searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

歴史大好きコミュニティー

THEME help
歴史大好きコミュニティー
テーマ名
歴史大好きコミュニティー
テーマの詳細
日本、世界の歴史の文化、人物、風俗、などに関してならなんでもOK!日本史だけでなく世界史も!歴史に関する事ならなんでも!
テーマ投稿数
9,863件
参加メンバー
227人
管理人
しかぐー管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「歴史大好きコミュニティー」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「歴史大好きコミュニティー 歴史ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

歴史大好きコミュニティーの記事

1件〜50件

  • 【米大統領選】「バイデン不正大統領」誕生!!
    2021/01/22 16:47
    【米大統領選】「バイデン不正大統領」誕生!!

    三百名山・マッターホルンなど踏破し、登山技術・ヨガ霊力を駆使し、鉱山・マル秘洞窟より宝石鉱物を採集。

    manyuu

    諸国名山漫遊日記

  • 探検455 病身なれば二段構えで
    2021/01/22 07:45
    探検455 病身なれば二段構えで

    知名度としては、勝海舟(かつ・かいしゅう/1823-1899年)や、小栗忠順(おぐり・ただまさ/1827-1868年)には及ばないかもしれませんが、黒船来航(1853年)後の、いわゆる幕末期に活動した人物の一人に川路聖謨(かわじ・としあきら/1801-1869年)という人物がいます。旗

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 大和ミステリーツアー 7 戦艦大和
    2021/01/21 05:59
    大和ミステリーツアー 7 戦艦大和

    前回からの続きです。 本題に入る前に、またまた、おさらいをしておきましょう。 数年間に、仲のいい友人たちと食事した時に、紹介されたアニメがありました。 「最終兵器彼女」というタイトルの作品でした。 最終回の場面で、久しぶりに大泣きしてしまいました。 どこか、魂の古い記憶からこみ上げてくるような感情が出てきました。 この作品は、どこにでもいるようなドジで、オッチョコチョイで、大人しい女子高生が、地球を破壊できるほどの最強の兵器に、ある日、生まれかわるというストーリーです。 その女の子には、彼氏がいるのですが、その彼が、自分の彼女が、地球を破滅させるような武器、「最終兵器彼女」になって、とまどうと…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 大和ミステリーツアー 6 宇宙の法則
    2021/01/21 05:59
    大和ミステリーツアー 6 宇宙の法則

    東京では、近所の散歩がてら、東急池上線の御嶽山駅で、降りました。 ここで、降りるのは初めてでした。 そして、以前から行きたかった、「御嶽神社」で参拝しました。 塀殿です。 この狛犬たちも、「オオカミ」であり、「アヌビス」ですね。 拝殿の横に、摂社がありました。 中を覗くと、そこには、「オシリス」の白いとんがり帽子がありました。 そして、その隣も、小さな摂社がありました。 わかりましたか? この形と色です。 そうです。 「ソプデト」というエジプトの女神です。「鋭いもの」や「ナイルの氾濫を告げる星の神」、そして、「豊穣の女神」の意味があるそうです。 シュメール神話だと、「ニンフルサグ」や「イナンナ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 大和ミステリーツアー 5 中山寺
    2021/01/21 05:59
    大和ミステリーツアー 5 中山寺

    ここで、またまた、おさらいです。 何度も紹介している、「地上絵」の話題です。 地球上には、まさに、「神々の足跡」と呼んでもいいような痕跡が、無数にあります。 その中でも、日本列島の中に、山ほどある地上絵は、とても芸術性も高く、素晴らしいものばかりです。 この人工的な作品は、ウルトラ級のサイズなので、もちろん、人間には造ることは、不可能です。 だから、正確には、「神工的」なものなのです。 日本列島だけでも、ここ数年の間に、私は、100個以上の絵を発見しています。 そして、これは同時に、地球最大の秘密でもあるのです。 つまり、 「地球という惑星には、自然現象で造られたものなど、一つも無かった。全て…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 大和ミステリーツアー 4 オシリス
    2021/01/21 05:59
    大和ミステリーツアー 4 オシリス

