searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

豊臣秀吉 THEME

help
豊臣秀吉
テーマ名
豊臣秀吉
テーマの詳細
尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位を得ると、大阪城を築き関白・太政大臣に任ぜられ豊臣姓を賜り、全国の大名を従え天下統一を成し遂げた。太閤検地や刀狩などの政策を採るが、慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康らに託し没した。 一夜で築いた墨俣城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻めなど機知に富んだ逸話が伝わり、百姓から天下人へと至った生涯は「戦国一の出世頭」と評される。
テーマ投稿数
315件
参加メンバー
49人
管理人
歴史マニア管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「豊臣秀吉」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「豊臣秀吉 歴史ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

豊臣秀吉の記事

1件〜50件

  • 日本史の「落胆」07 戦国布教は花咲かず
    2020/05/20 09:04
    日本史の「落胆」07 戦国布教は花咲かず

    未知の宗教であったキリスト教を日本に初めて伝えたのは宣教師 フランシスコ・ザビエル(1506-1552年)でした。 1549年に鹿児島に到着して以後、平戸、山口、京となどでその布教活動に 努めたとされています。 もっとも、ガチガチの一神教であるキリスト教の教えを日本に広めるには 多くの苦労が伴ったのは事実でした。 元から神仏習合スタイルで数多…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 探検419 戦国の養子人脈相関図
    2020/05/15 08:08
    探検419 戦国の養子人脈相関図

    なんだかんだと言っても、戦国時代の人物相関には大変ややこしいものがあります。たとえば以下の内容がその通りで、この説明を分かりやすいと感じる人は、やはり少数派でしょう。~ええか、よく聞け!話は戦国時代だ。  毛利元就※1の実子が次男・吉川元春※2と三男・小早

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 日本史の「トホホ」30 人望なくば戦も勝てず
    2020/05/05 01:02
    日本史の「トホホ」30 人望なくば戦も勝てず

    ~とりわけ有能な官僚だが、武将としては戦下手~ 戦国時代の武将・石田三成(1560-1600年)に対する現代人の平均的な評価は 概ねのところこのあたりに落ち着きそうです。 戦争戦闘の類が得意ではなかったのは確かなようで、そのことは実質的な 大将デビュー戦となった「忍城の戦い」<…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 探検414 茶人の胡散臭い立ち位置
    2020/04/10 07:39
    探検414 茶人の胡散臭い立ち位置

    現代ですと「茶人」という言葉から文化人・芸術家を連想する人も多いと思われます。しかしながら、その歴史を辿れば必ずしもそのようには断定できない側面も備えていました。たとえば、茶人として名高い「千利休」(1522-1591年)のその最期は時の天下人である豊臣秀吉(1537

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 日本史の「列伝」13 戦国諜報員は悠々自適
    2020/03/30 07:51
    日本史の「列伝」13 戦国諜報員は悠々自適

    「本能寺の変」(1582年)によって、織田家は絶対的な権力を有していた 織田信長(1534-1582年)と、その後継であった嫡男・信忠(1557-1582年) を一挙に失ってしまいました。 ではこの後の織田家をいったい誰が継承したらよいものか?  

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 探検404 俄か天下人の俄か箔付け
    2020/01/31 07:32
    探検404 俄か天下人の俄か箔付け

    主君・織田信長(1534-1582年)が謀反に倒れた後の天下を掌握したのは、信長の家臣であった羽柴秀吉(1537-1598年)でした。権謀術数の限りを尽くして、織田家の血統を出し抜き、敵対する勢力を滅ぼし、あるいは臣従させた結果です。ところが、ここまでの既成事実を作れば、

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 天下布武の象徴、安土城攻城記。 その3 <伝羽柴秀吉邸跡>
    2020/01/29 20:33
    天下布武の象徴、安土城攻城記。 その3 <伝羽柴秀吉邸跡>

    「その2」の続きです。伝前田利家邸跡から大手道を挟んで向かい側(西側)に、ひときわ大きな郭跡があります。 その入口には、「伝羽柴秀吉邸址」と刻まれた石碑が...

