時代小説

  • トラコミュとは?
時代小説
時代小説に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。


国語作文教育研究所
http://www.miyagawa.tv
宮川俊彦の歴史特講開講中

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

YO-SHIさん
  • たぶんねこ
  • 「しゃばけ」シリーズの第12作(「えどさがし」は文庫オリジナルの「外伝」。これを含めれば13作品目)。5編からなる連作短編集。それぞれで完結する短編が5つまとまっ...
  • 本読みな暮らし YO-SHIさんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜弟子の申し出と師匠の動揺
  •  小さな部屋で作間と久五郎が向き合っている。二人の前には信乃が準備した膳があるが、どちらも箸をつけていない。「作間先生。誠に申し訳ないのですが、これからの事は口
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
neputaさん
  • 【読書感想・小説】水神 帚木蓬生 (新潮文庫)
  • 水神〈上〉 (新潮文庫)posted with ヨメレバ帚木 蓬生 新潮社 2012-05-28 AmazonKindlehonto水神〈下〉 (新潮文庫)posted with ヨメレバ帚木 蓬生 新潮社 2012-05-28 ...
  • 読書感想BLOG neputaさんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜やる気がありすぎる仏蘭西人がもたらした災難
  •  シャノアンの進言を受けて幕府は江戸に練兵場を作る事となった。否、ならざるを得なくなったと言ったほうが正しいかも知れない。その進言を聞き流すには、あまりにも幕府
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜やる気がありすぎる仏蘭西人1
  •  それは桜の花が咲き誇る三月半ばの夕方の事だった。「駿次郎先輩、お久しぶりです!」 丁度少年達を対象とした夕方の稽古が終わるのと同時に、垣崎伊織が作間道場に顔を
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
Suichiro Mayuzumiさん
YO-SHIさん
  • 奔る合戦屋
  • ヒット作「哄う合戦屋」の続編。続編と言っても時間軸で見れば「哄う合戦屋」の前の出来事。主人公は前作と同じで石堂一徹。時代は戦国時代。物語の始まりは天文2年(15...
  • 本読みな暮らし YO-SHIさんのプロフィール
sazanamiziroさん
  • 源実朝の遙かなる夢 ・ 実朝暗殺と興国寺
  • (続き)今日は、真っ白い白崎海岸と源実朝暗殺が、いったいどう関わっているのかを書きます。実朝の哀しげな歌源実朝は、源頼朝の次男です。兄である2代将軍頼家が北条家の...
  • 神秘と感動の絶景を探し歩いて sazanamiziroさんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜いざ本丸・其の壹
  • 麹町にある兄の屋敷を後にした作間と信乃は、改めて身なりを整えるため一旦作間道場に向かった。四谷大木戸は相変わらずの人の多さで、その流れに逆らって道場の入り口に辿
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜横浜からの旅立ちと兄夫婦との初顔合わせ・其の貳
  •  宿場の朝というものはどこも早いが、こと品川宿の朝は特段早いと思われる。暁七ツににもなれば西へ向かう旅人は出立するし、暁七ツ半には自宅へ帰る江戸っ子も動き出し、
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜横浜からの旅立ちと兄夫婦との初顔合わせ・其の壹
  •  日本人市街の三分の二、そして外国人居留地の五分の一を燃やし尽くした豚屋火事から一ヶ月が経過した。火事場の後片付けが終わったのは年の瀬目前の十一月の終わりで、か
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
YO-SHIさん
  • 戦の国
  • 本書は「決戦!」という競作のシリーズ6冊「桶狭間」「川中島」「本能寺」「関ヶ原」「関ヶ原2」「大坂城」から、著者が執筆した作品6編を取り出して、加筆修正の上、再...
  • 本読みな暮らし YO-SHIさんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • 江戸瞽女の唄〜これからも手を携え
  •  宿の番台に朝餉の注文をした後、部屋に戻ると既にみわは起きていた。長襦袢を肩にかけただけの艶めかしい姿に隼人は思わず息を呑む。「おみわ、起こしちまったか」 隼人
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜身請交渉と鬼畜役人・其の貳
  •  岩槻屋佐吉が提示した破格の身請料、その安さに頷きそうになった作間を止めたのは他ならぬ垣崎伊織だった。 垣崎は厳しい表情のまま佐吉に近づき、その胸座をぐいっ、と
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • 江戸瞽女の唄〜互いの想い
  •  秋霖の音だけが微かに聞こえる、安宿の小さな部屋に言い知れぬ沈黙が流れてゆく。その沈黙耐えられず、口を開いたのは隼人の方だった。「おみわ・・・・・・誰だよ、蓮二
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜身請交渉と鬼畜役人・其の壹
  •  作間を散々茶化した垣崎が去った後、作間は半分残っていた茶碗の水も口移しで白萩に飲ませた。「俺はこれから伊織の手伝いに行ってくるが、大丈夫か?」 白萩が水を全て
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • 江戸瞽女の唄〜秋霖の安宿
