徳川家康

  • トラコミュとは?
徳川家康
安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦により独立、織田信長と同盟した。1573年、長年苦しめられてきた武田氏を長篠合戦で破り、勢力を伸ばす。織田信長没後の1584年、羽柴秀吉と対立し小牧・長久手で戦うが後に講和。1590年、後北条氏滅亡後の関東に入封。1596年従二位内大臣となる。1600年に関ヶ原の合戦で石田三成を破り、事実上天下を握ると直後に征夷大将軍となって江戸幕府を開いた。また、大坂夏の陣、大坂冬の陣で豊臣氏を滅ぼし、戦国時代を終わらせた。

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

かぶきさん
  • 家康も実践? 長寿武将の健康法まとめ
  • 平均寿命30歳〜40歳という戦国時代。70年以上生きた武将たちがいた。今の時代に換算すれば、100歳を超える長寿。平均寿命の倍ほども生きたその理由は…「健康に気をつけて...
  • 全力ブログ かぶきさんのプロフィール
Harryさん
  • 【河井継之助】04.牧野氏の系譜
  •  1618年(元和四年)、堀直寄は、二万石の加増の上、越後国村上藩十万石に移封された。 長岡城は、完成目前に、長岡藩の新藩主、牧野忠成に引き継がれた。 譜代大名の忠...
  • 『正義』と『平和』 Harryさんのプロフィール
住兵衛さん
  • 日本史の「災難」11 改革とミニ科挙と異学の禁
  • 戦国の世を勝ち抜いた徳川家康(1543-1616年)は、自ら征夷大将軍となって江戸幕府を開き、その公式学問として「朱子学」を採用しました。理由は明快で、家康自身が目の当...
  • ヤジ馬の日本史 住兵衛さんのプロフィール
住兵衛さん
  • 日本史の「陰謀」26 誘惑されて棄てられて
  • 「豊臣秀吉の子飼いの家臣」といえば、まあ大抵は福島正則(1561-1624年)や加藤清正(1562-1611年)あたりの顔が浮かぶものです。もっとも、筆者の場合は直接にお会いした...
  • ヤジ馬の日本史 住兵衛さんのプロフィール
住兵衛さん
  • 日本史の「信仰」12 信心かぶれはどれもアブナイ
  • 戦国乱世の最終勝者となった徳川家康(1543-1616年)は、何度か信仰がらみの事件に遭遇しています。領国・三河国で起きた「三河一向一揆」(1563-1564年)もその一つで、一...
  • ヤジ馬の日本史 住兵衛さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 326 他人様に迷惑な長生き
  • 実質的な天下人だった豊臣秀吉(1537-1598年)の死後も、しばらくの間「豊臣家」は存在していました。秀吉の死(1598年)から豊臣家滅亡(1615年)に至る、二十年弱の間で...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 324 間借り人は浮き沈む
  • 主君・豊臣秀吉(1537-1598年)の没後の加藤清正(1562-1611年)や福島正則(1561-1624年)は、「「秀吉子飼いの家臣」であるのもかかわらず、その豊臣家から一歩控えた場...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
住兵衛さん
  • 日本史の「パクリ」14 忘れん坊将軍の悪巧み
  • 徳川幕府(1603-1867年)が諸大名を管理・コントロールするため設けた御家の「格付け」(家格)を少し整理してみると、概ねこんな具合になりそうです。○将軍家/幕祖・徳...
  • ヤジ馬の日本史 住兵衛さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 321 先人たちの宗教戦争
  • 「宗教戦争」なんて言葉を耳にすると、どうしても「一神教」世界におけるそれをイメージしがちです。ところがドッコイ、現代では「平和の象徴」もどきの位置にあると言えそ...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 316 三英傑の神サマ変身症候群
  • 「みんな」が神サマになりたがった。その「みんな」とは、いわゆる戦国の三英傑」に数えられる○尾張出身・織田信長(1534-1582年)○尾張出身・豊臣秀吉(1537-1598年)○...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 315 洗脳された純血エリート
  • 「寛政異学の禁」(1790年)という政策を実施・主導したのは、幕府老中・松平定信(1759-1829年)でした。その趣旨をやや乱暴に言い切るなら、〜朱子学以外の学問を禁じる...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
EarthChecKingさん
研修隊員さん
  • 312 三幕府の個性比べ
  • 日本の歴史には三つの「幕府」(武士政権)が登場しています。これを通説となってい年代で古い順から並べてみると、○鎌倉幕府(1192-1333年/約142年間/将軍は 9代)○...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180318-5
  • 家康紀行(57)居城「名古屋城」築城の歴史わかやま新報オンラインニュース前号では、牧之原の茶畑開墾を許可し、紀州の海防にも尽力した勝海舟を取り上げた。今週から舞台...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク 桜田 史弥さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 305 進歩発展は邪悪な思想
