城・宮殿 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/02/23 13:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ひろまるWEBさん
  • 情報提供東京駅 約100年前の姿が再現された巨大駅 ひろまるブログ/勝手に紹介!歴史スポットひろまるWEBさんのプロフィール
  • こんにちは、ひろまるです。 ? 今回 “勝手に紹介” する歴史スポットは、東京の玄関口『東京駅』です。? やってきました東京駅。東海地方に住んでいるひろまるは、東京も東京駅も久しぶり。 昨年(2017年12月)「丸の内駅前広場」がオープンし、皇居方面への広々とした空間ができたよ。正面からの写真も撮りやすいね。 ? この巨大な駅も、国の重要文化財に指定される歴史スポットなのです。 〜◎東京駅のざっくり歴

2位
あきおうさん
  • 情報提供梁山城 [2/2] 森の中にひっそりと残る、本丸外周石垣。 城めぐりチャンネルあきおうさんのプロフィール
  • 梁山城 訪問記 其の二。[前回までの訪問記 概要]ハイキングコースから登城。石垣は大きく破壊を受け、残る石垣も僅かだが、それでも本丸外周や天守台付近は形が分かる程度には残っていた。其の二では尾根上に築かれた細い二ノ丸と、もう一つのピークである西の丸を見に行く。訪問時期:2017年11月梁山城 訪問記 − 其の一、二。倭城めぐりの旅 −トップページ。<訪問記>本丸から更に東へ進む。この奥は二ノ丸のようだ。二ノ丸

3位
yzal-juleさん
  • 情報提供40.福知山線・山陰本線特急『こうのとり』(1)  兵どもが、夢のあと・・・yzal-juleさんのプロフィール
  • 2018年、城崎温泉に行きたくなり、1月5,6日で山陰へ。新大阪から福知山線経由で城崎温泉・福知山を結ぶ『こうのとり』。前身は非電化時代『まつかぜ』、電化後は『北近畿』。今回は城崎温泉から終点・新大阪の一つ手前・大阪まで。北近畿ビッグXネットワークはJR西日本と京都丹後鉄道による近畿地方北部の特急ネットワーク。きのさき、こうのとり、まいづる、はしだて、はまかぜがそれらの特急。明けて1月6日の大谿川、最後に
4位 みどりの木さん
  • 情報提供なら瑠璃絵の紹介7 冬七夕3 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は光のトンネルからです。 光のトンネル内から見た会場風景 今日は⑦から⑧です。 光のトンネル内から見た冬七夕会場風景 光のトンネルです。 トンネルの途中にある川です。 川にガスが立ち込めて、光線が当たり幻想的なムードです。 光のトンネル内から見た冬七夕会場風景 光のトンネルを抜けたところです。 光のトンネルを抜けたところです。 通路です。 オレンジ色の壁が光のトンネルで、⑧の
5位 piglet01さん
  • 情報提供新しい家族 日本百名城の旅piglet01さんのプロフィール
  • 『トイプーがやって来ました!』新しい家族として、赤毛のトイ・プードルがやって来ました。簡単に彼を紹介します。生年月日:2017年11月15日セックス:♂出身地:
6位 千歳さん
  • 情報提供スタンプ14個目…小田原城 旅行de100名城〜女目線のユル紀行〜 千歳さんのプロフィール
  • 平成29年9月登城。 スタンプ14個目…小田原城 #平成の大改修 を終えて、中はとっても近代的で綺麗だし展示も素晴らしかった! 来城客も多かったし、復興天守なので観光向けでとてもいいと思いました?? 子連れで行ったので、ゆっくり展示を見る余裕はありませんでしたが、クイズもあったりグッズも充実してたり、とても楽しめるお城になっていました。 また行きたいお城の1つです?? ・ ・ ・ #小田原城 #日本100名城 #100
7位 みどりの木さん
  • 情報提供なら瑠璃絵の紹介5 冬七夕1 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は冬七夕の写真です。 LED電球で飾られた竹細工竹には花短冊が付けられています。 今日は⑤から⑥の辺りです。 左下はLED風船です。 左上に中心部の飾りがあります。 三脚・一脚の使用が禁止なので、撮影が難しかったです。 雪だるまの人形です。 池とその向こうに奈良春日野国際フォーラムの建屋があります。 池とその向こうに奈良春日野国際フォーラムの建屋があります。 イルミネーションの中心部
8位 番頭さん
9位 四十路さん
  • 情報提供奥津軽と秋田沿岸部の旅(27) 〜久保田城〜 日本攻城掃苔録四十路さんのプロフィール
  •  さて、奥津軽と秋田沿岸の旅も最終日です。 最終日の最初に向かったのは、秋田市の中心部にも近い久保田城です。 続日本100名城に選ばれた『秋田城』とは違う城なのでお間違えなく!! 最初の写真は大手付近ですが、そこからゆるい坂を登っていくと、松下門という門があった場所に着きます。 このあたりにも駐車場はありますが、麓の駐車場に停めて登ってきたほうが登城の雰囲気が出るので、こちらをおすすめします。 そ
