日本史 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/07/25 19:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
おらさん
  • 情報提供文字使用の始まり 目を押せば二つに見えるお月様おらさんのプロフィール
  • 日本に文字文化が生まれたのはいつごろのことだろうか。日本書紀では、応神天皇の15年(285年)に百済から王仁が『論語』と『千字文』をもたらしたのが公式な漢字の伝来となっている。古事記的に120年ずらせば405年だが、これを信じるとそれ以前の時代にも詳細な記述があることと矛盾する。実際はもっと早いと言うのが大方の見方だ。だが、僕はもっと遅いと見ている。読み書きすなわち文字文化の普及に筆と紙は不可欠だ。木簡や粘土

2位
しばやんさん

3位
ゆささん
  • 情報提供京都と奈良の地獄旅。 ゆさな日々ゆささんのプロフィール
  • 先週の連休に京都と奈良へ日帰りしてきました。例によって六道珍皇寺さんへのお参りが目的ですが、当日は藪入りで閻魔賽日でもあったのでせっかくだから京都の閻魔詣でをしよう!と思ったのと現在、奈良国立博物館にて開催中の「源信 地獄極楽への扉」展も見たかったので。というわけでかつての都2か所で地獄めぐりと相成りました。と、その前に祇園祭のお話を少々。朝早くに夜行バスで京都駅入りしたのですが、この日は祇園祭宵
4位 住兵衛さん
5位 M・ITOさん
  • 情報提供永遠のテーマ? 「魏志倭人伝」の一里は何メートル? 邪馬台国と日本書紀の界隈M・ITOさんのプロフィール
  •  「魏志倭人伝」を読んで邪馬台国へたどり着こうと考える人は、必ずこの「一里問題(仮)」にぶつかります。例えば、書かれた行程をたどって九州島の末盧国(まつらこく)へ上陸したとします。次は、末盧国から500里のところに伊都国を探さなければなりません。さらに、伊都国(いとこく)から100里のところに奴国を……。その過程では、1里が何メートルかを決めなければ先に進めないのです。しかし、邪馬台国論争はすでに
6位 研修隊員さん
  • 情報提供探検275 胡麻の油と百姓は 日本史探検隊研修隊員さんのプロフィール
  • 〜胡麻の油と百姓は絞れば絞るほど出るものなり〜情け容赦なく「年貢」を取り立てようとする、こんなセリフを吐いたのは、八代将軍・吉宗が「享保の改革」(1716年〜)に取り組んでいた頃の勘定奉行「神尾 春央」(1687-1753年)だったといわれています。ただし、これが事実だったとまでは断定できません。しかし、少なくともこれよりおよそ半世紀後に出された本には、そう書かれているとのことであり、そしてまた、幕府の財政事情
7位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供太平記を歩く。 その91 「湊川公園」 神戸市兵庫区 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • 前稿の「楠木正成本陣跡」から直線距離にして約1km弱東にある湊川公園です。この辺りは、延元元年/建武3年(1336年)5月25日に起きた「湊川の戦い」で、楠木正成軍と足利尊氏の弟・足利直義を司令官とする陸軍が激突した場所です。 公園内には、巨大な楠木正成の騎馬像が建てられています。600回目の正成の命日に当たる昭和10年(1935年)5月25日、神戸新聞社の音頭で、楠正成公600年祭に市...
8位 坂の上のヒゲおやじさん
  • 情報提供太平記を歩く。 その90 「楠木正成本陣跡」 神戸市兵庫区 坂の上のサインボード坂の上のヒゲおやじさんのプロフィール
  • 神戸市兵庫区の山の手にある会下山公園を訪れました。ここは、湊川の戦いにおいて楠木正成が陣を布いたといわれるところです。 『太平記』には楠木正成軍が陣を置いた地について、「湊川の西の宿にひかえて、陸地の敵に相向う」と記されており、『梅松論』には「湊川の後ろの山より里まで」とあります。それらの条件を満たす場所といえば、高台になっているこの場所なんですね。現在は、見晴らしのいい公園になっており...
