城・宮殿 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/05/25 09:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ひろまるWEBさん

2位
みどりの木さん
  • 情報提供丸亀城の紹介1 歴史と三の丸まで 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 今日からは丸亀城の紹介です。 バスの中から撮影した丸亀城です。日本一の高さ(3重の総高)60mの石垣と、江戸時代からの現存十二天守の一つであり、日本名城100選になっています。一重の石垣で日本一高いのは大坂城の30mです。頂部の本丸には江戸時代に建てられた天守があり、この建物は唐破風や千鳥破風を施して、漆喰が塗られて高さは15mあり、現存十二天守の中で最も小規模です。 丸亀城の歴史  15

3位
みどりの木さん
  • 情報提供丸亀城の紹介2 三の丸から天守内部 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 今月24・25日はお城見学ツアーに参加して、NHK大河で有名になった龍潭寺や19日NHKで放映された岩村城などの見学に行きます。現地ガイドさんの説明をしっかり聞いてきて、後日UPします。 昨日の続きです。昨日は丸亀城の三の丸まででした。 三の丸から二の丸への入口にある枡形です。 現地案内図です。 京極氏時代の復元想像絵図です。ピンクの線に沿って登城しています。 三の丸から
4位 みどりの木さん
  • 情報提供丸亀城の紹介 最終回 本丸から藩主御殿跡 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。天守を出て、桜の花を撮影しながら、大手門の方に戻りました。 天守と満開の桜です。 本丸から見た讃岐富士です。桜は二の丸の桜です。ここは前回、女性が自撮りしていた場所です。 本丸から2の丸に下りたところです。 天守3階にあった絵図です。 二の丸は桜が満開でした。 二の丸の出口です。ここには楼門があったのですが今は何もありません。 枡形の中で咲いていた桜です
5位 syou-anmakiさん
  • 情報提供春の島根・山口旅 萩反射炉へ 適当な紀行集syou-anmakiさんのプロフィール
  • 春の島根・山口旅2日目。 萩反射炉へ編。今回の旅では、萩循環まぁーるバスを利用。萩・明倫センター乗り場からだと、やや大回りになるが、どれだけ乗っても100円。反射炉前という乗り場はないので、“萩しーまーと”で降り、そこから歩くこと数分で ↓ に到着。 帰りに“しーまーと”で、今夜のお刺身でもと思ったが、残念ながら帰りの時間には、ほぼ片付けの時間になっていた。残念。セブンイレブン萩反射炉前店広い店の駐車場
6位 安土桃太郎さん
  • 情報提供栗林公園にゆく 其の壱:鴨場 廃城にゆく安土桃太郎さんのプロフィール
  • 香川県高松市にあります栗林公園(りつりんこうえん)です。16世紀後半には地元豪族・佐藤氏の小さな庭でしたが、1631年頃にこの地を治めた生駒家の家臣・西嶋八兵衛によって手掛けられた治水工事により、広大な庭園の基礎が築かれました。庭造りは1642...