    今年から来年にかけて、大きく時代が変わりそうですね。 それにともなって、自分の人生にも、革命が起き、まったく違う、新しい人生を歩み始める人も、多いと思います。 これからは、その過渡期になると思います。 そんな環境の激変の最中には、もしかしたら、毎朝起きるのが、しんどくなてきている方も、多いのかもしれません。心や体が、不調になっている場合、多くの原因は、「ストレス」だと思いますが、その根本には、「自分に合っていないことを、やっているから」というのが、本質としてあるとことが多いと思います。だから、一番いいのは、合わない仕事だったら、それを、とっとと辞めて、自分にピッタリの仕事を、新しく見つけること…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 大和ミステリーツアー 3 琵琶湖
    2021/01/21 05:59
    大和ミステリーツアー 3 琵琶湖

    ここからは、一気に佳境に突入します。 いつものように、シートベルトの着用をお願いします。(笑) 前回、シュメールとエジプト、それから、日本の神々との繋がりを書きましたが、今回の話は、それらの一連の流れが、地上絵として、日本の国土に、彫刻させていたという、凄まじい話です。 それは、滋賀県の「琵琶湖」にありました。 この日本最大の淡水湖は、様々な裏の日本史が隠されているのですが、そういうレベルの話ではありません。 まずは、「古代日本シリウスツアー」のおさらいです。 琵琶湖を中心に、近畿地方のエリアが、「アヌビス」の地上絵になっているという話をしましたね。 湖の周辺には、「伏見稲荷」や「犬上神社」な…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 大和ミステリーツアー 2 造化三神
    2021/01/21 05:59
    大和ミステリーツアー 2 造化三神

    前回の続きです。 シュメール神話において、父親の「アヌ王」、それから、二人の息子、「エンリル」と「エンキ」の話をしましたね。 そして、「エンリル」が、正妻の息子であり、「エンキ」が、妾の息子だという話もしましたね。 その続きの話ですが、「エンリル」は、現在のイラクの辺りにあった、「エデンの園」の管理をするようになったそうです。 そして、もう一人の娘、「ニンフルサグ」も、妾の娘なのですが、後に、「エンキ」と「ニンフルサグ」は、アフリカに行って、夫婦になり、人間や動物を、遺伝子実験によって、創りだすようになったと言われています。 父である、「アヌ王」。 それから、3人の子供たち、「エンリル」と「エ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 大和ミステリーツアー 1 二人の神様
    2021/01/21 05:59
    大和ミステリーツアー 1 二人の神様

    お待たせしました~! またまた、調査旅行に行ってきました。 今回は、滋賀県と兵庫県と東京都、この三カ所をまわりました。 最近の旅行記、「古代日本シリウスツアー」と「東京シリウスツアー」、それから、「関西シリウスツアー」、これらの三つのシリウスツアーの続編のような内容になります。 まだ読んでいない方は、先に、過去記事から読んでくださいね。 特に、「関西シリウスツアー」の最後に、奈良県の明日香村に行った話がでてきますが、この調査旅行は、その明日香村の近くにある、「大和三山」を調べているうちに、いろいろな新発見があり、今回のツアーになったという流れです。 いつものように、まずは、おさらいです。 誰で…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京セミナー ~宇宙銀行~
    2021/01/21 05:59
    東京セミナー ~宇宙銀行~

    だんだん、寒くなってきましたね。 最近のマイブームは、大ヒットアニメ、「鬼滅の刃」のDVDを観ることです。 やはり、面白いです。 この流れで、裏の日本史における、「鬼」の歴史についても調べています。 そして、またまた、年内にも、これの調査旅行に行く予定です。 今から、ワクワクしています。 数年前に読んだ本の中で、「売上を減らそう。」というタイトルがありました。 「業績至上主義から、そろそろ解放されましょう」 という内容です。 たしかに20世紀は、資本主義の社会で、文明の発展を重視した時代でした。 でも、そういう、 「とにかく、なんでも成長すればいい!」 という姿勢では、そろそろ弊害がでてきてい…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 大阪セミナー ~宇宙銀行~
    2021/01/21 05:59
    大阪セミナー ~宇宙銀行~

