城・宮殿 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/14 21:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
あもさん

2位
三宅 勝 公式ブログさん
  • 情報提供整備された荒木城 三宅 勝 公式ブログ三宅 勝 公式ブログさんのプロフィール
  • 2020年の大河ドラマは丹波で躍動した明智光秀を主人公とする「麒麟がくる」に決まった。どのように光秀と丹波の関わり合いについて描かれるかにも注目したい。筆者は光秀が丹波攻めの攻略対象とした城では、2007年冬に、波多野氏の本拠、丹波八上城に訪れたことを思い出す。そこから長らくの間、今に至るまで丹波の山城との付き合いが続いている。荒木城は、その丹波の城の1つで篠山市東部に位置し、城主は八上城の波多野氏に従っ

3位
yzal-juleさん
  • 情報提供50.水郡線 郡山〜水戸 兵どもが、夢のあと・・・yzal-juleさんのプロフィール
  • 2018年の夏の陣第1陣は7月15日、磐城平城跡攻略と周辺ローカル線。『ひたち』でいわき、いわき駅前物件一本勝負の磐城平城跡のあとは磐越東線で郡山、郡山から水戸へ水郡線を。別名・奥久慈清流ライン。非電化で水戸 - 安積永盛間 137.5kmを結ぶ。安積永盛までであるが、運行は全て郡山まで運航。ローカル線とはいえ水戸発着ということもあり車両も新しく、2007年デビューと新しいキハE130系が基本的な運行。待ちの間に『
4位 ta.ta.daさん
  • 情報提供村上城(本庄城) ただならぬ立派な山城である続日本100名城 城旅人ta.ta.daさんのプロフィール
  • 村上城(むらかみじょう)は、新潟県村上市にある山城で、別名は舞鶴城(まいづるじょう)、本庄城(ほんじょうじょう)とも言います。村上市街地の東にそびえる標高135mの臥牛山(がぎゅうさん)に築かれており、国の史跡、続日本100名城にもなっています。比高は125mほどだと言いますので、平山城ではなく、立派な山城として表現させて頂いております。越後の本庄氏は、武蔵七党・秩父党が出自で、鎌倉時代の1206年頃、越後小泉
5位 あきおうさん
  • 情報提供三原城 [1/2] 小早川隆景が水軍の拠点として築いた巨大海城 城めぐりチャンネルあきおうさんのプロフィール
  • 三原城は毛利家の重臣・小早川隆景が三原湾に築いた水軍の拠点で、村上水軍の居る芸予諸島の北端にあたる三原の立地を重要視しそれまでの新高山城から居城を移した。明治の廃城令で建物は撤去され、本丸上には山陽新幹線 三原駅が造られ、戦後には海も大きく埋め立てられ、往時の海城感は大きく損なわれた。現在は、駅周辺に天守台と呼ばれる巨大櫓台と水堀、そして舟入櫓跡など幾つかの石垣が断片的に残っている。<基本データ>
6位 ta.ta.daさん
  • 情報提供越後・平林城 見事な居住部遺構 色部勝長と色部長実など 城旅人ta.ta.daさんのプロフィール
  • 越後・平林城(ひらばやし-じょう)は、新潟県村上市平林にある城です。小泉庄を領した平林内蔵助ら、平林氏の居城であったとされます。南北朝の動乱にて、平林氏は色部氏の意向に反して新田義貞に味方したため、加納の地頭である色部高長に攻められ領地没収になったと伝わります。そして、南北朝時代には、加護山城と呼ばれましたが、これは、領国である加納庄を護る山との意味があったようです。その後、戦国時代になるまでの間、
7位 バイソンさん
  • 情報提供城を観る《篠山城》 城を観るバイソンさんのプロフィール
  • 《篠山城》[読み方]ささやまじょう[別名称]桐ヶ城[所在地]兵庫県[城分類]平山城[築城主]徳川家康[築城年]1609年(慶長14年)(埋門)(鉄門跡)(大書院)(大書院 上段之間)(天守台)(二の丸御殿庭園の井戸)《篠山城》[読み方]ささやまじょう[別名称]桐ヶ城[所在地]兵庫県[城分類]平山城[築城主]徳川家康[築城年]1609年(慶長14年)にほんブログ村古写真で蘇る 日本の名城II 西国編 (楽学ブックス―