  •  震災後はすっかり少なくなってしまったが、都市部の秋祭りも瞽女にとって稼ぎ時である。各地の瞽女たちも東京に集まり、それぞれに伝わる伝統の歌や流行歌を唄う。本来で
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜豚屋火事・其の参
  •  慶応二年十月二十日早朝、後に『豚屋火事』と呼ばれることになる大火は港崎遊郭だけに留まらず、その勢力をさらに風下へと拡大していった。そして日本人街、外国人居留地
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜豚屋火事・其の貳
  •  階段を二十段ほど下ったところに踊り場があり、火はそこで激しく燃えている。冬物の重たい打掛を頭から被ったまま、白萩は息を詰めて踊り場を駆け抜けた。(熱いっ!) 
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
YO-SHIさん
  • えどさがし
  • 「しゃばけ」シリーズの第12作。裏表紙の説明に「初の外伝」とある。もともとこのシリーズは、長編、連作短編、短編集と、巻によってバラエティに富んだ構成になっている...
  • 本読みな暮らし YO-SHIさんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • 江戸瞽女の唄〜みわの追懐
  •  月夜に朗々と長唄が流れてゆく。やや年配、の艶めいた唄声に続き、若々しい声が探り探り続くところから鑑みると、どうやら師匠に稽古をつけてもらっているらしい。「・・
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜豚屋火事・其の壹
  •  冬場の火事ほど厄介なものは無い。黒河がごみ溜に放火した小さな火は、冬の乾燥とからっ風によって瞬く間に凶悪な大火に変貌する。 不運にも火元となった豚肉屋鉄五宅の
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜大捕物・其の参
  •  抜けるような冬晴れの下、港崎遊郭に向かって走る二人の男がいた。「おい垣崎・・・・・・もうちょっとゆっくり走ってくれ!」 先を走っていく垣崎に対し、息を切らせた
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
東屋梢風さん
  • 大佛次郎『角兵衛獅子』
  • 長編小説。時代小説『鞍馬天狗』シリーズの一編。タイトル読みは「かくべえじし」。勤王の志士・鞍馬天狗と彼を慕う杉作少年との絆、そして鞍馬天狗と近藤勇との戦いを描く
  • 新選組の本を読む 〜誠の栞〜 東屋梢風さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜大捕物・其の貳
  •  英吉利軍が持つ照明が地面を照らす。その地面に傷口を押さえ転がる仲間に視線を落としながら古河は震える声で呻いた。「貴様、まさか・・・・・・わざと殺さなかったのか
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜大捕物・其の壹
  •  双方が睨み合いを続ける異様な沈黙の中、一人の男がゆっくりと黒河の方へ歩いてくる。その堂々とした態度に薄気味悪ささえ覚えた黒河は、娘の首に脇差を当て直し、近づい
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • 木魚講・其の参(★)
  •  寝台に仰向けに押さえつけられ、誠作にズボンを脱がされた阿久岡の逸物は四人の目の前に晒された。熱り立ったそれを目の当たりにして妻の芙美子は目を大きく見開く。「大
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
Harryさん
  • No.222【峠】
  •  評価:85点/作者:司馬遼太郎/ジャンル:歴史小説/出版:1968年 『峠』は、1966年11月〜1968年5月にかけて、毎日新聞において、連載された、司馬遼太郎氏の歴史小説...
  • 『正義』と『平和』 Harryさんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜外国人居留地・其の貳
  •  パークスが寝間着から三つ揃いに着替えて再び作間の前に現れた時、すでに陸軍歩兵小隊の準備は整い、公使館の前に整列していた。英吉利陸軍の特徴である真紅の詰襟を身に
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜外国人居留地・其の壹
  •  下弦の月より僅かに太った月が横浜の空に昇り始める。頼りない月明かりの中、四人の男達は少女達を追い立てつつ早足で歩き続け、港崎遊郭にほど近い洋風の一軒家に到着し
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
Harryさん
  • No.810【酔って候】
  •  評価:65点/作者:司馬遼太郎/ジャンル:歴史小説/出版:1965年 『酔って候』は、1965年に文藝春秋新社から刊行された、司馬遼太郎氏の短編集である。 表題の「酔っ...
  • 『正義』と『平和』 Harryさんのプロフィール
東屋梢風さん
  • 国枝史郎「甲州鎮撫隊」
  • 短編小説。戦列を離れ病床に伏す沖田総司と、彼をめぐる愛憎・陰謀劇を描き出す。国枝史郎(1888〜1943)は、主に伝奇・怪奇幻想小説で人気を博した作家。長編『蔦葛木曽桟
  • 新選組の本を読む 〜誠の栞〜 東屋梢風さんのプロフィール
乾小路烏魅さん
  • vague〜鬼垣の尋問手腕・其の貳
  • 作間が尋問部屋を出て、その足音が遠ざかったのを見計らい垣崎は郁三郎の傍に立ちはだかった。「おい、色男さんよ。あんた、『宮刑』って知っているか?」 垣崎の問いかけ
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール
つぶりかぶりさん
乾小路烏魅さん
  • vague〜鬼垣の尋問手腕・其の壹
  •  使いの者を奉行所にやってから四半刻が過ぎた頃、ようやく待ちわびていた人物が岩亀楼にやってきた。「お待たせしましたぁ!只今戻りましたぁ!」 竹蔵の声変り間近の、
  • 暁光碧烏 乾小路烏魅さんのプロフィール

