日本史 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/08/14 21:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
住兵衛さん
  • 情報提供日本史の「冗談」18 無位無官では無視される ヤジ馬の日本史住兵衛さんのプロフィール
  • 筆者はお誘いを受けたことがありませんのでニュースで知るばかりですが、皇居で催される園遊会では、そこに招待された方々に対し天皇ご自身が直接にお声を掛けられる光景を見ることができます。そればかりか、大きなダメージを受けた被災地を訪問された場合などには、避難所に身を寄せる人々を前に、天皇自らが膝を折ってお声を掛けられる場面もしばしば伝えられています。

2位
しばやんさん

3位
研修隊員さん
  • 情報提供329 世の常識はそれを許さない 日本史探検隊研修隊員さんのプロフィール
  • 戦国の世には、元はと言えば足軽身分に過ぎなかった者が、後には出世街道を驀進し、遂には人臣最高位の関白にまで上り詰めた事件?があります。その人物の名は豊臣秀吉(1537-1598年)。しかし、現代人の印象とは違って、この出世物語は、当時の人々にはあまり歓迎されるものではありませんでした。〜末世とはほかにはあらじ木の下の猿関白を見るにつけても〜(意味) まさに世も末だゼ。       なにせ木の下の猿(秀吉)
4位 ゆささん
  • 情報提供進上、餠餤一包。 ゆさな日々ゆささんのプロフィール
  • アルス画房のイラストコンペが終了しました〜。見てくださった方、応援してくださった方々ありがとうございました☆さてさて、今年も行ってきましたよ。西武池袋本店の菓子博☆今年で2回目の開催ですが催事場に着いたら午前中だというのに大盛況で人をよけながら前に進むのが大変でした。全国から和菓子屋さん洋菓子屋さんが一堂に集結するスイーツ天国なイベント、ぜひ来年も再来年も続けていってほしい〜!現代美術家の渡辺おさ
5位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供幕末京都逍遥 その112 「御陵衛士屯所跡(月真院)」 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • 東山にある高台寺の塔頭、月真院を訪れました。ここは、新選組から分裂した伊東甲子太郎率いる御陵衛士が屯所とした場所です。 伊東甲子太郎は新選組中途加入組でしたが、その高い学識と北辰一刀流で鍛えた剣術、さらには容姿端麗で巧みな弁舌から、たちまち隊内で存在感を表し、人望を集めました。そんな伊東を近藤勇は参謀兼文学師範に任じて重用...
6位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供幕末京都逍遥 その111 「天満屋事件跡(中井庄五郎殉難地)」 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • 前稿で紹介した本光寺から油小路通を400mほど北上したところに、「勤王之士 贈従五位 中井正五郎殉難之地」と刻まれた石碑があります。ここは、幕末、天満屋という旅籠があった場所で、慶応3年12月7日(1868年1月1日)、ここで世に言う「天満屋事件」が起きます。 慶応3年11月15日(1867年12月9日)、四条河原町の近江屋において坂本龍馬と中...
