searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

卑弥呼、邪馬台国 

THEME help
卑弥呼、邪馬台国 
テーマ名
卑弥呼、邪馬台国 
テーマの詳細
卑弥呼、邪馬台国、古墳時代など古代史に関することをトラックバックして下さいね。
テーマ投稿数
125件
参加メンバー
15人
管理人
いづな薫管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「卑弥呼、邪馬台国 」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「卑弥呼、邪馬台国  歴史ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

卑弥呼、邪馬台国 の記事

1件〜50件

  • 邪馬台国は徳之島にあった!
    2021/03/09 08:54
    邪馬台国は徳之島にあった!

    邪馬台国は何処にあったのか?現在では、九州説と近畿説が有力だと言われていますが実は全国各地に「こここそ邪馬台国」と言われている所があったことを最近になって知り…

    トクさん

    トクさんのブログ

  • 日本史の「事始め」22 平和のコツを体験学習
    2020/09/30 07:31
    日本史の「事始め」22 平和のコツを体験学習

    日本列島に関する記事を初めて登場させたとされている中国の歴史書が、 いわゆる「魏志倭人伝」です。  ただし、これはニックネームの類で、もう少し堅苦しい表現なら、 ~「三国志」中の「魏書」第30巻烏丸鮮卑東夷伝倭人状~ になるとのことです。 一生覚えられそうにありません。 書き手は中国西晋の歴史家…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 日本史の「数字」03 ちゅうちゅうたこかいな
    2020/04/15 07:35
    日本史の「数字」03 ちゅうちゅうたこかいな

    地域主催のイベントで参加してくれた幼な子たちに小さな袋に入った飴玉を 渡すことになりました。 おチビ様お一人につき10個づつの計算です。 そして、その土産を手渡す役を仰せつかったのが、なんと筆者だっだのです。  

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 日本史の「事始め」20 古を推せばトップは女性
    2020/04/05 06:43
    日本史の「事始め」20 古を推せばトップは女性

    歴代天皇の男女比を眺めれば、一目瞭然で男性天皇の方が多い。 相当な迂闊者でもそれには気が付くほどですが、しかし、いかに少数派の 女性天皇とはいえ、その中の誰か一人には「史上初の女性天皇」という 称号?冠されるはずです。 そして、その「史上初の女性天皇」と冠された方を我々現代人は普通 「推古天皇」とお呼びしています。  

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 日本史の「迷宮入り」18 コールド・ケース邪馬台国
    2020/01/15 08:16
    日本史の「迷宮入り」18 コールド・ケース邪馬台国

    たまたま手に取った本にこんな文章がありました。 ~邪馬台国の所在地については21世紀に入っても議論が続いている~ その邪馬台国とはご存知の通り、いわゆる「魏志倭人伝」 (成立:280年から297年頃)にある、30ほどの国家からなる倭国の都とされ、 さらには倭国の王として…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 日本史の「異国」08 日本国王は辞退します
    2019/11/20 07:02
    日本史の「異国」08 日本国王は辞退します

    昔の昔、日本の卑弥呼の時代(紀元3世紀)よりもさらに500年ほど昔と いうことになりますが、紀元前3世紀頃の中国大陸では、諸国どんぐりの 背比べの中から抜け出した秦(前221-前206年)が抜け出して統一国家を 実現しました。 つまりこの時、勝者・秦の国王は敗者である諸国の国王の上に立ったと いうことになります。 こうなると、秦の国王である…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 古代日本ヒルコツアー 7 不死身ライン
    2019/03/09 12:50
    古代日本ヒルコツアー 7 不死身ライン

    ご存知のように、日本列島の神社や寺、それから、古墳など、主要なパワースポットを線で結ぶと、しばしば、面白い意味や解釈ができるラインを、発見することができます。 新しい彗星などを発見したら、その発見者の名前を付けることができるように、新しいラインは、自分で勝手に、名付けてもいいと思います。 去年の12月に、私が個人的に、新発見したラインです。 最初、「富士見町」という町の上を通るので、この町名から、「富士見ライン」と付けましたが、後に、「不死身ライン」に改名しました。 この名前のほうが、カッコイイと思いませんか? 神という存在は、文字通り、「不死身」だからです。 「不死身ライン」は、南は熊野地方…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 古代日本ヒルコツアー 6 縄文土器
    2019/03/09 12:50
    古代日本ヒルコツアー 6 縄文土器