    もうすぐ、今年も終わりますね。 最近、また時間の流れ方が、はやくなったような気がします。 あっというまに、一日が終わるかんじです。 以前に、何かの本で、「日本は、宝くじの賞金額が、江戸時代から変わっていない」という話を、読んだことがあります。 江戸時代から、「富くじ」という制度があったのですが、これの商品が、「庶民が江戸の町に、家を一軒建てられる金額」だったそうです。 現代の「宝くじ」も、「庶民が東京都内に、一軒家を建てられる金額」というのが、「一等賞」の基準になっているそうです。 これは、いつの時代でも、権力者たちが、「庶民には都内に、家を一軒買うだけの夢は許してやるけど、それ以上の夢は許さ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • ペンダントとの出会い
    2021/01/21 05:58
    ペンダントとの出会い

    新しい読者の方も、たくさん増えたので、この話も再掲載させていただきます。 「不思議なペンダント・アセンション」の話題です。 私の人生には、何度かのターニングポイントがありましたが、間違いなく、このペンダントとの出会いも、その中の一つです。 私が、ブログなどで紹介する商品は、厳選中の厳選の商品です。 毎日のように、たくさんの方から、いろいろな商品を教えていただきます。どの商品も素晴らしいのですが、その中でも、私が心底惚れ込んだ商品しかブログでは紹介しないことにしています。その中でもダントツで大人気なのが、「不思議なペンダント・アセンション」なのです。 偽物が、山ほどあるヒーリング業界の中で、これ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • ホワイトマジック
    2021/01/21 05:58
    ホワイトマジック

    何度か紹介していますが、いい話なので、この機会に再掲載しますね。 たまに、都内の池袋に行くことがあります。 以前に、ある方から、「JR池袋駅の近くに、凄いパワースポットがある」と教えていただいたので、池袋駅に行くときには、必ずここで参拝することにしています。 駅の東口からすぐなのですが、なかなかわかりにくいです。「池袋四面塔稲荷大明神」という名前です。「池袋駅前公園」という場所にあります。その辺りは、江戸時代、目白方面から長崎、川越街道、中山道へ抜ける山の中の四つ辻だったこともあるようです。だから、四面塔は、道標としても使われていたそうです。こじんまりとした、「お堂」が、二つ連なっているだけの…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関西シリウスツアー 9 明日香村
    2021/01/21 05:58
    関西シリウスツアー 9 明日香村

    前回の続きです。 法隆寺の調査の後、八木駅の近くのホテルで、泊まりました。 それから朝起きて、朝食を食べました。 ホテルのレストランからの景色です。 奈良県の「明日香村」が、今回の調査の旅の最終地でした。 考えてみれば、2014年の夏、私の本格的な宇宙考古学の調査は、ここから始まっていました。 だから、6年以上ぶりに、この地を調査することになったのです。 6年の間には、私の視野も、さらに広がり、より宇宙的な視点で、いろいろ見ることができるようになりました。 午前10時に、参加者の皆さんと、八木駅で待ち合わせしました。 なんと、集まった人数、合計15名でした! それから、近くのファミレスで、作戦…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関西シリウスツアー 8 法隆寺
    2021/01/21 05:58
    関西シリウスツアー 8 法隆寺

    前回からの続きです。 ここで、またまた、おさらいです。 この写真は、「アヌンナキ」の一族のリーダーだった、「アヌ王」の姿です。 鳥と人間の中間の姿、つまり、背中から翼を生やした姿でも、よく空を飛び回っていたようです。 彼は、「ゾロアスター教」の最高神、「アフラ・マズダー」でもあったみたいです。 「ユダヤ教」や「イスラム教」や「ミトラ教」それから、「バラモン教」などの最高神でもあります。 中近東のあたりで発生した宗教の源を辿ると、全てがこの神様にいきつきます。 これは、2018年の秋に発見した地上絵です。 実は、伊勢を中心にして、近畿地方のエリアは、「アヌ王」の地上絵になっているのです。 しかも…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関西シリウスツアー 7 無条件の愛
    2021/01/21 05:58
    関西シリウスツアー 7 無条件の愛

