城・宮殿 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/06/24 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
syou-anmakiさん
  • 情報提供春の島根・山口旅 山口県 旧本庁舎・旧県会議事堂へ 適当な紀行集syou-anmakiさんのプロフィール
  • 春の島根・山口旅3日目。 山口県 旧本庁舎・旧県会議事堂へ編。元々見学予定であったが、雪舟庭に行くことを断念したこともあり、のんびり見学。山口県 旧県庁舎・県議事堂  大正2年(1913)に起工、大正5年に完成。設計者は、国会議事堂の設計スタッフとなった大熊喜邦氏、武田五一氏など。後期ルネッサンス様式を取り入れた近代建築。昭和に入り、国の重要文化財に指定されている。山口県 旧本庁舎現在は山口県政資料館として利

2位
ひろまるWEBさん
  • 情報提供長篠・設楽原(3)長篠の戦いのきっかけはココ!長篠城(愛知県新城市) ひろまるブログ/勝手に紹介!歴史スポットひろまるWEBさんのプロフィール
  • (前回のつづき) 愛知県新城市で 設楽原歴史資料館、馬防柵を見学したひろまる。次は、お城を訪ねます。 〜新東名高速道路「新城IC」より車で約15分ほど、日本100名城のひとつ「長篠城」(国指定史跡)に到着です。? 無料駐車場あり。? まずは、駐車場のとなりにある「長篠城址史跡保存館」から見学。? 観覧料210円(設楽原歴史資料館との共通券は400円)。 長篠城の「日本100名城スタンプ」もここにあります。2階の受付でお

3位
みどりの木さん
  • 情報提供花の文化園の花写真 最終回  2017 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は大温室の中からです。 今日はクジャクサボテンの花からです。白花の孔雀サボテンと月下美人の花はよく似ています。一番の見分けポイントは「葉」で、クジャクサボテンは肉厚ですが、月下美人は薄く緑が濃いです。クジャクサボテンは昼間も咲いていますが、月下美人は夜だけしか咲きません。花の色も白色だけです。 以上がクジャクサボテンです。月下美人は咲いていませんでした。 花の文化園のマップで
4位 みどりの木さん
  • 情報提供岐阜城の紹介1 織田信長居館跡 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 今日から岐阜城の紹介をします。2017年の5月下旬にお城めぐりの1泊2日ツアーに参加して、ガイドさんから聞いた事やもらった資料などから紹介します。岐阜城の歴史1201年に、二階堂行政が稲葉山に砦を築いたのが始まりとされます。二階堂行藤の死後は廃城となります。15世紀中頃に美濃守護代の斎藤利永が、この城を修復して居城とします。戦国時代1525年に、斎藤氏の家臣長井長弘と長井新左衛門尉が謀反を起こして
5位 ひろまるWEBさん
  • 情報提供藤川宿(1)東海道五十三次の宿場町へ(愛知県岡崎市) ひろまるブログ/勝手に紹介!歴史スポットひろまるWEBさんのプロフィール
  • こんにちは、ひろまるです。? 今回“勝手に紹介”するのは、愛知県岡崎市の「藤川宿(ふじかわしゅく)」です。 藤川宿は、江戸時代に整備された東海道五十三次の37番目の宿場町。全長は約1kmほど。東海道五十三次のなかでは小さな部類の宿場ですが、各種施設を揃え宿駅としての務めを十分に果たしました。 それでは、江戸時代の雰囲気を残す旧東海道の宿場町歩き、スタートです! 〜? やってきたのは岡崎市、国道1号
6位 武るるさん
  • 情報提供武将の墓 | 蒲生忠郷の墓 - 高巌寺!信長と家康の血を引く会津の太守 | 地図付き 武るる 武将と城の旅。時々観光とグルメ( 地図付)武るるさんのプロフィール