    面白いことが、最近わかりました。 日本の神話の中には、 「ヒルコは、双子だった」 という記述があるそうです。 それぞれ、「ヒルコ」と「ヒルメ」というそうです。 これは、おそらく、その双子の正体が、シュメール文明では、「エンキ」と「ニンフルサグ(イナンナ)」であり、日本では、「イザナギ」と「イザナミ」だったということだと思います。 もう一度、「ツタンカーメン」のマスクを見てください。 「コブラ」のような姿のヘビが、おそらく、「ヒルコ」の正体だと思います。 そして、隣にいる、「アヒル」のような存在が、「ヒルメ」なのかもしれません。 だとしたら、別の解釈も可能です。 つまり、シュメール文明の神々であ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 古代日本ヒルコツアー 5 ツチノコ
    2019/03/09 12:49
    古代日本ヒルコツアー 5 ツチノコ

    「UMA(未確認生物」について考えてみましょう。これも何度か書いているのですが、面白いので、この機会に再掲載しますね。 2003年の春、UFOの研究で有名な矢追純一さんと二人で、都内の銀座で、ジョイントのトークショーを開催したことがありました。私は、もともと、矢追さんのファンで、矢追さんの著書、「カラスの死骸は、なぜ見つからないのか?」というタイトルの本を、読んでいたので、トークショーの時に、その話題でも盛り上がりました。 矢追さん曰く、「東京都には、無数のカラスがいて、彼らの身体も大きいにも関わらず、都内で、自然死をした死骸を見かけることは、まずありません。東京都の清掃局に問い合わせても、誰…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 古代日本ヒルコツアー 4 諏訪大社
    2019/03/09 12:49
    古代日本ヒルコツアー 4 諏訪大社

    前回の記事で、「土人形」の話を書きましたが、その続きです。 2018年4月下旬に、奈良県葛城市の当麻寺を訪れた時に、気づきがありました。 この寺には、金堂という建物がありました。 その建物の裏側には、何かを作っていたような痕跡が残っていました。 私は、この石で作られた置物が、とても気になりました。 ここで、何かを作っていたとしか思えなかったのです。 そして、この建物に中に、台も含め全身が土で作られた仏像があったのです。 つまり、「土人形」なのです。 建物内は撮影禁止ですが、ある方から特別に、建物内の仏像たちの写真を見せていただきました。 そして、この「土人形」たちの周囲を、木彫りの仏像が取り囲…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 古代日本ヒルコツアー 3 土人形
    2019/03/09 12:49
    古代日本ヒルコツアー 3 土人形

    「人類創世」を強く意識したのは、2017年の2月くらいに、佐賀県の「吉野ヶ里遺跡」を訪れた時からです。 ここの遺跡の中に、まったく目立たない、「古墳」がありました。 どうですか?普通の古墳でしょう? 看板には、「北墳丘墓」と書かれていました。中に入ってみて、その湿気と熱気に、驚きました。空間のエネルギーが、ただごとではないのです。悪い感じはしないのですが、今までの人生で、経験したことのない空気が、漂っていたのです。 そして、目の前に広がっている展示物に、目が釘付けになりました。これです。 まだ、わかりませんか?これが、これらの全体像の模型です。 もともとは、色が付いていたそうです。その色は、黒…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 古代日本ヒルコツアー 2 艮の金神
    2019/03/09 12:49
    古代日本ヒルコツアー 2 艮の金神

    これは、初公開する地上絵です。 去年の12月に発見しました。 まずは、普通の地図です。 場所は、長野県を中心にしたエリアです。 次に、山や川や平野が、見やすくなった陰影のある地図です。 ちょっとわかりにくいと思うので、いつものように、赤ペンを入れますね。 上の地図と、見比べてみてください。 この写真では、わかりにくいかもしれませんが、まず、東側の関東平野には、超巨大な狛犬が描かれています。 口が開いているので、この狛犬の正体は、「エンリル」だと思います。 古代の人々は、この狛犬のことを、 「牛(丑)のように見えるし、虎(寅)のようにも見える」 と思ったかもしれません。それで、「艮(丑寅)」と呼…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 古代日本ヒルコツアー 1 地上絵
    2019/03/09 12:49
    古代日本ヒルコツアー 1 地上絵

