searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

昔話、伝承、神話 THEME

help
昔話、伝承、神話
テーマ名
昔話、伝承、神話
テーマの詳細
昔話、伝承、神話に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。
テーマ投稿数
956件
参加メンバー
131人
管理人
☆かっこいい女への道☆komatsu1108管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「昔話、伝承、神話」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「昔話、伝承、神話 歴史ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

昔話、伝承、神話の記事

1件〜50件

  • 68、生きていけない
    2020/04/07 09:36
    68、生きていけない

    息子犬も大好きな人たちに会う事を控えさせてしまってる状況なので、ちょっとした散歩以外何とか家でストレスを溜め込まないように運動不足にならないように試行錯誤している。 ご飯も時間をかけて食べるおもちゃの中に入れるようにしたり、新しい『好きになる」おもちゃを発見できるように携帯でペットグッズと睨めっこだ。 うちの子はパグ犬なのでわりとグデッとした時間が長くてもそこまで問題ないが、大型犬や多くの運動量を必要とする子たちはもっと大変だろうと思う。 もちろん散歩はしてるのだが、何となく人を避けたりしながらなので人の大好きなうちの子はやはりどこか不満そうである。 そして昨日、挑戦した新しいおもちゃが彼の中…

    JURI

    私は親になれない

  • 【神話SS】ニニギ「なんか抱き合わせ商法で厄介払いしようとしてないか……?」(短命起源神話)
    2020/04/05 09:17
    【神話SS】ニニギ「なんか抱き合わせ商法で厄介払いしようとしてないか……?」(短命起源神話)

    [“猿女神話”の続き] ――ニニギが抱き合わせ商法を断固拒否するお話 <笠沙の御崎> ――ザパーン!! ――ザパーン!! ニニギ「やっぱり笠沙の御崎から眺める東シナ海はいいなぁ~」ボケー ニニギ「こうして潮風に

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神の名は。】アメノコヤネ(天児屋命)
    2020/04/03 09:32
    【神の名は。】アメノコヤネ(天児屋命)

    神の名前と一緒に検索されている言葉を調べると、新しい発見があるかも知れない。世の人々が神の名前を何と紐付けているのかを知るため、「神話SS」に登場する神々の名前と、検索結果に表示された関連ワードを調べてみました。

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】サルメ「だったら当然、連帯責任だろうが!!」(猿女神話)
    2020/04/01 15:14
    【神話SS】サルメ「だったら当然、連帯責任だろうが!!」(猿女神話)

    [“天孫降臨神話/到着編”の続き] ――伊勢・志摩の方へ帰るサルタヒコに付き添ったアメノウズメのお話 <高千穂宮> ニニギ「さて、立派な宮もできたことだし、当分はここに腰を据えて徐々に勢力拡大を――」 サルタヒコ「あのぉ~

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 探検412 時代に見る男と女の格
    2020/03/27 23:35
    探検412 時代に見る男と女の格

    男と女はどちらが偉い?オジサン族が好みそうなテーマですが、そうしたことを歴史的な面から考察してみるのも一興と思い立ち、早速に試すことにしてみました。ただ、半分はシャレ気分であることを最初にお断わりしておきますので、異見があった場合でもあまりムキにならない

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 【神話SS】ニニギ「ここが葦原の中つ国か……」(天孫降臨神話/到着編)
    2020/03/23 06:15
    【神話SS】ニニギ「ここが葦原の中つ国か……」(天孫降臨神話/到着編)

    [“天孫降臨神話/出発編”の続き] ――ついに葦原の中つ国へ降り立ったニニギのお話 <高千穂> ――スチャッ ニニギ「ふぅ……」 ニニギ「ここが葦原の中つ国か……」 オモイカネ「や、やっと着

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 雀始巣(すずめはじめてすくう)
    2020/03/20 19:26
    雀始巣(すずめはじめてすくう)