    「野中寺」という寺にも、立ち寄りました。 場所は、大阪府羽曳野市です。 ここも、「聖徳太子」とも関係している寺だそうです。 本堂の前で、パチリ。 最初、この寺には、何もないと思っていました。 しかし、入り口の案内を見て、意味がわかりました。 この寺の瓦には、「庚戌年」の文字が刻まれていたそうなのです。 ちょっとわかりにくいけど、この瓦ですね。 薄っすらと書いてあるので、読みにくいですが、大事なのは、「戌」という文字が刻まれているということです。 そうです。 「戌」=「犬」=「シリウス」 こういうことです。 何気なく、寺の瓦の模様を見て、驚きました! 最初は、意味がわからなかったのですが、後から…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関西シリウスツアー 6 聖方位
    2021/01/21 05:58
    関西シリウスツアー 6 聖方位

    大阪府大阪市の「四天王寺」の調査を終えた翌日は、同じく大阪府ですが、八尾市と羽曳野市の近辺に向かいました。 最初は、「大聖勝軍寺」に行きました。 場所は、八尾市太子堂です。 「聖徳太子古戦場」と書かれていますね。 伝承によると、聖徳太子が蘇我氏と組んで、物部氏と対立した時に、聖徳太子が、 「この戦いに勝てたなら、寺塔を建てます」 と祈願してできたのが、「四天王寺」と「大聖勝軍寺」だそうです。 入口付近の石像たちです。 入口の前で、皆で記念撮影です。 本堂です。 本堂の裏には、「犬」と「猫」の墓がありました。 珍しいですね。 これは、この境内の奥宮は、「シリウス」だという意味かもしれません。 聖…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • No.004【中国史の運命を決定した、殷周革命と劉邦の即位】十八
    2021/01/21 00:06
    No.004【中国史の運命を決定した、殷周革命と劉邦の即位】十八

     少康には、三人の息子がいたと言われる。 父と共に寒浞を打倒し、夏王朝を再興した、「予」、鄫に封じられた、「曲烈」、会稽に封じられた、「無余」である。 無余の…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 関西シリウスツアー 5 四天王寺
    2021/01/20 13:29
    関西シリウスツアー 5 四天王寺

    ここから旅行記も、一気に佳境に突入します。 いつものように、急激な衝撃に備えて、シートベルトの着用をお願いします。(笑) 「大江神社」にも、立ち寄りました。 ここは、「四天王寺」を中心に、「北斗七星」の結界が張られているという説があるのですが、その中の一つです。 「牛王尊」という摂社を中心に、北斗七星がありますね。 ここも、2回目の訪問です。 やはり、黒色の狛犬がいました。 「アヌビス」ですね。 まさか、黒い色に秘密があったとは、驚きです。 ここに祭られている神様が、興味深いです。 摂末社の中に、「羽呉神社」という名前がありますね。 この神社から、歩いてちょっとの位置にあります。 小さな神社で…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関西シリウスツアー 4 神の愛
    2021/01/20 13:29
    関西シリウスツアー 4 神の愛

    今回は、「四天王寺」も調査しました。 ここを訪問するのは、5回目くらいですが、毎回、自分の視点が増え、進化してから行くので、同じ場所なのに、全く違う景色に見えます。 この景色が変わって見えることが、進化の目安なのかもしれません。 午前中に、JR四天王寺駅で待ち合わせして、皆でモーニングを食べました。 久しぶりに会う友人とも、再会することができました。 それから、四天王寺に向かいました。 途中に、「熊野街道」という石碑もありました。 まずは、四天王寺の近辺から、紹介していきますね。 近くにある、「堀越神社」です。 ここの絵馬は、どこからどう見ても、「アヌビス」ですね。 「黒色の動物」、「四つ足」…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関西シリウスツアー 3 聖徳太子
    2021/01/20 13:29
    関西シリウスツアー 3 聖徳太子