7位 ゆささん
  • 情報提供東海道中地獄旅。 ゆさな日々ゆささんのプロフィール
  • 歌舞伎座で八月納涼歌舞伎第二部を観てきました☆今年もチケットは激闘に激闘を重ねたよ…パトラッシュもう疲れたよ…ゲットできたのが奇跡のようだよ…。(意訳:戻りチケットがほぼ皆無で戻ってもタイミングが合わないとゲットできなかった。戻ったのを確認して電話しても「そこ埋まってます…」と申し訳なさそうな声が返ってくる)演目はこちら!おととしと去年に引き続き「東海道中膝栗毛」の3作目と、舞踊「雨乞其角」です。
8位 羽柴茶々さん
  • 情報提供京極政経VS高清の家督争い…京極騒乱〜祇園館の戦い 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
  • 延徳二年(1490年)8月7日、京極家の家督争い=京極騒乱の最中、京極政経が将軍=足利義稙より『高清追討の内書(ないしょ=内密&直接の書状)』を受け取りました。・・・・・・・・・・第59代宇多天皇(うだてんのう)の皇子=敦実親王(あつみしんのう)の第3皇子が臣籍に降下して源雅信(みなもとのまさざね)と名乗った事に始まる宇多源氏(うだげんじ)は、その4男の源扶義(みなもとのすけのり)の子孫が武家=佐々木氏を称
9位 羽柴茶々さん
  • 情報提供朝倉から若狭を守る〜粟屋勝久の国吉籠城戦 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
  • 永禄十一年(1568年)8月13日、朝倉義景の命を受けた軍勢が若狭に侵攻しました。・・・・・・・・・・今回の舞台となる国吉城(くによしじょう=福井県美浜町)は、現在の美浜駅から、少し東へ行った佐柿(さがき)の背後にある城山の山頂から尾根づたいに構築されていた山城です。『若狭国志』によると、この城は、「かつて国吉(くによし)なる人物が構築した物を天文〜弘治年間(1532年〜1557年)頃に粟屋勝久(あわやかつひさ
10位 列伝さん
  • 情報提供●大阪余話・中央区 船場発 ここが緒方洪庵の適塾か、ここに懐徳堂が きょうのもののふフォト列伝列伝さんのプロフィール
  • 大坂の陣史跡を巡りながら、しばし立ち寄り。チャリはこれが魅力。淀屋橋駅近くの繁華街へ。ここに適塾が。 高校日本史教科書は、化政文化の紹介で、日本各地につくられた私塾として、「儒学者広瀬淡窓が豊後日田で開いた咸宜園、蘭学者緒方洪庵が大坂で始めた適塾、長門・萩に開設された吉田松陰の叔父が設立した松下村塾などが有名である」と記述する。 また、庶民の教育をめざす郷校の一つとして、「大坂の懐徳堂は、18世紀初め
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 市郎右衛門さん
12位 竹さん
  • 情報提供★ 素晴らしかった!相馬野馬追 ★ 〜未知なる城を求めて〜城郭研究ノート竹さんのプロフィール
  • 城じゃないけど、念願の相馬野馬追に行ってきました! 本当に、ようやくですよ。戦国時代やっている人間としては、一度は見てみたいと思ってました。当日は不安定な天気で、何回もズブ濡れになりながら、一通り見ることが出来ました。本当は、前後の日も見なければなりませんが、それはまた次の機会ですね。仙台駅から常磐線で原ノ町駅まで1時間20分。仙台からずっと満席です。原ノ町駅からは次々と送迎バスがやってきて、簡単
13位 超お金持ちさん
  • 情報提供台風17号発生8月14日 FXで儲けて京都旅行を超お金持ちさんのプロフィール
  • 8月14日火曜日。お盆ですが市内の主だったスーパーはどこも普段通り開いており慌てて買い溜めする必要はなかった。本日早朝3時台風17号HECTOR(ヘクター)発生。これで15・16・17と三日立て続けに発生した事になる。このペースで行けば月末までに後17個発生する計算となり未曾有の驚異的台風ラッシュとなりそうだ一方14号ヤギさんは昨日13日15時中国の華中で熱帯低気圧に変わりました。余りにはかない命でした。もう
14位 幸田蒼之助さん
  • 情報提供「ランドセル」日本人白痴化の象徴!? 幸田蒼之助の休日幸田蒼之助さんのプロフィール