7位 ゲル総帥さん
8位 番頭さん
9位 syou-anmakiさん
  • 情報提供春の島根・山口旅 萩城下町-ハ 明倫館周辺をぶらり 適当な紀行集syou-anmakiさんのプロフィール
  • 春の島根・山口旅2日目。 萩城下町-ハ 明倫館周辺をぶらり編。タイトルは周辺をぶらり。なぜなら時間が足りなかったのだ。だいぶ計画に無理があったようで。というわけで、ほぼ外観を眺めるだけに。明倫館5代藩主、毛利吉元の代の享保4年(1719)に、萩城三の丸追廻し筋に開校。130年後、13代藩主敬親の代の嘉永2年(1849)に、萩城下中央の江向の地に移動。(現地説明板より抜粋)しかし、当時の学校の門は立派なもんだな。自分の母校
10位 あもさん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 バイソンさん
12位 むぎさん
  • 情報提供加納城(岐阜県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 加納城(かのうじょう)別名 沓井城構造 平城築城者 奥平信昌築城年代 1602年(慶長7年)指定史跡 国指定史跡場所 岐阜市加納丸の内【 地図 】初代城主は徳川家康の娘(亀姫)の婿である奥平信昌が勤めました。奥平信昌は上野の国「宮崎城」(群馬県富岡市)の城主で関ヶ原合戦の武功により10万石で加納城に入城しました。北門入口にある案内看板。ここから北に向かってJR岐阜駅までの間に中山道が通り宿場町も広
13位 甲冑屋御殿さん
14位 yzal-juleさん
  • 情報提供313.徳島城跡(1) 〜 蜂須賀正勝・家政父子への論功 兵どもが、夢のあと・・・yzal-juleさんのプロフィール
  • 恒例のフライング春の陣、2017年は出雲方面ではなくサンライズ瀬戸で四国に渡る。2017年4月28日-5月1日の攻略ツアーは讃岐に上陸し阿波へ、阿波から土佐を抜けて伊予、まずは徳島城跡。阿波は徳島県徳島市徳島町にあった平山城、別名・渭山城、渭津城。徳島城はJR徳島駅の北側、吉野川河口付近の中洲に位置する標高61メートルの城山に築かれた平山城。1585年(天正13年)、豊臣秀吉の四国征伐に勲功のあった蜂須賀正勝の嫡子・蜂須賀
15位 武るるさん
  • 情報提供武将の墓)田中吉政の墓 | 真勝寺 - 豪快!墓の上に伽藍を建立! | 地図付き 武るる 武将と城の旅。時々観光とグルメ( 地図付)武るるさんのプロフィール
  • 「武るる 日本全国の武将と城の旅。ときどき観光とグルメ」武将の墓めぐり、田中吉政の墓の紹介です。人物名墓のある施設住所田中吉政真勝寺福岡県柳川市新町5-10誤字やリンク切れ等がございましたら、コメントにてお知らせくださいますよう、よろしくお願いいたしますm(_ _ )mスマホで地図が表示されない場合、再読み込みすると表示されるようです。田中吉政の墓は真勝寺にあります。発見難易度★★★★☆境内にはありませんので
16位 こにるさん
  • 情報提供第244回:名島城(智将 小早川隆景による筑前統治拠点) こにるのお城訪問記こにるさんのプロフィール
  • 訪問日:2016年4月名島城(なじまじょう)は福岡県福岡市にあったお城です。元々は立花鑑載(たちばなあきとし)が立花山城の支城として築いたとされます。16世紀後半 豊臣秀吉の九州平定後に筑前を与えられた小早川隆景はそれまでの統治拠点であった立花山城が山城で不便であったため,海に面した名島城を改修し本拠地としました。この後に続く秀吉による朝鮮出兵(文禄・慶長の役)における兵站基地としての役割を視野に入れても
17位 番頭さん
18位 noboseriさん
19位 鐘馗(しょうき)さんと名城めぐり&好古揮毫石碑紀行さん
  • 情報提供大阪(坂)城西の丸庭園散策 鐘馗(しょうき)さんと名城めぐり&好古揮毫石碑紀行鐘馗(しょうき)さんと名城めぐり&好古揮毫石碑紀行さんのプロフィール
  • 大阪城を表記するときには、大坂・大阪と両方が表記され、特に、国指定特別史跡には、大坂城跡として登録してあると記述がある。また、城郭構造についても、平城又は、平山城と書かれており、私は、平城と思っていた。豊臣時代の天守は、5層6階地下2階の望楼型、徳川時代は、5層5階地下1階の層塔型、昭和復興天守は、5層8階の望楼型とある。非常に紛らわしい天守である。復興天守大阪(坂)城。復興大阪(坂)城天守は