    「暑さ寒さも彼岸まで」の一方で、「花冷え」や「寒の戻り」という言葉もあります。3月下旬は北のシベリア寒気団が急に南下して、真冬のように冷え込むことも珍しくありません。従って、4月までは雪も降るものと、私はコタツをしまえずにいます(苦笑)

    久利生杏奈

    紅龍堂書店の日々

  • 【神の名は。】アメノオシホミミ(天忍穂耳命)
    2020/03/19 06:39
    【神の名は。】アメノオシホミミ(天忍穂耳命)

    神の名前と一緒に検索されている言葉を調べると、新しい発見があるかも知れない。世の人々が神の名前を何と紐付けているのかを知るため、「神話SS」に登場する神々の名前と、検索結果に表示された関連ワードを調べてみました。

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 春彼岸入りですね。
    2020/03/17 21:06
    春彼岸入りですね。

    「毎年よ彼岸の入りに寒いのは」と詠んだのは正岡子規ですが、今年はあたたかいですね。今日は春彼岸入り。この時期は農事始めのお祭りも多いです。ちなみに久利生家は昨日、十六団子の日で農作業をお休みしました。「田の神荒れ」といって、本当に不思議なのですが、この日は例年天候が荒れます。昨日も凄まじい風でした。

    久利生杏奈

    紅龍堂書店の日々

  • 【神話SS】アマテラス「よろしく頼みますよ、“伴緒ピンク”さん!」(天孫降臨神話/出発編)
    2020/03/17 05:54
    【神話SS】アマテラス「よろしく頼みますよ、“伴緒ピンク”さん!」(天孫降臨神話/出発編)

    [“猿田毘古神話”の続き] ――葦原の中つ国へ降りるニニギにアマテラスが餞別を渡しまくるお話 <高天原> アマテラス「さて、ウズメさんの働きのおかげで、葦原の中つ国への案内役を得ることができました」 アマテラス「これで安心

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神の名は。】アジスキタカヒコネ(阿遅鉏高日子根神)
    2020/03/14 06:52
    【神の名は。】アジスキタカヒコネ(阿遅鉏高日子根神)

    <投稿200記事記念>神の名前と一緒に検索されている言葉を調べると、新しい発見があるかも知れない。当ブログ「神話SS」に登場する神々の名前と検索結果に表示された関連ワードを調べてみました。

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】アメノウズメ「コンビニのオープン待ちに来た田舎者かよ!」(猿田毘古神話)
    2020/03/12 05:40
    【神話SS】アメノウズメ「コンビニのオープン待ちに来た田舎者かよ!」(猿田毘古神話)

    [“天降り未遂神話”の続き] ――ニニギの天降り準備中に突如として現れた障害のお話 <高天原> アマテラス「カクカクシカジカ……ということで、ニニギ――」 アマテラス「豊葦原の水穂国は、そなたが治めるべき国です!」バーン!!

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】アマテラス「それでも……男神(おとこ)たちは諦めなかった……」(天降り未遂神話)
    2020/03/03 05:55
    【神話SS】アマテラス「それでも……男神(おとこ)たちは諦めなかった……」(天降り未遂神話)

    [“国譲り神話/完結編”の続き] ――満を持してオシホミミに天降りを迫るアマテラスのお話 <オシホミミの家> ――カチャカチャ… ――ガラッ ――ドタドタドタドタッ!! アマテラス「オシホミミ、入

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】クシヤタマ「おあがりよ!!」(国譲り神話/完結編)
    2020/02/23 10:57
    【神話SS】クシヤタマ「おあがりよ!!」(国譲り神話/完結編)

    [“国譲り神話/建御雷編②”の続き] ――Entire Agreement on the Compensation for Transfer of the Stateのお話 <稲佐の小浜> オオクニ「高天原の経費で、私の住む宮を新築していただきたいのです!!」 タケミカヅチ「経費でだ

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】タケミカヅチ「大丈夫だ、問題ない」(国譲り神話/建御雷編②)
    2020/02/19 06:13
    【神話SS】タケミカヅチ「大丈夫だ、問題ない」(国譲り神話/建御雷編②)

