日本の伝統・文化 注目記事ランキング

  • 更新時刻:19/01/20 03:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
japanculturelabさん

2位
sazanamiziroさん
  • 情報提供野原岳の霊石・宮古島の神々が集まる伝説の聖地とは? 神秘と感動の絶景を探し歩いてsazanamiziroさんのプロフィール
  • 宮古島は隆起サンゴ礁でできた島のため、これと言って山も谷もみあたらない平べったい島です。そのため、島の中央部に位置する野原岳は標高110mですが、宮古島最高の山となります。この野原岳、14世紀中頃になって大嶽城(ウプタキグスク)が築かれ、戦時中は日本軍が陣地として使用し、戦後は米軍の基地でした。そして現在は航空自衛隊が使っています。やはり最高地点は、ずっと軍事的要衝なのですね。しかし軍事的要衝は、

3位
雨宮清子(ちから姫)さん
  • 情報提供力持碑 力石に魅せられて 姫は今日も石探し雨宮清子(ちから姫)さんのプロフィール
  • 「力石建立祭り」から「力持ち復活」、続いて、深川佐賀町の「江戸式力持愛好会」が文化財指定を受けるなど、コトはトントン拍子に運んだ。これを機に「力持愛好会」は、名称を「深川力持睦会」に変更。そして今度はこれを記念した「力持碑」の建立の話が持ち上がり、文化財指定の翌昭和32年、多くの支援者の尽力で、富岡八幡宮の本社殿西側に立派な碑が立てられた。これがその「力持碑」です。東京都江東区富岡・富岡八幡宮碑文「
4位 雨宮清子(ちから姫)さん
  • 情報提供力持ち、文化財になる 力石に魅せられて 姫は今日も石探し雨宮清子(ちから姫)さんのプロフィール
  • =追記=ブログ「山の彼方に」の管理人さんの安田氏が力石を紹介してくださいました。どうぞご覧ください。リンクの表示、何度やっても失敗。もうしわけありませんが、リンク蘭からお入りください。    ーーーーー◇ーーーーー紀文稲荷神社の祭礼で、復活を確固たるものにした佐賀町の力持ちたちは、翌昭和30年、今度は日比谷公会堂での「第四回東京都郷土芸能大会」に出場。これが認められて、翌31年、「東京都無形民俗文化財
5位 縄文人さん
  • 情報提供失われた縄文の世と蹲踞面; 日本人と縄文体質縄文人さんのプロフィール
  • リンク考古学者が、彼らの骨を調べた結果、判明したこと。それは、縄文時代には争い(暴力)による死亡率が極端に低かったという事。そして、現代人は退化して小さくなってしまった「蹲踞面」という骨が、異様なほど発達していたことが分かっている。>>縄文時代は“平和”だった 暴力死亡率は1.8%――「戦争は人間の本能」は誤り?「戦争は人間の本能である」という国際的な主張の再考を促し、考古学・人類学の視点から、戦争
6位 sazanamiziroさん
  • 情報提供金比羅神社(備前市)と謎のドームと巨石太陽信仰 神秘と感動の絶景を探し歩いてsazanamiziroさんのプロフィール
  • 岡山県備前市吉永町付近を車で走っていたら、山の上に異様な岩石塊が見えます。人の頭部のようなドーム型で、不思議な迫力を感じました。「奇しき巨岩」の下には、しばしば原始神道系の神社が鎮座しています。ひょっとして、と思いながら集落の道に入ると、岩石塊の左下方に白いものがちらっと見えました。肉眼ではよくわからないので、60倍の望遠レンズで撮影します。すると、お社らしい建物の背後は、大きな岩か岩盤があるよう
7位 sazanamiziroさん
  • 情報提供坂越の大避神社・秦河勝と秦の始皇帝と禁足の島 神秘と感動の絶景を探し歩いてsazanamiziroさんのプロフィール
  • 『世界ふしぎ発見!』の1・12放送内容は、小島瑠璃子がミステリーハンターに初挑戦!秦の始皇帝のふしぎを紹介というテーマでした。他のことをしながらチラチラ見ていると、秦の始皇帝の復元顔が出てきました。最新技術で緻密に復元されたようなのですが、その顔はどう見ても東アジア人ではありません。放送後のネットでは、「これ割と西洋風の顔立ちですね」なんてつぶやきがありましたが、同感です。そういえば昔から、秦の始皇
更新時刻:19/01/20 03:30現在