日本史(日本歴史)

日本史(日本歴史)
テーマ名
日本史(日本歴史)
テーマの詳細
日本史/日本の歴史総合に関するトラコミュです。
テーマ投稿数
12,190件
参加メンバー
441人
管理人
azuncha03管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「日本史(日本歴史)」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「日本史(日本歴史) 歴史ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

日本史(日本歴史)の記事

1件〜50件

  • 「キミノ名ヲ」護良親王が潜伏した般若寺*奈良 コスモス寺2019
    2019/10/16 00:41
    「キミノ名ヲ」護良親王が潜伏した般若寺*奈良 コスモス寺2019

    今年も秋のお花・コスモスと言えば、やっぱり般若寺でしょう~♪カメラ部で行ってまいりました。般若寺と護良親王奈良の寺社仏閣。1000年超えてるものが多々あります。奈良時代に誰それさんによって建てられた・・・その知識はあっても、その後1000年の様々な出来事や事件までは

    ERI

    写真で魅力発掘

  • 明智光秀  信長に最も信頼された男  ただの謀反人では無い  2020年大河ドラマ主役の明智光秀とは・・
    2019/10/15 22:41
    明智光秀  信長に最も信頼された男  ただの謀反人では無い  2020年大河ドラマ主役の明智光秀とは・・

     今回は2020年の大河ドラマで主役になることになった明智光秀についてみていきたいと思います。 明智光秀と言えば「織田信長を本能寺で討った謀反人」「本能寺の後、豊富秀吉に負けて死んでいった無能な人」と

    歴史大好き薬剤師

    うたみのブログ

  • 日本史の「大雑把」03 昔年齢をイメージする
    2019/10/15 06:32
    日本史の「大雑把」03 昔年齢をイメージする

    「関ヶ原の戦い」(1600年)に勝利し、戦国乱世の最終勝者となったのは 豊臣政権五大老の一人である徳川家康(1543-1616年)でした。 その数年後には自らが征夷大将軍に就き「江戸幕府」を創立していますから、 家康はこの時点で事実上天下を掌握したことになります。 そうした家康に対して、数多の大名は抵抗姿勢を改め、そのことによって 「戦国の世」にも落ち着きが感じられるよ…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 日本史の「陰謀」28 名君なおもて暗君をや
    2019/10/10 07:53
    日本史の「陰謀」28 名君なおもて暗君をや

    昔々の時代劇映画お多くは、主君が絶対的な権力を持ち、家臣はそれに ひれ伏す姿を当然のものとして描いていた印象があります。 君臣の立場にはハナから絶対的な違いがある、と言ったところでしょうか。 ですから、仮に家臣側が異を唱えるにしても、それはやんちゃな若殿に 対して、古手の家老がちょいと御意見を述べる程度の姿に留まります。 それ以上の攻勢は、一種のタブーにも似た感覚があったのでしょう。 もっとも…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 白兎神社の不思議な位置と天照大神伝説の巨石
    2019/10/08 19:52
    白兎神社の不思議な位置と天照大神伝説の巨石

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 瀬織津姫はなぜ下鴨神社に祀られるのか?・巨石と水と禊の神の真実!
    2019/10/08 19:51
    瀬織津姫はなぜ下鴨神社に祀られるのか?・巨石と水と禊の神の真実!

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 白兎神社と『因幡の白兎』・伝説に秘められた天照大神と瀬織津姫の謎とは?
    2019/10/07 20:37
    白兎神社と『因幡の白兎』・伝説に秘められた天照大神と瀬織津姫の謎とは?

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 石鎚山・日本を代表する雄大な聖地霊峰
    2019/10/07 20:36
    石鎚山・日本を代表する雄大な聖地霊峰

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • H.038【西郷どん】十六
    2019/10/07 00:21
    H.038【西郷どん】十六

     本作において、西郷は、将軍となった、徳川慶喜の側室のふきから、慶喜が、フランスの公使、ロッシュに鹿児島など、日本の一部を割譲しようとしている、と聞き、武力倒…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • H.038【西郷どん】十五
    2019/10/06 06:22
    H.038【西郷どん】十五

    本作の坂本龍馬は、唯一、主人公の西郷さえ超える、素晴らしい、人物として、描かれている。龍馬と桂が、下関で、待っている時、西郷は、長州征伐を制止するため、京に向…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • ヤジ馬の日本史 超駄級600記事 №501-599編/だがしか史!
    2019/10/05 06:59
    ヤジ馬の日本史 超駄級600記事 №501-599編/だがしか史!

