戦国時代 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/05/25 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
横手聡さん

2位
戦国伝道師PJさん
  • 情報提供和伽人形展 ミタコトナイモノミタイデスカ 戦国情景戦国伝道師PJさんのプロフィール
  • 紀州、紀ノ川沿いに新装オープンしたギャラリーとカフェAQUAグーグルストリートビューでは、何故か見つけられない????密閉された店内。。。。その奥に。。。水牢に沈みかける人影。。。。人か。。。魚か。。。一人と一尾。。。ヒレが。。。。なぜ。。。。昔、昔。。。。娘が月見と洒落込み。。。。紀ノ川の水をすくうたのが。。。。えにしとでも。。。。古代より、真水に守られし紀の地。。。。ミタコトナイモノミタイデスカギ

3位
グレート・なごやんさん
  • 情報提供お市の方(北ノ庄城・柴田神社) 武将銅像天国グレート・なごやんさんのプロフィール
  • 福井市中心部、北ノ庄城跡の柴田神社にある銅像です。お市の方は、言わずもがな、織田信長公の妹君にして、浅井長政、そして、柴田勝家の室。お市さまご自身は絶世の美女だったとのことですが、銅像はいかがでしょうか。 お市の方(北ノ庄城・柴田神社) 絶世の美女ってのは、難しいですね。勇猛な武将像は銅像にピッタリ、中年男性に銅像は似合いがちですが、女性はやっぱり厳しくなるかな。銀河鉄道999のメーテル像や
4位 高田哲哉さん
5位 Dark Chaosさん
  • 情報提供先週の予想結果 モヤって候 りたぁ〜んずDark Chaosさんのプロフィール
  • 先週の予想結果です。先週の重賞レースは土曜京都でG3の平安S、日曜東京でG1の第78回優駿牝馬(オークス)でした。ブレスジャーニーがクラシック戦線にいねぇ時点で自分はすっかり興味を失っている(爆)ので結果だけちゃちゃっと報告。平安S 複勝的中。オークス ワイド全通り的中。回顧評平安S姪っ子が来ていたため、レースを見ていません。つか、ウンコが勝った時点で結果なんざどうでもいいし、見たくもねぇわwオークス同じく、姪っ
6位 戦国伝道師PJさん
  • 情報提供紀州攻めします! 戦国情景戦国伝道師PJさんのプロフィール
  • 先日壊れたガス風呂湯沸かし器無事交換なり♪〜早速、朝風呂にて、チャポチャポチャポチャポと言えば、この写真。。。。亀井師匠の展示会が紀州で開催中だった。。。それも、根来寺の川向う。。。二兎追えるやん我、いくさ車にて、紀州を攻めようではないか今気づきましたが。。。和歌山県立博物館では、『東照宮の文化財Ⅱ』展が開催中。。。南蛮胴具足が観られるぅぅぅう根来寺〜和伽人形展〜和歌山建立博物館春の紀州攻め!如何
7位 西村蜜子さん
  • 情報提供【森下佳子サン】本末転倒の「サブタイトル遊び」とムラのある脚本 『おんな城主 直虎』をめぐって西村蜜子さんのプロフィール
  • 2017年大河ドラマ・「おんな城主 直虎」は良しにつけ悪しきにつけ、それなりにネットの話題として取り上げられる。影響力が完全に無くなったならば、誰も話題にもしないだろうし、躍起になって「視聴率低迷!」などとわかり切ったコンテンツを殊更に取り上げるネットメディアも無いだろう…やはり腐っても大河ドラマ、仮に視聴率が高騰する作品をNHKが提示できたならば、世間に対し影響力を持つ…それが、54年間に渡り日曜の
8位 グレート・なごやんさん
  • 情報提供豊臣秀吉(長浜城) 武将銅像天国グレート・なごやんさんのプロフィール
  • 滋賀県長浜市、長浜城跡にある秀吉像です。長浜城は生涯たくさん城を建てた秀吉が初めて城主となった城。現在、天守風建物は歴史博物館になっていて、確か週末には茶室が開かれたりしています。お城周辺は、公園になっていて、琵琶湖のほとりの絶景地は市民の憩いの場になっています。秀吉像は、天守風建物の裏にあるのですが、うっそうとした草むらの中のちょっと高いところ、非常にわかりづらい場所にひっそりとあります。
9位 鎌倉殿さん
  • 情報提供初代将軍 源頼朝 教科書の歴史はウソばかり!?北条氏末裔の憂鬱鎌倉殿さんのプロフィール
  • 源頼朝の人生の時期区分 源頼朝の久安3年(1147)4月8日から正治元年(1199)正月13日までの人生は、次のように、きれいに3区分される。 [第一期] 中央軍事貴族 源義朝の嫡子 久安3年4月〜永暦元年(1160)3月11日 ?1〜14歳(13年) [第二期] 伊豆の流人 永暦元年3月11日〜治承4年(1180)8月17日 ?14〜34歳(20年) [第三期] 鎌倉幕府の首長 治承4年8月17日〜正治元年(1199)正月13日 ?34〜53歳(18年)  頼朝
10位 とめのかくれがさん
  • 情報提供プチ鉄道博物館 川口市のほしあい眼科の車両 EF66 45 ほか とめの隠れ家へようこそ neoとめのかくれがさんのプロフィール