    坂の上のヒゲおやじ

    坂の上のサインボード

  • 秀吉が朱印船貿易を開始する前後のフィリピン~~朱印船貿易と東南アジアの日本人2
    2020/01/23 23:27
    秀吉が朱印船貿易を開始する前後のフィリピン~~朱印船貿易と東南アジアの日本人2

    日本人は、スペインがフィリピンを植民地とする以前からルソン島に居住しており、日本商人による交易が行われていた。しかしスペインがフィリピンを侵略したため、日本商人は商圏が奪われることとなり、スペイン人と対立することとなる。豊臣秀吉は、フィリピン総督であるスペイン人のダスマリナスに三度にわたり降伏勧告状を送っている。その内容にスペイン人は恐懼している。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

  • 秀吉が南蛮貿易を奨励して以降、外国との貿易はどう変わったか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人1
    2020/01/23 23:27
    秀吉が南蛮貿易を奨励して以降、外国との貿易はどう変わったか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人1

    秀吉は海外貿易を行う商人に朱印状を与えて貿易の統制をしたが、江戸時代になると、日本との交易が禁じられていた明の商人にも朱印状が発行されている。南蛮貿易も活発化して、東南アジア各地に日本人町が発達し多くの日本人が移り住んだが、ポルトガル船により多くの日本人奴隷も送られた。後に江戸幕府は武器・奴隷・傭兵の禁輸令を出している。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

  • 探検401 悪の旧政権と正義の新政権
    2020/01/10 07:19
    探検401 悪の旧政権と正義の新政権

    日本の歴史は、江戸時代(1603-1868年)から明治時代(1868-1912年)へと移りましたが、ここでは一般的にこんな評価が残っているようです。~江戸時代は暗黒、その暗黒を打ち破ったのが明治時代~つまり、露骨に言えば、江戸幕府は悪の存在であり、その悪を打ち倒した明治新

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 探検400 淀殿の幻の青写真
    2020/01/03 08:10
    探検400 淀殿の幻の青写真

    「関ヶ原の戦い」(1600年)で、徳川家康(1543-1616年)率いる徳川連合軍に惨敗した豊臣方、つまり秀吉側室の淀殿(1569?-1615年)とその息子である秀頼(1593-1615年)は、その後なんと15年もの間、宿敵・家康に頭を下げることを頑なに拒み続けました。その後の「大坂の陣

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 日本史の「災難」14 後出しジャンケンの汚名
    2019/12/30 07:41
    日本史の「災難」14 後出しジャンケンの汚名

    来年(2020年)のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公は戦国武将・ 明智光秀とのことです。 例年、この大河ドラマには注目と期待が集まりますが、ところが今回は、 出演予定の女優さんに芳しくないスキャンダルが持ち上がるなどして、 番組放送以前にすでにひと騒動を演じました。 そのあたりのことはともかくとして、さて歴史上に実在した人物としての 明智光秀(1528?-1582…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 探検399 高齢武将冬峰を踏破する
    2019/12/27 17:18
    探検399 高齢武将冬峰を踏破する

    戦国武将・佐々成政(さっさ・なりまさ/1536?諸説あり-1588年)による「さらさら越え」・・・その史実は、音韻からイメージする爽やかさとは打って変わって、相当に過酷なものだったようです。では、その「」さらさら越え」とは、いったいどんなこと?織田信長(1534-1582

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 日本史の「逆転」23 現代時流から江戸を見る
    2019/12/25 07:32
    日本史の「逆転」23 現代時流から江戸を見る

    今年になってその存在を知った女性の一人に、地球温暖化がもたらす リスクを世界に向けて訴えているスウェーデンの十代の環境活動家、 グレタ・エルンマン・トゥーンベリさん(2003年生)がいます。 その彼女夘の活動ぶりは、このように紹介されています。   公共の場や政治家・議会に対して、気候変動の危機に立ち向かうため、   すぐさま行動を…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 日本史の「発明発見」25 神の座へ三英傑の三段跳
    2019/11/30 07:37
    日本史の「発明発見」25 神の座へ三英傑の三段跳

    筆者の生息地・愛知県では、戦国の天下を動かした下記の武将トリオを 「郷土の三英傑」として称えています。 尾張・織田信長(1534-1582年) 革新政策/関所撤廃・楽市楽座など 尾張・豊臣秀吉(1537-1598年) 集権体制/貨幣統一・兵農分離など 三河・徳川家康(1543…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 日本史の「列伝」12 生前没後もユニーク履歴
    2019/11/25 07:45
    日本史の「列伝」12 生前没後もユニーク履歴