    お待たせしました~! 去年の12月、それから、今年の1月に、主に長野県を、2回に分けて旅したのですが、その時の旅行記です。 今回のテーマは、古代の最大の謎だと言われている、「ヒルコ」です。 このテーマは、とても奥深いので、今回の旅行記と、その次の九州の旅行記、2回に分けて書いていこうと思います。 まずは、いつものように、ちょっとだけ復習しましょう。 現代の教育には、「神学」という学問が欠けていると思います。この学問は、一番大切な科目なのに、小学校や中学校の義務教育でも、それから、高校や大学でも、ほとんど教えていないのが現状ではないでしょうか。 ちょっと前に、「神との対話」という本が、日本でもベ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 九州ミステリーツアー 8 熊
    2019/03/09 12:49
    九州ミステリーツアー 8 熊

    熊本県山鹿市にある「不動岩」にも行きました。 ここも、ずーっと行きたかったのですが、なかなか行けなかった所です。 しかし、今回は、これまた不思議なご縁で、この近所に住んでいるNさんという方に、案内していただけることになりました。 この巨大な岩は、蒲生山という山に、デンと隆起している巨大な岩です。 まさに、聳え立っているという形容が、ピッタリなのです。 遠目でも存在感あります。 だんだん、近づいてきました。 角度によって、いろいろなものに見えます。 着きました。 さっそく、いつものように記念撮影です。 デカイです! 近くから見上げると、畏敬の念がわいてきます。 手で触ると、いろいろな砂や石が混じ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 九州ミステリーツアー 7 卑弥呼
    2019/03/09 12:49
    九州ミステリーツアー 7 卑弥呼

    この仮説を思いついたキッカケは、2018年のゴールデンウイークの最終日に、千葉県野田市にある、愛宕神社に行ったのが始まりでした。 そこで、友人と参拝した後、2人で神社の近くのファミレスで、「人類創世」の話題になった時のことです。 「旧約聖書の創世記によると、アダムとイブは、神様が土から創ったそうですよ。アダムは、土と塵で創ったので、ヘブライ語のアダマは、土という意味の名前で、それから、アダムの肋骨でイブを創ったそうです。イブの別名である、エバは、生命という意味だそうですよ」 私が、こう話したのが、始まりでした。 それから、人間の身体の成分が、ほとんど土からできているという科学的なことなどを話し…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 九州ミステリーツアー 6 ラピュタ
    2019/03/09 12:49
    九州ミステリーツアー 6 ラピュタ

    旅行記の続きの前に、ここでも、「ラピュタ」のおさらいを、やっておきましょう。 当時の縄文人、つまり、人間たちの生活は、狩猟採集だったと言われています。こんなかんじですね。 こんなことを言ったら、縄文人たちには失礼かもしれませんが、上記の絵のような生活をしていた人々は、とてもじゃないけど、彼らには、あの時代に、あれほどの完成度の土器や土偶は、作れなかったと思います。技術的に、不可能なのです。 例をあげますね。青森県で発見された、有名な遮光器土偶は、現代の最先端のセラミック技術でも、かろうじで復元できるレベルの土偶だそうです。 この土偶は、摂氏9000度くらいの超高温で、40時間くらい熱しないと、…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 九州ミステリーツアー 5 世界樹
    2019/03/09 12:48
    九州ミステリーツアー 5 世界樹

    2017年の春に初めて知ってから、それに魅了されて虜になり、それ以来、夢中になって、その痕跡を辿りました。 それが、「世界樹」の存在です。 生まれてから今までに、驚いたことは、山ほどありますが、その中でも、これは一番かもしれません。あれ以来、これらの岩たちが、私には植物の化石に見えるのです。 「世界樹」の話も、ここで、おさらいしておきましょう。 地球という星は、「惑星」ですね。「惑星」とは、英語では、「planet」です。 これは、ある本で読んだのですが、もともとは、「plant(植物)」と「network(ネットワーク)」という二つの単語を、組みわせた合成語だそうです。つまり、地球という星は…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 九州ミステリーツアー 4 トンカラリン
    2019/03/09 12:48
    九州ミステリーツアー 4 トンカラリン

