城・宮殿 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/11/21 10:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
みどりの木さん
  • 情報提供高野街道祭の紹介4  三日市宿3 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は本陣の油屋跡の横を流れる、天見川からです。 天見川です。川の左側が油屋さん跡です。川の向こう側に見えるのが月輪寺です。 下地図⑩から①方向です。三日市中橋の上から撮影しました。 1975年の43年前の古写真です。橋の向こう側に茅葺屋根の家が見えます。 グーグルより引用の地図です。(上が北) 橋の上①から東方向を撮影しました。 昔は技術的に高いところに橋を架けられませんでした。 石垣

2位
つあらさん
  • 情報提供上田城紅葉まつり11/3〜夜編〜 お屋形さまぁ〜、源次郎ぉ〜 パピヨン&猫~愛犬アリオ&りんご&愛猫バジル~つあらさんのプロフィール
  • サントミューゼで夕方までお散歩した後ももちゃんとバイバイして再び上田城へ行きましたライトアップされていた二の丸堀跡のけやき並木遊歩道へ行ってみると、二の丸橋付近でおもてなし武将隊と紅葉まつりに参加された上越・仙台・熊本の武将隊が何やら撮影の準備をしているところに出くわしました!!地元のTV局の番組の生中継のスタンバイ中でした。中継が終わった後に左から奥州・仙台おもてなし集団・伊達武将隊の片倉小十郎景

3位
みどりの木さん
  • 情報提供高野街道祭の紹介3  三日市宿2 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は三日市宿の2です。前回は八木家まででした。現在の八木家は80年前に酒造業を廃業しています。 約52年前の1965年頃の八木家です。主屋の南側に酒造蔵がありました。 さらに北に歩くと 高野街道の石碑があります。 いろいろなメダカの展示がありました。 金魚のようですが、楊貴妃というメダカです。 続いて幕末に天誅組の支援をしていた、宿屋の油屋さん跡です。 高野参りも電車を使いだすと、
4位 カムカムビートさん
  • 情報提供尾張 松倉城跡 歴史のピースカムカムビートさんのプロフィール
  • (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});越中征伐と呼ばれる小牧長久手の戦い後に 徳川家康を屈服させ四国の 長宗我部元親を攻略し少しづつ天下を自らのものにしていく過程で勢いのあった羽柴秀吉。次にターゲットに選んだのは佐々成政。彼は越中富山城...向牧戸城 跡 - 歴史のピースかつて愛知県と岐阜県の県境にあった今はもう川の中に埋もれたといわれる城日本のどこかしらかに同じ名前の城があったようで、、、
5位 むぎさん
  • 情報提供旧松葉家(岐阜県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 【旧松葉家】きゅうまつばけ【別名】−【構造】古民家【建築者】松葉氏【建築年代】明治初期【指定史跡】県重要有形文化財【場所】飛騨市神岡町城ケ丘1−1 地図松葉家は手斧梁14本からなる小屋組で造られた古民家で明治元年に神岡町割石地区に移築された建物で岐阜県の重要有形文化財に指定されています。神岡城内旧松葉家は神岡城内に移築、展示されています。もともと萱葺屋根だったのが、現代の建築基準法により移築の際萱
6位 番頭さん
7位 カムカムビートさん
  • 情報提供千畳敷遺跡 織田信長居館跡 歴史のピースカムカムビートさんのプロフィール
  • (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});豊臣秀吉のサクセスストーリーとして欠かすことのできない城のひとつ(この地に築いたかどうかは不明な点が多いらしいですが行ってみると地元の人には申し訳ないですが何にもない堤防沿いにおっ!城や!とかなり目...墨俣一夜城 - 歴史のピース岐阜城金華山の麓にある織田信長の居館跡。今も多分発掘調査が行われているようで、、かのポルトガル宣教師戦国時代に日本でイエスズ会