    北近江の戦国大名であった浅井長政(1545-1573年)の経歴を眺めていくと、 いくつかユニークな点があることに気が付きます。 その第一は、やはり時天下統一を目指していた尾張国・織田信長(1534- 1582年)との関りということになるのでしょう。 信長の妹である「お市の方」(1547?-1583年)を妻として娶…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 国史跡日根荘に残された国宝慈眼院多宝塔から七宝瀧寺などを訪ねて~~泉南の神社仏閣その2
    2019/11/14 09:03
    国史跡日根荘に残された国宝慈眼院多宝塔から七宝瀧寺などを訪ねて~~泉南の神社仏閣その2

    国史跡の日根野に慈眼院と日根神社があり、伝承によるといずれも秀吉の紀州攻めで焼かれたとされている。更に山に入ると火走神社があり、さらに進むと七宝瀧寺がある。この寺も秀吉の紀州攻めで焼かれたと伝わっている。なぜこんな山奥の寺までが焼かれたのだろうかと誰でも疑問に思うところだ。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

  • 秀吉の紀州攻めで焼かれたとされる古寺を訪ねて~~泉南の神社仏閣その1
    2019/11/14 09:03
    秀吉の紀州攻めで焼かれたとされる古寺を訪ねて~~泉南の神社仏閣その1

    泉南地区の大威徳寺、神於寺、孝恩寺、水間寺を巡って来たが、いずれも秀吉の紀州攻めの際に焼かれた伝承が残されている古刹である。しかしながら、根来衆の防衛ラインの最も東にあった千石堀城の戦いでは城内の根来衆は全滅している。防衛ラインよりも東や北側の寺が焼かれているはなぜなのか。イエズス会のフロイスの記録に着目したい。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

  • 文禄の役で明国との講和交渉を大失敗に導いた小西行長~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む3
    2019/11/14 09:03
    文禄の役で明国との講和交渉を大失敗に導いた小西行長~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む3

    文禄五年に来朝した明の使節が奉じた国書には、三年前に秀吉が伝えた講和条件は全く反映されず、日本を明国の属国とする内容であった。明国との講和交渉を担当したのはキリシタンの小西行長だが、当時の宣教師たちの書簡を読むと、行長はスペイン側の戦力に織り込まれていた。秀吉が彼に講和交渉を委ねたのは誤りであった。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

  • 秀吉の朝鮮出兵はなぜ二回行われることになったのか~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む2
    2019/11/14 09:03
    秀吉の朝鮮出兵はなぜ二回行われることになったのか~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む2

    GHQ焚書となった加藤武雄『豊臣秀吉』では朝鮮出兵について、朝鮮にはろくな軍備がなかったので陸戦は連戦連勝で勝ち進んだことが記されている。しかしながら、日本軍の船は輸送を主目的で建造されたものであり、朝鮮海軍に物資の輸送を阻まれて兵糧不足が深刻となり講和交渉が始まったが、明の国書に秀吉は激怒する。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

  • 秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む1
    2019/11/14 09:03
    秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む1

    GHQ焚書の『豊臣秀吉』は戦前に書かれた秀吉の伝記だが、この本には戦後の日本人には知らされていない史実が書かれている。当時の宣教師がポルトガル・スペインの侵略の先兵であり、多くの寺社が破壊され、土地が奪われ、日本人が奴隷として海外に売られ、それらの問題に秀吉がどう向き合ったかという視点に立つ本は今も少ない。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

  • 秀吉の紀州攻めで水攻めにされた太田城と紀南の国人衆の抵抗
    2019/11/14 09:02
    秀吉の紀州攻めで水攻めにされた太田城と紀南の国人衆の抵抗

    秀吉軍の紀州攻めで粉河寺は全山全焼したが、高野山は秀吉の提示した条件を全面的に受け入れて焼かれずに済んだ。一方雑賀衆の残党は太田城に集結し籠城して秀吉軍と戦おうとしたが、秀吉は紀ノ川から水を引いて、太田城を水攻めにして雑賀衆を全滅させた。その後秀吉軍は紀南の国人衆と戦い勝利したが、地侍はその後何度も蜂起した。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