    [“国譲り神話/建御雷編①”の続き] ――高天原からの使者タケミカヅチとオオクニヌシの御子との壮絶バトルのお話 <稲佐の小浜> タケミカヅチ「さて、貴様の息子コトシロヌシは国を譲ると言ったわけだが……」 タケミカ

    藤原時調

    令和式神名帳

  • ふくろう座――「存在しない星座」
    2020/02/11 23:15
    ふくろう座――「存在しない星座」

    こんにちは、紅龍堂書店(くりゅうどうしょてん)の久利生杏奈(くりゅうあんな)です。ふくろう座をご存知ですか?今日、コンセプト「物語」ページを更新しました。

    久利生杏奈

    紅龍堂書店の日々

  • 建国記念の日と神武天皇・新たな視点で謎に迫る
    2020/02/09 19:34
    建国記念の日と神武天皇・新たな視点で謎に迫る

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 【神話SS】トリフネ「出たぁっ!兄貴のエクストリームお座り!!」(国譲り神話/建御雷編①)
    2020/02/09 17:38
    【神話SS】トリフネ「出たぁっ!兄貴のエクストリームお座り!!」(国譲り神話/建御雷編①)

    [“国譲り神話/天之尾羽張編”の続き] ――葦原の中つ国へ派遣されたタケミカヅチの斬新な恫喝術のお話 <稲佐の小浜> オオクニヌシ「いやぁ~、今日も出雲は平和だなぁ~」 オオクニ「な~んて、つい事件フラグが立ちそうなセリフ

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 探検405 なぜ八が選ばれたのか
    2020/02/07 07:43
    探検405 なぜ八が選ばれたのか

    日本神話の世界では、大きい・多い・立派を示す数字として、「八」が頻繁に使われています。 たとえば、八百万神・大八洲国・八岐大蛇・八色雷・八咫烏などがその例であり、三種の神器にも八尺瓊勾玉・八咫鏡の名が付いています。その名残りなのか、後世にも同様な表現を見

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 付喪神(つくもがみ)
    2020/02/05 19:38
    付喪神(つくもがみ)

    こんにちは、紅龍堂書店(くりゅうどうしょてん)の久利生杏奈(くりゅうあんな)です。た、大変なことが起きていました。私が伏せっている間に、大家さんが紅龍堂書店の内装工事を依頼したそうです。

    久利生杏奈

    紅龍堂書店の日々

  • 【神話SS】アメノカク「カクカクシカジカ……というわけです。鹿だけに」(国譲り神話/天之尾羽張編)
    2020/02/03 07:39
    【神話SS】アメノカク「カクカクシカジカ……というわけです。鹿だけに」(国譲り神話/天之尾羽張編)

    [“国譲り神話/天若日子編③”の続き] ――葦原の中つ国への新たな使者を選定するお話 <天安之河原> ――ザワザワ ――ザワザワザワ アマテラス「早速ですが始めましょう……」 アマテラス「第……!」ドト

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】アマテラス「おや?何やら風が出てきましたね……」(国譲り神話/天若日子編③)
    2020/01/25 09:33
    【神話SS】アマテラス「おや?何やら風が出てきましたね……」(国譲り神話/天若日子編③)

    [“国譲り神話/天若日子編②”の続き] ――アメノワカヒコに裏切りの嫌疑がかけられるお話 <天安之河原> ――ザワザワ ――ザワザワザワ アマテラス「みなさん、注目してください!!」 アマテラ

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 探検403 かくも見事な捏造歴史
    2020/01/24 07:56
    探検403 かくも見事な捏造歴史

    二度にわたる大陸から我が国への侵攻、その一度目を「文永の役」(1274年)、そして二度目を「弘安の役」(1281年)と呼ぶ、いわゆる「元寇」では、実は日本側は元側の攻撃を跳ね返しています。元側を撤退に追い込んだということです。そして、通説に従えば、この元軍撤退の