8位 むぎさん
  • 情報提供落合五郎城(岐阜県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 【城】おちあいごろうじょう【別名】美濃落合城・落合城・落合五郎館【構造】平山城【築城者】落合五郎兼行【築城年代】平安時代末期【指定史跡】―【場所】中津川市落合 地図平安時代の終わり頃、木曽義仲の家来であった落合五郎兼行が美濃口の押えとしてこの地に館を構えました。しかしここは推定の地で、発掘調査では確かなものがみつかっていません。案内看板おがらん公園入口にある案内看板。鳥居おがらん四社の扁額を掲げた
9位 山城めぐりさん
  • 情報提供奴隷状態の外国人労働者 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
  • 「私は物じゃない」「働きたいのに(指にケガをしたから)帰れと言われました。働きたいのに、なんで私、帰るんですか」 黄さんは'15年12月に来日、岐阜県にある段ボール製造工場で働いていた。'16年7月、作業中に手を機械に挟まれて指3本を切断してしまう。 2か月入院する重傷だったが、治療を終えた黄さんに告げられたのは、まさかの解雇通告だった。「(解雇の書類に)サインしろ、と何度も迫られました。私が(指を失って)
10位 だいゆうさん
  • 情報提供【173】豪雨の影響で登城を断念した新高山城。 サラリーマンの日本200名城登城記録だいゆうさんのプロフィール
  • 続100名城の37城目は広島県の新高山城(にいたかやまじょう)。11月の3日で大阪岡山広島の未踏の城を廻る。2日目は備中高松城から福山城、三原城へ。三原城のスタンプ場所である「みはら歴史館」で新高山城について聞くと、豪雨の影響で云々とのことで、登城は中止し、パンフレットだけとなった。109城で3城目のスタンプのみとなってしまった。だが、ちゃんと調べてみると、既に、登城している方々もいるようで、少々、後悔。ただ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 むぎさん
  • 情報提供桃瀬の水牢(群馬県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 【桃瀬の水牢】ももせのみずろう【別名】―【構造】水牢【設置者】斎藤氏【設置年代】1521年〜1528年(大永年間)【指定史跡】町指定史跡【場所】吾妻郡中之条町横尾1648 地図水牢は、人を水の中に入れる水責めの一種で主に年貢の取り立てに使われたといわれています。水牢跡は沼田藩の中でも吾妻東部だけに残されている遺構で全部で八ヶ所あったと伝わり、この地が最も原型をとどめている場所です。吾妻東部にしか見
12位 EBI印さん
  • 情報提供花巻市 花巻城址 EBI印近隣探索日記EBI印さんのプロフィール
  • 古くは、前九年の役の際、安部頼時の城柵。江戸時代になり、一国一城令のあとも、南部藩の抱え城として認められ、城代が置かれた。復元された西御門が、かつての威容を感じされる。小高い丘の上にあり。土塁や堀も残っている本丸は、公園として整備。飛行場が目の前にあり、すぐそばを飛んでいる。ここまで整備されている城跡は、東北でもあまりない。
13位 菊之助さん
  • 情報提供菊之助登城記 丹波福知山城編 1 菊之助のリサイクル奮闘記菊之助さんのプロフィール
  • 宝塚に来ています今回はこれから福知山へ向かいます今日乗る列車が入ってきましたこれで篠山口まで行ってそこで乗り換え初めて通る場所だからなんだかワクワクしてきます二時間ちょっとで見えてきました今回の目的地、福知山城
14位 つあらさん
  • 情報提供上田城紅葉まつり11/3〜昼編〜 パピヨン&猫~愛犬アリオ&りんご&愛猫バジル~つあらさんのプロフィール