  • 秀吉の紀州攻めで根来寺の大伝法堂・大門が焼けずに残り、解体されたのはなぜか
    2019/11/14 09:02
    秀吉の紀州攻めで根来寺の大伝法堂・大門が焼けずに残り、解体されたのはなぜか

    秀吉の紀州攻めによって多くの寺や神社が焼かれたのだが、戦う意思のなかった寺社にも火が放たれた。そのことは、秀吉の紀州攻めのメンバーにキリシタンが多数いたことと関係があるのではないか。不思議なことに根来寺の重要な施設は焼け残り、高山右近はその建物を伴天連に欲しいと秀吉に求めている。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

  • 秀吉の紀州攻めで多くの寺社が焼かれた理由
    2019/11/14 09:02
    秀吉の紀州攻めで多くの寺社が焼かれた理由

    天正十二年の小牧・長久手の戦いで秀吉は織田・徳川連合軍と戦ったが、根来・雑賀衆は織田・徳川方につく一方、秀吉の留守を狙って堺や大坂に攻め入り、建築中の大坂城等を破壊した。秀吉は小牧・長久手の戦いを終結させ、根来・雑賀衆を滅ぼすために紀州攻めを決行。その際に多くの寺社が焼かれている。

    しばやん

    歴史逍遥『しばやんの日々』

  • 日本史の「付録」11 アウェイ戦は負け続け
    2019/09/20 06:51
    日本史の「付録」11 アウェイ戦は負け続け

    島国日本は、内弁慶とでも言うのでしょうか、その昔から海の向こうでの 喧嘩が得意ではありません。 多少のいざこざがあろうとも、即相手を叩き潰すなんて過激な態度は、 国内でも慎重でしたから、その延長線上にあったのかもしれません。 そうした「穏やかさ」の背景には、恨みを持って死んだら怨霊となって この世に祟るという、いわゆる「怨霊信仰」があったとも考えられます。 しかし、そうであったにせよ、海の向こ…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 探検385 天下城焼失の風評被害?
    2019/09/20 06:45
    探検385 天下城焼失の風評被害?

    「天下布武」完成目前にあった織田信長(1534-1582年)が居城とした「安土城」の“築城から焼失”までの経緯は、概ねのところ以下のようでした。○1576年→築城を開始○1579年→信長が引っ越す(この頃、落雷で本丸焼失?)○1582年→6月「本能寺の変」(信長暗殺事件)○158

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 探検378 ゴマスリは抜け目なく
    2019/08/02 07:25
    探検378 ゴマスリは抜け目なく

    なんとなく不思議な気もしますが、「地名を変える」という作業は、日本ではその昔からあまり行なわれてこなかったようです。その背景には宗教的または文化的なある種のタブー意識があったのかもしれませんが、戦国の時代になると、ちょっと雰囲気も変わって、織田信長による

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 探検377 三英傑の宗教決断
    2019/07/26 06:23
    探検377 三英傑の宗教決断

    この場合の三英傑とは、一般的には「戦国の三英傑」とも呼ばれる下の方々のことです尾張国・織田信長(1534-1582年)尾張国・豊臣秀吉(1537-1598年)三河国・徳川家康(1543-1616年)実際各々の個性にはそれぞれに異なった強烈さを放っていますが、実は外来宗教である「キリ

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 探検365 世直し宣言は新権力のお約束
    2019/05/03 00:08
    探検365 世直し宣言は新権力のお約束

    明治新政府が成った折に、滅亡に追いやった江戸幕府に対して随分の「悪口」を並べ立てました。一例を挙げるなら、たとえばこんな具合。~江戸幕府は士農工商という身分に恐ろしくこだわる政権だったが、  我らの新政府は四民平等という進歩的な考えに沿う~あるいは、~特権

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 日本史の「発明発見」23 小牧山城から天下を見渡す
    2019/04/30 00:06
    日本史の「発明発見」23 小牧山城から天下を見渡す

