日本の戦国時代

日本の戦国時代
テーマ名
日本の戦国時代
テーマの詳細
日本の戦国時代が好きな人、集まれ〜!
テーマ投稿数
4,027件
参加メンバー
215人
管理人
Aiko Uno管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「日本の戦国時代」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「日本の戦国時代 歴史ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

日本の戦国時代の記事

1件〜50件

  • 本庄実乃 上杉謙信の才能を見抜いた男 謙信の側近として活躍した本庄実乃とは・・・
    2019/12/09 23:59
    本庄実乃 上杉謙信の才能を見抜いた男 謙信の側近として活躍した本庄実乃とは・・・

     今回は上杉謙信の幼少期の軍師とも言われる本庄実乃についてみていきたいと思います。 本庄実乃と言えば、上杉謙信が登場する大河ドラマで直江景綱と共に謙信の側近として描かれることが多いと思います。 本庄実

    歴史大好き薬剤師

    うたみのブログ

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 42.最上義光・八
    2019/12/07 00:07
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 42.最上義光・八

    最上義光は、上杉景勝から、奪回した、日本海の要津、酒田港を最大限に活用すべく、庄内から、山形へ通じる二本の街道を改修・拡幅すると共に、最上川の三難所を開削して…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 日本史の「トンデモ」04 本願寺籠城戦と水軍激突
    2019/12/05 11:26
    日本史の「トンデモ」04 本願寺籠城戦と水軍激突

    織田信長(1534-1582年)と本願寺11世・顕如(1543-1592年)の激突、 いわゆる「石山合戦」(1570-1580年)の、その中盤では「天王寺の戦い」 (1576年)が繰り広げられました。 そして、これに勝利した織田軍は摂津国方面の軍事的優位を確実なもの とし、逆に負けた本願寺軍は本拠地・石山本願寺への退却を余儀なくされ、 以後は打って出ること…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 41.最上義光・七
    2019/12/05 00:32
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 41.最上義光・七

    直江兼続の退却と同時に、最上軍は、逃げ遅れた、上杉軍を追撃して、谷地城に籠る、尾浦城主の下秀久を降伏させた。そして、下秀久を先手に庄内地方に進攻して、短期間で…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 三淵藤英  足利義昭への忠義に生きた男  明智光秀の盟友細川藤孝の兄三淵藤英とは・・・
    2019/12/04 00:13
    三淵藤英  足利義昭への忠義に生きた男  明智光秀の盟友細川藤孝の兄三淵藤英とは・・・

     今回は2020年大河ドラマで明智光秀の盟友である細川藤孝の兄である三淵藤英についてみていきたいと思います。 正直ある程度歴史の知識に自信のある私も最近までは「誰ですか」という感じでした(笑)。 細川

    歴史大好き薬剤師

    うたみのブログ

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 40.最上義光・六
    2019/12/03 00:16
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 40.最上義光・六

    上杉景勝は、直江兼続に約2万の軍勢を預け、最上領の侵攻を開始した。最上義光は、小野寺義道を牽制すべく、庄内に出兵していたため、最上軍は、約7千に過ぎなかった。…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 日本史の「発明発見」25 神の座へ三英傑の三段跳
    2019/11/30 07:36
    日本史の「発明発見」25 神の座へ三英傑の三段跳

    筆者の生息地・愛知県では、戦国の天下を動かした下記の武将トリオを 「郷土の三英傑」として称えています。 尾張・織田信長(1534-1582年) 革新政策/関所撤廃・楽市楽座など 尾張・豊臣秀吉(1537-1598年) 集権体制/貨幣統一・兵農分離など 三河・徳川家康(1543…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 日本史の「列伝」12 生前没後もユニーク履歴
    2019/11/25 07:43
    日本史の「列伝」12 生前没後もユニーク履歴