  • 江戸幕府が公式学問として「朱子学」(新儒教とも)を採用したのには、創立者・徳川家康(1543-1616年)の強い意志が働いていました。盟友・織田信長(1534-1582年)が「、...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 304 水戸藩のネジレ現象
  • 江戸幕府の創立者である徳川家康(1543-1616年)が十一男・頼房(1603-1661年)を入れ、立てたのが「水戸徳川家」、いわゆる「水戸藩」です。諸藩に比べた場合、この「水戸...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 301 頑固な幕府とペリーのぼやき
  • アメリカ海軍による最初の訪日、いわゆる「黒船来航」(1853年)の翌年に、再びの「黒船来航」がありました。最初の折は日米両国の「御挨拶」程度で終わってしまった結果を...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
住兵衛さん
  • 日本史の「信仰」10 朱子学生まれの銭嫌い
  • 12世紀・南宋の儒学者・朱熹(1130-1200年)が興した「朱子学」の思想は、いわば「新儒教」との位置づけがなされていますが、オリジナルの「儒教(孔子)」に比べると、随...
  • ヤジ馬の日本史 住兵衛さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 300 曲学阿世?の看板学者
  • 少し難解な言葉ですが「曲学阿世」とはこのくらいの意味になるそうです。〜学問上の真理を曲げて、世間や権力者の気に入るような  言動をすること〜こう説明されると、つ...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 探検296 なぜ御政道に口を出せないの?
  • それがホントに機能しているかどうかは別として、現代日本も一応は「民主主義」を標榜しています。要するに、主権は一般国民にあるということですから、施政を担う者は、物...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
坂の上のヒゲおやじさん
坂の上のヒゲおやじさん
坂の上のヒゲおやじさん
研修隊員さん
  • 探検291 天皇家を羨望した家康
  • 戦国乱世の最終勝者となった徳川家康(1543-1616年)は、自分の家系が未来永劫続くようにするため、そのお手本を「天皇家」に求めました。「天皇家」のカリスマ性が、「天...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 探検290 「七不思議」?日本人族の天皇教
  • 「日本の常識は世界の非常識」という言葉があります。そのひとつに「天皇」という存在を挙げることができるのかもしれません。世界史的な視野でちょい昔を眺めれば、どの国...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 探検289 二条城の戸籍謄本
  • 一口に「二条城」とは言うものの、その「履歴書」を辿れば結構複雑で、古くは室町時代にもそう呼ばれた城があったとか。ただ、ここで取り上げる「二条城」とは、江戸時代に...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 探検288 朱子学で市民権を得た商人
  • その昔孔子サンが始めた「儒教」も、時代とともに古めかしく感じられるようになったものか、その後には「朱子学」と呼ばれる思想が誕生しました。位置づけとしては、「新儒...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 探検287 莫大利益はどこへ消えたの?
  • 江戸時代。 家康が生きている頃はともかく、その後の幕府は諸外国との外交貿易を止めてしまいました。いわゆる「鎖国政策」です。ただ、そうは言っても、何もかも完全にシ...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
Harryさん
  • 【清和源氏】編『足利一族』章「吉良氏」節 08.西尾吉次
  •  持清には、持広と義広の二人の息子がいた。 既に、時代は、戦国の世に突入しており、西条吉良家は、尾張国の織田家と、東条吉良家は、駿河国・遠江国の今川家及び、三河...
  • 『正義』と『平和』 Harryさんのプロフィール
ミカさん
  • 映画 関ヶ原
  • はじめまして。ミカと申します。趣味:夫と家康様縁の地めぐり、ベランダガーデニング・DIY・猫を愛でる・絵を描く、などなどなので色々盛り込むかもしれませんが、このた...
  • 暁の空 ミカさんのプロフィール
Harryさん
  • H.005【徳川家康】弐
  •  更に家康の妻の築山殿が、武田と内通していたことが発覚。信長の怒りを買い、家康は、断腸の思いで信康を切腹させることになる。 信康の切腹については、他の様々な大河...
  • 『正義』と『平和』 Harryさんのプロフィール
Harryさん
  • H.005【徳川家康】壱
  •  NHK大河ドラマ【徳川家康】 評価:080点/1983年/大河ドラマ/原作:山岡荘八/全50話/平均視聴率:31.2% 出演:滝田栄、役所広司、武田鉄矢、石坂浩二  徳川家康...
  • 『正義』と『平和』 Harryさんのプロフィール
Harryさん
  • 【清和源氏】編『足利一族』章「吉良氏」節 05.吉良義弥
  •  吉良義安が、西条吉良氏の家督を継承した後、東条吉良氏の持弘が死去する。 そのため、義安は、弟の義昭に西条吉良氏の家督を継がせ、自身は、東条吉良氏の当主の座に就...
  • 『正義』と『平和』 Harryさんのプロフィール
研修隊員さん
  • 探検282 日本の亡命政権
  • 世界においては、治安の安定しない国・地域では、いわゆる「亡命政権」が立てられることが珍しくありません。チベットでは、国外ではあるものの、民族的指導者であるダライ...
  • 日本史探検隊 研修隊員さんのプロフィール
EarthChecKingさん