    ここで、またまた、おさらいです。 「アヌンナキ」の宇宙人ファミリーは、旅行記の冒頭で紹介した、3タイプの宇宙人に当てはめると、「エル(プレアデス)」と「ペル(オリオン)」のハイブリッドだと思います。 ある時期から、「アヌンナキ」のファミリーが、地球では、人間を直接支配するようなかたちだったようですが、シェイプシフト(変身)の能力も、もっていたために、様々な存在になったようです。 だから、話がややこしくなっているのですが、基本的に、このファミリーが、地球文明には、一番影響を与えたようです。 興味深いのは、太古の時代、これらの地球の支配者たちの階級や序列を、表現している壁画が、ちょっと前に、エジプ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関西シリウスツアー 2 犬神信仰
    2021/01/20 13:29
    関西シリウスツアー 2 犬神信仰

    本格的な旅行記の前に、もう少し、おさらいしましょう。 地球の歴史には、太古の大昔から、大きく分けて、3タイプの宇宙人が関与しているそうです。他にも、たくさんいたようですが、だいたい3つに分けられるそうです。 ○「ゲル」という宇宙人 「ゲル」巨人族の宇宙人だそうです。この巨人族は、身長4メートル以上あり、巨石文明に関わる宇宙人だそうです。犬などから、進化したそうです。 「シリウス(おおいぬ座)」の出身です。文字どおり、「大きな犬」の星座から、やってきていたのですね。地球に、巨石文明をもたらした存在です。 個人・自由・哲学を追求する種族。人間にたとえると、山に籠る隠者や哲学者タイプ。エジプトの「ア…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 関西シリウスツアー 1 実在問題
    2021/01/20 13:29
    関西シリウスツアー 1 実在問題

    11月23日(月・祝)の大阪セミナーも、楽しく終了しました。 参加された皆さん、ありがとうございました。 衝撃的な内容に、セミナー中は、驚きの連続ですが、終わった後は、真実を知ってスッキリ、さわやかな表情になります。 真実を知るのが、心が平安になる一番の近道なのです。 懇親会でも、いろいろな話題で、大盛り上がりでしたね。 翌朝、ホテルの部屋の窓から、JR大阪駅近辺の景色です。 朝焼けに染まる大阪市も、美しいですね。 お待たせしました~! 関西の旅行記です! 今回のテーマも、「シリウス」です。 以前に書いた、「古代日本シリウスツアー」と「東京シリウスツアー」の続編です。 まだ、この二つの旅行記を…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京セミナー ~悪の根源~
    2021/01/20 13:29
    東京セミナー ~悪の根源~

    「東京シリウスツアー」、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 感想メールも、たくさん届いていますが、全員には返信できないので、いつものように、まとめてお礼を述べさせていただきます。 ありがとうございました! ツイッターで見たのですが、先日、六本木ヒルズの地下で、火事があったみたいですね。 やはり、日本全国、特に、東京都内での地下での攻防戦の話は、本当みたいですね。 横須賀や横浜の地下からの異臭騒ぎも、何かあるかもしれませんね。 これらの話題についても、セミナーや懇親会で、私なりの解釈をお伝えしていますが、毎回、皆さん、驚きますね。 さて、案内です。 2019年3月から、‬「悪の根源…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京シリウスツアー 7 前兆
    2021/01/20 13:29
    東京シリウスツアー 7 前兆

    何度も書いていますが、いい話なので、再掲載しますね。 太古の昔から、夜になると、人々は星空を眺めていました。 星空の下で、いろいろなことを語りあったと思います。 世界中に、星占いがあることからも、夜空の星々が、私たち人間に、とても大きな影響を与えていることを、知っていたのだと思います。 古代エジプトでも、星は崇められていたようです。 エジプトの神殿や王墓などの天井には、「星」を表す絵文字が、たくさん描かれています。 こんななんじです。 興味深いのは、「☆(星)」を表現する絵文字が、漢字の「大」に、そっくりだということです。 いわゆる、「五芒星(☆)」が、「星」の代名詞であり、日本語では、「大」…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京シリウスツアー 6 武蔵御嶽神社
    2021/01/20 13:29
    東京シリウスツアー 6 武蔵御嶽神社