8位 コルリさん
  • 情報提供肉・肉・ランチ 回 転 木 馬コルリさんのプロフィール
  • 昨日のランチは、肉が食べたい!てことで、職場近くのステーキのお店へ。 さすがに前回の焼肉屋は、この暑さでちょっと これにライスが付いて、税別900円なり。お値段からすれば、上等、上等。ちとバランスの悪い昼食になったけれど、その分は夜でカバー。 世間様はお盆休みだわぁ。地下鉄は空いてるけど、JRは子供連れでいっぱい。 かくいう私は、今日は半休で・・・・・・ 午後から、エアコンクリーニングの業者さんがくる
9位 みどりの木さん
  • 情報提供2018花の文化園 8 大温室の花 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 今日はその他の大温室の花です。 最初は乾燥温室からサボテンの不夜城です。 サボテン不夜城の花です。 金鯱(別名:ゴールデンボール)花が咲いています。 金鯱の解説板です。 花の文化園内にある大温室案内板です。 大温室内の池です。 スワジカクムの花です。 ブーゲンビレアブーゲンビレアは丈夫で長期間開花することから、熱帯各地で親しまれているつる性の熱帯花木です。美しく着色した部分は苞で、中心部に白色の小さな筒
10位 みどりの木さん
  • 情報提供2018花の文化園 10 バラの花 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は夏バラの花写真です。太陽の日差しが痛いほど照りつける、バラにとっては一番過酷な季節です。撮影も暑いし、きつい日差しでやりずらいです。 エルムハースト リリーマルレイン リリーマルレイン バラ園から見た大温室です。 案内図です。右下にバラ園があります。 マダムビオレ レッドデビル レッドデビル 早春 スーパースター スーパースター スーパースター パレード  ちょっと日焼けしています。 ク
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 みどりの木さん
  • 情報提供2018花の文化園 9 大温室からバラ園に 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
  • 昨日の続きです。今日は大温室からバラ園に移動しました。夏バラの花です。 涼が丘にある休憩所です。この横に滝があります。 1/10秒で撮影した滝です。 ノリウツギの花です。 クレマチス園に来ましたが、8月なのでクレマチスは少しだけしか咲いていません。 元気のないクレマチスの花です。 バラ園です。連日の猛暑で元気のない花が多いですが、きれいな花を捜して撮影しました。 クイーンエリザベスです。 アベマリアで
12位 オレンジさん
  • 情報提供讃岐うどん條辺でランチ オレンジの普通でハッピーライフ♪オレンジさんのプロフィール
  • 昨日は久しぶりの昼間の大雨でしたが、今日も朝からスッキリしない空です。水の事故が増えているそうなので、お気をつけ下さいね 讃岐うどん條辺 昨日のランチは、近くの讃岐うどん條辺(じょうべ)でランチ高松のうどん屋さんで修業したと言う、元プロ野球選手・條辺剛さんのお店。リーズナブルで美味しいので、今の家に引っ越してから4、5回行っています。 12時ちょっと前でしたがほぼ満席で、天ぷらもかなり少なくなってい
13位 番頭さん
14位 noboseriさん
15位 樋口山城守与六さん
16位 たびネコ8号さん
  • 情報提供東海お城巡り1日目:④掛川城 たびネコ8号たびネコ8号さんのプロフィール
  • ようやく4つ目にして観光地化されているお城に到着。人がいました。掛川城は大河ドラマの主人公にもなった山内一豊が高知に入府する前に居城としていた場所で、もともとは今川家重臣朝比奈家の拠点でもあります。久々に建物がある城を見た気がしますが、まず見どころは復元された大手門です。その奥には小高い丘の上に、最初に木造復元されたという天守閣。こじんまりとしていますが趣があります。内部の展示はやはり山内一豊と功
17位 たびネコ8号さん