  • 今年は、これから最盛期を迎えるという中で開催されました天候にも恵まれてたくさんの人出でした(^O^)ようこそおいで下さいましたニャ〜目をつむってますけど・・・11時30分頃から東虎口櫓門前でおもてなし12時頃から眞田神社でおもてなし参拝待ちの皆さん、御朱印待ちの皆さんに喜んでもらいました(*^^*)13時30分頃、一旦帰宅し、ワンニャン達はお留守番で昼食へ眞田神社で合流したももちゃんちと一緒に昼食を摂った後サントミュ
15位 noboseriさん
16位 武るるさん
  • 情報提供城めぐり | 勝山館 その2- 松前藩の祖・武田信廣が築いた山城! | 地図付き 武るる 武将と城の旅。時々観光とグルメ( 地図付)武るるさんのプロフィール
  • 「武るる 日本全国の武将と城の旅。ときどき観光とグルメ」お城めぐりの旅、勝山館その2の紹介です。JALマイルの期限が迫っていたので、ちょっと北海道に行ってきました。行ったのは震災の数日前でした。 少し遅かったら大変だったでしょうね。 震災に遭われた方、亡くなった方、心からお見舞い申し上げます。3日目の城の旅です。まずはじめに勝山館へ行きました。城名(別名)住所関連する人物勝山館北海道檜山郡上ノ国町勝山松
17位 piglet01さん
18位 蟠龍斎さん
  • 情報提供和泉曽根城 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
  • 場所は、泉大津市内にある曽根神社です。写真が土塁のように見えるぐらいで、遺構はほとんどありません。ただ、神社の説明板に曽根城について少しだけ書かれていました。神社の東に弥生時代の大集落遺跡『池上曽根遺跡』があります。ちょっと気になりましたが、時間も気になったのでスルーしました。戦国時代のお城の遺構と弥生時代の遺跡。あまり共存しないところので不思議な感じがしました。
19位 dougenさん
  • 情報提供伊是名城(琉球国・沖縄県島尻郡伊是名村伊是名) 城めぐりの記録dougenさんのプロフィール
  • 伊是名城<琉球国>1000沖縄県:060登城日 2016.12.2(金)名護城から今帰仁村にある運天港へ。運天港からフェリーに乗って伊是名島へ。伊是名港にもうすぐ到着する頃に、丁度、伊是名城址の横を通り過ぎます。海側から見ても目立つピラミッド型の山にある城址で、いかにも難攻不落の様相です。港から歩いて20分ほどで、伊是名城址の麓の玉御殿につき、立派な石垣と尚円王の親族の御殿(墓)があります。御殿を回り込む形で登城口
20位 だいゆうさん
  • 情報提供【57】藤堂高虎の堅固な縄張りと高石垣の篠山城。 サラリーマンの日本200名城登城記録だいゆうさんのプロフィール
  • 100名城の42城目は兵庫県の篠山城。別名は桐ヶ城。夏休み9日間17城の城巡り旅行、2日目の1城目で通算3城目。アクセスは、電車はJR篠山口駅から神姫グリーンバスで篠山営業所行「二階町」バス停で下車して、徒歩5分。車なら、城址の目の前に駐車場がある。登城日は2018年7月29日。城址目の前にある駐車場に車を止め、登城開始。北側の登城口から。高い石垣が防御を高めている。この先にある二の丸へ4つの門が建っていた。篠山城は16
21位 みどりの木さん
  • 情報提供高野街道祭の紹介5  旧三日市宿代官所跡 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今回は代官屋敷跡と真教寺です。 下写真⑦から⑧方向を撮影しました。右側が旧三日市交番で左側が三日市宿代官所跡です。奥の方に見える門は真教寺です。 グーグルより引用の地図です。 上図⑦から⑧方向を撮影した古写真です。(河内長野市史より)右側が旧三日市交番で左側が三日市宿代官所です。奥の方に見える門は真教寺です。 ⑦から⑧方向を撮影した古写真です。(河内長野市史より引用) 明治13年の地図
22位 ta.ta.daさん
  • 情報提供五城目城(馬場目城) 天守が復元されている 城旅人ta.ta.daさんのプロフィール