    前回、シュメール文明の頃に、活躍していた、「アヌンナキ」の一族について書きましたね。 その中でも、特に、「アヌ王」、彼の二人の息子たち、「エンリル」と「エンキ」、それから、息子たちの共通の孫娘、「イナンナ」、それから、彼女の息子、「キリスト」についても書きましたね。 もう一度、簡単にまとめると、こうなります。 「人間の姿の神様」=「アヌ王」&「エンリル」 「人間と蛇の姿の神様」=「エンキ」 「二つのグループの融合」=「イナンナ」&「キリスト」 世界中の神様の歴史を辿っていくと、それらの正体は、最終的には、だいたい、この5人におさまるようです。 「九州」という土地は、この中でも、特に「エンキ」の…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 九州ミステリーツアー 3 アヌンナキ
    2019/03/09 12:48
    九州ミステリーツアー 3 アヌンナキ

    ここで、「アヌンナキ」の一族について、再度説明しておきます。 なぜならば、この宇宙人ファミリーが、地球という惑星においては、私たち人類にとって最重要な神様だからです。 ほとんどの宇宙人は、宇宙の法律のようなものがあって、地球への直接介入は認められていないそうです。 しかし、「アヌンナキ」の一族は、地球にとっては、「親戚」のような存在だったため、太古の時代においては、わりと直接的に、人間に関わることが許されていたようです。 この一族は、シェイプシフト、つまり、変身能力があるために、いろいろな姿形になるので、この一族を論じる時には、話がとても複雑になります。 ここでは、思いっきり簡単に書いておきま…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 九州ミステリーツアー 2 邪馬台国
    2019/03/09 12:48
    九州ミステリーツアー 2 邪馬台国

    今回の九州旅行では、熊本県と長崎県をまわりました。 長崎県は、島原半島を調査しました。 私が研究している古代史は、今までになかった画期的な切り口だと思います。 誰もやったことのない、「宇宙考古学」と「地上絵」を組み合わせて、日本の古代史を考察するというものです。 こういう誰も切り開いていない境地に、最初に足を踏み入れるのは、男として、最高の快感です。 この知のゲームは、とても楽しいです。 やはり、男というものは、いくつになっても、冒険者なのだと思います。 この旅行記は、前回の「古代日本ヒルコツアー」の続編のようなかんじになります。ですから、まだ、この旅行記を読んでいない方は、そちらを先に読むと…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 九州ミステリーツアー 1 設計者
    2019/03/09 12:48
    九州ミステリーツアー 1 設計者

    おはようございます! 今日は、スーパームーンですね。‪午前6時くらいの月です。‬ 自宅マンションのベランダから撮影しました。 夜中に久しぶりに、月光浴しました。 気持ちよかったです。 いつも、月を見ると、なんとも言えない気持ちになります。‪昔、ここにいたかもしれませんね。 ‪ 大変長らくお待たせしました~! いよいよ、九州の旅行記が始まります。 今年の2月5日~7日までの短い3日間でしたが、とても楽しい旅になりました。 まずは、本格的な旅行記に入る前に、いつものように、ウォーミングアップを兼ねて、今までのおさらいをしておきましょう。 九州には、凄い秘密が、たくさんあります。 「どうして、今まで…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • http://nagoya301.at.webry.info/201806/article_3.html
    2018/06/15 09:10
    http://nagoya301.at.webry.info/201806/article_3.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • http://nagoya301.at.webry.info/201803/article_7.html
    2018/03/30 09:01
    http://nagoya301.at.webry.info/201803/article_7.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • http://nagoya301.at.webry.info/201712/article_4.html
    2017/12/20 09:01
    http://nagoya301.at.webry.info/201712/article_4.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • http://rekisitimes.blog.fc2.com/blog-entry-2102.html
    2017/11/09 23:57
    http://rekisitimes.blog.fc2.com/blog-entry-2102.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://fumanchu.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/----1d96.html
    2017/05/12 08:03
    http://fumanchu.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/----1d96.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    FuManchu