    これまで書き連ねた記事が通算600本に到達しましたので、今回その節目と して改めて直近100編(№501~599)を整理してみました。 全編粒揃いの「超駄級」であることから、全国津々浦々のヒマ人様からは、 「時間潰し」の最適ツールとして、割合に控えめなご好評?も頂いて おります。                   管理人:住兵衛 --直近の記事------------------------ 600 ヤ…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 第5集への中間報告4
    2019/10/05 06:18
    第5集への中間報告4

    第5集への中間報告4   3uwl1b こんにちは。 第5集への準備は足踏み状態が続いています。まるでカメのようになってしまいました。 僕のブログを読んでくださる方々には申し訳ありません。スピードよりも質を大切にしたいので、引き続き焦らずにじっくりと取り組もうと思います。4回目の中間報告になりました。併せて歴史や人権などに関するできごとで、最近僕が感じた雑感などを 「場つなぎのためのミニ記事」 として簡単...

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 32.最上兼頼
    2019/10/05 00:09
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 32.最上兼頼

      斯波(足利)兼頼は、近隣の里見氏に弟の義宗を養子に送り、一門とする等、武力政策と婚姻・養子政策を駆使し、後の最上氏の基礎を築いた。 兄の直持は、大崎氏の祖…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 神御衣祭の荒妙を奉職する神麻続機殿神社〜2016冬至伊勢行(16)
    2019/10/04 23:01
    神御衣祭の荒妙を奉職する神麻続機殿神社〜2016冬至伊勢行(16)

     神御衣祭の和妙を奉職する神服織機殿神社〜2016冬至伊勢行(15)←(承前)    神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)へ到着しました。 ほとんど、前…

    マルデン

    日々のさまよい

  • 探検387 丁寧言葉はインフレを招く
    2019/10/04 07:43
    探検387 丁寧言葉はインフレを招く

    物事について、より一層丁寧に言い表す方法として、言葉の頭に「御(お/ご)」をくっつける方法があります。食べ物の類なら「ごはん(御飯)」や「おかず(御数)」や「おにぎり(御握り)などもそうした例の一つですが、こうしたことは結構昔から意識されていたようです。

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 長崎・寺町通り散策 おイネさんのお墓が幣振坂を上った皓台寺にありました
    2019/10/04 07:30
    長崎・寺町通り散策 おイネさんのお墓が幣振坂を上った皓台寺にありました

    シーボルトの娘&大村益次郎の恋人・楠本イネやシーボルトの妻・楠本タキが長崎に眠っていました 幣振坂(へいふりざか)入口 幣振坂(へいふりざか)の上の方 実相院法林恵空大姉 明治四六年廿六日没 楠本イネ 七十七才 おイネさん/楠本イネの墓(楠本家之墓) 平成30年(2018年...

    村内のぶひろ

    ムラウチドットコム社長・村内伸弘のブログが好き

  • 神御衣祭の和妙を奉職する神服織機殿神社〜2016冬至伊勢行(15)
    2019/09/30 09:11
    神御衣祭の和妙を奉職する神服織機殿神社〜2016冬至伊勢行(15)

     幻の宮への扉をひらく斎宮歴史博物館4〜2016冬至伊勢行(14)←(承前)    斎宮跡から北へ4kmほどの田園地帯に鎮座する神服織機殿(かんはとりはたどの…

    マルデン

    日々のさまよい

  • 日本史の「落胆」05 主君の悪口は言えない
    2019/09/30 07:16
    日本史の「落胆」05 主君の悪口は言えない

    いわゆる幕末維新(1853-1869年)の折に、最も過激な思想・行動を示した のが外様大名・毛利家を藩主とする「長州藩」でした。 戦国時代に国人領主から戦国大名への脱皮を一代で成し遂げ、中国地方の 覇者となった毛利元就(1497-1571年)が同藩の始祖とされ、 その子孫が代々の藩主を受け継いできた御家です。 現にこの幕末時代の第13代藩主・…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • H.038【西郷どん】十四
    2019/09/30 00:08
    H.038【西郷どん】十四