20位 O-jizou3さん
  • 情報提供伊雑宮(いざわのみや) 遊び半分・ついでに観光O-jizou3さんのプロフィール
  •       伊雑宮(いざわのみや) 志摩国一宮 式内大(論)社・皇大神宮別宮  祭 神 天照坐皇大御神御魂  あまてらしますすめおおみかみのみたま 2017_03_21
21位 ゲル総帥さん
  • 情報提供35 高知城の作り方 日本の城ペーパークラフト開発日記ゲル総帥さんのプロフィール
  • 高知城の作り方(参考です)現存12天守のうちの一つで、本丸の建物がすべて残っている唯一の城です。関ヶ原の後に建てられた天守はだいたい層塔型が多いのですが、この天守は旧式の望楼型になっています。 一国一城の主を目指して生きて来た山内一豊のあこがれだったんでしょうね。作るにあたって、特に組立てが難しい箇所はありませんが天守に御殿、土塀などいろいろ作らなければならないので時間はかかります。本品を組み立てる
22位 城爺さんさん
  • 情報提供長崎〜③諫早→島原 城爺さんの旅ブログ城爺さんさんのプロフィール
  • こんばんは諫早から島原に向かい普賢岳を1度は・・・個人的には衝撃的なニュースだった普賢岳の火砕流何がどうなって・・・島原鉄道で諫早から島原に向かいました1車両のワンマン電車諫早は干拓・・・そんなイメージなんんですが車窓もそんな景色が続きます麦畑が広々と続く広大な平地農地を過ぎると有明海を見渡せる海岸線限りなく広い・・・四国で育った城爺には広大過ぎて(/。\)島原に近づいて来ましたう・・・・・・・・・ん感想は後日遠きにし
23位 山城めぐりさん
  • 情報提供憲法九条に自衛隊明文化する狙い 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
  • ●なぜ、あえて明文化する必要があるのか自民党が野党時代の2012年に発表した憲法改正草案では、軍隊については「国防軍」として規定し、その創設をめざすものでした。安倍氏が今回、言い出したものは憲法9条1項2項はそのままにして3項に自衛隊を明記するというものです。9条1項2項をそのままにして3項を創設すると戦力を保持しないと規定しながら戦力である自衛隊を明文で認めるという矛盾が生じます。もっとも従来の政府見解から
24位 piglet01さん
25位 蟠龍斎さん
  • 情報提供播磨三草山城 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
  • 以前、国道372号線を走っている時、、「源平合戦古戦場(三草山)」という案内を見たことがあります。一ノ谷や屋島合戦は知っていますが、三草山合戦は知りません。調べてみるとどうやらお城があるらしい…。ということで、行って来ました。登城口はいくつかあるようですが、自分は、東麓の「口池」から登城しました。ゴールデンウィークということもあって、何人か登っていました。ハイキングコースと言うこともあって整備もされ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 そうしゅうさいさん
  • 情報提供室町幕府(花の御所)推定再現ジオラマ制作記8 京都から創造するアートボックス!そうしゅうさいさんのプロフィール
  • こんばんわ。そうしゅうさいでございます。室町幕府 花の御所 推定再現ジオラマの続編でございます。しかし…夏日ですか…季節はずれの猛暑なので、汗濁になりながらの模型制作にあたっております…(゚ー゚;京都は盆地なので、もう蒸し暑いったらありゃしない。それでも暑さに負けず日々黙々と制作に没頭しています。 前回、紹介しました御清所と呼ばれる台所と中庭がほぼ完成し、回廊部分も完成した建物と連結させてい
27位 四十路さん
  • 情報提供美濃・尾張・三河遠征記 (23) 〜岩崎城〜 四十路直前日記?四十路さんのプロフィール
  •  末森城址から東へ30分ほどの岩崎城へとやってきました。 この岩崎城は織田信秀によって築かれたとされます。 尾張と三河との境目の城だったことから、織田氏と松平氏との戦いや、小牧・長久手で戦場になったこともありますが、関ヶ原の戦い以降は廃城になったようです。  最初の写真の南蛮天守風の建物などは偽物ですが、上の写真の隅櫓の礎石は本物です。 こちらの空堀も遺構です。 こちらは城の遺構ではなく古墳です。 
28位 はんぞーさん