    北近江の戦国大名であった浅井長政(1545-1573年)の経歴を眺めていくと、 いくつかユニークな点があることに気が付きます。 その第一は、やはり時天下統一を目指していた尾張国・織田信長(1534- 1582年)との関りということになるのでしょう。 信長の妹である「お市の方」(1547?-1583年)を妻として娶…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 39.最上義光・五
    2019/11/17 06:40
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 39.最上義光・五

    義光は、慶長伏見地震の直後には、豊臣秀吉ではなく、徳川家康の護衛に駆けつける。また、秀吉から、茶に招かれた、家康を自発的に護衛している。秀吉に対抗できるのは、…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 38.最上義光・四
    2019/11/16 00:14
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 38.最上義光・四

    1590年(天正十八年)、1574年(天正二年)の天正最上の乱の後に、義光と和解して、菩提寺龍門寺において、十六年間の隠居生活を続けていた、先代の最上宗家の当…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 37.最上義光・参
    2019/11/15 00:26
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 37.最上義光・参

    1582年(天正十年)、最上義光の側室の天童御前が、三男の義親を産んだが、間もなく、死去してしまう。天童御前は、天童頼貞の娘で、1577年(天正五年)の義光と…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 探検392 戦国戦死者の弔い作法
    2019/11/08 08:20
    探検392 戦国戦死者の弔い作法

    大合戦があれば、当然のことながら、その結果として多数の戦死者を生み出すことになります。ところが、普段のドラマなどではそのあたりのことについて描かれる機会は稀な印象になっています。生々しすぎて、楽しい映像にならないこともその理由の一つかもしれません。さて、

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 36.最上義光・弐
    2019/10/27 06:24
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 36.最上義光・弐

    義光は、5月3日~4日、若木勢と戦うと、5日には、義守及び、中野氏と江股で戦った。5月7日、輝宗は、置賜郡の屋代荘新宿へ、11日には、北条荘中山に出陣し、義光…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 35.最上義光・壱
    2019/10/26 00:13
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 35.最上義光・壱

      1563年(永禄六年)、最上義守は、嫡男の義光と共に上洛すると、室町幕府の十三代将軍、足利義輝に謁見した。 義守は、大崎義直の娘を義光の妻に迎え、1564…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 織田信秀  尾張の虎と言われた男  今川義元、斎藤道三と渡り合った信長の父織田信秀とは・・・
    2019/10/22 23:31
    織田信秀  尾張の虎と言われた男  今川義元、斎藤道三と渡り合った信長の父織田信秀とは・・・

     今回は2020年の大河ドラマで重要人物である織田信秀についてみていきたいと思います。 明智光秀が暮らす美濃国の隣国には尾張国という国があります。 その国で活躍し今川義元、斎藤道三を苦しめたのが織田信

    歴史大好き薬剤師

    うたみのブログ

  • 探検389 あゝ間違いだった肖像画
    2019/10/20 07:19
    探検389 あゝ間違いだった肖像画

    聖徳太子・源頼朝・足利尊氏・武田信玄・西郷隆盛などの名前を聞けば、おそらくその風貌は多くの人がイメージできるのでしょう。そうした運ぶになるのも、ひとえに「肖像画」の御蔭と言ってよさそうですが、ところがダ、これらは「本当にご本人の肖像か?」と突っ込んでみる

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 斎藤道三  明智光秀を育てた男  マムシと言われたその正体とは・・・ 
    2019/10/17 08:27
    斎藤道三  明智光秀を育てた男  マムシと言われたその正体とは・・・ 

     2020年の大河ドラマでは明智光秀の幼少期が語れると思いますが、その時の最重要人物にあたるのが斎藤道三だと思います。 斎藤道三と言えば下克上の典型的な人物で、恐ろしい人物であると思う人が多いと思いま

    歴史大好き薬剤師

    うたみのブログ

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 34.最上義守
    2019/10/16 06:52
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 34.最上義守