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

モックンモーガンフィールドブックさん: 大阪の40男、モックンモーガンフィールドの読書・紹介日記です。ゆうまさん: 豊臣秀吉を主君と仰ぐ草履取りメゾフォルテさん: 歴史にまつわる物語などで、あなたの心の扉をノックします。
モックンモーガンフィールドブックさんゆうまさんメゾフォルテさん
melocoton2さん: 大好きな映画鑑賞、読書、観劇などの話♪hizukiさん: 日々の小ネタ、マンガ、映画、レトロ、テレビ感想、読書はミステリー・ファンタジー・時代小説など。
tokuさん: 小説を中心に書評・感想を公開しています。
melocoton2さんhizukiさんtokuさん
北風加奈さん: 庄内の情報誌「e-Townsシェア」、庄内のショップ、イベントについて、庄内での広告PR、庄内観光について桜田史弥さん: 日本や世界の歴史関連ニュースメディアから抽出し、2行ずつに要約してお届けします。:
北風加奈さん桜田史弥さん

関連トラコミュ

  •  
漫画、マンガ、まんが、コミック日本映画、邦画ジャンル関係無しなんでもレビュー
漫画、マンガ、まんが、コミック日本映画、邦画ジャンル関係無しなんでもレビュー
歴史読書感想文読書日記、読書記録、覚え書
歴史読書感想文読書日記、読書記録、覚え書
本が好き。読書好き集まれ〜ミステリ・サスペンス・推理小説全般
本が好き。読書好き集まれ〜ミステリ・サスペンス・推理小説全般
オススメ本今日の読書日記書物、書籍、本
オススメ本今日の読書日記書物、書籍、本
書評、レビュー読書テレビドラマ
書評、レビュー読書テレビドラマ
何でもブログ日本の戦国時代日本史(日本歴史)
何でもブログ日本の戦国時代日本史(日本歴史)
歴史人物、人物、人物評伝歴史好き (ジャンル不問)本・感想・評論・レビュー
歴史人物、人物、人物評伝歴史好き (ジャンル不問)本・感想・評論・レビュー
歴史への旅(日本)寺・神社神仏の足跡・・・史跡や神社仏閣教会
歴史への旅(日本)寺・神社神仏の足跡・・・史跡や神社仏閣教会
歴史虎コミュ♪幕末!明治維新〜明治時代
歴史虎コミュ♪幕末!明治維新〜明治時代
幕末・維新史幕末維新いろいろ日本のお城めぐりの旅
幕末・維新史幕末維新いろいろ日本のお城めぐりの旅
美術館、博物館、ミュージアム史跡めぐり歴史大好きコミュニティー
美術館、博物館、ミュージアム史跡めぐり歴史大好きコミュニティー
旅と歴史
旅と歴史

新しく参加したメンバー

  •  

時代小説トラコミュについて

  •