    筆者の生息地・名古屋から車で30分ほどの「小牧(市)」。用事を早めに済ませ、空いた時間を「小牧山」探訪に充てたのが、数日前(2019・04・27土曜)の午前のことでした。割合近いエリアでありながら、ここを訪れたことがないという事実に、ふと気が付いたからです。

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 日本史の「微妙」10 勝者は看板づくりに精を出す
    2019/04/05 00:13
    日本史の「微妙」10 勝者は看板づくりに精を出す

    筆者の生息地・尾張名古屋では、戦国時代に華々しい活躍を見せた織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の御三方を、その死後数百年経った現在でも「郷土の三英傑」と呼んで称えています。

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 日本史の「誤算」11 狂気の沙汰?領地返上
    2019/03/25 00:06
    日本史の「誤算」11 狂気の沙汰?領地返上

    戦国の世の最終勝者となった徳川家康(1543-1616年)は、江戸幕府を成立(1603年)させ、征夷大将軍として、それまで同格とされていた諸大名の上に君臨することで新しい時代を誕生させました。要するに、それまでの横並びの同僚関係を消滅し、家康率いる徳川家が統治する形に作り変えたということです。

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/52844864.html
    2019/01/18 13:44
    http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/52844864.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    研修隊員

    日本史探検隊

  • https://ameblo.jp/zokukokon/entry-12419585376.html
    2018/11/18 16:13
    https://ameblo.jp/zokukokon/entry-12419585376.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田 史弥

    歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク

  • 伏見城(京都市伏見区)
    2018/11/15 20:57
    伏見城(京都市伏見区)

     豊臣秀吉が築いた初期の伏見城「指月城」跡で、江戸時代中期以降に設けられたとみられる東西、南北の溝跡が発見された。 城は築城直後に倒壊したが、両溝の方向が西に10°傾く同城特有の方位を100年超経ても踏襲しながら宅地を造成していたことがわかったという。[産経新聞]...

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/52185071.html
    2018/11/02 17:37
    http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/52185071.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    研修隊員

    日本史探検隊

  • http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/52185062.html
    2018/10/20 00:09
    http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/52185062.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    研修隊員

    日本史探検隊

  • http://check.weblog.to/archives/11071062.html
    2018/08/26 18:45
    http://check.weblog.to/archives/11071062.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    EarthChecKing

    地球なんでも鑑定団

  • http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/52185001.html
    2018/08/10 09:19
    http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/52185001.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    研修隊員

    日本史探検隊

  • http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/52184991.html
    2018/07/20 09:07
    http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/52184991.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    研修隊員

    日本史探検隊

  • http://nagoya301.at.webry.info/201807/article_3.html
    2018/07/15 09:01
    http://nagoya301.at.webry.info/201807/article_3.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/51305305.html
    2018/07/06 16:36
    http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/51305305.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    研修隊員

    日本史探検隊

  • http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/51305281.html
    2018/05/25 09:11
    http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/51305281.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    研修隊員

    日本史探検隊

  • http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/51305271.html
    2018/05/04 17:02
    http://blog.livedoor.jp/nihonshi758/archives/51305271.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    研修隊員

    日本史探検隊

  • http://check.weblog.to/archives/8848800.html
    2018/04/25 16:52
    http://check.weblog.to/archives/8848800.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    EarthChecKing

    地球なんでも鑑定団

  • http://rekisitimes.blog.fc2.com/blog-entry-2592.html
    2018/04/18 15:39
    http://rekisitimes.blog.fc2.com/blog-entry-2592.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://nagoya301.at.webry.info/201803/article_2.html
    2018/03/05 09:01
    http://nagoya301.at.webry.info/201803/article_2.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • https://ameblo.jp/zokukokon/entry-12337307323.html
    2017/12/19 23:02
    https://ameblo.jp/zokukokon/entry-12337307323.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田 史弥

    歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク

  • https://ameblo.jp/zokukokon/entry-12327220324.html
    2017/11/11 22:37
    https://ameblo.jp/zokukokon/entry-12327220324.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田 史弥

    歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク

  • http://rekisitimes.blog.fc2.com/blog-entry-2077.html
    2017/11/02 23:57
    http://rekisitimes.blog.fc2.com/blog-entry-2077.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

カテゴリー一覧
商用