      1508年(永正五年)、伊達稙宗が、上山に進出する。稙宗は、1514年(永正十一年)に、山形に侵攻した。 最上義定は、天童氏、清水氏、延沢氏等、各地の有力…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 明智光秀  信長に最も信頼された男  ただの謀反人では無い  2020年大河ドラマ主役の明智光秀とは・・
    2019/10/15 22:38
    明智光秀  信長に最も信頼された男  ただの謀反人では無い  2020年大河ドラマ主役の明智光秀とは・・

     今回は2020年の大河ドラマで主役になることになった明智光秀についてみていきたいと思います。 明智光秀と言えば「織田信長を本能寺で討った謀反人」「本能寺の後、豊富秀吉に負けて死んでいった無能な人」と

    歴史大好き薬剤師

    うたみのブログ

  • 日本史の「大雑把」03 昔年齢をイメージする
    2019/10/15 06:34
    日本史の「大雑把」03 昔年齢をイメージする

    「関ヶ原の戦い」(1600年)に勝利し、戦国乱世の最終勝者となったのは 豊臣政権五大老の一人である徳川家康(1543-1616年)でした。 その数年後には自らが征夷大将軍に就き「江戸幕府」を創立していますから、 家康はこの時点で事実上天下を掌握したことになります。 そうした家康に対して、数多の大名は抵抗姿勢を改め、そのことによって 「戦国の世」にも落ち着きが感じられるよ…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 33.最上満氏
    2019/10/15 00:11
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 33.最上満氏

     最上満家には、頼宗、義春、義秋の三人の息子がいた。 長男の頼宗は、生没年は、不詳。最上氏の歴代当主に数えられていないために、早世した、可能性がある。 しかし…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • ヤジ馬の日本史 超駄級600記事 №501-599編/だがしか史!
    2019/10/05 07:03
    ヤジ馬の日本史 超駄級600記事 №501-599編/だがしか史!

    これまで書き連ねた記事が通算600本に到達しましたので、今回その節目と して改めて直近100編(№501~599)を整理してみました。 全編粒揃いの「超駄級」であることから、全国津々浦々のヒマ人様からは、 「時間潰し」の最適ツールとして、割合に控えめなご好評?も頂いて おります。                   管理人:住兵衛 --直近の記事------------------------ 600 ヤ…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 32.最上兼頼
    2019/10/04 00:38
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 32.最上兼頼

      斯波(足利)兼頼は、近隣の里見氏に弟の義宗を養子に送り、一門とする等、武力政策と婚姻・養子政策を駆使し、後の最上氏の基礎を築いた。 兄の直持は、大崎氏の祖…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 31.最上氏
    2019/10/03 00:46
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 31.最上氏

      奥州斯波氏の嫡流、大崎氏は、その子孫の行方は、不明になり、家名は、残らなかった。 しかし、奥州斯波氏の分家である、最上氏は、戦国大名に脱皮し、江戸時代まで…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 日本史の「落胆」05 主君の悪口は言えない
    2019/09/30 07:18
    日本史の「落胆」05 主君の悪口は言えない

    いわゆる幕末維新(1853-1869年)の折に、最も過激な思想・行動を示した のが外様大名・毛利家を藩主とする「長州藩」でした。 戦国時代に国人領主から戦国大名への脱皮を一代で成し遂げ、中国地方の 覇者となった毛利元就(1497-1571年)が同藩の始祖とされ、 その子孫が代々の藩主を受け継いできた御家です。 現にこの幕末時代の第13代藩主・…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 探検386 父ちゃんを超えたいッ
    2019/09/27 08:31
    探検386 父ちゃんを超えたいッ

    親が超偉大な存在である場合、その子供は結構微妙な立場に置かれるものです。周囲の者は常に親と子を「見比べる」視線を送り、またその雰囲気をなんとなく本人(子)も感じるからです。たとえ本人に「親とは器が違う」という自覚があったにせよ、ついついこんな心境になって