    研修隊員

    日本史探検隊

  • じつは読書案内? 『神様』に出てくる民俗学の本と用語16コ
    2020/01/22 00:45
    じつは読書案内? 『神様』に出てくる民俗学の本と用語16コ

    今日のなぞなぞ 「民俗学を知る本16冊は?」

    akika

    ノーリスク・ハイリターンの投資は読書

  • 【神話SS】アメノサグメ「実は私、雉の鳴き声恐怖症なのです!!」(国譲り神話/天若日子編②)
    2020/01/20 05:49
    【神話SS】アメノサグメ「実は私、雉の鳴き声恐怖症なのです!!」(国譲り神話/天若日子編②)

    [“国譲り神話/天若日子編①”の続き] ――音信不通のアメノワカヒコに業を煮やした天津神による偵察作戦のお話 <天安之河原> ――ザワザワ ――ザワザワザワ アマテラス「三度目ともなると、さすがに集合もスムーズになって

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】アメノワカヒコ「シタテルヒメさんを俺にください!!!!」(国譲り神話/天若日子編①)
    2020/01/12 21:58
    【神話SS】アメノワカヒコ「シタテルヒメさんを俺にください!!!!」(国譲り神話/天若日子編①)

    [“国譲り神話/天菩比編”の続き] ――葦原の中つ国平定のために派遣された第二の使者のお話 <天安之河原> ――ザワザワ ――ザワザワザワ アマテラス「皆さん集まったようですね……」 アマテラス「では始めましょ

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】アマテラス「葦原の中つ国をオシホミミに治めさせるにはどうすればいいか会議ぃ~!!」バーン!!(国譲り神話/天菩比編)
    2020/01/04 10:09
    【神話SS】アマテラス「葦原の中つ国をオシホミミに治めさせるにはどうすればいいか会議ぃ~!!」バーン!!(国譲り神話/天菩比編)

    [“国譲り神話/天忍穂耳編”の続き] ――葦原の中つ国平定のため派遣されたアマテラスの次男坊のお話 <天安之河原> ――ザワザワ ――ザワザワザワ モブ津神A「アマテラス様……集まりましたよ」 モブ津神B「詔(み

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】オシホミミ「ちょっと……酔いまして……ウプッ…」(国譲り神話/天忍穂耳編)
    2019/12/29 12:08
    【神話SS】オシホミミ「ちょっと……酔いまして……ウプッ…」(国譲り神話/天忍穂耳編)

    [“大年神神話”の続き] ――葦原の中つ国を手に入れたいアマテラスに振り回される長男のお話 <高天原> アマテラス「葦原の中つ国もずいぶん豊かになってきましたねぇ~♪」ルンルン アマテラス「これだけ豊かなら、もう“豊葦原之千秋

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】ウカノミタマ「私は“こたつむり”になりました……」グデーン(大年神神話)
    2019/12/22 08:32
    【神話SS】ウカノミタマ「私は“こたつむり”になりました……」グデーン(大年神神話)

    [一応、“大物主神話”の続き] ――なぜか唐突に挟まれるオオトシノカミの系譜のお話 ウカノミタマ「今年も残すところあとわずかですねぇ~」ヌクヌク ウカノミタマ「この時季はやっぱり、こたつでお茶とみかんに限ります~」ズズズッ

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】オオモノヌシ「わかればよろしい♪」ホクホク(大物主神話)
    2019/12/15 07:21
    【神話SS】オオモノヌシ「わかればよろしい♪」ホクホク(大物主神話)

    [“少名毘古那神話”の続き] ――オオクニヌシの元に現れた新たな相棒のお話 <海辺> スクナビコナ「なぁ兄弟、ちょっと話があるんだけど」 オオクニ「ん?なんだ、スクナビコナ?」 スクナビコナ「突然だけど、僕は常世の

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】クエビコ「たまげたなぁ」(少名毘古那神話)
    2019/12/01 10:35
    【神話SS】クエビコ「たまげたなぁ」(少名毘古那神話)