  • 情報提供東海お城巡り1日目:③横須賀城 たびネコ8号たびネコ8号さんのプロフィール
  • 続いて向かった横須賀城は、高天神城攻めのために徳川氏が築いた城で、詰めの山城がありつつもともとは海に面していた海城でもありました。地震による隆起でだいぶ内陸に入ってしまい、城の構造自体は大手門が二つあるというくらいでそれほど特殊でもないのですが、ここで特異なのは丸い石で作られた石垣です。 こういう作りの城はちょっと見たことはなく、とにかく丸い石が存在を主張しています。なんか琉球の城みたいな感じを出
18位 ハチさん
  • 情報提供四国方面へ夏の家族旅行 №1 鳴門の渦潮見学 歴女な娘ハチさんのプロフィール
  • 2018年 夏!今年も歴女な娘と行先を相談して今回は四国に行くことに!あれこれ色々計画していますが 先ずは四国入りして最初の景勝地の鳴門の渦潮を見学に私自身も久しぶりでテンション上がります!干満の関係で良い渦を船から見ようと先に鳴門大橋下の渦の道から見学をすることに先ずは車を止めて連絡橋を渡りますドローンからの撮影みたい?こんな私を無視して娘は先に行きます渦潮汽船とセットの件を購入して いざ渦潮の
19位 蟠龍斎さん
  • 情報提供北陸〜甲信越方面へ 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
  • お盆休みを利用して、北陸〜甲信越さらに東関東方面へ旅して来ます。もちろん最大の目的は続100名城スタンプの押印です。なので、初登城のお城よりも再登城のお城が多くなります。そのため、走る距離も多くなります。無事に帰還できますように…
20位 樋口山城守与六さん
  • 情報提供美尾屋十郎廣徳館 埼玉県川島町 古城巡り 写真館樋口山城守与六さんのプロフィール
  • 美尾屋氏は、源義経の重臣・鈴木三郎重家が義経とその兄頼朝との仲が不和となり、奥州平泉へ逃れるため義経を慕って熊野を出て田木の吉田(現:東松山市)まできたとき、大雨により河川が氾濫し川を渡ることができずこの地に逗留。重家は子供連れで奥州へ行くのは困難と、友人の美尾屋十郎廣徳に一子を養子として託した。後3代まで美尾屋姓を名乗ったが、4代目から元の鈴木姓に改めたという。廣徳寺 本堂館を巡る堀廣徳寺大御堂
21位 piglet01さん
  • 情報提供2018 盆踊り 日本百名城の旅piglet01さんのプロフィール
  • 『都内某所の盆踊り』おばあちゃんが住む都内某所の盆踊りに行ってきました。土曜日15時くらいから滝のような雨、短時間の夕立でしたので、開始時間にはグランドの土煙が
22位 オレンジさん
  • 情報提供WIRED KITCHENでランチ♪ オレンジの普通でハッピーライフ♪オレンジさんのプロフィール
  • 昨日は久しぶりに母の実家に行き、おじさん(母の兄)に会ってきました。なんでも物忘れがすごくなってきたそうで、確かに「ん?」と思う場面も明日検査をし、たぶん人工透析になるだろうとのこと、色々と心配な年です。 今日も暑い一日になるそうです、熱中症に気をつけましょう WIRED KITCHENでランチ おじさんの家に行く前に、ランチをしてから行きました川越駅東口出てすぐのアトレにある、WIRED KITCHENでランチにしました。
23位 三宅 勝 公式ブログさん
  • 情報提供細工所砦 三宅 勝 公式ブログ三宅 勝 公式ブログさんのプロフィール
  • 本稿より、荒木城へと登城してみたい。まず、その途中にある遺構を見学してみよう。荒木城は篠山市の細工所集落の背後の山上に築かれている。本丸は標高404mの位置にあり、山麓からの比高差は170mを測る。上写真は篠山市細工所のハートピアセンターから見る荒木城である。2013年に撮影したもので、現在は山上部の木の一部が伐採された様子を見ることができる。2013年の登山口の様子である。当時は、荒木城という案内板はなく、地名
24位 むぎさん