  • 「武るる 日本全国の武将と城の旅。ときどき観光とグルメ」武将の墓めぐり、蒲生忠郷の墓の紹介です。人物名墓のある施設住所蒲生忠郷高巌寺福島県会津若松市中央2丁目誤字やリンク切れ等がございましたら、コメントにてお知らせくださいますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _ )mスマホで地図が表示されない場合、再読み込みすると表示されるようです。蒲生忠郷の墓は高巌寺にあります。発見難易度★★★☆☆高巌寺境内にはな
7位 みどりの木さん
  • 情報提供岐阜城の紹介3 天守内部と最上階4階からの風景 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は天守内部と岐阜城資料館の紹介です。 天守の入口です。麓の信長館は天主と書きますが、山頂にも「てんしゅ」があり、こちらは「天守」と書きました。「天守」は池田輝政時代に改変され、岐阜城廃城(1601年)及び、加納城築城によって他の建物と共に加納城二の丸北東隅櫓「御三階櫓」として移築されましたが、1728年の落雷によって焼失します。古地図によると、元々4層だったものを3層に改変され
8位 おりんぽすさん
  • 情報提供豊臣大坂城全景【奥御殿①】 城郭模型製作工房おりんぽすさんのプロフィール
  • 奥御殿です。壁面がほぼ完了。まず、平面図をプラペーパーに直に印刷して切り抜きました。次に軒高が高い格上のメインの部屋の壁面を立てました。次に廊下などの格下の部分を低めの壁面で立てました。柱などはお誂えのエッチングパーツです。御殿や蔵などの外壁のために作ったパーツの種類は、真壁の白壁、舞良戸の入った障子を全面バージョンと腰高窓バージョン、内障子の格子窓、下見板張り真壁、下見板のみの6種類で、それぞれ
9位 番頭さん
10位 あもさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 むぎさん
  • 情報提供墨俣宿跡(岐阜県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 設置 1602年(慶長7年)廃置 明治3年〜5年場所 大垣市墨俣町墨俣173【 地図 】墨俣宿は東海道と中山道を結ぶ脇街道として整備されました。宿駅伝馬制度が敷かれてからは6つの宿駅が設けられ、墨俣宿もその一つでした。美濃路は1600年の関ヶ原の戦いでは徳川軍勝利後、家康が凱旋した道で「お悦び街道・吉例街道」と称されています。史跡墨俣宿本陣・脇本陣・問屋・渡船場が置かれ琉球使節や朝鮮通信使の通行を
12位 yzal-juleさん
  • 情報提供18.徳島線特急『剣山』(3) 兵どもが、夢のあと・・・yzal-juleさんのプロフィール
  • 恒例のフライング春の陣、2017年は出雲方面ではなくサンライズ瀬戸で四国に渡る。2017年4月28日-5月1日の攻略ツアーは讃岐に上陸し阿波へ、阿波から土佐を抜けて伊予。4/29は宿泊地鳴門から徳島駅に戻り、去り際に徳島城にちょこっと立ち寄り、一日がかりの鉄旅、まずは徳島から阿波池田へ『剣山』。前回の逆ルートで吉野川を遡る。この日の車両。徳島駅にて。キハ185系です。『剣山3号』今回は吉野川側ではなく山側、眉山を狙
13位 番頭さん
14位 樋口山城守与六さん
  • 情報提供大洲城〜ここにも藤堂高虎の名が!! 古城巡り 写真館樋口山城守与六さんのプロフィール
  • 大洲城 肱川の河畔に望む大洲城は、元弘元年(1331年)鎌倉時代末期に守護として国入りした伊予宇都宮氏の宇都宮豊房によって築城されたといわれ、その後、藤堂高虎等によって大規模に修築がなされ、伊予大洲藩の政治と経済の中心地として城下町は繁栄していきました。 明治維新後は、城内のほとんどの建築物が破却されたものの、地元住民の活動によって本丸の天守・櫓は一部保存されましたが、明治21年(1888年)老朽化により、
15位 みどりの木さん
  • 情報提供岐阜城の紹介2 天守まで 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。ロープウェイ山上駅から天守まで歩きました。 ロープウエイ山上駅です。 硝煙蔵跡にあるリス村です。この右側から撮影するとリス村です。 この道はリス村の左横にあります。 大手道の七曲り登山道です。 下にあった総合案内所内にあるジオラマです。赤い線に沿って登城しました。ピンクの線に沿って帰りました。 再現の一ノ門です。 左上の太鼓櫓(現レストラン)と連携して防御しました。 この辺りの古地図です。