  • 出羽・五城目城(ごじょうめ-じょう)は秋田県五城目町にあり、別名を砂沢城・馬場目城とも言う標高96m、比高80mの山城です。八郎潟干拓地の東隣にあり、スズムシの群生北限地としても知られます。平安時代の承久年間(931年〜938年)に著作された「和名類聚抄」では、率土の果てと記載があり、律令国家時代の統治では北限となっていました。すなわち、これより北は、蝦夷(えみし)が住んでいたと言う事になります。下記が、五城目城(馬
23位 お城のジオラマ鍬匠甲冑屋さん
24位 山城めぐりさん
  • 情報提供相木城(天神山砦) 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
  • 相木城は相木村集落を含んだ大城郭であったようです。この集落を守るため西に天神山砦、東に丸岩城を築いています。また集落を囲む尾根を利用した、とてつも長い土塁が築かれています。相木城(天神山砦)地図北相木村の県道124号線で北相木局から西に200mくらいを北に村道を進むと、北相木保育所を過ぎて、写真の鉄塔になり(見えている山が城山ですが容易に登るには)、これを左手に進み、林道を登ります。鉄塔から300
25位 番頭さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 番頭さん
27位 あもさん
  • 情報提供横手城に登城! Love城!Go名所旧跡!あもさんのプロフィール
  • 佐竹南家の蛍域のある湯沢市から、車をぶっ飛ばして横手までやってきました!稲庭でうどん食べれず、十文字のラーメンも時間がないから気合で素通りしてね。グッジョブだった瞬間続きを読む >>
28位 蟠龍斎さん
  • 情報提供摂津高槻城(2) 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
  • 芥川山城の続100名城スタンプ押印のため、高槻市立しろあと歴史館へ訪れたのですが、開館が10時ということで、まだ開いていませんでした。そこで、近くの高槻城へ立ち寄りました。ちなみに訪問は3回目になります。市民の憩いの場所なのでしょう、朝から多くの人が訪れていました。遺構はほとんど無いんですけどね。そのため城跡として訪れる人は、少ないんでしょう。なんか、平日の朝からカメラを構えるのが恥ずかしくなりま
29位 隆太郎さん
30位 武るるさん
  • 情報提供城めぐり | 勝山館 その1- 松前藩の祖・武田信廣が築いた山城! | 地図付き 武るる 武将と城の旅。時々観光とグルメ( 地図付)武るるさんのプロフィール
  • 「武るる 日本全国の武将と城の旅。ときどき観光とグルメ」お城めぐりの旅、勝山館その1の紹介です。JALマイルの期限が迫っていたので、ちょっと北海道に行ってきました。行ったのは震災の数日前でした。 少し遅かったら大変だったでしょうね。 震災に遭われた方、亡くなった方、心からお見舞い申し上げます。3日目の城の旅です。まずはじめに勝山館へ行きました。城名(別名)住所関連する人物勝山館北海道檜山郡上ノ国町勝山松
31位 蟠龍斎さん
  • 情報提供和泉伯太陣屋 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
  • 和泉伯太藩(はかたはん)の陣屋になります。正直、聞いたこともない藩なので調べたところ、13500石の小藩でした。ただ、 藩主の渡辺氏の藩祖は、徳川家康に仕えて「槍の半蔵」の異名をとった渡辺守綱です。信長の野望シリーズでも、統率はそこそこですが、武勇が高く戦場では重宝する武将です。自分もよくお世話になります。知っている武将だと急に親近感がわきますね。とはいえ、遺構はなく写真の石碑のみです。古い石碑な
32位 安土桃太郎さん
  • 情報提供府内城にゆく 其の参:山里丸から天守台へ 廃城にゆく安土桃太郎さんのプロフィール
  • 大分県大分市にあります府内城址です。三回目となる今回は山里丸跡よりスタートです。まずは山里丸跡から見る風景から。北二階櫓台と天守台です。天守台の隣にある櫓は人質櫓です。人質場と呼ばれた曲輪に位置し1861年に再建されたものです。内濠南東部です。続いて山里丸跡...