  • 情報提供三条城(新潟県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 【三条城】さんじょうじょう【別名】三条島ノ城【構造】平城【築城者】三条左衛門【築城年代】平安時代【指定史跡】―【場所】三条市上須頃 地図中世の越後を二分する応永の大乱をはじめ越後の戦乱のたびにこの城が攻防の中心となりました。その後河道の変化で川欠けとなり江戸時代の初め1616年(元和2年)現三条小学校一帯に移城を余儀なくされました。社城跡碑の近くにある小さい社。河川を見守る神様でしょうか?詳細はわ
25位 番頭さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 あきおうさん
  • 情報提供岩城亀山城:岩城島の「城の鼻」に築かれた海峡一望の城。 城めぐりチャンネルあきおうさんのプロフィール
  • 岩城亀山城(いわぎ かめやまじょう)は芸予諸島の中央部にある岩城島にある村上海賊関連の海城で、島の南端に突出した通称「城ノ鼻」と呼ばれる小高い丘の上に築かれ、南の赤穂根島との間の海峡を守っていたと思われる。しまなみ海道は岩城島を通っておらず、船で渡る必要がある。現在は岩城八幡神社となり、削平地と海峡一望の眺望が見られる。海際の岩盤には能島城・甘崎城のような岩礁ピット跡も残るという。<基本データ>●
27位 むぎさん
  • 情報提供膳所城(滋賀県) むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
  • 【膳所城】ぜぜじょう【別名】石鹿城・望湖城・浮城【構造】平城【築城者】徳川家康【築城年代】1601年(慶長6年)【指定史跡】―【場所】大津市本丸町 地図【城郭検定】出題あり膳所城は松江城、高島城とともに日本三大湖城のひとつとされています。関ヶ原の戦い以降、徳川家康が最初に築かせた城は膳所城で、大津城を廃して造らせています。縄張りを行ったのは藤堂高虎で、湖面に張り出し琵琶湖に突出した形状をしています
28位 piglet01さん
29位 ta.ta.daさん
  • 情報提供佐渡・新穂城(下新穂城) 村殿と呼ばれた言わば村長さんの館 城旅人ta.ta.daさんのプロフィール
  • 佐渡・新穂城(にいぼ-じょう)は、新潟県佐渡市下新穂と上新穂にある平城で、大野川の下流にある沖積地帯に構築されており、下新穂城とも書く場合があるようです。最初の築城などは全く不明ですが、鎌倉初期には、鎌倉御家人の土屋氏がこの付近を支配していました。館を土塁で囲んで、その外側には丸みを帯びた水堀を巡したようで、地頭配下の村落を代表する土豪「村殿」の館跡となります。郭のまわりには小門、中仙道、表、押上げ
30位 piglet01さん
31位 安土桃太郎さん
  • 情報提供渋谷城にゆく 廃城にゆく安土桃太郎さんのプロフィール
  • 東京都渋谷区にあります渋谷城址です。当ブログ102城目となる渋谷城趾は、ご存知、日本有数の繁華街であるあの渋谷にあります。当ブログでは初の東京都城址になります。渋谷駅からわずか徒歩5分ほどで到着します。現在は、金王八幡神社が建っており、渋谷の中心街の氏神様が...
32位 番頭さん
33位 城爺さんさん
  • 情報提供四国出身ですので・・・わらやき屋 浜松町 城爺さんの旅ブログ城爺さんさんのプロフィール
  • おはようございます台風が来てますお陰で涼しい朝でしたが雨が久しぶりに感じる東京地方です本日は高知の郷土料理がいただける居酒屋さんビールにサラダのつきだし瓶に入った味噌が選べるんですなトマトキビナゴの唐揚げかつを揚げジャコ天焼さば寿司です〜\(^o^)/なかなかあ綺麗なお店でした浜松町のハマサイトごちそうさまでした■わらやき屋 浜松町■東京都港区海岸1-2-20 ハマサイト1F■Tel :050-5594-5424
34位 EBI印さん
  • 情報提供仙台城跡 EBI印近隣探索日記EBI印さんのプロフィール
  • 仙台市博物館は仙台城三の丸址にあるので、駐車場から散策しながら向かう。左側は三の丸土塁。石垣と復元隅櫓以外の遺構は少ないが、散策すると、結構新しい発見がある。
35位 EBI印さん
  • 情報提供お盆休みが始まった。 まずは定義山 EBI印近隣探索日記EBI印さんのプロフィール