    前回の続きです。 私たちは、東京都青梅市にある、「武蔵御嶽神社」に調査に行きました。 ここを訪れるのは、初めてでした。 車で近くまで行けるものだと思っていたのですが、実際に現地に行ってみると、駐車場に車を駐車させてから、ケーブルカーに乗り、そこから、急な坂道と階段を歩くという、運動不足の人には、かなりハードな道でした。 ケーブルカーとリフトで、わりと高い地点まで行きました。 素晴らしい景色でした。 記念撮影です。 途中の階段でもパチリ。 この武将と馬の像も、これだけでは、意味がわかりません。 しかし、馬の頭部だけ見てください。 そうです。 「アヌビス」の意味だと思います。 それから、参加者の皆…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京シリウスツアー 5 弥勒菩薩
    2021/01/20 13:29
    東京シリウスツアー 5 弥勒菩薩

    ボチボチ、旅行記に戻りますね。 ここから、佳境に入ります。 今回の旅行は、「青梅」がメインの調査地でした。 ネットで調べると、「オオカミ」の狛犬の神社があることを知って、それを調べたくなったのです。 「青梅」の駅に着きました。 この駅名の「青梅(おうめ)」という文字を見ていたら、下のほうにある、「OME」という英語も目に飛び込んできました。 そして、それを見て、面白いことに気が付きました。 まず、一つ目は、琵琶湖の近辺の「近江(おうみ)」と音が似ていることです。 そういえば、あの土地も、「犬上郡」という地名があり、「犬神信仰」がありました。 そして、二つ目に脳裏に浮かんだ単語が、 「オーメン(…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京シリウスツアー 4 自分らしく生きる
    2021/01/20 13:29
    東京シリウスツアー 4 自分らしく生きる

    「シリウス」の文明から、地球にやってきた宇宙人グループは、人類に最初に、「思想」や「哲学」、そして、「宗教」を教えたそうです。 精神的な教えは、ここからきているそうです。 基本的には、日本では、このグループが、後に、「縄文」になったそうです。 その後に、「オリオン」のグループが、「科学」を教えたようです。 このグループが、「弥生」です。 そして最後に、「プレアデス」が、「音楽」や「絵画」などの「芸術」を教えたそうです。 だとしたら、現在の地球の大都市を見て、「シリウス」のグループは、どう思っているでしょうか? おそらく、「自然との調和」が何よりも大切だと考えている彼らは、現在の都市部は、とても…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京シリウスツアー 3 関ヶ原
    2021/01/20 13:29
    東京シリウスツアー 3 関ヶ原

    渋谷の次に向かったのは、目黒にある、「目黒不動尊」でした。 私は、1995年から1997年までの約2年間、武蔵小山駅の近くに住んでいました。 だから、目黒近辺は、思い出がたくさんあります。 その時にも、数回、「目黒不動尊」には行っているのですが、その当時は、まだ宇宙考古学は、学んでいなかったので、ただ立ち寄っただけでした。 着きました。 この「象」の石像も、「アヌビス」に見えますね。 境内には、いたるところに、「犬神」である、「オオカミ」、つまり、「アヌビス」だと思われる狛犬が置かれています。 「アヌビス」ですね。 黒色の狛犬は、ほぼ間違いなく、「アヌビス」の意味だと思います。 他にも、たくさ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京シリウスツアー 2 死
    2021/01/20 13:29
    東京シリウスツアー 2 死

    東京での「シリウス」の調査、最初は、渋谷から始めました。 ご存じのように、ここには、知らない人はいない、超有名な待ち合わせ場所に、「忠犬ハチ公」がいます。 よく見てみると、「黒い犬」ですね。 しかも、1頭だけです。 つまり、「アヌビス」の意味だったということです。 しかも、「忠犬」も、もしかしたら、 「宙犬」=「宇宙からやってきた犬神」 この意味かもしれません。 さらに、「ハチ公」という文字も、「ハ」と「公」を重ね合わせると、「△(ピラミッド)」の象形文字になります。 だとしたら、「渋谷」も、「シリウス」の文明の拠点だった土地かもしれません。 こうやって視点が変わると、同じ景色が、全く違って見…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 東京シリウスツアー 1 アヌビス
    2021/01/20 13:29
    東京シリウスツアー 1 アヌビス