  • 情報提供福山城 「9」 天守のいろいろ はんぞーの城めぐりとかハロプロとかはんぞーさんのプロフィール
  • 福山城の訪城記、福山城 「8」の続きです。 前回は檜皮葺屋根を持つオリジナル天守についての考察を書きました。 その9では復興天守の外観と、最上階からの眺望を見ていきます。 復興天守の入口。 門柱には筋状の鉄板が貼られ、冠木には水野家の家紋「沢瀉」と、「五七桐」の飾金具が付いている。 御風呂屋(湯殿)に続いて、ここにも五七桐。 天守は豊臣とは何の関係もないと思う
29位 Blue Skyさん
  • 情報提供臼杵城(大分)_2016 日本のお城 訪問・・・思い出を写真とともにBlue Skyさんのプロフィール
  • 今回の九州お城巡り最終6番目のお城です。臼杵城下町は、映画「なごり雪」で情緒のある街のイメージがありました。お城だけでなく、城下町も散策して楽しみました。 撮影日時:2016年12月31日 / 撮影箇所:石塁、堀、櫓 大きな写真はこちら別名:丹生島城、亀城/城タイプ:平山城(海城)遺構:石塁、堀、櫓築城年代:永禄5年(1562)/築城者:大友宗麟主要城主:大友氏、稲葉氏慶応3年当時藩名
30位 Blue Skyさん
  • 情報提供飫肥城(宮崎)_2016 日本のお城 訪問・・・思い出を写真とともにBlue Skyさんのプロフィール
  • 飫肥城下は、重要伝統的建造物群保存地区になっています。城下町散策をしたかったのですが、時間がなく・・・・・飫肥城を歩いて、城下町はレンタカーで通過しました。城跡も良かったですが、城下町が魅力的でした。今回の九州お城巡り2番目のお城です。 撮影日時:2016年12月30日 / 撮影箇所:石塁、城門(復元) 大きな写真はこちら別名:舞鶴城 /城タイプ:平山城遺構:石塁・堀築城年
31位 ヤマシロさん
  • 情報提供笠間城 茨城県笠間市 古城巡り2015ヤマシロさんのプロフィール
  • 笠間城鎌倉時代、この地域は真言宗の正福寺と徳蔵寺の勢力争いが盛んであり、両寺院の僧兵たちが争っていた。劣勢であった正福寺勢が下野守護宇都宮頼綱に援軍を求めたところ、頼綱は甥の笠間時朝(塩谷時朝)を派兵した。時朝は元久2年(1205年)、徳蔵寺の僧兵と戦うための拠点として佐白山山麓に麓城を築城し、徳蔵寺を討った。ところが麓城の規模があまりにも大きかったため、味方のはずの正福寺の僧兵までも時朝に敵対した。時
32位 noboseriさん
33位 バイソンさん
34位 KDさん
  • 情報提供自己紹介 城館探訪記KDさんのプロフィール
  • ブログにはよく「管理人の自己紹介」のページがあるじゃないですか。私も初めてのブログを見たりするとき、自己紹介のページはないかと探したりしますもの。で、長々とやっているこのブログに自己紹介のページがないことに今更ながら気が付きました。しいて言えば第1回目の記事が自己紹介っぽい内容ですが、もう少しまともな紹介をしてみようかなあと。そこでネットを検索したらこんなサイトがありました ↓「お城好きに46(城)の
35位 おりんぽすさん
  • 情報提供熊本城にて 。修復、武将隊、甲冑猫、スイカ 城郭模型製作工房おりんぽすさんのプロフィール
  • 皆様こんにちは。ホビーショーで一時中断していた豊臣大坂城に本格的に取りかかるため、ここ3日はパソコンと電話、メールに向かいっぱなしでした。熊本城模型の台風のような製作の余波で、集中して取り組めていなかった企画書の作成やこれからの案件に関する事務処理、長期製作計画などに時間をかけていました。方々に電話したりメールしたり…そして今日は熊本城へ。先日の新聞記事の写真で、小天守の突き上げ戸が落ちているのに
36位 蟠龍斎さん
  • 情報提供歴史街道セレクト 竹中半兵衛 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
  • 月刊誌になっている『歴史街道』のなかで竹中半兵衛の原稿をまとめた書籍になります。表紙のようなリアルな絵が何点かあったり、絵図の説明があったりとわかりやすくまとめられています。内容は小説家が書かれたものも多くありました。後半は黒田官兵衛との関係に多くページを割いていました。こうやって見ると、実際の半兵衛の功績が少ないことがわかります。どこまでが実際の功績なのか…まさに伝説の軍師ですね。
更新時刻:17/05/25 09:30現在