  • お盆は明日からなので、ちょっと遠出。仙台市の定義山西方寺。ここは、いつも激込み。本尊は阿弥陀如来なのだが、ここでは定義如来とお呼ばれることが多く、年間100万人のお参りがある、宮城では人気のお寺。旧本堂の貞能堂にまずはお参りすると、中で写経ができるらしい。夫婦で初めて体験。ミミズの這ったような字しか書けない私も、緊張しながら書いてみた。嫁が最初、右手で書いていたが、本来の左手で書いていた・・・・・
36位 こにるさん
  • 情報提供第292回:[摂津]丸山城(中世を通じて能勢氏 代々の居城であった) こにるのお城訪問記こにるさんのプロフィール
  • 訪問日:2016年12月丸山城は大阪府豊能郡能勢町にあった城です。正確な築城時期は不明ですが,11世紀の前半 長元年間よりこの地を治めた能勢氏により築城されたとされます。1578頃には時の当主であった能勢頼国は織田信長軍下の荒木村重の指揮下にいたようです。1579年には山下城の塩川国満により頼国は謀殺されてしまいます。その後,頼国の弟である能勢頼次は信長軍の明智光秀と連携するようになりましたが,1582年の本能寺の変
37位 バイソンさん
38位 EBI印さん
  • 情報提供村田城址 EBI印近隣探索日記EBI印さんのプロフィール
  • 宮城県南の村田町にある村田城址。堀切や横堀などが残っている。主郭に上ると巨大な平場に村田城跡の看板。土塁も残っている現在は、道の駅から登っていける公園になっている。建物などは残っていないが、見所は結構あり。敷地内には、図書館併設の村田町の歴史博物館もある。伊達政宗の側室・猫御前が米沢城から岩出山城に向かう途中、産気づき、後に宇和島藩主となる伊達秀宗が生まれたのも村田城。伊達藩では、有力な家臣は要害
39位 あきおうさん
  • 情報提供来島城:島全体を要塞化していた来島村上氏の活動拠点。 城めぐりチャンネルあきおうさんのプロフィール
  • 来島城(くるしまじょう)は、芸予諸島の南端、四国のすぐそばに位置する小島「来島」全体を城郭とした来島村上氏の海城。大島と四国の間の細い来島海峡を守る拠点城だった。来島村上氏は元は伊予守護河野氏の水軍の出だが、その後秀吉に仕え、伊予風早郡1万4000石の大名となった。関ヶ原後に豊後森藩に転封となり、久留島氏を名乗った(久留島陣屋)。久留島城は島の北半分の外周部に海蝕テラスがあり、そこに能島城・甘崎城など
40位 オレンジさん
  • 情報提供ブロ友さんとハワイアンのランチ♪ オレンジの普通でハッピーライフ♪オレンジさんのプロフィール
  • ハワイアンレストランでランチ 昨日は大宮へ。駅には、七夕飾りがちょこっとありました 駅で待ち合わせをしたのは、ブロ友のあなさんちょっと遠くから出てきてくれました 暑いので外には出ず、駅構内にあるルミネ内のレストランでランチをしました。入ったのはハワイアンレストランのALOHA Tableさん関東だけでなく、名古屋や大阪、熊本やハワイ・ソウルにも店舗があります。 食後もゆっくり話したいので、ドリンクバーをつけまし
41位 バイソンさん
  • 情報提供城を観る《鳥取城》 城を観るバイソンさんのプロフィール
  • 《鳥取城》[読み方]とっとりじょう[別名称]久松城、久松山城[所在地]鳥取県[城分類]平山城[築城主]山名氏[築城年]1532〜1555年(天文年間)(内堀越しに望む久松山)(吉川経家公像)(仁風閣)(天球丸)(天球丸から見た菱櫓跡)(西坂下御門)(二の丸の石垣)《鳥取城》[読み方]とっとりじょう[別名称]久松城、久松山城[所在地]鳥取県[城分類]平山城[築城主]山名氏[築城年]1532〜1555年(天文年間)に
42位 オレンジさん
  • 情報提供小学校となった柏の城跡 オレンジの普通でハッピーライフ♪オレンジさんのプロフィール
  • 明日から帰省ラッシュになりそうですね。今年のお盆の帰省ラッシュは8月11日(土)、Uターンラッシュは8月14日(火)の予想だそうです。東京(関東)のお盆は7月なので我が家は先月でしたが、田舎に帰られる方は8月なのでしょうね。主人は来週の15日から連休になったので、お出掛けしてきます。関東よりは涼しいかな〜ってところです 柏の城跡 1か月以上前のお出掛けですその日出掛けたのは、埼玉県志木市柏町と言うと