    11月の東京セミナーも、楽しく終了しました。 参加された皆さん、ありがとうございました。 懇親会の様子です。 11月3日(火・祝)の夜です。 11月15日(日)の夜です。 いろいろ深く語りあって、楽しかったですね。 また、やりましょう! 11月8日(日)に、話題作、「鬼滅の刃」を観てきました。 感想は、とっても良かったです。 予備知識無しで行ったので、漫画など読んでからの方が、もっと楽しめたと思いました。 宇宙考古学的には、頭部が猪のキャラクター、アニマルヘッドマンが気になりました。 もしかしたら、「アヌビス」や「シリウス」とも、関係しているかもしれません。 さて、お待たせしました~! 久しぶ…

    精神世界の鉄人

    精神世界の鉄人

  • 日本史の「誤算」15 幕末騒乱は変則タッグ続き
    2021/01/20 11:49
    日本史の「誤算」15 幕末騒乱は変則タッグ続き

    敵味方の立場がコロッと入れ替わってしまうような一筋縄ではいかない 政治的な動きが、幕末には結構多く登場しました。 そうした出来事を並べ立てるなら、それこそ枚挙に暇がないので、そこで 断片的ですが、今回はそうした幕末の変則タッグを取り上げてみました。 時系列にはとんと頓着していませんので、その辺は悪しからずネ。 まずは、公武合体派であった薩摩・会津両藩が、過激な尊王…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 笠置山と三神宮と『卑弥呼の三女神社』
    2021/01/19 20:16
    笠置山と三神宮と『卑弥呼の三女神社』

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • No.976【日本史リブレット 91~江戸の浄瑠璃文化】
    2021/01/18 00:10
    No.976【日本史リブレット 91~江戸の浄瑠璃文化】

    評価:55点/作者:神田由築/ジャンル:歴史/出版:2009年   『日本史リブレット 91~江戸の浄瑠璃文化』は、山川出版社の日本史シリーズである、「日本史…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 第3位【ナポレオン・ボナパルト】136.グランド・アルメ
    2021/01/17 05:41
    第3位【ナポレオン・ボナパルト】136.グランド・アルメ

     第三次対仏大同盟は、イギリスとロシアの同盟に、オーストリア、スウェーデン及び、南イタリアのナポリ王国が、参加して、結成された。 同時に、オーストリアは、ロシ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 100.蜂須賀家政・弐
    2021/01/16 00:03
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 100.蜂須賀家政・弐

     1583年(天正十一年)、蜂須賀家政は、賤ヶ岳の戦いに参加し、播磨佐用郡内に、三千石を与えられた。1 585年(天正十三年)には、家政は、父の正勝と共に紀州…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • サブカル的『ビラミット・巨石・超古代史』論
    2021/01/15 14:55
    サブカル的『ビラミット・巨石・超古代史』論

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 日本史の「トホホ」32 政権以前の武士の境遇
    2021/01/15 07:54
    日本史の「トホホ」32 政権以前の武士の境遇

    武士政権と聞けば、まず大方は以下の三つの幕府政治を連想することでしょう。  時代順に並べれば、こうなります。 ○鎌倉幕府(1185頃-1333年) 創立者/源 頼朝 ○室町幕府(1336 -1573年) 創立者/足利尊氏 ○

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 探検454 僧衣姿の男女を見分ける法
    2021/01/15 07:49
    探検454 僧衣姿の男女を見分ける法

    ウソかマコトか、随筆「枕草紙」の作者として有名な平安時代の女性・清少納言(966頃-1025年頃)にはこんなお話が残されています。兄・清原致信(生年不肖-1017年)が、二十名ほどの騎兵・歩兵に館を襲撃された時のお話です。すでに出家していた清少納言も、じつはこの館にい

