万里市)
  •  戦後に旧満州(中国東北部)などから伊万里市に引き揚げてきた人たちの関係書類「引揚者在外事実調査票」「在外私有財産返還補償請求書」「引揚者の外地における居住の状況...
  • 歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
桜田史弥さん
  • ロシア国立軍事古文書館(ロシア)
  •  南樺太・豊原(サハリン州ユジノサハリンスク)の雑貨商・久保山ハルが、1947年3月にソ連軍に抑留された長男・久保山茂の解放を訴え出た嘆願書などがロシア国立軍事古文書...
  • 歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
桜田史弥さん
  • シベリア抑留の「闘争歌集」を発見
  •  戦後のソ連によるシベリア抑留で、日本人抑留者の共産主義化や親ソ派への転向の総仕上げに使われた日本語の「闘争歌集」が発見された。 抑留者の日本への文書類持ち出し...
  • 歴史タイムズ〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
桜田史弥さん
  • 露国立公文書館(ロシア)
  •  戦後にソ連によって中国・大連で抑留された日本人の写真55点がロシア連邦国立公文書館で発見された。 ソ連やモンゴルで行われた「シベリア抑留」に関する写真は、これま...
  • 歴史タイムズ〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
桜田史弥さん
  • 終戦時の北朝鮮での抑留死者107人を特定
  •  終戦後に旧ソ連に抑留され、収容所などで死亡した約1万人の名簿のうち、北朝鮮の興南で死亡した107人が特定され、漢字の氏名と出身地を厚生労働省ホームページで公表し...
  • 歴史タイムズ〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
桜田史弥さん
  • 澤野正の遺骨を発見(ロシア)
  •  昭和十六年(1941)に中国へ出征し、戦後シベリア抑留中に亡くなった澤野正日本兵の遺骨がハバロフスク市の北東約360kmにあるヴィソコゴールナヤ村の病院跡で発見された。...
  • ☆歴史タイムズ☆〜古今東西歴史遺跡化石ニュース
しばやんさん
  • ソ連の『北海道・北方領土占領計画書』を読む
  • 前回の記事でソ連によるシベリア抑留のことを書いた。シベリア抑留を体験された斉藤六郎氏が国を相手の補償要求裁判をされて「全国抑留者補償協議会(全抑協)」という会を立...
  • しばやんの日々
しばやんさん
ひかママさん
  • ◆夕日のバーニヤ◆
  • 一九五三年(昭和二十八年)七月、この季節のシベリヤは猛暑ではあるが、また真夏のもっとも楽しい時期でもあった。 その頃私達の現場では、街のやや中央の住宅街に建設さ...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆ウォッカと女性ナチャニック◆
  • 一九五二年(昭和二十七年)十二月の初め頃であった。我々三人はウォッカ工場に三日間、地下の古くなったケーブルの撤去工事のため派遣された。最終日は特に寒さの厳しい朝...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆月夜の晩の薪泥棒◆
  • 一九五二年(昭和二十七年)十一月、我々はカンスクに住むようになって最初の冬を迎えた。ある寒さの厳しい晩のことである。バラックの薪が残り少なくなって、朝の食事の用...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
ひかママさん
  • ◆今夜はソ連兵◆
  •   カンスクに来て、初めての秋が近づいて来た。 工場の敷地から一〇〇メートルほど離れた所に、帰化している中国人の農家が三、四軒あった。そこは人参畑で生計を立...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆土採り作業とカルメック人◆
  • 我々三名が採用されたのは、カンスク市でも国営の大建設会社で、社長は囚人帰りのユダヤ人と聞いていた。 会社の敷地には発電所、木工場、レンガ工場と土木部門などに分か...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆大きな「マダム」◆
  • 我々を乗せたトラックは、二、三〇キロくらい走ると、やがてカンスクの街へ入った。 運転手はさすがに心得たもので、車を「ミリツ」<警察署>の前に止め、右手で到着した...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ★「飽き」の曼陀羅★
  • ひかるKunの夏休みもあと残すところ一日。 「ね〜ね〜 光! お休みあと一日で終わるよ。 明日は、福授園で一日お仕事して。。 明後日からは、ガッコ始まるよ!」...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆カンスク市への集団移動◆
  • 老人組みが中風のN氏を連れてカンスク市に転出したのは、一九五二年一月の頃と記憶している。カンスク市には大きな病院があり、入院する事も可能であった。その上、新しい...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆首かせの山羊◆
  •   インガシヤでの夏、晴天の日のことである。今日は仕事もないと班長の伝言で、我々バラックの四名は村のマダム三名と日本でいうギョウジャニンニクを採りに、部落の...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆『リンゴの歌』が電波にのって◆
  •   一九五二年(昭和二十七年)八月、異常にむし暑い日だったと記憶している。夕食をすませて、退屈していた私は寝台の上に横になり脇戸棚に出入りするネズミの駆除方...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆失敗した薩摩守忠度◆
  • 私がインガシヤで働くようになって半年ほどが過ぎた七月頃の事である。 その日は山にある本部の製材荷下ろしのため、T氏、N氏そして私の三名が派遣された。仕事は二時間...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆初めての銭湯◆
  •   釈放されてインガシヤに落ち着き、三ヵ月ほど過ぎた二月の寒い朝の事だった。隣にある四坪ほどの丸太小屋に、一人住まいをしている「ブルガジル」<班長>がやって...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆野生のゴボウ採り◆
  • 一九五二年の夏、私がインガシヤで貨車の丸太積みをしていた頃のことである。丸太置き場の整理を終えたが夕食にはまだ少し早すぎるし、また夕焼けがあまりにも綺麗だったの...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆映画鑑賞と交通事故◆
  •   一九五二年七月、暑い日の午後であった。今晩六時半から本部の公会堂で「タルザーン」<ターザン>の映画があるので、日本人の我々にも観に来るようにと、迎えのト...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆苦手な坑木の積み込み◆
  •      十二月の寒さの厳しい夜であった。「ブルガジル」〈班長〉がバラックに来て、“今夜八時にワゴン車が一両きて、坑木の積み込みに入る・・・・・と「ナ...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆五度めの大晦日◆
  •    一九五一年(昭和二十六年)十二月、わたしはシベリヤで五度めの大晦日をここインガシャで迎えたのである。 十坪ほどのバラックは大晦日と言っても何の変化もな...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ★御礼★
  •  今日の記事を今アップしたのに、 1048のアクセス。。というかページヴューがあります。 毎日、読みに来て下さっている方、本当に有難うございます。 ...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆仕事を探して◆
  • トラックの上は濃い霧に包まれていた。「マローズ」〈寒波〉がやって来たのである。カラ松林がシベリヤ大地にぼんやりかすんで見えた。私は厳しい寒さを我慢しながら、今走...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆うしろめたい気持ち◆
  •   私が車に乗った時、もう一人新しい「シューバー」〈毛皮〉を着たロスケが一緒に乗った。トラックは一時間ほどカラ松林を走って、ある集落に着いたのである。 突然...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆日本人との出会い◆
  • 老婆に言われたように東を指して一キロほど行くと、「ミリツ」〈警察〉の看板が眼に入った。私は頑丈なドアをノックして中に入った。事務室には宿直の若い警察官が一人、暖...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆釈放されてからの旅◆
  •   ノボシベリウスクを発車した夜行列車は、時間がたつにつれて水兵達も一般人もそろそろ眠くなって来たのか、会話やざわめきも次第に静まって来た。私と話しをしてい...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆私は「何処へ」行くのか◆
  •    私は火の気のない小屋の中で、凍った黒パンを食べ砂糖を少しなめてザフトラカ〈朝食〉を済ませた。その日の午前中、ついにハイジャイン〈主人〉は小屋へ顔を...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆第三章「地方人としての暮らし」〜釈放された夜◆
  •   釈放されて衛門を出た私は、職員に連れられてウプラウレーニヤ〈監理局〉に向った。周囲はすでに真暗で寒かった。呼吸をするたびに、鼻息がもうもうと顔をおおった...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ
ひかママさん
  • ◆もう囚人ではない◆
  •   早いものでトムスクに来て四ヵ月が経った。私は受刑最後の初冬を迎えたのである。来月はいよいよ満期釈放となるのであった。  ふとその時、十四年前に旭川の軍隊...
  • ひかるKunのちょうどのおとうふ

