東海道五十三次

  • トラコミュとは?
東海道五十三次
東海道五十三次 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

kanageohis1964さん
  • 藤沢・四ツ谷の「海鳴り」:「中空日記」より
  • 以前、「中空日記」(文政元年、香川 景樹著)で取り上げられた生麦のツキノワグマについて記事にしました。今回は、その「中空日記」のもう少し先に進んだ辺りの記述を見...
  • 地誌のはざまに
住兵衛さん
  • 日本史の「付録」01 旅人よ隠密バイトはいかが
  • 「隠密」(おんみつ)とは、こう説明されています。〜主君などの密命を受けて秘かに情報収集などに従事する者〜 要するに「隠れて秘密裏に」というところがミソですから、...
  • ヤジ馬の日本史
住兵衛さん
  • 日本史の「微妙」02 蓬莱山の”左”にそれはある
  • 地理については、例えば本州の「北」端部には青森県があり、山口県なら同じく「西」端部に位置するといった具合に、現代ではその位置を「東西南北」で説明するのが普通です...
  • ヤジ馬の日本史
kanageohis1964さん
住兵衛さん
  • 日本史の「信仰」06 ”お蔭参り”サポートします
  • 江戸期には前後三回※1の「伊勢参り」フィーバーが起こっています。 ①1705年(宝永2年)/②1771年(明和8年)、そして、③1830年(文政13年/天保元年)です。いずれも...
  • ヤジ馬の日本史
kanageohis1964さん
  • 生麦のツキノワグマ:「中空日記」より
  • 今回の投稿で、当面更新をお休みすることになりそうです。申し訳ありませんが、またお逢いする日まで。以前、奈良女子大学学術情報センターの「江戸時代紀行文集」を紹介し...
  • 地誌のはざまに
kanageohis1964さん
  • 「武甲相州回歴日誌」の箱根の記述を巡って
  • 以前、明治8年(1875年)の小田完之(かんし)「武甲相州回歴日誌」(以下「日誌」)から、鎌倉周辺と小田原周辺について記されているものを取り上げました。今回は箱根を巡...
  • 地誌のはざまに
住兵衛さん
  • 日本史の「忘れ物」23 街道旅のトイレ事情
  • たとえば、昔の人が江戸・日本橋から京都・三条大橋まで、あるいはその逆でも同じですが、その道程490km余りの「東海道五十三次」の旅に出たとします。 車のない時代のこ...
  • ヤジ馬の日本史
kanageohis1964さん
kanageohis1964さん
たくぞうさん
kanageohis1964さん
kanageohis1964さん
kanageohis1964さん
住兵衛さん
  • 日本史の「逆転」17 隣国へ三里七里十里の渡し
  • 江戸・日本橋から京・三条大橋に至る「東海道五十三次」の道中、尾張国から伊勢国へ向かう宿場町には、東から40鳴海宿→41宮宿(尾張国)→(伊勢国)42桑名宿→43四日市宿...
  • ヤジ馬の日本史
kanageohis1964さん
  • 藤沢橋の架橋にまつわる経緯
  • あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。記事ネタがないので、正月恒例の箱根駅伝に因んで、コースになっている東?道の変遷にまつわる話題を取り上...
  • 地誌のはざまに
kanageohis1964さん
kanageohis1964さん
kanageohis1964さん
  • 寛政3年・江戸←→鎌倉間の「遠馬・遠足」
  • 今回は「鎌倉市史 近世近代紀行地誌編」に収録された、ちょっと毛色の変わった2本の史料を気楽に紹介します(以下、ページ数のみの引用は何れも同書より)。この2本の史...
  • 地誌のはざまに
kanageohis1964さん
  • 松崎慊堂「慊堂日暦」から補遺2題
  • 先日来読み返している松崎慊堂(こうどう)の「慊堂日暦(にちれき)」から、今回は以前の記事の補遺という位置付けで2題ほど取り上げます。先日まとめた「新編相模国風土記稿...
  • 地誌のはざまに
kanageohis1964さん
kanageohis1964さん
kanageohis1964さん
kanageohis1964さん
たくぞうさん
kanageohis1964さん
kanageohis1964さん
  • 「玉匣両温泉路記」より箱根からの帰路(その2)
  • 前回に引き続き、今回も「玉匣両温泉路記」から帰路の足取りを追います。駒留橋を過ぎた原正興一行は、程なく小田原宿に入ります。山坂下り終れば、程なく小田原の里也。ひ...
  • 地誌のはざまに
kanageohis1964さん
  • 「玉匣両温泉路記」より箱根からの帰路(その1)
  • 前回に続いて、今回も「玉匣両温泉路記」より、道筋の記述で気に掛かった箇所を取り上げてみます。今回取り上げるのは箱根からの帰路の足取りです。自らの持病に対して湯治...
  • 地誌のはざまに
kanageohis1964さん
  • 「玉匣両温泉路記」より生麦付近の道筋について
  • 「新編相模国風土記稿」の産物の調査が思う様に進んでいないので、再び「玉匣両温泉路記(たまくしげふたついでゆみちのき)」(天保10年・1839年)から軽い話題を取り上げて...
  • 地誌のはざまに
kanageohis1964さん
  • 「慊堂日暦」より南湖や梅沢の記述をめって
  • 先日、原正興「玉匣両温泉路記」中に見える、箱根の温泉宿から外輪山を越えて大雄山最乗寺へと往復した際の道筋について触れた際に、同じ道筋を辿ったと思われる他の例の1...
  • 地誌のはざまに
kanageohis1964さん
  • 「玉匣両温泉路記」の「くだもの」
  • 今回は、先日まで取り上げた「新編相模国風土記稿」の産物に記された果実類の、いわば応用編です。天保10年(1839年)の湯治の旅を書いた「玉匣両温泉路記(たまくしげふた...
  • 地誌のはざまに
kanageohis1964さん
kanageohis1964さん
たくぞうさん
  • 東海道五十三次を歩く現代の弥次さん喜多さんたち
  • 外は寒くても旅人さんは元気です!石垣屋には東海道五十三次を徒歩で旅する人たちもたくさん訪れます。現代の弥次さん喜多さんたちよい旅を!
  • 三重の古民家ゲストハウス 旅人宿 石垣屋 宿主日記
kanageohis1964さん
  • 梨について:「新編相模国風土記稿」から
  • 「新編相模国風土記稿」に記された産物一覧から、今回取り上げるのは「梨」です。神縄・世附・久野の位置(「地理院地図」上で作図したものをスクリーンキャプチャ)山川編...
  • 地誌のはざまに