  • 1月下旬から連載していた小説、やっと書き終わりました。 【小説を読もう】“卑弥呼様が降臨してアレの証拠隠滅を頼まれちゃった〜”https://ncode.syosetu.com/n7994em/ なので忙しくて書けなかったネタを、今頃投下します。いや、ランドセルの話なんですけどね。小学生のカバンって、いまだにランドセルなんですね。アホですか!?(^^; ランドセルって、非力な小学校低学年に持たせるには不適切なんですよね。皆さんも大抵、ランド
15位 静磨さん
  • 情報提供下田街道  三島大社から韮山 乱読乱文多謝静磨さんのプロフィール
  •  下田街道 三島大社から韮山 その1 三島宿 猛暑の続いた八月初頭、ようやく引っ越しのごたごたもある程度落ち着いてきた、ということにしてしまって、久々に出掛けました「スーパーカブ110で行く早朝お散歩史跡めぐりツーリング」。やってきたのはここ、 三島大社である。ここで、こんな写真を撮るのは三回目である。最初は吉原宿から三島宿まで旧東海道を走ったときの最後に。二度目は、三島宿から箱根宿を走ったときのスタ
16位 sazanamiziroさん
  • 情報提供桂浜の竜王宮・日本の夜明けを龍馬と見守るお社 神秘と感動の絶景を探し歩いてsazanamiziroさんのプロフィール
  • 月の名所は桂浜〜♪と、よさこい節に唄われる高知市の桂浜。坂本龍馬記念館・桂浜水族館・大町桂月記念碑などがある、高知を代表する観光地です。先日は「知られざる足摺の竜王宮」を記事にしましたが、今日は「有名な桂浜の竜王宮」の紹介です。駐車場から、太平洋の荒波が打ち寄せる海沿いの遊歩道を歩くと、竜宮橋。ここを渡り、石段を上ると、絶景の竜王宮がありました。正式には、海津見神社竜王宮のようです。【桂浜由来】古
17位 sazanamiziroさん
  • 情報提供柳沢の夫婦岩・何とも不思議で楽しいカタチです! 神秘と感動の絶景を探し歩いてsazanamiziroさんのプロフィール
  • 夫婦岩というと、ふつう二つの巨岩が海岸沿いに立っているイメージですが、全く違うパターンが兵庫県淡路市一宮町柳沢にあります。立地点はけっこう山の中で、暗くなると不気味な所です。こんな山道を歩いていくのですが、静寂の池も。なんだか河童でもいそうな雰囲気です。暗くなれば、一人で歩くのは無理かな?時々迷いながら歩くと、尾根状に張り出した斜面にある夫婦岩と夫婦岩荒神の祠に到着。神岩は、高さ5m、周囲17mと
18位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供幕末京都逍遥 その110 「伊東甲子太郎外数名殉難之跡(本光寺)」 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • 前稿で紹介した不動堂明王院から北へ150mほど上ったところにある本光寺の山門の横に、「伊東甲子太郎外数名殉難之跡」と刻まれた石碑があります。ここは新選組元隊士の伊東甲子太郎ら御陵衛士の面々が粛清された油小路事件があったとされる場所です。 伊東甲子太郎は新選組中途加入組でしたが、その高い学識と北辰一刀流で鍛えた剣術、さらには容姿端麗で巧みな弁舌か...
19位 列伝さん
  • 情報提供●大坂の陣 和歌山・九度山発 「日本一の兵」は真田信繁のみにあらず! きょうのもののふフォト列伝列伝さんのプロフィール
  • 大坂の陣、負けても負けぬつわもの達を追って、最後は九度山の真田の里へ。何十年ぶりの真田庵へ。 お城のような造りの寺…。 真田昌幸の墓所…。懐かしかった。だが他はほとんど初めて見る感じ。 大河ドラマ「真田丸」でつくられた真田ミュージアムへ。特によかったのがこれ、これ、この大きな絵! おお、おぉ、みんないるではないか、みんな勢ぞろいではないか。みなようがんばった、よう闘った、よく! そう、大坂の陣は真田ば
20位 ざかっぷさん
  • 情報提供【ヒロイック】神話の国【ヒストリア】 ざかっぷざかっぷさんのプロフィール
  • ?∇?)?「その昔、司馬遼太郎さんは敗戦国日本を思って『なぜこの国はこんな馬鹿な戦争をしてしまったのだろう』『日本人がもっとましだった時代があったに違いない』と考えるに至り、終戦時の自分へあてた手紙のつもりで、あの光り輝く歴史小説群を書きました」;?ω?)「はい」?∇?)?「そこには躍動する日本人が……ちゃんと物が見えていた頃の日本人が描かれていました。戦国、幕末、明治…」;?ω?)「源平、遣唐使…」
21位 種村威史さん
更新時刻:18/08/14 21:30現在