10位 むぎさん
  • 情報提供五料茶屋本陣【お西】(群馬県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 【五料茶屋本陣お西】ごりょうちゃやほんじん【寄贈者】中島公男【築陣年代】不明【指定史跡】県指定史跡【場所】安中市松井田町五料564−1 地図中山道は江戸時代の五街道のひとつで、東海道と並ぶ街道として江戸と京都を結ぶ幹線街道でした。五料の茶屋本陣は参勤交代などで中山道を通行する大名や公家などが休息したところです。建物は「お西」・「お東」と2棟あり、復元・修復作業が施されています。どちらの建物も先祖を
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 あもさん
12位 バイソンさん
13位 くうくうさん
  • 情報提供1407井伊谷城(静岡県) 蔓草くうくうさんのプロフィール
  • 静岡県浜松市北区引佐町の井伊谷(いいのや)城を紹介します。より大きな地図で蔓草マップ を表示NHK大河「おんな城主直虎」で、きれいになった井伊谷城を再訪しました。浜松市立引佐多目的研修センター前の駐車場に停めて、さあ出発。登城口が見えてきます。頂上が井伊谷城です。徒歩15分・距離約300mと案内があります。整備されて歩きやすいですが、急坂です。息があがります。途中、休憩所なども設けられています。腰曲輪の名
14位 むぎさん
  • 情報提供聚楽第(京都府) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 【聚楽第】じゅらくてい【別名】聚楽亭・聚楽城【構造】平城【築城者】豊臣秀吉【築城年代】1582年(天正14年)【指定史跡】―【場所】京都市上京区 地図聚楽第は、安土桃山時代に関白となった豊臣秀吉が政庁兼邸宅として建てられた城郭で竣工後8年で取り壊されたため、不明な点が多い城郭です。建物は黄金に包まれた巨大な城郭で、金の瓦などが出土されています。聚楽第址碑この碑がある場所は聚楽第の西壕にあたる場所で
15位 おりんぽすさん
  • 情報提供岡山城天守の製作 窓枠ぴったりの感動 城郭模型製作工房おりんぽすさんのプロフィール
  • 岡山城の天守、製作は二重目の屋根までぼちぼち進みました。北側は不整形をだんだんに整形に持っていく過程で、壁面や軒が切れ上がります。戦後の再建では再現されなかった、焼失前の二段に葺かれた瓦にドキドキしてしまう城好きの性…西側の大入母屋は大きく振れているので、瓦が放射状に納まります。その部分だけは別につくります。1/300でこの大きさ。小柄な五重天守です。プラモデルでいうと童友社のJOYJOYコレクションかと思
16位 ta.ta.daさん
  • 情報提供志布志城と鎌田政近〜松尾城・内城・高城・新城からなる城郭群 城旅人ta.ta.daさんのプロフィール
  • 志布志城(しぶしじょう)は、鹿児島県志布志市志布志町にある山城です。志布志城の特徴と致しましては、ひとつの城と言う事ではなく、志布志にある内城・松尾城・高城・新城の4つの独立した城郭のすべてを総称として「志布志城」と読んでおり、その規模の大きさから続日本100名城にも選ばれました。最初の築城はよくわかっておらず、鎌倉時代の初期に救仁郷平八成直が志布志の松尾城に居たという記録があるように、これまた名前が
17位 樋口山城守与六さん
  • 情報提供大谷吉継の供養塔 埼玉県東松山市 古城巡り 写真館樋口山城守与六さんのプロフィール
  • 野本氏館跡になる無量寿寺山門の左手側に供養塔が有ります大谷吉隆(吉継)は 天正18年(1590)に豊臣秀吉が小田原の北条氏攻略の一環として 武州松山城攻めをしたとき「無量寺」に程近い「八幡神社」に布陣したとされています(すっかり忘れ、行っていません( ゚Д゚))南無阿弥陀仏と大きな石碑が建っています!!大谷吉隆(吉継)の姓は平で 従五位下に叙せられ形部少輔と称し 大谷平次郎盛冶の子である豊(秀吉)太閤
18位 番頭さん
19位 dougenさん
  • 情報提供河津城(伊豆国・静岡県賀茂郡河津町笹原) 城めぐりの記録dougenさんのプロフィール
  • 河津城<伊豆国>静岡県:272登城日 2014.7.18(金)伊豆急河津駅のすぐ北側にあり、駅から伊豆急のガードを潜ったところに城址公園の案内板が設置されていますので、比較的判りやすい城址ですが、駐車場は無いため、車で行く場合は駐車できる場所を探す必要があります。登城口からはハイキングコースが整備されており、15分程度で登れます。時間的に余裕が無かったため、遺構らしい遺構は確認できませんでしたが、主郭の背後に堀
更新時刻:18/02/23 13:30現在