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

べっかんさん: ウワサのBECCAN。blogBECCANです。グルメ、お酒、ローカル情報を発信します。クネさん: 「鎌倉検定」の模擬試験です。ご当地検定お役立ち情報を意識しつつ、ご当地鎌倉を紹介します。かぶきさん: 何かを全力でやってみたいなぁ、と思っているブログ
べっかんさんクネさんかぶきさん
研修隊員さん: 日本史について思いつきの探検を繰り返しています。 姫隊長・史乃/古参隊員・歴三陶芸と木版画のホームページ 海さん: 陶芸と木版画のホームページのサポート・ブログです。
陶の素材を使ったオブジェを紹介しています。歴亀さん: トンデモ説や歴史シミュレーションゲームを面白がっていたら色々見失ってしまった人の備忘録です
研修隊員さん陶芸と木版画のホームページ 海さん歴亀さん
ぴろっちゃさん: 南知多町内海・豊浜の花屋兄弟ブログです。地域情報・イベント情報・奮闘紀・花言葉など毎日綴っています。住兵衛さん: 日本の常識は世界の非常識?この国が体験してきたユニークな歴史《日本史》の不思議をヤジ馬しよう!あもさん: 城めぐりと一緒に武将の銅像とお墓参りをしています。銅像は騎馬2割増、イメージ通りで3割増の計算w
ぴろっちゃさん住兵衛さんあもさん

関連トラコミュ

  •  
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活旅行旅と歴史
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活旅行旅と歴史
国内旅行日本のお城めぐりの旅歴史への旅(日本)
国内旅行日本のお城めぐりの旅歴史への旅(日本)
観光&地域の情報何でもブログ神社、仏閣
観光&地域の情報何でもブログ神社、仏閣
神仏の足跡・・・史跡や神社仏閣教会城郭・城跡歴史大好きコミュニティー
神仏の足跡・・・史跡や神社仏閣教会城郭・城跡歴史大好きコミュニティー
織田信長歴史虎コミュ♪豊臣秀吉
織田信長歴史虎コミュ♪豊臣秀吉
日本の戦国時代日本史(日本歴史)寺・神社
日本の戦国時代日本史(日本歴史)寺・神社
歴史人物、人物、人物評伝歴史好き (ジャンル不問)日記・ひとり言 なんでも話題
歴史人物、人物、人物評伝歴史好き (ジャンル不問)日記・ひとり言 なんでも話題
太平洋戦争〜大東亜戦争〜第二次大戦!歴史日本史同好会〜オープンジャンル
太平洋戦争〜大東亜戦争〜第二次大戦!歴史日本史同好会〜オープンジャンル
美術館、博物館、ミュージアム
美術館、博物館、ミュージアム

新しく参加したメンバー

  •  

徳川家康トラコミュについて

  •  
  • テーマ名:徳川家康
  • 管理人:歴史マニアさん
  • カテゴリー:歴史ブログ
  • 参加メンバー:64
  • トラックバック:449
  • テーマ作成日:2005/12/10(土) 19:32