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

まゆさん: 私の好きな生協商品、図書館で借りた本などを紹介しています。
ホームベーカリーでのパン作りも公開中!kanageohis1964さん: 神奈川県を中心に、また江戸時代前後を中心に、その地誌を掘り返して話題を取り上げていく予定です。住兵衛さん: 日本の常識は世界の非常識?この国が体験してきたユニークな歴史《日本史》の不思議をヤジ馬しよう!
まゆさんkanageohis19
64さん
住兵衛さん
菜昆布さん: 日本全国を旅して集めた観光参拝記念手ぬぐいを記録しています。旅の思い出に手拭いをポケットに一枚! みちしるべ2さん: 40代 中年男の世界一周旅行記他、期間工奮闘記、旧街道道中記、四国遍路、日本の世界遺産巡りなどたくぞうさん: 築120年の古民家で生活、宿に訪れる個性的な旅人さんたちのことなどのんびりまったり記していきます。
菜昆布さんみちしるべ2さんたくぞうさん
てるみんこふさん: 東海、甲信、関東地方を中心に名所・旧跡、グルメ情報などを発信。: :
てるみんこふさん

関連トラコミュ

  •  
東京鳥取県京都
東京鳥取県京都
静岡大阪長野
静岡大阪長野
旅行情報局歴史への旅(日本)旅行
旅行情報局歴史への旅(日本)旅行
国内旅行観光&地域の情報美味しいものなんでも大好きグルメなコミュ
国内旅行観光&地域の情報美味しいものなんでも大好きグルメなコミュ
季節の写真花の写真アウトドアなんでもOK
季節の写真花の写真アウトドアなんでもOK
花神社、仏閣美術館、博物館、ミュージアム
神社、仏閣美術館、博物館、ミュージアム
神仏の足跡・・・史跡や神社仏閣教会寺・神社歴史好き (ジャンル不問)
神仏の足跡・・・史跡や神社仏閣教会寺・神社歴史好き (ジャンル不問)
日本のお城めぐりの旅城郭・城跡史跡めぐり
日本のお城めぐりの旅城郭・城跡史跡めぐり
歴史人物、人物、人物評伝歴史虎コミュ♪日本の遺跡
歴史人物、人物、人物評伝歴史虎コミュ♪日本の遺跡
日本史(日本歴史)日本史同好会〜オープンジャンル歴史大好きコミュニティー
日本史(日本歴史)日本史同好会〜オープンジャンル歴史大好きコミュニティー

新しく参加したメンバー

  •  

東海道五十三次トラコミュについて

  •