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 滋賀&岐阜の旅 その8 ハチの巣?が落ちていたりトカゲさんに遭ったり。
    2019/09/24 01:29
    滋賀&岐阜の旅 その8 ハチの巣?が落ちていたりトカゲさんに遭ったり。

    東横インは金券支払い可能。アルコールを飲まない我が家は夏冬数枚ずつ頂いたビール券が塵も積もって0円で宿泊出来てしまう有難さ。今年の汚部屋掃除の時に2人で3泊出来るぐらいのビール券が発掘されて公介氏は1日目に東横イン、2日目は違うホテルチェーンの部屋を予約していたっぽいけど、「2泊とも東横でぜんぜん良くないか?お金浮くし…」って。2日目に泊まった滋賀県の東横はオープンして間もなかったらしく、まだ何処...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 滋賀&岐阜の旅 その7 摠見寺の三重塔と仁王門の仁王像
    2019/09/21 03:32
    滋賀&岐阜の旅 その7 摠見寺の三重塔と仁王門の仁王像

    石岡のおまつりで撮って来た写真と比べて安土城跡写真加工の楽なことよ。石岡に限らず雑踏を撮った写真はよそのヒト達の顔を隅から隅までボカさなきゃ気が済まない体質で、時には1枚の中に何十人と写っているし…そりゃー眼精疲労にもなるわい。目の奥が痛くてぜんぜん進みません。しかも馬鹿馬鹿しいです。・・・滋賀&岐阜の旅 その6の↓つづき。重要文化財の三重塔。摠見寺のWikiによれば「三重塔-享徳3年(1454年)建立。摠...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 滋賀&岐阜の旅 その6 摠見寺跡
    2019/09/20 14:43
    滋賀&岐阜の旅 その6 摠見寺跡

    その6で終わりにするハズだった安土城跡日記の画像が結局20枚行ってしまい、やむを得ずブツ切り。滋賀&岐阜の旅 その5のつづき。やはり朦朧としていたのか、摠見寺跡で撮った写真も極端に少なかった。大体1ヶ所につき数枚は撮っているのにほぼ1枚ずつとは…。何故か天主跡や信長本廟よりも夢の跡感がジワジワ迫って来る。↓こうして更地を見てもあまりピンと来ないけど、建物が残っていたとして中に入ると想像以上に広いんだろ...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 日本史の「付録」11 アウェイ戦は負け続け
    2019/09/20 06:51
    日本史の「付録」11 アウェイ戦は負け続け

    島国日本は、内弁慶とでも言うのでしょうか、その昔から海の向こうでの 喧嘩が得意ではありません。 多少のいざこざがあろうとも、即相手を叩き潰すなんて過激な態度は、 国内でも慎重でしたから、その延長線上にあったのかもしれません。 そうした「穏やかさ」の背景には、恨みを持って死んだら怨霊となって この世に祟るという、いわゆる「怨霊信仰」があったとも考えられます。 しかし、そうであったにせよ、海の向こ…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 探検385 天下城焼失の風評被害?
    2019/09/20 06:44
    探検385 天下城焼失の風評被害?

    「天下布武」完成目前にあった織田信長(1534-1582年)が居城とした「安土城」の“築城から焼失”までの経緯は、概ねのところ以下のようでした。○1576年→築城を開始○1579年→信長が引っ越す(この頃、落雷で本丸焼失?)○1582年→6月「本能寺の変」(信長暗殺事件)○158

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 28.大崎義隆・参
    2019/09/14 00:08
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 28.大崎義隆・参

     しかし、この頃、天下統一を目前にした、豊臣秀吉の巨大勢力が、奥州に近づいていた。1589年(天正十七)8月に、上杉景勝が、秀吉の意を受けて、大崎義隆に対して…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 滋賀&岐阜の旅 その4 本丸 本廟 天主
    2019/09/13 18:07
    滋賀&岐阜の旅 その4 本丸 本廟 天主