9位 住兵衛さん
10位 羽柴茶々さん
  • 情報提供信長の小谷侵攻〜山本山城の戦いと虎御前山城構築 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
  • 元亀三年(1572年)7月22日、翌年の浅井家の滅亡と小谷城落城につながる山本山城の戦いがありました。・・・・・・・・・・永禄十一年(1568年)、第15代室町幕府将軍=足利義昭(よしあき・義秋)を奉じて上洛(10月18日参照>>)を果たした織田信長(おだのぶなが)・・・その後、再三に渡って「新将軍に挨拶に来んかい」と呼びかけるも、上洛に応じなかった越前(えちぜん=福井県)の朝倉義景(あさくらよしかげ)に対して、
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 しべ桜の興味津々さん
  • 情報提供川の両側に海津見神社と綿津見神社があるのです しべ桜の興味津々しべ桜の興味津々さんのプロフィール
  • 七城町に海津見(わだつみ)神社があると知って興味津々、 早速行ってみました。 だって菊池は内陸部ですよ。 今月12日のブログに載せた川です。 この川下の左岸に海津見神社、右岸に綿津見神社、どちらも わだつみ神社といいます。 こちらは七城町の神社です。 創建したのは菊池武朝です。 夜毎、川の底にキラキラと光っていたのを家来が潜って拾いあげて 見たら、二つの白い石だったとか。 昼太陽の光に当たって輝く
12位 市郎右衛門さん
  • 情報提供七世紀の土木・建築技術に驚愕!「東山古墳群」 「高天原の縁側日記」市郎右衛門さんのプロフィール
  • 今日は、兵庫県多可町の古墳群をご紹介します。時代が進み七世紀に成ると地方豪族の建築技術も飛躍的に進み、高い技術で作られた円墳が出現します。兵庫県多可町の妙見山(標高693メートル)の山麓、平野部を見晴らせる位置に、こんもりとした円墳がいくつも並びます。美しい公園として整備された一帯は、直ぐ東隣(本当にお隣さんです)の多可高校の生徒らの下校途中のおしゃべりの場に成ったり、登山客が一息ついたりの、のんび
13位 人類の起源さん
  • 情報提供エジプト人は「古代」と「現代」とでルーツが違う 人類の起源を探る人類の起源さんのプロフィール
  • −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−エジプト人は「古代」と「現代」とでルーツが違う!数千年前のミイラをDNA解析して判明!リンク■紀元前約1400年〜西暦400年頃に埋葬された古代エジプト人のミイラをDNA解析ドイツのマックス・プランク人類史科学研究所のJohannes Krause氏らは、エジプト中部のナイル川沿いのアブシール・エルメレク遺跡で、紀元前約1400年〜西暦400年頃に埋葬されたと推定されるミイ
14位 ゆささん
  • 情報提供ブログ8周年。 ゆさな日々ゆささんのプロフィール
  • ブログを始めて8年が経ちました!もう8年、気づけば8年、末広がりの八年です。長かったようなあっという間のような。子どもの頃から何ひとつ長続きしないわたしが既に8年も続けている事実に奇跡を感じる。いつもご来訪くださり声をかけてくださる皆様、本当にありがとうございます!ものすごく励みになっています。思い起こせば書き始めてから本当に色んな出会いや気づきがあったなあ…環境や考え方の変化が楽しかったり変わら
15位 しべ桜の興味津々さん
  • 情報提供渋江家の由来と逸材を辿ります しべ桜の興味津々しべ桜の興味津々さんのプロフィール
  • 菊池市隈府が第二の故郷だと言いながら、菊池に多大な功績を 残された渋江家を危うく素通りするところでした。 ♪あの日〜あの時〜あの場所で〜♪ 雨がそぼ降る中、ふと目に留まった神社、何か気になって車から 降りて写真を撮りました。 ちょうどその時渋江宮司さんが車で来られたのです。 偶然は必然、本当にそうですね。 これより以下は菊池市史(下巻)編纂の中からのご紹介となります。 渋江家の祖先橘島田丸(麻呂?
16位 黒田裕樹さん
  • 情報提供激化事件の続発とその後の自由民権運動 その4 黒田裕樹の歴史講座黒田裕樹さんのプロフィール
  • 福島事件の発生は全国の急進的な運動家に大きな影響を与え、明治16(1883)年には新潟で高田事件が、明治17(1884)年には群馬事件や加波山(かばさん)事件などの激化事件が相次いで起こりました。連続する激化事件の発生や運動資金の不足によって、党の運営に自信を無くした自由党の指導部は、明治17(1884)年10月末に党を解散しました。また、立憲改進党も同年末に大隈重信が離党したことで事実上の解散となってしまいました。
17位 市郎右衛門さん
18位 市郎右衛門さん
  • 情報提供謎の仙人開基の寺院!『国宝・朝光寺』と『つくばねの滝』 「高天原の縁側日記」市郎右衛門さんのプロフィール
  • 西国三十三観音霊場二十五番札所の播州「清水寺」へのお参りの後、朝早くわざわざ加東市まで来たのだから、もう一寺位廻れないものか?とネット検索すると、えっ?「国宝」が有るじゃないですか、行くしかないでしょ〜(^^)bというわけで、兵庫県加東市の『朝光寺』に伺いました。(「国宝」本堂はシンプルな室町様式の中にも、ド〜ンとした力強さを感じます。)本日御紹介致しますのは、「国宝」「重要文化財」てんこ盛りの『鹿野
19位 黒田裕樹さん
  • 情報提供激化事件の続発とその後の自由民権運動 その5 黒田裕樹の歴史講座黒田裕樹さんのプロフィール
  • 明治20(1887)年、旧自由党の後藤象二郎(ごとうしょうじろう)は、立憲改進党とのこれまでの対立状態を乗り越えるために、小異を捨てて大同につくことで団結しようとする大同団結運動を唱え、民権派の再結集を呼びかけました。また、同年に外務大臣の井上馨(いのうえかおる)による条約改正交渉が失敗すると、片岡健吉が元老院に提出した建白書をきっかけに三大事件建白運動が起きました。三大事件とは集会や言論の自由・地租の
更新時刻:17/07/25 19:30現在