33位 RYOさん
  • 情報提供【続100名城】苗木城 金森戦記外伝-歴史私記RYOさんのプロフィール
  • ■所在地 岐阜県中津川市苗木2799 ■遺構 石垣・郭・堀 ■城のタイプ 山城 ■築城者 遠山景村、遠山友政城は、建武年間(1334〜38)に、遠山景村が築いたとされています。 以後約100年間、代々と遠山氏が居城としました。甲斐の武田氏が東美濃に侵攻して、岩村城を攻略して武田氏の美濃の拠点になると、苗木城は、織田方の最前線拠点となりました。本能寺の変後、森長可により落城しましたが、徳川家康に身を寄せた遠山友
34位 Shirotoさん
35位 ta.ta.daさん
  • 情報提供出羽・湯沢城 小野寺経道の本拠地で佐竹南家が整備した山城 城旅人ta.ta.daさんのプロフィール
  • 出羽・湯沢城(ゆざわじょう)は、秋田県湯沢市湯沢にある古館山に築かれた山城です。標高は222m、比高120mになります。最初の築城は、鎌倉時代に雄勝郡を領地として小野寺経道が稲庭城を本拠としました。このとき、1227年に湯沢城を築いて、3男の小野寺道定が入ったとされていますが、当然、詰め城と言う事だったのでしょう。戦国時代になると、小野寺輝道の復活に大きく貢献した八柏道為が湯沢城に入りました。その八柏道為は、
36位 RYOさん
  • 情報提供サムライニンジャフェスティバル 金森戦記外伝-歴史私記RYOさんのプロフィール
  • 今週末ですね。すぐなくなるイベントかなと思いましたが、地道に継続されて5年目となりましたね。 愛知県は、信長公、秀吉公、家康公の郷土の三英傑を始め、多くの戦国武将を輩出した「武将のふるさと」。そんな合戦の地・愛知で、サムライや忍者の世界を満喫できるイベントです。チャンバラ体験・忍者なりきり体験や、全国から集まった武将隊・忍者隊によるステージイベント、大迫力の火縄銃実演などお子さまからご年配の方まで
37位 ta.ta.daさん
  • 情報提供出羽・滝沢城 滝沢春永(滝沢又五郎春永) 滝沢政道(滝沢刑部少輔政道) 城旅人ta.ta.daさんのプロフィール
  • 出羽・滝沢城(たきざわ-じょう)は、秋田県由利本荘市前郷にある平山城です。由利十二頭のひとりである滝沢氏が前郷を本拠としました。先祖は由利氏を称した由利維平ともされますが、諸説あり、憶測の域を脱しません。戦国時代になると、1575年、滝沢氏は矢島氏から攻撃を受けて、滝沢城主・滝沢政家らめ多くの家臣が討死しました。そのため、滝沢政家の一子は最上義光のもとへ逃れて最上家に仕えたともあります。しかし、1560年に
38位 樋口山城守与六さん
39位 バイソンさん
  • 情報提供城を観る《楽田城》 城を観るバイソンさんのプロフィール
  • 《楽田城》[読み方]がくでんじょう[別名称]-[所在地]愛知県[城分類]平城[築城主]織田久長[築城年]永正年間(解説板 楽田城跡)(石碑 楽田城址)《楽田城》[読み方]がくでんじょう[別名称]-[所在地]愛知県[城分類]平城[築城主]織田久長[築城年]永正年間にほんブログ村ビジュアル百科 日本の城1000城 1冊でまるわかり!1,836円Amazon
40位 樋口山城守与六さん
  • 情報提供大蓮院殿の墓(小松姫) 正覚寺 群馬県沼田市 古城巡り 写真館樋口山城守与六さんのプロフィール
  • 正覚寺本堂大蓮院殿は、真田昌幸の長子 真田初代沼田城主 真田信之(信幸から改名)の正室で徳川家の重臣本多忠勝の娘にあたり小松姫と呼ばれていました。家康は小松姫を養女として天正17年(1589年)に信之に嫁がせました。 信之は小田原征伐の松井田城攻めの戦功で、沼田領が真田家の所領となると、翌天正18年(1590年)7月に沼田城主となり、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいて徳川方に従い東軍につきました。 関ヶ原の戦
41位 お城のジオラマ鍬匠甲冑屋さん