     そして、本作において、幕末最大のスーパースター、坂本龍馬を演じるのは、小栗旬。筆者は、本作の発表時点、即ち、鈴木亮平が、西郷隆盛を演じると知った時点で、坂本…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 31.最上氏
    2019/09/29 06:37
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 31.最上氏

      奥州斯波氏の嫡流、大崎氏は、その子孫の行方は、不明になり、家名は、残らなかった。 しかし、奥州斯波氏の分家である、最上氏は、戦国大名に脱皮し、江戸時代まで…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 石切駅から石切劔箭神社上之社〜生駒縦走1
    2019/09/28 13:45
    石切駅から石切劔箭神社上之社〜生駒縦走1

    2017年の2月、一度は生駒山を縦走してみようとなり、行ってきました。 生駒山は南北に長い生駒山地の主峰で、大阪府と奈良県の境界に聳える標高642mの低山では…

    マルデン

    日々のさまよい

  • 「ルートラボ」終了対応:中原街道のルートに手を入れました
    2019/09/28 10:53
    「ルートラボ」終了対応:中原街道のルートに手を入れました

    先日の「LatLongLab」の終了発表以来、「ルートラボ」で作成したルート図を「地理院地図」で作成した地図に差し替える作業を少しずつ進めています。「ルートラボ」では表現出来なかった複数ルートの表示や、「明治期の低湿地」や「陰翳起伏図」等との合成など、差し替えに際して多少情報を追加した地図もありますが、「ルートラボ」終了までの時間が限られていることもあり、基本的には作成したルート自体には手を加えることなくそ...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • H.038【西郷どん】十三
    2019/09/28 00:25
    H.038【西郷どん】十三

     本作の桂小五郎は、京での潜伏中、西郷に接触するところから、登場する。八月十八日以後、長州藩は、京を追われ、藩内では、強硬派が、京への侵攻を唱えていた。穏健派…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 探検386 父ちゃんを超えたいッ
    2019/09/27 08:30
    探検386 父ちゃんを超えたいッ

    親が超偉大な存在である場合、その子供は結構微妙な立場に置かれるものです。周囲の者は常に親と子を「見比べる」視線を送り、またその雰囲気をなんとなく本人(子)も感じるからです。たとえ本人に「親とは器が違う」という自覚があったにせよ、ついついこんな心境になって

    研修隊員

    日本史探検隊

  • H.038【西郷どん】十二
    2019/09/26 00:21
    H.038【西郷どん】十二

     西郷が、幕末の動乱の京に飛び込んだ、二十六話以降、幕末のスーパースター達が、続々と、登場する。西郷、大久保と並ぶ、維新酸欠の一人、長州藩士の桂小五郎を演じる…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 日本史の「発明発見」24 イロハのイの字は?
    2019/09/25 07:01
    日本史の「発明発見」24 イロハのイの字は?

    当時はまだ日本とは呼んでいなかったでしょうが、現代でいういわゆる 「日本民族」が、文字を使うようになったのは、いったいいつ頃のこと なのか。 この文字自体についても、「すでに列島では独自のものがあった」など、 いくつかの解釈も成り立ちそうですから、ここはズバリ「漢字」として おきましょう。 それにも実は諸説あるようで、たとえばこういう説明にもぶつかります。 ~それ…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 滋賀&岐阜の旅 その8 ハチの巣?が落ちていたりトカゲさんに遭ったり。
    2019/09/24 01:29
    滋賀&岐阜の旅 その8 ハチの巣?が落ちていたりトカゲさんに遭ったり。

    東横インは金券支払い可能。アルコールを飲まない我が家は夏冬数枚ずつ頂いたビール券が塵も積もって0円で宿泊出来てしまう有難さ。今年の汚部屋掃除の時に2人で3泊出来るぐらいのビール券が発掘されて公介氏は1日目に東横イン、2日目は違うホテルチェーンの部屋を予約していたっぽいけど、「2泊とも東横でぜんぜん良くないか?お金浮くし…」って。2日目に泊まった滋賀県の東横はオープンして間もなかったらしく、まだ何処...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 【皇室と日本人のルーツ】「戦後派古代史論」のウソを論破!!
    2019/09/22 15:53
    【皇室と日本人のルーツ】「戦後派古代史論」のウソを論破!!