    [“十七世神話”の続き] ――オオクニヌシのところへどんぶらこしてきた小さな訪問者のお話 <三保関> オオクニ「いやぁ~、やっぱり地元はいいなぁ~」 モブ津神A「そうですね~、オオクニヌシ様」 オオクニ「こうして出雲

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【記紀神話】日本の土着・民間信仰を知る本10冊(後編)【古神道】
    2019/11/30 03:30
    【記紀神話】日本の土着・民間信仰を知る本10冊(後編)【古神道】

    今日のなぞなぞ 「日本のフシギな神話を学ぶ10冊は?」 石神村に降りたったのは6柱の神々でした。 村人たちは、この神々の末裔です。 神は百の物語を遺しました。 この物語を後世に伝えるのが、巫女であるわたしの役目。 病におかされながら、 来る日も…

    akika

    ノーリスク・ハイリターンの投資は読書

  • 【神話SS】カムムスヒ「“十七世神(とおまりななよのかみ)”と呼びましょう」(十七世神話)
    2019/11/23 19:36
    【神話SS】カムムスヒ「“十七世神(とおまりななよのかみ)”と呼びましょう」(十七世神話)

    [“須勢理毘売神話”の続き] ――遥々九州まで浮気に出掛けたオオクニヌシのお話 <海上> ―ザパーン!! ―ザパーン!! オオクニ「美~女~のため~な~ら、エンヤ~コ~ラ!」コキー オオクニ「嫁取りの~ためな

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】スセリビメ「道路交通法第65条第1項!」(須勢理毘売神話)
    2019/11/16 20:18
    【神話SS】スセリビメ「道路交通法第65条第1項!」(須勢理毘売神話)

    [“沼河比売神話”の続き] ――オオクニヌシの浮気癖にお怒りの正妻・スセリビメのお話 <出雲> オオクニ(う~ん……どうしたものか……) スセリビメ「……」ツーン オオクニ「あのぉ~、スッチー?」 スセリ

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】声「女心と秋の空は移ろいやすいものです。常識ですよ?」(沼河比売神話)
    2019/11/16 20:18
    【神話SS】声「女心と秋の空は移ろいやすいものです。常識ですよ?」(沼河比売神話)

    [“八上比売神話”の続き] ――耳寄り情報を聞きつけて越の国を訪れたオオクニヌシのお話 <出雲> 八十神A「おいおい、聞いたか?例の噂!」 八十神B「聞いた聞いた!」 八十神C「アレだろ?越の国で話題の……」

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 探検393 なんんで中国地方なの?
    2019/11/15 07:22
    探検393 なんんで中国地方なの?

    日本列島をいくつかの地方に分ける方法は、あれこれあるようですが、その代表的なひとつとして以下の分類が挙げられます。北から順に並べると、北海道/東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州、この「八つ」の地方に分ける方法です。ところが、その名称をつらつら眺めて

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 【神話SS】ヤガミヒメ「えぇ、もう結構です」ニコッ(八上比売神話)
    2019/11/02 22:26
    【神話SS】ヤガミヒメ「えぇ、もう結構です」ニコッ(八上比売神話)

    [“根の堅洲国神話/後編”の続き] ――ついに八十神を屈服させたオオクニヌシ(元:オオナムチ)への来訪者のお話 <出雲> スセリビメ「立派な新居ができたねぇ~♪」 オオクニヌシ「そうだな。兄貴たちがしっかり働いてくれて助か

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【民話伝承】日本の土着・民間信仰を知る本10冊(中編)【フォークロア】
    2019/10/30 21:14
    【民話伝承】日本の土着・民間信仰を知る本10冊(中編)【フォークロア】