  • 情報提供年内製作予定をまとめてみました お城のジオラマ鍬匠甲冑屋 城郭模型で見る日本の名城お城のジオラマ鍬匠甲冑屋さんのプロフィール
  • ちょっと、頭の整理。月曜日に岡山城の追加部品が入荷予定。その前に明日は松本城2個目と姫路城1/380を作って、あと年内に作らないとならないのが備中松山城2個、伊予松山城A4とB4、小峰城、春日山城、姫路城1/500、彦根城、丸亀城、丸岡城、弘前城、千早城2個、松江城A4、高知城、宇和島城、まだある坂本城、本能寺の変、津山城、玉縄城、安土城、竹田城、戸石城、ディアゴの安土城、あと何があったけ?1日2個ペースだなぁ(笑)
42位 piglet01さん
43位 だいゆうさん
  • 情報提供【58】左右に重文の巽櫓と坤櫓が現存する明石城。 サラリーマンの日本200名城登城記録だいゆうさんのプロフィール
  • 100名城の41城目は兵庫県の明石城。別名は喜春城。夏休み9日間17城の城巡り旅行、初日の2城目。アクセスは、電車はJR明石駅の北出口から西へ徒歩5分、車は県営・市営の駐車場等があるので、困ることは無いと思う。登城日は2018年7月28日。京都の二条城から向かうこと、昼食入れて2時間くらいだったか、市営駐車場に止め、登城開始。すぐに、本丸南東隅に、現存物で国の重要文化財の巽櫓が見える。昭和の大改修で、櫓の全ての木材は
44位 noboseriさん
45位 久能美丈さん
  • 情報提供スイス39 日本料理店 50歳からのヨーロッパ久能美丈さんのプロフィール
  •  昼食は日本料理。アレッ、ヨーロッパで日本料理店に入ったことなんてあったっけ?個人旅行では、①どうせ中国人か韓国人の店だろう ②日本人の店だと高すぎるだろう ③外国に来てまで食べたくないというもっともそうな理由が必要だ、以上3点を理由として入ったことがないのだ。だがここは違う。日本人による“ふつうの”日本料理店である。よし!たべてつかわそう。 日本語メニューを物珍しげに手にしてみたと思ったら「お飲
46位 コルリさん
  • 情報提供ランチ@おぼんdeごはん 回 転 木 馬コルリさんのプロフィール
  • いつ行っても長蛇の列&もうとっくに食べ終わっているであろうに、長尻の女性客を横目でみては通り過ぎていたお店。 早めに行ったら、待たずに座れました。 「おぼんdeごはん」 というお店ですが… わたし、「おぼんdeこぼん」だと思ってたわ 昔そんな漫才師さんがいたわよね?今も元気で活躍しておられるのかしら。 いやぁ、年がばれるわね。イイケド。 お味は普通でしたが、このプレートちょっと欲しいと思ったのであります
47位 Shirotoさん
  • 情報提供中国のネット事情 城と自転車Shirotoさんのプロフィール
  • いきなりマイナス2度だって。寒い。北京をちょっとナメていて、10度前後の用意しか していない。考えたら冬の北京は初体験でした。ホテル玄関のオブジェ
48位 竹さん
  • 情報提供◆ 『戦国の城の一生』書評&重版決定 ◆ 〜未知なる城を求めて〜城郭研究ノート竹さんのプロフィール
  • 拙著『戦国の城の一生』の書評が1つ出ました。『東京新聞』11月11日号に、作家の伊東潤さんが書いて下さいました。ありがとうございます。この日にアマゾンのランキングが1000番台まで急上昇しました。やはり新聞の書評の影響力はあなどれないですね。書評は東京新聞のHP上でも見ることが出来ます。ご興味のある方はどうぞ。http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2018111102000209.htmlまた、おかげさま
49位 noboseriさん
50位 バイソンさん
  • 情報提供上ノ郷城 〜主郭へ...〜 城を観るバイソンさんのプロフィール
  • 城を観る今回は...(撮影 2017/11/12)上ノ郷城〜主郭へ...〜こっちかな。。。 ヽ(´o`;なんちてにほんブログ村ビジュアル百科 日本の城1000城 1冊でまるわかり!1,836円Amazon
更新時刻:18/11/21 10:30現在