    三百名山・マッターホルンなど踏破し、登山技術・ヨガ霊力を駆使し、鉱山・マル秘洞窟より宝石鉱物を採集。

    manyuu

    諸国名山漫遊日記

  • 近江神宮・天智天皇と「ちはやふる」とロレックス
    2019/09/21 17:37
    近江神宮・天智天皇と「ちはやふる」とロレックス

    神体山・磐座・ご神木など『風土記』の時代から続く原始信仰の絶景を紹介します                              A magnificent view of an ancient Japanese shrine and temples

    sazanamiziro

    神秘と感動の絶景を探し歩いて

  • 滋賀&岐阜の旅 その7 摠見寺の三重塔と仁王門の仁王像
    2019/09/21 03:32
    滋賀&岐阜の旅 その7 摠見寺の三重塔と仁王門の仁王像

    石岡のおまつりで撮って来た写真と比べて安土城跡写真加工の楽なことよ。石岡に限らず雑踏を撮った写真はよそのヒト達の顔を隅から隅までボカさなきゃ気が済まない体質で、時には1枚の中に何十人と写っているし…そりゃー眼精疲労にもなるわい。目の奥が痛くてぜんぜん進みません。しかも馬鹿馬鹿しいです。・・・滋賀&岐阜の旅 その6の↓つづき。重要文化財の三重塔。摠見寺のWikiによれば「三重塔-享徳3年(1454年)建立。摠...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 滋賀&岐阜の旅 その6 摠見寺跡
    2019/09/20 14:38
    滋賀&岐阜の旅 その6 摠見寺跡

    その6で終わりにするハズだった安土城跡日記の画像が結局20枚行ってしまい、やむを得ずブツ切り。滋賀&岐阜の旅 その5のつづき。やはり朦朧としていたのか、摠見寺跡で撮った写真も極端に少なかった。大体1ヶ所につき数枚は撮っているのにほぼ1枚ずつとは…。何故か天主跡や信長本廟よりも夢の跡感がジワジワ迫って来る。↓こうして更地を見てもあまりピンと来ないけど、建物が残っていたとして中に入ると想像以上に広いんだろ...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 日本史の「付録」11 アウェイ戦は負け続け
    2019/09/20 06:49
    日本史の「付録」11 アウェイ戦は負け続け

    島国日本は、内弁慶とでも言うのでしょうか、その昔から海の向こうでの 喧嘩が得意ではありません。 多少のいざこざがあろうとも、即相手を叩き潰すなんて過激な態度は、 国内でも慎重でしたから、その延長線上にあったのかもしれません。 そうした「穏やかさ」の背景には、恨みを持って死んだら怨霊となって この世に祟るという、いわゆる「怨霊信仰」があったとも考えられます。 しかし、そうであったにせよ、海の向こ…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 探検385 天下城焼失の風評被害?
    2019/09/20 06:43
    探検385 天下城焼失の風評被害?

    「天下布武」完成目前にあった織田信長(1534-1582年)が居城とした「安土城」の“築城から焼失”までの経緯は、概ねのところ以下のようでした。○1576年→築城を開始○1579年→信長が引っ越す(この頃、落雷で本丸焼失?)○1582年→6月「本能寺の変」(信長暗殺事件)○158

    研修隊員

    日本史探検隊

  • H.038【西郷どん】十一
    2019/09/19 00:23
    H.038【西郷どん】十一

    前述の「地ゴロ」事件は、この時に発生している。西郷は、完全に久光の不興を買うことになる。更に、久光は、西郷に、下関にて、久光の上洛を準備し、待機するように命じ…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 滋賀&岐阜の旅 その5 三重塔までの道程 可愛いカナヘビさん
    2019/09/19 00:15
    滋賀&岐阜の旅 その5 三重塔までの道程 可愛いカナヘビさん