    研修隊員

    日本史探検隊

  • No.004【中国史の運命を決定した、殷周革命と劉邦の即位】十七
    2021/01/14 00:12
    No.004【中国史の運命を決定した、殷周革命と劉邦の即位】十七

     別の伝承では、羿は、自身は、王座に就かず、太康の弟の中康を王位に擁立し、自身は、天下の覇権を握ったと言われる。 伯封の父、后夔は、禹の臣下で、禹が、四瀆(長…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 「鬼」と日本の巨石信仰
    2021/01/11 15:08
    「鬼」と日本の巨石信仰

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 感想『江戸絵皿絵解き事典 絵手本でわかる皿絵の世界 河村通夫/著』
    2021/01/11 11:56
    感想『江戸絵皿絵解き事典 絵手本でわかる皿絵の世界 河村通夫/著』

    江戸時代というと、文化や生活様式がまるで違う歴史の教科書の中の世界という感覚をもっていました。ですので、このお皿がその江戸時代から何百年の時を経た現代まで今なお存在し続けていることに驚きました。しかも、このお皿を実際に江戸時代の人が使ってい

    言の葉

    心地よく丁寧に暮らしていく。₀:*゚✲゚

  • No.975【日本史リブレット 79~史料としての猫絵】
    2021/01/11 00:05
    No.975【日本史リブレット 79~史料としての猫絵】

    評価:55点/作者:藤原重雄/ジャンル:歴史/出版:2014年  『日本史リブレット 79~史料としての猫絵』は、山川出版社の日本史シリーズである、「日本史リ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 首塚大明神・鬼の首は心霊スポット?
    2021/01/10 16:10
    首塚大明神・鬼の首は心霊スポット?

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 伊勢神宮と「葦嶽山ピラミッド」の盃状穴
    2021/01/10 16:10
    伊勢神宮と「葦嶽山ピラミッド」の盃状穴

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 日本史の「冗談?」20 首のためなら領国なんぞ
    2021/01/10 08:07
    日本史の「冗談?」20 首のためなら領国なんぞ

    新年早々の新聞にこんな記事を見つけました。 ~(市は)松山城の天守や内門など計17カ所に、とがった物で線を付けた  ようなひっかき傷があったと発表した~ さらには、 ~内壁や柱に6カ所の傷があった天守は、国の重要文化財に指定されている~ 思い出してみれば、筆者もその昔に訪ねたことのあるお城です。 …

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 第3位【ナポレオン・ボナパルト】135.第三次対仏大同盟
    2021/01/10 05:48
    第3位【ナポレオン・ボナパルト】135.第三次対仏大同盟

     ナポレオンは、戴冠式の後、タレーランの進言に基づき、自身が、大統領を務めている、イタリア共和国=旧チザルピーナ共和国の王国化について、協議を重ねた。 タレー…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 99.蜂須賀家政・壱
    2021/01/09 00:05
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 99.蜂須賀家政・壱

     蜂須賀家政は、1558年(永禄元年)、蜂須賀正勝の嫡男として、尾張国の丹羽郡宮後村の宮後城に生まれた。 母は、正勝の正室の大匠院、松。 大匠院の出自は、明確…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 探検453 平将門が本邦初でした
    2021/01/08 08:38
    探検453 平将門が本邦初でした

    初めての武家政権である鎌倉幕府が誕生する250年も前のこと、すでに武士が台頭し、その勢力を広げ始めていました。その草分け的存在とされているのが、平将門(生年不肖-940年)で、いわば、地方のボスのような存在でした。その一生は波乱万丈に充ち、歴史的にも面白いものが

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 「ロマネスクとは何か」
    2021/01/07 01:35
    「ロマネスクとは何か」

    「ロマネスクとは何か」 酒井健:著 ちくま新書中世ヨーロッパは好きですし、ロマネスク美術にも興味はあります。しかし今までロマネスクに関する本をちゃんと読んだこ…

    水原杏樹

    世界史オタク・水原杏樹のブログ

カテゴリー一覧
商用