    ウチの古老さん達のお父さんの住むお家はお昼頃にやっと電気が来たようで安心したけど、県全体や市や町で見るとまだまだだなので、素直に喜んでイイのかどうか複雑だ。古老さん達のお父さんもきっと同じ気持ちだろう。停電情報を見ると徐々にではあるけど復旧していないわけでは無いんだな。朝に見た時19万何千軒だったのが17時39分の時点で 約18万7千軒に減っていた。ウチは長野の方へ遊びに行く時に上信越自動車道を利用する。...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 探検384 創作された歴史人物
    2019/09/13 14:39
    探検384 創作された歴史人物

    たとえば、その昔娯楽映画などによく登場した「真田十勇士」のトップスターである“猿飛佐助”などは、その超人ぶりから、てっきりお話を面白くするために創作された「架空の歴史人物」だと思い込んでいました。ところが、これにはモデルになる人物が実在した、という解釈も

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 28.大崎義隆・弐
    2019/09/07 00:34
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 28.大崎義隆・弐

    2月2日には、泉田重光率いる、伊達軍先陣は中新田城に攻め寄せるが、城を囲む、低湿地帯と折からの大雪によって身動きが取れなくなり、撤退を余儀なくされた。大崎軍は…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 滋賀&岐阜の旅 その3 蜂がまとわりついて本当に困ったの巻。
    2019/09/07 00:21
    滋賀&岐阜の旅 その3 蜂がまとわりついて本当に困ったの巻。

    岐阜のサービスエリアで見つけた凄く美味しそうだった柿大福。エイジレスの小袋まで入っていたのに賞味期限9月1日(旅行から帰って来た日)だって。完全に食べそびれてショック過ぎて発熱するかも。さすがに1週間近く過ぎたら「賞味期限」でもお腹壊しそうで諦めるしか無い。何故か↑この出来事にデジャヴ感あって気持ち悪い。過去に全く同じを経験した気が…。・・・滋賀&岐阜の旅 その2のつづき。いよいよ上る。上りたくないけ...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 探検383 宗教勢力の「激動の世紀」
    2019/09/06 08:00
    探検383 宗教勢力の「激動の世紀」

    15世紀末から16世紀末にかけての戦乱が頻発した時代を日本史では「戦国時代」と呼んでいます。そうした戦乱の世は、最終的には、尾張国・織田信長(1534-1582年)、尾張国・豊臣秀吉(1537-1598年)、そして三河国・徳川家康(1543-1616年)という、いわゆる「三英傑」によっ

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 滋賀&岐阜の旅 その1 念願の安土城跡
    2019/09/03 16:25
    滋賀&岐阜の旅 その1 念願の安土城跡

    …鮒ずし見つからん(※しつこい)。恐らく都心のアンテナショップに行けば買えるんだけど、ありがた味が段違いだよなぁ。↓自分達用のお土産。サラダパン (滋賀県民のソウルフードらしい) https://zabutonguma.blog.fc2.com/blog-entry-32.htmlでっちようかん(丁稚羊羹) と からすみ(お菓子) https://zabutonguma.blog.fc2.com/blog-entry-33.html・・・滋賀&岐阜の旅その1のつづき。自分はその頃まだ19歳だったので30年ぐらい前に...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 28.大崎義隆・壱
    2019/08/31 00:26
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 28.大崎義隆・壱

    1577年(天正五年)、葛西晴信の家臣が、主君の晴信に反抗したことを口実に、義隆は、その家臣の救援のためと称し、出兵して、晴信と戦った。当時、伊達輝宗は、相馬…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 日本史の「トホホ」28 大没落に遭遇した管領家
    2019/08/26 07:26
    日本史の「トホホ」28 大没落に遭遇した管領家

    戦国英傑・織田信長(1534-1582年)については、こんな説明もされています。 ~その出自は、尾張守護・斯波氏に仕える守護代・織田氏の、そのまた  家老家の織田家である~ また別には、 ~越前朝倉氏の創始者・広景(1255-1352年)は斯波氏に仕えていた~ こちらも越前を拠点として戦国の世に存在感を示し…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 27.大崎義直
    2019/08/24 00:34
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 27.大崎義直