    湿気が凄くて寒くて底冷えして足元がツラい。そろそろ湯たんぽ出すか…。・・・滋賀&岐阜の旅 その4のつづき。ありがたい信長本廟を後にした我々はさらに先へ進みました。「まさか●ちゃんがここまでやる気を出すとはw」って、どうせあとは降りるだけなら別ルートで三重塔を見てく方がお得ではないか。…そう甘くは無かった。やっぱり上るんかい。あ!尻尾の切れたトカゲだ!いや、カナヘビかな?傷口がまだ生々しい感じで痛そうだ...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 28.大崎義隆・参
    2019/09/16 01:21
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 28.大崎義隆・参

     しかし、この頃、天下統一を目前にした、豊臣秀吉の巨大勢力が、奥州に近づいていた。1589年(天正十七)8月に、上杉景勝が、秀吉の意を受けて、大崎義隆に対して…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 日本史の「ライバル」03 源氏と平家は好対照物語
    2019/09/15 07:37
    日本史の「ライバル」03 源氏と平家は好対照物語

    平安時代の終わり頃、平氏棟梁であった平清盛(1118-1181年)が、 武士階層出身の初の太政大臣に任じられるや、その直後に、今度は源氏の 貴種にあった源頼朝(1147-1199年)が幕府を開くことで武家政権を確立 させることに成功しています。 そして、武士の二大勢力であるこの源氏と平氏が覇権を争った、概ね 11世紀末から12世紀末までの約100…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • H.038【西郷どん】十
    2019/09/14 00:11
    H.038【西郷どん】十

     そして、西郷の島女房、愛加那は、明治維新後の最終九話において、物語の語り役を務める、西郷の長男、西田敏行の演じる、西郷菊次郎の母である。更に、愛加那は、西郷…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 滋賀&岐阜の旅 その4 本丸 本廟 天主
    2019/09/13 18:07
    滋賀&岐阜の旅 その4 本丸 本廟 天主

    ウチの古老さん達のお父さんの住むお家はお昼頃にやっと電気が来たようで安心したけど、県全体や市や町で見るとまだまだだなので、素直に喜んでイイのかどうか複雑だ。古老さん達のお父さんもきっと同じ気持ちだろう。停電情報を見ると徐々にではあるけど復旧していないわけでは無いんだな。朝に見た時19万何千軒だったのが17時39分の時点で 約18万7千軒に減っていた。ウチは長野の方へ遊びに行く時に上信越自動車道を利用する。...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 探検384 創作された歴史人物
    2019/09/13 14:36
    探検384 創作された歴史人物

    たとえば、その昔娯楽映画などによく登場した「真田十勇士」のトップスターである“猿飛佐助”などは、その超人ぶりから、てっきりお話を面白くするために創作された「架空の歴史人物」だと思い込んでいました。ところが、これにはモデルになる人物が実在した、という解釈も

    研修隊員

    日本史探検隊

  • 歴史チップス2019年8月号放火味
    2019/09/13 14:35
    歴史チップス2019年8月号放火味

    ━━━┃━┃━┃━━━━━━━━━━━━┃━┃━┃━━━★◇☆☆★◇☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆◇☆◇★◇☆☆◇★◇☆  〜 月刊・歴史チ...

    桜田史弥

    歴史チップス新聞「REXXXXXI(れきっっっっしー)」

  • 歴史チップス「2019年9月号揉消味」更新
    2019/09/13 14:34
    歴史チップス「2019年9月号揉消味」更新

     本日、「月刊・歴史チップス」2019年9月号揉消味(通算215号)、「暴虐非道!冷血無情!妊婦の胎児の肝を取る!?  ~ 伊勢平氏の祖・平貞盛(たいらのさだもり)の信じられない動機!!」  更新。 乱文・誤記の修正やリンクの追加などは追々行います。...