    エコログ !  Fu's eco-Logbook

  • http://fumanchu.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/----4ef6.html
    2017/05/09 09:08
    http://fumanchu.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/----4ef6.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    FuManchu

    エコログ !  Fu's eco-Logbook

  • http://fumanchu.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/----3b26.html
    2017/05/08 08:46
    http://fumanchu.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/----3b26.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    FuManchu

    エコログ !  Fu's eco-Logbook

  • http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12237744838.html
    2017/01/14 13:55
    http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12237744838.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田 史弥

    歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク

  • http://nagoya301.at.webry.info/201612/article_6.html
    2017/01/01 06:59
    http://nagoya301.at.webry.info/201612/article_6.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12210806619.html
    2016/10/19 13:58
    http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12210806619.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田 史弥

    歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク

  • http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12204653717.html
    2016/09/30 12:41
    http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12204653717.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田 史弥

    歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク

  • http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12202745677.html
    2016/09/24 22:25
    http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12202745677.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田 史弥

    歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク

  • http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12198228508.html
    2016/09/10 03:25
    http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12198228508.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田 史弥

    歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク

  • http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12189905365.html
    2016/08/14 02:52
    http://ameblo.jp/zokukokon/entry-12189905365.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田 史弥

    歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク

  • http://nagoya301.at.webry.info/201607/article_4.html
    2016/07/20 09:01
    http://nagoya301.at.webry.info/201607/article_4.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • http://yamato-kuhaku.muragon.com/entry/7.html
    2016/03/02 04:03
    http://yamato-kuhaku.muragon.com/entry/7.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    YT

    空白の四世紀の謎

  • http://yamato-kuhaku.muragon.com/entry/1.html
    2016/02/27 14:20
    http://yamato-kuhaku.muragon.com/entry/1.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    YT

    空白の四世紀の謎

  • http://rekishitimes.blog.fc2.com/blog-entry-1773.html
    2016/02/18 02:29
    http://rekishitimes.blog.fc2.com/blog-entry-1773.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://rekishitimes.blog.fc2.com/blog-entry-1644.html
    2016/01/12 19:40
    http://rekishitimes.blog.fc2.com/blog-entry-1644.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://fumanchu.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-0a5b.html
    2016/01/05 03:51
    http://fumanchu.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-0a5b.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    FuManchu

    エコログ !  Fu's eco-Logbook

  • http://rekishitimes.blog.fc2.com/blog-entry-1616.html
    2016/01/01 00:07
    http://rekishitimes.blog.fc2.com/blog-entry-1616.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://dinoartharada.blog.fc2.com/blog-entry-280.html
    2015/12/13 21:34
    http://dinoartharada.blog.fc2.com/blog-entry-280.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    きょうりゅうおじさん

    きょうりゅうおじさんのブログ

  • http://rekishitimes.blog.fc2.com/blog-entry-671.html
    2015/05/17 21:39
    http://rekishitimes.blog.fc2.com/blog-entry-671.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://dajarekobanashi.blog.fc2.com/blog-entry-3216.html
    2015/03/29 14:45
    http://dajarekobanashi.blog.fc2.com/blog-entry-3216.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    三池走次郎

    ダジャレ小話大辞典

  • http://rekishitimes.blog.fc2.com/blog-entry-238.html
    2015/01/30 20:06
    http://rekishitimes.blog.fc2.com/blog-entry-238.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://ameblo.jp/zokukokon/entry-11939441237.html
    2014/10/16 03:30
    http://ameblo.jp/zokukokon/entry-11939441237.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://ameblo.jp/zokukokon/entry-11898139089.html
    2014/07/24 02:41
    http://ameblo.jp/zokukokon/entry-11898139089.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://ameblo.jp/zokukokon/entry-11770663575.html
    2014/02/13 02:12
    http://ameblo.jp/zokukokon/entry-11770663575.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    桜田史弥

    歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース

  • http://makotoecocoro.blog57.fc2.com/blog-entry-678.html
    2013/10/29 22:47
    http://makotoecocoro.blog57.fc2.com/blog-entry-678.html

    記事の情報が取得されるまで、しばらくお待ちください。

    MAKOTO

    絵ココロ TV紹介の裏技・健康・育児・裏技レシピ

カテゴリー一覧
商用