歴史ミステリー
トーナメント・テーマ
歴史にはたくさんの謎が秘められています

ジャンル不問 裏話や珍説何でも受けます
参加カテゴリー
歴史, 本, 小説

参加メンバー一覧

  •  
桜乃宮アリスさんのプロフィール千世さんのプロフィール白亜ジュラさんのプロフィールjive401さんのプロフィールkurouさんのプロフィールHarryさんのプロフィール
桜乃宮アリスさん千世さん白亜ジュラさんjive401さんkurouさんHarryさん
RYOさんのプロフィール退会されましたイノダイさんのプロフィール退会されました退会されました消費しないピノキオさんのプロフィール
RYOさん退会されましたイノダイさん退会されました退会されました消費しないピノキオさん
H.I.S. エジプト トラベルさんのプロフィール北碕美那子さんのプロフィール高嶺さんのプロフィール退会されましたGEO(ジオ)さんのプロフィール退会されました
H.I.S. エジプト トラベルさん北碕美那子さん高嶺さん退会されましたGEO(ジオ)さん退会されました
げんじいさんのプロフィールみずきさんのプロフィールmisachi68さんのプロフィールモカとガー幸さんのプロフィール真・群馬都民!さんのプロフィール退会されました
げんじいさんみずきさんmisachi68さんモカとガー幸さん真・群馬都民!さん退会されました

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

参加記事一覧

  •  
  • 8月23日(土)アコリスの遺跡に行ってみた。(PART 4)磨崖碑
  • 南へ延びる岩丘西面前には、大きな畑が広がっているような場所です。ここには、2つの巨大な磨崖碑があります。それを 見に行くには、細い道を行かないといけないため高所恐怖症気味のちゃんぽんは前もってトイレに行っておいて良かったと思いました。一つは、ラムセス3世が
  • H.I.S.エジプト・カイロ支店のブログ
  • 歴史の多くは悲惨戦い 争いが絶えない人類
  • 「人の心に進歩がない 哀しい」過去の歴史を見れば良く解る国取物語 侵略略奪 権力の内紛 家族同士の裏切りと仇討の戦い農民が城作りや戦いに狩り出されて命を落とす戦国時代現在も戦争や事件や紛争は絶えない 悲惨な哀しい状況です「人は人の上に人を作る」 国家を作り
  • コーギーSP犬モカとガー幸
  • 謎の不思議現象!? 〜札幌市手稲区〜
  • 今回は写真はありません〓最近はなかなか都合がつかず神社に行く事ができてなかったのですが、今日、久々に3カ所まわってきました〓一つはとても素晴らしいところ。二つめは閑散としていて”もぬけの殻”っぽいところ。最後は・・・小山のようなところの上にあるところ・・・
  • 神社izm 北海道からRYOが発信中
  • MOTHER
  • THE BLANKEY JET CITY - MOTHER 世界ではまだ紛争が続いているまだ悲痛な苦しみ悲しみは終わってはいない住まう同じ星で日々流され続ける血と涙悲痛なる叫び原因となるものは辿ることでわかっている宗教と身勝手な欲は必要ないもの争いの元でしかない。オレはすべての宗教を否
  • ネ氏 NEUJI 新たなる光りの星
  • ---
  • ---
  • ---
  • 天智帝をめぐる七人
  • 天智帝をめぐる七人 (文春文庫)杉本苑子文藝春秋発売日:1997-05ブクログでレビューを見る»その人
  • ちせ本の記録
  • 流鏑馬:河村義秀の伝説・・・鶴岡八幡宮
  • 1190年(建久元年)8月の鶴岡八幡宮の放生会は、この年より2日間に分けて行われています。流鏑馬は、2日目の8月16日に行われました。『吾妻鏡』によると・・・この日の流鏑馬の射手のうち、具合が悪くなった者が出ました。その時に大庭景義が・・・、「1180年(
  • kurouのブログ
  • ここぞ武蔵の生誕地
  • 今回の歴史探訪は兵庫県播磨地方にある武蔵生誕地へ行ってきました。武蔵生誕地については色々な説があり、その中でも特に可能性の高いとされてるのが岡山県美作市大原、兵庫県高砂市米田町、兵庫県揖保郡太子町宮本の3箇所ですが、ただ世間一般的にはわたしもよく行く美作
  • 美那子のセルフィー日記
  • 伝統も伝言ゲーム
  • ペンギン大好き{%ペンギンwebry%}さる2月14日はバレンタインデー。それにピッタリな けなげで一生懸命なペンギン{%ハート1webry%}
  • miaou de chat
  • 歴史と伝説と神話/日本神話は歴史資料たるか
  •   「幾つもの時を重ね、歴史は伝説に、伝説は神話になった」 (LOTR冒頭より) 人類がまだ文字を持たない頃、「歴史」とは口承で子孫に伝えられるものだったそうです。現代においても、文字を持たない部族などでは、部族が経験した「歴史」あるいは部族の詳細な
  • 零の観念