    今日のなぞなぞ 「日本のフシギな言い伝えを知る10冊は?」 昔。ある山奥に、竈門炭治郎(かまどたんじろう)という炭焼きの少年がおった。 家族で仲よう暮らしておったが。 あるときを境にぱったりと、炭を売り歩く姿がみえなくなった。 不思議に思って、山…

    akika

    ノーリスク・ハイリターンの投資は読書

  • 日本史の「微妙」12 日本もじ文字バラエティ
    2019/10/30 08:04
    日本史の「微妙」12 日本もじ文字バラエティ

    普段はあまり意識しませんが、現代日本人が普段使っている「文字」は、 結構ユニークさに満ちています。 まず第一に指摘できるのは、文字の種類が結構豊富なこと。 思いつくまま並べても、漢字・ひらがな・カタカナはずっと昔からがありますし、 明治以後なら、アルファベットを利用したローマ字という表現方法も 提供され、さらに現代では絵文字なんて代物も、その仲間に加わりつつ あります。 おそらくは、日本人が…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 【神話考察】ハイヌウェレ型神話=食物起源神話(オオゲツヒメ神話等)について
    2019/10/28 07:42
    【神話考察】ハイヌウェレ型神話=食物起源神話(オオゲツヒメ神話等)について

    当ブログのアクセス統計を観ていたところ、以下の記事へのアクセス数が突出していることがわかりました。Googleで検索してみたところ、「オオゲツヒメ」で検索した場合の表示では上位100件を見ても見つかりませんが、関連キーワード(サジェスト)の中にある「オオゲツヒメ

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】スセリビメ「オ・オ・ナ・ム・チぃぃぃ!!??」ギロッ(根の堅洲国神話/後編)
    2019/10/26 07:23
    【神話SS】スセリビメ「オ・オ・ナ・ム・チぃぃぃ!!??」ギロッ(根の堅洲国神話/後編)

    [“根の堅洲国神話/中編”の続き] ――スサノオに火攻めを受けてもなんやかんや生還したオオナムチのお話 <スセリビメの家> スセリビメ「さて、オオナムチも試験に合格したことだし……」 スセリビメ「これでもうあたしたちの結婚

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】オオナムチ「君、もしかして関西弁キャラなの?」(根の堅洲国神話/中編)
    2019/10/19 07:42
    【神話SS】オオナムチ「君、もしかして関西弁キャラなの?」(根の堅洲国神話/中編)

    [“根の堅洲国神話/前編”の続き] ――根の堅洲国でも相変わらず命を狙われてるオオナムチのお話 <スセリビメの家> スセリビメ「あっ、オオナムチ!!」パタパタ オオナムチ「おはよう、スッチー♪」 スセリビメ

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 【神話SS】オオナムチ「なんかエイヒレの親戚みたいだな」(根の堅洲国神話/前編)
    2019/10/12 07:40
    【神話SS】オオナムチ「なんかエイヒレの親戚みたいだな」(根の堅洲国神話/前編)

    [“木の国神話”の続き] ――“大おじさま”を訪ねて根の堅洲国へやって来たオオナムチのお話 <根の堅洲国> オオナムチ「うぅ……」オドオド オオナムチ「母上にもらった地図を頼りに来てはみたものの……」 オオナムチ

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 天照大神は男性なのか?・瀬織津姫の封印説と丹塗り矢伝説
    2019/10/09 20:58
    天照大神は男性なのか?・瀬織津姫の封印説と丹塗り矢伝説

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 【神話SS】クシナダ「あー、モクモクですね」(須賀の宮神話)
    2019/10/09 07:36
    【神話SS】クシナダ「あー、モクモクですね」(須賀の宮神話)

    [“大蛇神話/後編”の続き] ――都牟刈の太刀(草薙剣(天叢雲剣))をアマテラスに奉納してきたスサノオのお話 <出雲:鳥髪> スサノオ「戻ったぞぉ~」 クシナダ「あっ、スサノオさん。お帰りなさい」 クシナダ「怪

    藤原時調

    令和式神名帳

  • 探検387 丁寧言葉はインフレを招く
    2019/10/04 07:45
    探検387 丁寧言葉はインフレを招く

    物事について、より一層丁寧に言い表す方法として、言葉の頭に「御(お/ご)」をくっつける方法があります。食べ物の類なら「ごはん(御飯)」や「おかず(御数)」や「おにぎり(御握り)などもそうした例の一つですが、こうしたことは結構昔から意識されていたようです。

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 日本史の「発明発見」24 イロハのイの字は?
    2019/09/25 07:03
    日本史の「発明発見」24 イロハのイの字は?