16位 syou-anmakiさん
  • 情報提供春の島根・山口旅 周防 大内氏館へ 適当な紀行集syou-anmakiさんのプロフィール
  • 春の島根・山口旅3日目。 周防 大内氏館へ編。周防 築山跡を巡った後は、すぐお隣にある大内氏館跡へ。龍福寺 山門門をくぐってすぐにあるのが ↓ ザビエル布教の井戸いきなりザビエルの井戸。寺で布教したんか? というのではなく、当時は館跡。説明板には、ここで初めて布教したとあるが、許可を得たということなんでしょう。豊後岩帰りたくても帰れなかった豊後岩? 詳しくは ↓ 現地説明板大内義隆供養塔辞世句現地説明板龍福
17位 あきおうさん
  • 情報提供中津城 [1/4] 黒い模擬天守が有名な、黒田官兵衛が築いた海城。 城めぐりチャンネルあきおうさんのプロフィール
  • 中津城は戦国時代の天正16年(1588)に黒田官兵衛孝高が築いた近世平城。豊前海の海水を引き込んで堀を巡らせたことから海城と分類される。秀吉の九州平定で功を挙げ豊前12万国として入部した黒田氏だったが、秀吉没後の関ヶ原合戦では東軍に付き、戦後に筑前52万国へ加増転封となった。代わって入った細川忠興により築城が続けられた。その後 小笠原氏を経て奥平氏(武田vs織田徳川の設楽原の戦いで長篠城を守り抜いた奥平信昌の子
18位 武るるさん
  • 情報提供武将の墓 | 蒲生秀行の墓 - 弘真院!ごたごたの後に再び会津藩主に! | 地図付き 武るる 武将と城の旅。時々観光とグルメ( 地図付)武るるさんのプロフィール
  • 「武るる 日本全国の武将と城の旅。ときどき観光とグルメ」武将の墓めぐり、蒲生秀行の墓の紹介です。人物名墓のある施設住所蒲生秀行弘真院福島県会津若松市館馬町誤字やリンク切れ等がございましたら、コメントにてお知らせくださいますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _ )mスマホで地図が表示されない場合、再読み込みすると表示されるようです。蒲生秀行の墓は弘真院にあります。発見難易度★★☆☆☆弘真院には現在、お堂
19位 番頭さん
20位 おりんぽすさん
  • 情報提供豊臣大坂城全景【天守建ちました】 城郭模型製作工房おりんぽすさんのプロフィール
  • 天守が建ちました。この度はスケール通りの天守なので、小さい。指乗り豊臣大坂城。最上階の高欄は特製エッチングパーツでちゃんと抜けています。まだ鯱もつけていませんし、もう少し手を加えたいですね。前回は城郭コレクションを使いました。比較するとこの違い。本丸全景の時は天守だけ一回り大きかったわけですが、それを不自然に見せないというのも大変なことでした。生玉口から天守を望む。来週は御殿です。
21位 樋口山城守与六さん
  • 情報提供太宰府〜古代日本の「西の都」 古城巡り 写真館樋口山城守与六さんのプロフィール
  • 大宰(おほ みこともち)とは、地方行政上重要な地域に置かれ、数ヶ国程度の広い地域を統治する役職で、いわば地方行政長官である。大宝律令以前には吉備大宰(天武天皇8年(679年))、周防総令(天武天皇14年(685年))、伊予総領(持統天皇3年(689年))などあったが、大宝令の施行とともに廃止され、大宰の帥のみが残された。『続日本紀』文武天皇4年(700年)10月の条に「直大壱石上朝臣麻呂を筑紫総領に、直広参小野朝臣毛
22位 樋口山城守与六さん
23位 あきおうさん
  • 情報提供中津城 [2/4] 本丸西面に残る、古代山城の加工石を流用した黒田期石垣は必見。 城めぐりチャンネルあきおうさんのプロフィール
  • 中津城 訪問記 其の二。[前回までの訪問記 概要]中津城跡へ。本丸の半分は駐車場、半分は中津大神宮を中心とした神社群の境内となっている。参拝を済ませて黒い大天守へ。元々あったかのような堂々とした佇まいだが昭和の模擬天守。本丸外周を一周して現存する本丸水堀・石垣を見て回ろう。訪問時期:2017年1月中津城 訪問記 − 其の一、二、三、四。<訪問記>本丸南側の大鳥居前へ。明治の廃城後、土塁と石垣を壊し、堀を埋めて