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

明治工学さん: ペット可賃貸(貸家)の建築状況をリアルタイムで新潟から更新中。介護リフォームや住宅ローンの情報も。ひかママさん: 骨髄異形成症候群・白血病の次男:光の為に作った「ひかるくんのちょうどのおとうふ」の紹介です。桜田史弥さん: 日本や世界の歴史関連ニュースメディアから抽出し、2行ずつに要約してお届けします。
明治工学さんひかママさん桜田史弥さん
桜田史弥(旧バージョン)さん: 日本や世界のメディアや個人ブログなどから抽出した歴史関連記事や歴史サイトへのリンク集です。やまだげんきさん: 日常の出来事と、脳内の整理、感謝の言葉をつづっております しばやんさん: ブログを移転しました。H26.1.5以降の記事はFC2ブログにアップしています。
桜田史弥(旧バージョン)さんやまだげんきさんしばやんさん

関連トラコミュ

  •  
いろんな角度でニュースを語ろうニュース(総合)一般社会・社会全般
いろんな角度でニュースを語ろうニュース(総合)一般社会・社会全般
時事問題ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活観光&地域の情報
時事問題ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活観光&地域の情報
学校、教育機関ナンデモ映画 ジャンル関係無しなんでもレビュー
学校、教育機関ナンデモ映画 ジャンル関係無しなんでもレビュー
野球全般戦争のない未来のためにニュース、事件
野球全般戦争のない未来のためにニュース、事件
オールジャンル日記祭り(まつり、祭礼)、伝統芸能美術館、博物館、ミュージアム
オールジャンル日記祭り(まつり、祭礼)、伝統芸能美術館、博物館、ミュージアム
歴史好き (ジャンル不問)大東亜戦争(〜1945)日本史(日本歴史)
歴史好き (ジャンル不問)大東亜戦争(〜1945)日本史(日本歴史)
本・感想・評論・レビューひとりごと地震
本・感想・評論・レビューひとりごと地震
寺・神社和の歴史・伝統文化の魅力を伝ましょう!!日本のお城めぐりの旅
寺・神社和の歴史・伝統文化の魅力を伝ましょう!!日本のお城めぐりの旅
歴史腐った歴女世界史(世界歴史)
歴史腐った歴女世界史(世界歴史)
城郭・城跡三国志歴史人物、人物、人物評伝
城郭・城跡三国志歴史人物、人物、人物評伝
史跡めぐりご朱印帳(神社・寺)歴史虎コミュ♪
史跡めぐりご朱印帳(神社・寺)歴史虎コミュ♪
神仏の足跡・・・史跡や神社仏閣教会歴史への旅(日本)縁起物(神社仏閣グッズ・郷土玩具)
神仏の足跡・・・史跡や神社仏閣教会歴史への旅(日本)縁起物(神社仏閣グッズ・郷土玩具)
日本史同好会〜オープンジャンル歴史大好きコミュニティー旅と歴史
日本史同好会〜オープンジャンル歴史大好きコミュニティー旅と歴史

シベリア抑留トラコミュについて

  •