    当時はまだ日本とは呼んでいなかったでしょうが、現代でいういわゆる 「日本民族」が、文字を使うようになったのは、いったいいつ頃のこと なのか。 この文字自体についても、「すでに列島では独自のものがあった」など、 いくつかの解釈も成り立ちそうですから、ここはズバリ「漢字」として おきましょう。 それにも実は諸説あるようで、たとえばこういう説明にもぶつかります。 ~それ…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 「天気の子」人柱になった人々に思い馳せて
    2019/09/16 22:57
    「天気の子」人柱になった人々に思い馳せて

    こんにちは、にょろ子です🐍🎀突然ですが、映画「天気の子」は見ましたか?陽菜は天気の巫女で 天気を操り、晴れにする「晴れ女」その代償は 「人柱」となって消える運命。 その運命を変えるために帆高は·····。 というストーリーでしたね。 ここでその「人柱」とは… 【常総市・安楽寺境内(お伽羅の供養塔)】 【阿見町・弁天の祠】 【大宝八幡宮・ひとつもの神事】 【常陸太田市・天神林(鶴ヶ池)⠀】 「怪異の民俗学7・異人、生贄 河出書房新社」 この信仰でにょろ子は、こう思うニョロ ここでその「人柱」とは… 河川、池、沼などの堤防、お城、橋、城など大規模な工事で労力を必要とする時に、自然災害(大雨、洪水、…

    にょろ子

    にょろ子ログ

  • まつろわぬ英雄「悪路王」
    2019/09/16 22:57
    まつろわぬ英雄「悪路王」

    こんにちは、にょろ子です🐍🎀 ブログ初心者は、一記事書くのもアップアップニョロ💦 さて、今回は蝦夷の首長と云われる「悪路王」についてちらりと書いてみます。 【鹿島神社】 本殿彫刻 「休(やす)塚明神」尊称につきましては にょろ子は、こう思うニョロ🐍 【鹿島神社】 茨城県城里町桂地区(旧東茨城郡桂村高久) 延暦年間(797)に征夷大将軍に任じられた坂上田村麻呂が、北征の折、武運を鹿島神社に祈り、蝦夷の首長と戦うこと5年、ついに住処である達谷窟(高久鹿島神社縁起では平泉ではなく下野)”で「悪路王」を誅し、凱旋の途中にふたたび鹿島神社に立ち寄り、戦勝を感謝するとともに、本社前の「休塚」に首級(最初は…

    にょろ子

    にょろ子ログ

  • ガラスの靴なんかいらない
    2019/09/05 23:24
    ガラスの靴なんかいらない

    小谷真理の『おこげノススメ――カルト的男性論』(青土社)を読んでの気付き。この本は、評論家の小谷がフェミニズムの視点で様々な映画や文学作品を読み解いた評論集である。その中の一章、『ShallWeダンス?』を代表とするダンスを主題とした作品群を取り上げ、ダンスと足の関係を論じた「四〇にしてマドンナ」の中で、小谷は足治療学ウィリアム・A・ロッシの著書『エロチックな足――足と靴の文化史』を引きながら、次のように述べている。そもそも足とは、肉体的現実を形づくりながら、その一方で歴史的文化的隠喩構造を日夜再構築させつづけている結節点である。ロッシの指摘するエロティックな器官としての足は、まず何よりも足こそ性的器官の代替物として考えられてきた足の歴史を浮かび上がらせた。しかも、しばしば精神分析学的発想から語られ、フロイト自...ガラスの靴なんかいらない

    徳丸無明

    徳丸無明のブログ

カテゴリー一覧
商用