    桜田史弥

    時事チップス

  • H.038【西郷どん】九
    2019/09/12 00:16
    H.038【西郷どん】九

     島津斉興時代の薩摩藩の家老、調所広郷を演じるのは、竜雷太。調所は、西郷の視点では、悪役であるが、破綻寸前の薩摩藩の財政を立て直した、優れた、家老である。斉彬…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 道の駅はなぞの 道の駅おかべ (埼玉県深谷市)
    2019/09/11 01:49
    道の駅はなぞの 道の駅おかべ (埼玉県深谷市)

    日曜日は、深谷市の道の駅はなぞのと道の駅おかべに行って来た。久々だった。最近、深谷市と言えばふっかちゃんでも渋沢栄一でもなく「ザルゲートガーデン」かな。主にヤシの木を取り扱っている造園屋さんらしいけど、ラジオコマーシャルがとてつもなくガラ悪くて初めて耳にした時は唖然とした。そこそこ長く生きていても「知らねぇの?」なんて言葉使われたこと無かったし…でもインパクトは物凄いから宣伝としては大成功だろう。...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 日本史の「忘れ物」28 歴史人物だって浮き沈む
    2019/09/10 07:16
    日本史の「忘れ物」28 歴史人物だって浮き沈む

    昭和20(1945)年以降、つまり「戦後」と呼ばれる時代には知名度イマイチ に陥っているものの、それ以前では超有名だった人物も少なからずいます。 神話めいた存在では「三韓征伐」で有名な神功皇后とか、その側近である 武内宿禰がそうでしょうし、確実に実在した人物なら江戸後期の二宮尊徳 (1787-1856年…

    住兵衛

    ヤジ馬の日本史

  • 【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 28.大崎義隆・弐
    2019/09/09 00:04
    【清和源氏】編『足利一族』章「斯波氏」節 28.大崎義隆・弐

    2月2日には、泉田重光率いる、伊達軍先陣は中新田城に攻め寄せるが、城を囲む、低湿地帯と折からの大雪によって身動きが取れなくなり、撤退を余儀なくされた。大崎軍は…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 「石上の渡し→山本橋の記録:小川泰堂「四歳日録」より」補足
    2019/09/07 11:02
    「石上の渡し→山本橋の記録:小川泰堂「四歳日録」より」補足

    先日の記事の追記で、服部清道氏が山本橋の橋銭を「3文」と記述している文献を引用しました。その際にはまだ服部氏が何を典拠にしているのかわかっていなかったのですが、その後その典拠が見つかりましたので、補足として改めて記事を起こすことにしました。典拠は「現代の藤沢」(加藤徳右衛門著 昭和8年・1933年)という、昭和初期に藤沢町の町会議員を務めていた人物の手による地誌です。ひとりの著者の手による地誌としては...

    kanageohis1964

    地誌のはざまに

  • H.038【西郷どん】八
    2019/09/07 00:37
    H.038【西郷どん】八

     異母兄の島津斉彬の死後、薩摩藩の「国父」となる、島津久光を演じるのは、青木崇高。恐らく、八割の日本人が、勘違いをしていると推測されるが、実は、島津久光は、薩…

    Harry

    『正義』と『平和』

  • 滋賀&岐阜の旅 その3 蜂がまとわりついて本当に困ったの巻。
    2019/09/07 00:21
    滋賀&岐阜の旅 その3 蜂がまとわりついて本当に困ったの巻。

    岐阜のサービスエリアで見つけた凄く美味しそうだった柿大福。エイジレスの小袋まで入っていたのに賞味期限9月1日(旅行から帰って来た日)だって。完全に食べそびれてショック過ぎて発熱するかも。さすがに1週間近く過ぎたら「賞味期限」でもお腹壊しそうで諦めるしか無い。何故か↑この出来事にデジャヴ感あって気持ち悪い。過去に全く同じを経験した気が…。・・・滋賀&岐阜の旅 その2のつづき。いよいよ上る。上りたくないけ...

    つぶりかぶり

    座布団熊日記

  • 探検383 宗教勢力の「激動の世紀」
    2019/09/06 07:58
    探検383 宗教勢力の「激動の世紀」

    15世紀末から16世紀末にかけての戦乱が頻発した時代を日本史では「戦国時代」と呼んでいます。そうした戦乱の世は、最終的には、尾張国・織田信長(1534-1582年)、尾張国・豊臣秀吉(1537-1598年)、そして三河国・徳川家康(1543-1616年)という、いわゆる「三英傑」によっ

    研修隊員

    日本史探検隊

カテゴリー一覧
商用