      1534年(天文三年)6月、大崎義直の家臣、新田頼遠が、出仕を拒否するようになった。 義直は、激怒して、新田氏の討伐に向かったが、大崎家の執事を務める氏家…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 26. 大崎教兼
    2019/08/17 00:08
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 26. 大崎教兼

      大崎詮持には、満詮、兼持の二人の息子がいた。大崎氏の家督を継承したのは、長男の満詮である。 恐らく、奥州探題職を世襲したと考えられるが、実は、詮持以降の大…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 25.大崎詮持
    2019/08/10 00:42
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 25.大崎詮持

     大崎直持の弟、兼頼は、出羽国を掌握し、羽州探題としての地位を確立した。伊達氏・葛西氏・南部氏など、陸奥国における、鎌倉時代以来の名門の有力国人領主は、奥州管…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 24.大崎氏
    2019/08/03 00:05
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 24.大崎氏

      斯波直持は、奥州管領職を世襲すると、1362年(貞治元年)、陸奥国東海道検断職に相馬氏を任命し、翌年には、足利幕府の命を受け、陸奥飯野八幡社を保護した。 …

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 探検378 ゴマスリは抜け目なく
    2019/08/02 07:24
    探検378 ゴマスリは抜け目なく

    なんとなく不思議な気もしますが、「地名を変える」という作業は、日本ではその昔からあまり行なわれてこなかったようです。その背景には宗教的または文化的なある種のタブー意識があったのかもしれませんが、戦国の時代になると、ちょっと雰囲気も変わって、織田信長による

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 日本史の「異国」06 鉄砲伝来って訪問販売?
    2019/07/30 06:12
    日本史の「異国」06 鉄砲伝来って訪問販売?

    ~一隻のポルトガル船が種子島に漂着して、日本に鉄砲を伝えました~ また、あるいは、 ~種子島に流れ着いた一隻の中国船に乗っていたポルトガル人が、  2丁の鉄砲を持っていました~ 上はいずれもいわゆる「鉄砲伝来」(1543年)についての説明文ですが、 漂着したのがポルトガル船だったのか、あるいは…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 23.奥州斯波氏
    2019/07/30 00:26
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 23.奥州斯波氏

      斯波氏の嫡流である、斯波武衛家は、戦国大名としては、存続できなかった。 しかし、奥州の地では、斯波氏の子孫は、戦国大名として、戦国時代を生き抜いた。 斯波…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 22.続・斯波義銀
    2019/07/29 00:49
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 22.続・斯波義銀

    斯波義統の義銀の弟の津川義冬は、織田信長の次男である、織田信雄の家老であった。本能寺の変の後、義銀は、信雄の配下になった。その後、信雄は、羽柴秀吉と対立すると…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 21.斯波義銀
    2019/07/26 00:37
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 21.斯波義銀

     斯波義統には、義銀、義冬、長秀など、少なくとも、三人の息子がいたと言われている。 義冬は、後に津川義冬を称し、織田信長に仕えた。長秀は、毛利長秀を称し、織田…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 7/6 小田原城 「センゴク権兵衛」原画展 3
    2019/07/19 15:46
    7/6 小田原城 「センゴク権兵衛」原画展 3

    7/6 小田原城 「センゴク権兵衛」原画展 2 のつづき。↓最上階から一望出来る伊豆半島。晴れていたら最高だったんですが。伊豆といえば5月、熱川伊東熱海に行って凄い楽しかった。でもこの時はまさかここまで雨続きになるとは考えてもいなかったよ。そういや、天守に摩利支天の像が祀られていた。元々あったことが調査で判明したらしく、宮大工のヒト達の力を借りて、お祀りする空間を再現したとのこと。空間のだだっ広さのわりに...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

カテゴリー一覧
商用