  • 埼玉県川口市にあるほしあい眼科さんです。ここは病院の敷地内で鉄道車両が展示してあるので観てきました。訪問は昨年です。まずは羽幌炭鉱鉄道キハ22 3。ひたちなか海浜鉄道で2009年まで走っていたそうです。1両まるごと保存されホ−ムまであります!こちら流鉄の車両。元西武の700系のようです。ワタシが大好きなEF66の頭部が駐車場の目立つ場所にドカンと飾ってあります。45号機です。後ろはちょっと寂しくこんな感じ。ちなみ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 祭王子さん
  • 情報提供5月19日の歴史 桶狭間の戦い 織田信長戦国乱世デビュー 吉岡淳・天下布武への道!祭王子さんのプロフィール
  • 5月19日の歴史 戦国 桶狭間の戦い織田信長 戦国乱世デビューの戦桶狭間の戦い  永禄3年5月19日(1560年)織田信長(織田軍)が桶狭間山附近の田楽狭間で休憩中の今川義元を急襲し討ち取る!!この戦前 織田軍は熱田神宮に参拝しています今川軍約2万5千に対して織田軍は10分の1桶狭間で休憩中の今川軍 本陣を奇襲したと考えられてる事が一般的情報戦、奇襲戦など様々な考続きをみる『著作権保護のため、記事の一
12位 piglet01さん
13位 蟠龍斎さん
  • 情報提供おんな城主直虎第20回『第三の女』 蟠龍戦記蟠龍斎さんのプロフィール
  • 直親の隠し子話、なんか知っていただけに特に見新しく感じませんでした。触れなくても良いことにあえて大河が踏み込んだところが良かったのかな?南渓和尚の出生の秘密にもあえて触れていたし…。さて、今週の直虎紀行は、松岡城。行った事ないんですが、もっとも興味があるお城ですね。この夏行ってみようかな?
14位 漢方薬舗 長春堂さん
  • 情報提供ゼロカロリー飲料とダイエット 阿倍野区のくすり屋さん 漢方薬舗長春堂ブログ漢方薬舗 長春堂さんのプロフィール
  • こんにちは大阪市阿倍野・住吉の健康・ダイエットを応援する漢方薬舗 長春堂の粕谷です今日もいい天気、暑いですね〜こんな日は水分補給にスポーツ飲料や炭酸飲料などの「清涼飲料水」がほしくなりますが・・・大量の砂糖が入っていますので、ダイエット中はおすすめできません。 すごい角砂糖の量ですよね・・・「じゃあ、最近よく見かける『カロリーゼロ』飲料なら大丈夫」かといえば、そうでもないようです。 普通なら、甘い
15位 権中納言さん
  • 情報提供甲斐国 躑躅ケ崎館跡 残された石垣を見つけたい権中納言さんのプロフィール
  • 躑躅ケ崎館は、甲斐源氏である武田氏の本拠地で1519年武田信虎が石和館から移り築城北側に詰城である要害山城をもち堀と土塁で防備され、家臣の館を周囲に配していました。武田信玄の代には甲斐一国と信濃・駿河・西上野・遠江・三河・東美濃・飛騨に領土を拡大支配しました。信虎・信玄・勝頼の3代にわたって本城としましたが1581年勝頼の代に新府城を築き移りました。武田氏滅亡後、織田信長の家臣河尻秀隆徳川家康の代官である
16位 西村蜜子さん
17位 ひでさん
  • 情報提供名古屋市西区の丹羽長秀邸址 ゼロからはじめる愛知の戦国史跡と城巡り講座ひでさんのプロフィール
  • 名古屋市西区児玉3丁目の丹羽長秀邸址は、織田信長に仕えた戦国武将・丹羽長秀(五郎左衛門)の生誕地といわれる場所です。 ■丹羽長秀邸址の住所■名古屋市西区児玉3丁目13-40 丹羽長秀邸址の地図 なぜ米五郎左?丹羽長秀は尾張国守護である斯波氏の家臣・丹羽長政の次男として、天文四年(1535)に現在の名古屋市西区)に生まれます。 ちなみにあまり知られていませんが、長秀は5人
18位 高田哲哉さん
19位 森愛梨nさん
  • 情報提供戦国武将『最強は誰?』ベスト5でランキング! ゆるりと漫画で戦国時代森愛梨nさんのプロフィール
  • 戦国武将は強くてナンボ!!全国各地、様々な武将に「〇〇は武勇に優れていた」なんてエピソードがありますが、今回は私が独断で選ぶ、武闘派戦国武将による「最強の武将ランキング」を作りました!完全なる独断です。笑1位:水野勝成(みずのかつなり)水野勝成は徳川家康の従兄弟です。かなり破天荒な方で、徳川家→織田家と仕えていたんですが、ある時勝成は父親の水野忠重を激怒させてしまい水野家を追い出されてしまいます
20位 ひでさん
  • 情報提供織田信長と弟の信行が合戦!名古屋市西区の稲生の戦いと名塚砦跡 ゼロからはじめる愛知の戦国史跡と城巡り講座ひでさんのプロフィール
  • 戦国時代の弘治二年(1556)に尾張で起った稲生(いのう)の戦いは、織田信長と弟・信行(信勝)の合戦で、この時、信長方によって築かれたのが名塚砦(なつかとりで)です。 なぜ兄弟で戦う必要があったのか?そして意外な結末とは? この記事では、そんな稲生の戦いと家督を継いで間もない頃の尾張時代の信長のエピソードをチェックしてみましょう! ■稲生原古戦場の住所■名古屋市西区名塚町1丁目124&n
21位 マサ村田さん
更新時刻:17/05/25 20:30現在