43位 城爺さんさん
  • 情報提供西新橋ランチ事情〜王道 城爺さんの旅ブログ城爺さんさんのプロフィール
  • おはようございます台風が過ぎようとしておりますが風もそんなに強くなくて台風の感じじゃ無いです良かったですさて本日はお昼ご飯西新橋界隈でお安いランチをいただけるお店居酒屋さんのランチ営業虎ノ門の王道さん前からランチのカツカレーが気になってて行ってきましたカツカレー600円でございますこのカツ厚さで600円は良い感じですね日替りランチも魅力的ですが美味しいと思いますごちそうさまでした■居酒屋 王道 西新橋店■
44位 樋口山城守与六さん
45位 蟠龍斎さん
  • 情報提供よみがえる古代山城 国際戦争と防衛ライン 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
  • 山城は山城でも古代山城ということで、ちょっと興味がったので読んでみました。100名城や続100名城にも大野城や鬼ノ城・基肄城などが選ばれています。古代にも関わらず石垣が残っていたりとなかなか魅力的なお城が多いです。ただ古代山城となると、自分は知らないことが多いので、今回はとても勉強になりました。朝鮮式山城といったり、神籠石(こうごいし)といったり確かに呼び方も違います。その辺りについても触れています
46位 おりんぽすさん
  • 情報提供岡山城本丸模型 本段の櫓 城郭模型製作工房おりんぽすさんのプロフィール
  • 岡山城本丸模型は本段の建物を進めています。こちらは造形完了時。大きさは小さいとはいえ、作り方は150分の1サイズとほぼ同じ工程を踏みます。当然瓦も一本一本貼り付けていますので、時間的にも大スケールのものとあまり変わりません。塗装したところ。色彩を統一するために最後に一気に上塗りをしますので、まだ粗彩色です。建物をひとつずつ詳しく見ていきます。【御掃除方物置 同所東平多聞】本段東側の多聞です。南九間半は
47位 カムカムビートさん
  • 情報提供織田信長公像 清洲公園 歴史のピースカムカムビートさんのプロフィール
  • 若き日の彼の視線の先、、、、、 桶狭間の方向を見据えているというこの凛々しい銅像。現在ある清洲城から橋を渡ると もともとあった清洲城の趾があり これは井戸の跡でしょうか? 高架下を歩くと辿り着く公園の中にありました。 永禄3年5月12日、、、今川義元が尾張を目指し駿府より西進。先進するは今川方である松平元康、、、のちに徳川家康となる男。 その報を聞いた織田信長、、、 清洲城にて籠城か、出撃か、、、 5月19日午
48位 蟠龍斎さん
  • 情報提供日本の城 天守閣 完全名鑑 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
  • 昨今のお城ブームにより山城や石垣のみのお城も人気が出始めてましたが、それでも、まだまだ『お城=天守閣』と世間では捉えられてしまう傾向が高いように思います。自分もお城を見てきたと行って、石垣の写真を見せても、「どこにお城が写っている?」って聞かれることもしばしばです。そんな、お城マニアやファンではない人向けのあえて、天守閣をメインとして取り扱った書籍がこの本です。この本によると、日本全国に140もの
49位 dougenさん
  • 情報提供小坂城 2014.11.23登城 城めぐりの記録dougenさんのプロフィール
  • 写真 2014.11.23登城写真1:城址の石碑/写真2:解説板/写真3:解説板/写真4:登城口を上がったところの平場 写真5:笄松物語の解説板/写真6:二重堀の外側の空堀/写真7:三の郭−二の郭間空堀/写真8:三の郭空堀 写真9:三の郭空堀/写真10:三の郭/写真11:三の郭−二の郭間土橋/写真12:土橋解説 写真13:三の郭−二の郭間空堀/写真14:三の郭−二の郭間空堀/写真15:三の郭解説/写真16:三の郭空堀 写真17:四の郭虎口付近の土塁/
更新時刻:18/08/14 21:30現在