24位 つあらさん
  • 情報提供信濃国分寺史跡公園でお散歩6/18 パピヨン&猫~愛犬アリオ&りんご&愛猫バジル~つあらさんのプロフィール
  • どんより曇っていた日曜日の午後。741年の聖武天皇の詔で各律令国に建立された国分寺。信濃国では、小県郡(現上田市国分)に建立されました。そんな史跡公園でお散歩。小学生の頃よく遊びに来たなぁ。発掘調査後に伽藍の基壇が土盛りによって再現されました。僧寺金堂跡です。僧寺講堂跡です。塔跡です。ここに七重塔が建っていたんですね。お散歩しているとしなの鉄道の観光列車『ろくもん』がやって来ました。一緒にひとつ思い
25位 むぎさん
  • 情報提供五覧田城(群馬県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 五覧田城(ごらんだじょう)別名 五乱田城構造 山城築城者 阿久沢氏築城年代 不明指定史跡 市指定史跡場所 みどり市東町荻原関守【 地図 】五覧田城は越後の上杉謙信、新田金山城(太田市)の由良氏、深沢城(桐生市黒保根町)の阿久沢氏による争覇の舞台となった城です。国道122号線から山側に入り、あとは案内標識に従って五覧田城を目指します。高橋登山口案内看板があります。ここから登山することが出来ますが、体力
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 蟠龍斎さん
  • 情報提供但馬生野城 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
  • 生野城は、生野銀山攻防の舞台にもなったお城です。国道312号線近い琵琶の丸公園が登城口になります。駐車場もありますが、数が少ないので、自分は生野小学校の南にある観光駐車場に停めてそこから歩きました。山城だけあって、主郭まで40分ほどかかりました。とはいえ、少しですが石積みがあったりと遺構はほどほどに残っています。写真のように曲輪の形もしっかり残っています。標柱も立っていました。生野銀山には多くの観
27位 城ガールちょめさん
  • 情報提供愛媛城巡り〜2日目〜 ちょめ(観光ライターいなもとかおり)の城BLOG城ガールちょめさんのプロフィール
  • ホテルの朝食バイキングの時間まで勿体無いので朝駆け松山城松山城は3日目に行くのでとっておきたいところですが、せっかく峰のホテルに泊まったので…ね石垣フェチとしては、この矢穴の大きさ違う石とかたまらんかわいいっ‼?あのね…かわいいって愛おしいと同じような感覚で感じ取ってくださいね(笑)4城目:永納山城こちらは古代山城です!!!いえ、正確には神籠石ですが!!!なんていったって1300年前ですからね…レベルが
28位 dougenさん
  • 情報提供大給城(三河国・愛知県豊田市大内町) 城めぐりの記録dougenさんのプロフィール
  • 035 492愛知県:146登城日 2013.11.24(日)松平氏館から車で5分ぐらいのところにある大給城址があります。道路に案内板が出ているため迷うことはないでしょう。この城址は山城ですが、至る所に石垣があったり、自然の巨石を取り込んだ縄張りであったり、かなり楽しめます。また城址からの眺望も最高ですので、非常にオススメの城址です。入城料無料城データよみがなおぎゅうじょう指定国の史跡江戸300藩−別名臥牛城城地種類平
29位 dougenさん
  • 情報提供松平城(三河国・愛知県豊田市松平町) 城めぐりの記録dougenさんのプロフィール
  • 493愛知県:144登城日 2013.11.24(日)古宮城址から車で30分ぐらいで豊田市松平町に着きます。松平町はその名のとおり、松平氏発祥の地として、松平氏ゆかりの史跡が多く、松平城址もその一つで松平氏遺跡として整備されています。古い形式の山城ですが、曲輪や横堀などの遺構が確認できます。近くに平時の館跡である松平東照宮があります。合わせて散策すると良いでしょう。入城料無料城データよみがなまつだいらいじょう指定
更新時刻:17/06/24 17:30現在